読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードのおすすめ比較方法!デパート・ショッピングセンターで使うならコレ  

クレジットカード 知識・使い方

f:id:manekai:20170110123330j:plain

あなたは、食料品や衣料品、生活用品など普段必要なものをいつもどこで買っていますか?また、贅沢品が欲しい時には、どこに行きますか?

そのお店でお買い物をする時、現金で支払いをしたり「ポイントカード」を利用したりしていませんか?

 

デパートやショッピングセンターが発行しているクレジットカードは、お買い物をすることで、ポイントに加え様々な特典サービスを受けることができます。

ここでは、デパート・ショッピングセンターで使うならコレ!というクレジットカードを代表して2つご紹介しています。

 

クレジットカードは、入会金や年会費がかかることがありますし、大切な貴重品の1つとなるため、何十枚も持つと管理が大変になってしまいます。

そこで、どのクレジットカードを作れば良いかお悩み中の方へ、比較するためのポイントを合わせてご紹介していきます。是非ご参考にしてください!

デパートやショッピングセンターをよく利用するアナタへ

f:id:manekai:20161102231722j:plain

デパートやショッピングセンターでは、独自のサービスとして「ポイントカード」を発行しているところが多いです。

一般的には、100円につき1ポイントのお店が多いです。また、年末年始やお盆などの年中行事、毎月決められた日にち、イベント中などは、ポイントが2倍、5倍になるお店も多いですよね。

 

このポイントカードは、レジで「現金払い」をした際や、「クレジットカード払い」をした際に、一緒に提示します。

デパートやショッピングセンターでは、国際ブランド(VISA、JCBなど)と提携して、「ポイントカード兼クレジットカード」を発行している場合があります。

そのクレジットカードを利用してお買い物をすれば、様々な特典サービスを受けることができます。

 

それでは、デパートやショッピングセンターが発行しているクレジットカードを持つことのメリットをご紹介していきますね。

また、種類が豊富となっているので、おすすめの比較方法もご紹介していきます。是非ご参考にしてください。

メリットは?

f:id:manekai:20161101232716j:plain

様々なクレジットカードがある中で、どのような特典があるのかを調べてみました。

まとめとして以下のようなものがありますのでご覧ください。

 

・会計するだけで割引される

・年会費以上の割引額が期待できる

・ポイント還元率が優遇される

・入会特典がもらえる

・店舗内にある、アミューズメント施設、映画館などの利用料が割引される

・ポイントが二重につく

・リボ払いでポイントが多めにつくことがある

・来店するだけでポイントを貯められるお店もある

・店舗内にある駐車場の料金が割引or無料となる

 

これだけ見ても、お得なポイントが沢山あると思いませんか?

会計するだけで割引される

お店が決めた曜日や指定日に、クレジットカードを利用するだけで、通常の店頭表示価格よりも割引されることがあります。

例えば「毎週金曜日、カード会員全品5%OFF」などです。1ヶ月の間に1回~5回ほどお得にお買い物をすることができます。

年会費以上の割引額が期待できる

1年間で値引きされた金額が、年会費を上回ることがあります。

これは、クレジットカードを利用すれば利用するほど、見返りが期待できる仕組みとなっています。

クレジットカードの中には、1年間の利用額によって、ギフト券や商品のプレゼントをもらえることがあったり、翌年度のお買い物はいつでも5%OFFとなったりすることがあります。

