【豆知識】クレジットカードで支払いが出来るもの・出来ないもの

f:id:manekai:20161101220539j:plain

ショッピングに便利なクレジットカード。外出先でも自宅でもショッピングやサービスの決済ができて、今や生活になくてはならない存在となっています。
利用シーンが増えていることから、クレジットカード決済出来る場所や商品サービスも充実しており、今や何でもクレジットカードで支払いが出来ると言っても過言ではありません。
中には「こんなものまでカード払いができるの?」というものも多く、その利用シーンは増加の一途をたどっていますが、反面「これがカード払いできないなんて意外!」と思うものもあります。
はたして、どんなものがカード払い出来て、どんなものがカード払いできないのか、それぞれ「へぇ~、これは意外」と思えるようなものをまとめてみました。
ちょっぴり意外なクレジットカードで支払えるものと支払えないもの。豆知識として紹介いたします。

まずはクレジットカード払い不可の基本を押さえよう。

f:id:manekai:20161101220856j:plain

クレジットカード払いが出来るものと出来ないものを紹介する前に、そもそも商品やサービスと関わりなく、クレジットカード払いが出来ないものの基本を押さえておきましょう。
まず、クレジットカードにはカードブランドがあります。クレジットカードの券面を見て頂ければ「VISA」や「JCB」といった、クレジットカード会社のブランド名が書かれています。
クレジットカードで支払おうとしているお店が、あなたのクレジットカードのブランドに対応していなければクレジットカード決済することは出来ません。
また、クレジットカード払い自体が出来ないお店もあります。クレジットカード払いを受け入れたお店はカード会社に手数料を支払わなければなりませんので、導入していないところもあるからです。まずはこれらを前提にしておきましょう。
では、これらを踏まえて利用シーンごとに、クレジットカード払いができるかどうか?具体的に見て行きましょう。

商品券や金券はカードで買える?

f:id:manekai:20161101221007j:plain
商品券や金券はクレジットカードで購入することができるのでしょうか?実は特別なケースを除いて大半がクレジット払いは出来ません。
クレジットカード会社の規約で、大半の会社が禁止している行為に「クレジットカードショッピング枠の現金化」というものがあります。
そのため、現金化しやすい商品券や金券、クオカードなどをクレジットカードで購入する事は、原則として出来ません。
ちなみに金券ショップでは、基本的にはクレジットカード払いが出来ません。取り扱うものが商品券や金券であるからだけでなく、薄利多売の販売システムによって手数料負担が増えると経営が厳しくなるという事情もあるようです。

金券ショップでチケットを購入する際は、現金を持参するようにしましょう。

商品券をクレジットカード決済する方法

商品券はクレジットカード決済出来ませんが、どうしても商品券をクレジットカードで購入したい人のために購入する方法を紹介します。
その方法とは、クレジットカード会社から商品券を購入する方法です。クレジットカード会社は大手ともなると、自社のサイトで商品券やギフトカードを販売しています。
たとえばJCBの場合はJCBの商品券を、VISAの場合はVISAの商品券を販売するというように、自社ブランドに限って販売しています。また、ギフト用に購入することも可能で、ちゃんと丁寧に包んでくれます。
商品券は場合によっては、額面どおりの金額で買えない場合もありますが、クレジットカード会社の商品券の場合は券面の額面通りに購入することも可能ですので、もし必要があれば、こういう買い方ならクレジット決済ができると覚えておくとよいでしょう。

高級時計や貴金属はクレジットカードで買える?

f:id:manekai:20161101221134j:plain

では、高級時計や貴金属などはクレジットカード払いができると思いますか?これは「クレジットカードで買ったよ」という人と「クレジットカードで購入出来なかった」という人がいらっしゃるかも知れません。
というのも、個人が単発で商品を購入する場合には、特に問題なくクレジットカード決済する事は可能です。しかし、普段は高額な商品を購入しない人が、高額な商品を購入した場合には、お店からクレジットカード会社への確認が必要になり、場合によってはクレジットカードが使用出来なくなります。

一つの理由としては、不正利用の監視が上げられます。クレジットカードが盗難に遭い、犯人が高額商品を購入し、現金化をする事を防ぐ目的があるようです。

クレジットカード会社はクレジットカードの購入履歴が分かりますので、普段のライフスタイルと違ったものを購入したり、その人のショッピングの傾向とかけ離れたものを購入している場合には確認が入りますので、心づもりをしておきましょう。

クレジットカードで仕入れはできる?

f:id:manekai:20161101221620j:plain

クレジットカードで商品の仕入れはできるのでしょうか?たとえば個人事業主やフリーランサーが物販をしている場合、支払いを分割出来るクレジットカードの方が、現金仕入れよりも資金繰りの面で有利になる場合があります。
また、どうしても資金繰りが厳しく、「クレジットカードで支払うことによって今月は乗り切れる!」などということもあるかも知れません。
しかし、残念ながらクレジットカードで仕入れをすることはできません。先ほども申し上げたようにクレジットカード会社の規約で現金化が禁止されているからです。
誤解がないように言っておきますと、現金化は法律で禁止されている行為ではありません。あくまでもクレジットカード会社の規約なのです。しかしながら、クレジットカードを利用するにあたって、クレジットカード会社の規約を破ってしまっては、今後クレジットカードが使えなくなる恐れもありますので、規約は順守する必要があります。

公共料金はカード決済できる?

f:id:manekai:20161101221750j:plain

公共料金はクレジットカードで支払うことは可能なのでしょうか?実はこれは可能です。むしろクレジットカードで支払った方が、ポイントが貯まって得になります。
公共料金は毎月支払うものですので、毎月クレジットカードのポイントが自動的に貯まっていくことになります。
電気料金は、口座振替に対して割引があることが多いので、クレジットカード払いにすると損してしまう場合もありますが、それ以外の水道代やガス代に関してはクレジットカード払いをおすすめします。
クレジットカードのポイント還元率が1パーセントだとすると、毎月2万円公共料金を支払っているご家庭で200円分のポイント、3万円なら300円分、4万円なら400円分が自動的に貯まっていきます。
少額に思えるかも知れませんが、何もしなければポイントはつきませんし、特に何かをするわけではなく、クレジットカード払いの手続きさえしておけば自動でポイントが貯まるので、長期間クレジットカードで支払い、気が付いたら随分ポイントが貯まっていたということになるでしょう。

▼関連記事はこちら▼

hikakujoho.com

国民年金や厚生年金はクレジットカードで支払える?

f:id:manekai:20161101221904j:plain

国民年金や厚生年金はクレジットカードで支払うことができるのでしょうか?結論から言いますと、国民年金はクレジットカードで支払うことは可能で、厚生年金はあなたの勤務先の会社があなたに代わって払ってくれているので、あなたが直接支払う必要はありません。
国民年金は第一号被保険者、第二号被保険者、第三号被保険者に分類されており、第一号被保険者は自営業者やフリーター、無職、学生。第二号被保険者は会社員や公務員など、第三号被保険者は専業主婦など、と分類されています。

第二号被保険者は厚生年金に加入しており、半分は勤務先の会社が支払ってくれる上、残り半分の自己負担分も会社がまとめて払ってくれています。

第一号被保険者は厚生年金ではなく、国民年金に加入しています。国民年金は自分で支払う必要があるため、少しでも得な方法で支払うと良いでしょう。

クレジットカードで支払う事で、ポイントが貯まりますので、ぜひクレジットカードを活用しましょう。

生命保険料金はカードで支払える?