ポイント還元率が優遇される

通常、「ポイントカード」のみの提示でもらえるポイント還元率は、クレジットカードの利用で高くなることがあります。

例えば、1,000円につき1ポイントが付与される場合、クレジットカードでは1,000円につき2ポイントのようになることがあります。

入会特典がもらえる

デパートやショッピングセンターが発行しているクレジットカードだからこそ、特別な入会特典を受け取ることができます。

例えば、入会時に500ポイントプレゼントなどがあります。

店舗内にある、アミューズメント施設、映画館などの利用料が割引される

デパートやショッピングセンターには、映画館やカラオケ店、ミュージアムなどが併設されている店舗があります。

クレジットカードを持つだけで、映画のチケットや入場料などが割引されます。

ポイントが二重につく

「ポイント」には、様々な種類がありますよね。

クレジットカード会社自体のポイント、デパートやショッピングセンターのポイントなどがあります。

クレジットカードを1回利用するだけで、各々のポイント還元率に従って、そのポイントが併用して付与される場合があります。 

リボ払いでポイントが多めにつくことがある

クレジットカードは、「一括払い」や「リボ払い」など決済方法を決めることができます。

リボ払いでは、支払期間が長くなるため「金利」が付きます。

しかし、リボ払いを選択することで、ポイント還元率が高くなるクレジットカードがあります。

来店するだけでポイントを貯められるお店もある

デパートやショッピングセンターによっては、「来店ポイント」を付与してくれる店舗があります。

来店時に専用の機械へカードを通すことで、ポイントがもらえるという仕組みです。

ポイントは貯まった分でお買い物ができたり、商品と交換できたりします。

来店ポイントを貯めれば、お金を使わずにポイントで買い物ができるということです。

店舗内にある駐車場の料金が割引or無料となる

駐車場が有料となっている店舗もあります。

駐車券をお会計時に提示することで駐車代金が割引されることがあります。

それと同様に、クレジットカードでお支払いをすると「○○円以上のお買い物で駐車代金2時間無料」などの駐車場サービスを受けることができます。

さて、このようにデパートやショッピングセンターが発行しているクレジットカードを持つと、たくさんのメリットがある事が分かって頂けたでしょうか。

では具体的にどんなクレジットカードがあるのかについてご紹介していきますね。

どんなクレジットカードがある?

f:id:manekai:20161101161123j:plain

代表して2つのクレジットカードをご紹介します。

イオンカード

イオンカードは、入会金や年会費は無料となっています。

また、電子マネー付きとなっているので、後払い方式のクレジットカードとしてだけではなく、事前に現金をカードへチャージしてからお買い物をすることもできます。

 

イオンカードは、ご利用金額200円につき「ときめきポイント」が1ポイント付与されます。

また、イオン内の優待施設では、2倍のときめきポイントが付与されます。

 

貯まったポイントは、専用オンラインショップで1ポイント=1円で利用できる他、商品や商品券と交換することが出来ます。

クラブ・オン/ミレニアムカードセゾン

クラブ・オン/ミレニアムカードセゾンは、西武、そごう、セブン&アイグループのお店で利用するとお得にポイントが貯まります。

入会金や年会費は無料です。

 

毎月8の付く日(8日、18日、28日)は、イトーヨーカドー内のほとんどの品を5%OFFで購入することができます。

付与されるポイントは、西武・そごう各店で、1,000円(税抜)以上の利用で2%~7%のクラブ・オン/ミレニアムポイントが貯まります。

セブン&アイグループのお店では、100円(税込)につき1ポイントとなっていますが、それに加え、1,000円につき1永久不滅ポイントも付与されます。

 

また、利用額に応じてポイント率が上がります。

更に、対象商品を購入するとボーナスポイントが付加されます。

クラブ・オン/ミレニアムポイント(100円につき1ポイント)は、1ポイント=1円で購入代金として利用することができます。

また、永久不滅ポイントは、永久不滅.comにて商品と交換することが出来たり、クラブ・オン/ミレニアムポイントへ200ポイント=1,100ポイントに交換することができたりします。

おすすめ比較方法①利用頻度

f:id:manekai:20161102232324j:plain

次に、おすすめの比較ポイントについてご紹介していきますね。

まず考えて頂きたいのは、あなたが普段お買い物として利用しているお店はどこかということです。

まずはいつも利用しているお店をピックアップしてみましょう

そして、以下のような条件に当てはまるお店を見つけてみましょう。

 

・お住まいの近くにあるデパート・ショッピングセンターはどこか?

・いつもお買い物をするデパート・ショッピングセンターはどこか?

・高額なお買い物をするデパート・ショッピングセンターはどこか?

・贈答品(結婚祝い・出産祝い・お祝い返し・お中元・お歳暮など)を購入するのはどこか?