f:id:manekai:20161101222023j:plain

生命保険料もクレジットカードで支払うことが可能です。生命保険は人生で二番目に大きな買い物だといわれることが多いため、こんなものまでクレジットカードで支払うことが出来る。というと驚かれる人もいらっしゃるかも知れません。
実は、インターネットで申し込みをする生命保険の場合ですと、クレジットカードでしか支払いができないという保険商品も多いのです。ポイントも付いてお得に保険料を支払うことが出来ますので、生命保険料もクレジットカードで支払うとよいでしょう。
しかし、場合によってはクレジットカードで支払えないこともあります。それは保険契約が古い場合や、対面加入の保険の場合です。もしあなたがこれらに該当する場合は、一度クレジットカード会社に連絡して変更が可能か聞いてみてください。
これからは、対面申し込みで生命保険に加入をする場合も、事前に担当者にクレジットカード払いが可能かどうかを確認されることをおすすめします。

宝くじはクレジットカードで買える?

f:id:manekai:20161101222127j:plain

次に宝くじですが、宝くじはクレジットカードで購入することができるのでしょうか?

年末ジャンボやサマージャンボなどの宝くじは残念ながらクレジットカードで支払うことは出来ません。宝くじ売り場に足を運んで、現金で購入する必要があるようです。
しかしながら、みずほ銀行のみずほダイレクトという口座を経由して、宝くじラッキーラインというサービスを使うとインターネットで購入することは可能です。

宝くじはクレジットカードで購入する事はできませんが、totoやチャリロトはクレジットカードで決済することが可能です。
totoは最大6億円あたるサッカーくじで、入会無料のClub totoの会員になれば、クレジットカード決済が可能です。
チャリロトは最大12億円あたる競輪のくじです。入会無料のDMM競輪の会員になれば、クレジットカード決済が可能となります。

ディズニーランド内でカードは使える?

f:id:manekai:20161101222418j:plain

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのパーク内では多くのクレジットカードが利用可能です。
利用可能なクレジットカードはJCBやVISA、マスターカードなどの主要なクレジットカード会社だけでなく、数多くのクレジットカードの利用が可能です。ただし、マスターカードに関しては日本以外で発行されたものの中に、一部使えないものがあるようなので注意が必要です。
また、施設によっては使用できないところもあります。バルーンベンダー(風船販売施設)や、ワゴンスタイルの飲食施設では、クレジットカードは利用出来ませんので現金もちゃんと用意しておきましょう。

住宅はカードで買える?

f:id:manekai:20161101222534j:plain

人生で最も大きな買い物と言われている住宅を購入する場合、クレジットカード決済は可能なのでしょうか?
そもそもクレジットカードは限度額がありますので、住宅の金額はクレジットカードでは払えないように思えますが、以前は、ダイナースクラブがタマホームと提携し、クレジットカード決済が可能だったことがあります。
そのため、住宅購入もクレジット決済ができるといいたいところですが、残念ながら現在はできません。
しかしながら、家賃はクレジットカードで支払うことが可能です。まだそれほど一般的にはなっていないかも知れませんが、中にはクレジットカード払いを売りにして入居者募集をしているところもあり、今後はさらに広がっていくと予想されているようです。

まとめ

・クレジットカードで決済出来るもの、出来ないものがある。
・自分の持っているクレジットカード会社のブランドの取り扱いがないお店では利用出来ない。また、クレジットカード決済自体に対応していないお店もある。
・商品券や金券は、クレジットカード会社の規約違反につながるため、基本的にはクレジットカード決済が出来ない。
・高級時計や貴金属は現金化目的でない限りカード決済できるが、クレジットカード会社に確認を求められる事もある。
・クレジットカードでの仕入れ目的での利用は、ショッピング枠の現金化となるため不可。
・公共料金や国民年金はクレジットカード決済がおすすめ。
・ディズニーランドでは多くのクレジットカードが利用可能。
・生命保険料や家賃はクレジットカードで支払う事も可能だが、住宅購入費用はクレジットカードで支払うことは出来ない。

[PR]クレジットカードを探すなら比較情報.com

クレジットカード比較情報.com

クレジットカードを初めて持つ方も、お得なカードに変更したい方も、約100種類からあなたにピッタリのお得なクレカが見つかるかも!

クレジットカード比較情報.com >>

関連記事

hikakujoho.com

hikakujoho.com