 

お店のピックアップが出来たら、そのお店はクレジットカードを発行しているかどうかについて調べてみましょう。

公式サイト上や、お店のサービスカウンターなどで「入会申し込み」を受け付けていますので、パンフレットなどを見て特典内容を確認してみてくださいね。

おすすめ比較方法②割引率

f:id:manekai:20161031172945j:plain

次に、クレジットカードの割引率を考えてみましょう。

ポイントは、「1年間でどれだけ割引することができるか」です。

上記のメリットでもご紹介しましたが、デパート・ショッピングセンターは、会員が、ある決められた日にお会計をするだけで、カード会員全品5%OFFとなるなどの割引企画を実施しています。

 

年会費が必要となるクレジットカードの場合、実際に利用していなくても年会費は払わなければなりません。

ならば、なるべくお買い物で利用して、なおかつ年会費の元を取ることができれば良いと思いませんか?

 

例えば、以下のような計算方法があります。

【毎週金曜日 全品5%OFF】

【年会費:500円】

・金曜日に2,000円分の買い物をする。

・2,000×5%OFF=1,900円支払う。(割引額:100円)

・月で4回買い物をする。(割引額:400円)

・1年の割引額は400円×12=4,800円となる。

通常→2,000円×4回×12ヶ月=年間96,000円

割引後→1,900円×4回×12ヶ月=年間91,200円

 

非会員の場合は、年間96,000円の利用額となります。

一方会員の場合は、年間91,200円の利用額となります。

つまり、4,800円分お得になるということですね。

年会費を500円支払ったとしても、残り4,300円分はお得になるので、十分元が取れたということになります。

 

このように、クレジットカードの割引企画が実施されるのはいつか、その割引率は何%かを調べていけば、いくら利用すれば年会費の元がとれるかということが分かります。

反対に、年会費が有料なクレジットカードを、1年間でほとんど利用しない場合は、元がとれないということですね。

おすすめ比較方法③ポイント還元率と交換率

f:id:manekai:20161102232729j:plain

最後に、クレジットカードのポイント還元率と交換率を見てみましょう。

ポイント還元率を比較するには以下のようなポイントを確認します。

 

・どのくらい利用すれば、1ポイント付与されるか

・何種類のポイントが付与されるか

・利用金額に応じてどれくらいポイント率が上がるか

どのくらい利用すれば、1ポイント付与されるか

お買い物をした金額によって、付与されるポイントは決まっています。

また、その付与されるポイント数は、クレジットカードによって異なっています。

つまり、1,000円に対して1ポイント付くカードもあれば、3ポイント付くカードもあるということです。

 

そして、貯まったポイントは、お買い物に利用することができることが多いです。

こちらもカードによって異なりますが、1ポイント=1円などがあります。

何種類のポイントが付与されるか

また、付与されるポイントは数種類ある場合があります。

一度の利用に対して、クレジットカード会社のポイント、お店のポイントなどがそれぞれ貯まるということです。

付与されるポイントが1種類の場合と、数種類ある場合では、もちろん多くポイントが付く方が得ですよね。

利用金額に応じてどれくらいポイント率が上がるか

クレジットカードによっては、1年間利用した金額に応じて、翌年のポイント還元率が上がるものがあります。

例えば、初年度のポイントは1,000円につき1ポイント付くというカードを持っている場合。

1年間に20万円以上のお買い物をすると、翌年度は1,000円につき3ポイント付くようになるということがあります。

クレジットカードを比較し、どれに入会するかを決めるポイントは、様々あります。

例えばETCをよく使う方ならETCカードに対応しているもの。

海外旅行好きでよく空港を利用している方なら豊富な空港サービスを受けられるもの、などがあります。

 

デパートやショッピングセンターでよくお買い物をする方には、そのお店でお得にお買い物をすることができると良いと思いませんか?

そこでおすすめなのが「ポイント還元率」が高いクレジットカードなのです。

クレジットカードの特典を100%受けるためには、「利用」することが重要です。

 

・入会申込書を書いて、発行したのは良いけれども全く使わずに放置している

・または年会費だけ払っている

ということが無いように、クレジットカードを入手する際は、利用の目的を見据えて慎重に選んでくださいね。

まとめ

・よく利用するお店で、クレジットカードが発行されていないか調べる

・入会金、年会費の金額と、カードの割引率を比べて、利用額に見合うかどうかを考える

・ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ。

無題ドキュメント