無理なく毎月3万円稼ぐ!中古品ビジネスのすすめ

f:id:manekai:20161101175949j:plain

もし安定して毎月3万円以上稼ぐとしたら、どんな方法が思いつきますか?

仕事をしながらアルバイトを掛け持ちするのは大変でしょうし、投資でコンスタントに稼ごうと思っても、すこし難しそうな気もします。

 

そこで、手軽にプチ稼ぎを実現させてくれる、話題の中古品転売を始めてみませんか?

中古品転売は「せどり」と呼ばれています。

購入価格より高く販売することで、その値段差を利益とする方法です。

 

買い物ついでに仕入れたものをネットで販売したり、ネットで仕入れてネットで売ることもできますので、とても手軽な方法です。

 

そうは言っても、やはり商売ですのでノウハウは必要です。

この記事ではその入門となる基礎知識を紹介します。

目利き不要の中古品転売

f:id:manekai:20161101175911j:plain

中古品転売と聞くと、商品を見極める「目利き」が必要だと思われる人が多いようですが、実は目利きは要りません。

 

確かに目利き力はあった方が有利なことは間違いありません。

商品知識があれば売れる商品がすぐに分かって、仕入れ商品をリサーチする手間が省けますし、仕入れ値と売値の差額がイメージできていれば、同じく仕入れがとても簡単になります。

 

しかし、経験を積み重ねれば自然に知識は付いていきますので、最初から目利きができる必要はありません。

最初はあなたの好きなジャンル、もしくは興味があるジャンルに絞り込んで始めることが、中古品転売のコツです。

資格や許可は必要?

f:id:manekai:20161124195103j:plain

中古品転売を行う上で、資格や許可は必要なのでしょうか?

 

中古品転売には、古物商の許可が必要となります。

古物商の許可は「業として」行う転売の場合にのみ必要です。

 

たとえば、大掃除で出た不用品をヤフオクで販売したり、たまに開催されるフリーマーケットで販売する程度の場合であれば、わざわざ古物商の許可を取る必要はありません。

しかし継続的に販売を行う場合には、古物商の許可が必要となります。

今回はスモールビジネスとして継続的に毎月収入を得る人に対して紹介しておりますので、古物商の許可を取ることは前提となります。

 

古物商の許可を取るには、あなたの所在地を管轄する警察署に申請をする必要があります。

警察署の防犯係で受付していますので、まずは申請をしておきましょう。

仕入れはどうやってすればいいの?

f:id:manekai:20161101175938j:plain

中古品転売を行うにあたって、多くの人が最初にぶつかる壁が「仕入れの壁」です。

転売未経験者は売ることが難しいと思っている人が多いのですが、実は圧倒的に仕入れの方が難しいのです。

極端な言い方をしますが、仕入れさえできれば、転売する過程のうち、80パーセントは終わったことになります。

 

仕入れをするためには、仕入れ値よりも売値の方が高くなければ利益がでませんので、まず売値より安く仕入れることが最初の関門です。

次に仕入れたとしても、売れなければ意味がありませんので、売れる商品を仕入れる必要があります。

 

売れる商品かどうかの見極めは後ほど紹介するとして、まずはどこから仕入れればいいのかを案内します。

店舗で仕入れる場合

あなたが取り扱う商品にもよりますが、まずは店舗からの仕入れという方法があります。

 

一時期流行った仕入れ方法が、ブックオフで古本やCDを仕入れてネットで売るという方法になります。

ネットで売れ筋の本やCDを調べてからそれらをブックオフで探しに行ったり、バーコード付きの機械を持ってしらみつぶしに調べる人が数多くいらっしゃいました。

 

他にも、たとえばカメラを仕入れる場合であれば、家電量販店のセール品を狙ったり、カメラを取り扱う店で中古レンズやボディーを狙ったり、リサイクルショップで多ジャンル品を狙うのが最近の主流のようです。

しかし、店舗によっては転売目的での購入を禁止しているところもありますので配慮が必要です。

ヤフオクで仕入れる場合

店舗で直接仕入れても良いのですが、店舗の場合は転売禁止である場合もあり、地方の場合であれば店舗が自宅から遠いこともあります。

そこでおすすめなのが、ネットで完結させる仕入れ方法です。

具体的にはヤフオクで仕入れると効率よく仕入れをすることができます。

 

ヤフオクでは相場を見ずに値段をつけている人が結構多くいるので、あなたが取り扱うジャンルの商品のリストを隅々まで調べることで、相場よりも安い商品を見つけることが可能です。

 

また、一度取引した出品者との、同じ商品や類似商品を継続的に入手できる場合もあります。

継続的に仕入れることが出来れば、今後のリサーチが減って、仕入れ作業が圧倒的に楽になりますので、手軽に仕入れを実現させることが可能です。

仕入れ問屋から仕入れる場合

仕入れ問屋から仕入れるという方法もあります。

問屋の場合はどうしてもロット買いしなければならないことが多いのですが、ネット問屋の場合は少数からでも購入することも可能です。

個人でも仕入れる時でも卸価格で購入できるサイトは多いので、ネット問屋の活用はとてもお手軽な方法といえます。

 

ただしここで、注意しなければならないことがあります。

それは、ネット問屋での仕入れは簡単なので、他の人も手軽に入手できるというデメリットがあるということです。

他の人も手軽に入手できるということは、ライバルが多いということでもあるので、購入した商品が価格競争に巻き込まれる恐れがあります。

ネット問屋での仕入れは、ヤフオクで仕入れる場合よりも販売戦略が重要な、上級者向けの方法といえるでしょう。

効果的な販路はどこ?

f:id:manekai:20161101180021j:plain

仕入れが安定してできるようになったら、今度はどこで売るかが重要となります。

今回、売り先としておすすめするのはAmazonとヤフオクです。

仕入先が、店舗やヤフオク、ネット問屋であったとしても、Amazonかヤフオクで販売することをおすすめします。

 

では、それぞれどうやって販売すれば良いのでしょうか?具体的に紹介します。

Amazonで販売

Amazonは個人でも簡単で気軽に商品を出品することができるAmazon出品サービスというのを展開しています。

会員登録をすれば、あとはAmazonのサイトの指示に従って進めていくだけで、簡単に自分だけのお店を持つことができます。

 

大口出品と小口出品の、2つの販売方法があります。

大口出品は月額4,900円の登録料と、1商品売れるごとに基本料金100円の販売手数料が必要です。また、小口出品の場合は登録料は要りませんが、こちらも1商品売れるごとに基本料金100円の販売手数料が必要になります。

 

大口出品を選ぶと、FBAというサービスが利用可能になります。

このサービスを利用すれば、在庫管理から注文管理、引き当てなど全て行ってくれるので、こちらは仕入れた商品をAmazonに送るだけでいいのです。

 

Amazon大口出品と小口出品の違い(公式サイト)

https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.html

 

ヤフオクで販売

ヤフオクで販売することも可能です。

Amazonで売れ残ったものをヤフオクで安く売って損切りする人も多いようですが、利益を得る目的でヤフオクを活用することも可能です。

 

ヤフオクは即決価格とオークション価格の二種類の販売方法があります。

自分で金額を決めて落札者がいればその価格で売ることができる即決価格と、入札が入るごとに値段が上がっていくオークション価格の二種類です。

 

価格差を取って利益を出したい時は、事前リサーチした売値を即決価格として出品すれば良いですし、Amazonで売れ残ったり、返品されてきた商品などは損切りとしてオークション価格で出品すると良いでしょう。

 

Amazonとヤフオクを両方使って、状況に合わせた販売手法を検討してみてください。

 

ヤフオク公式サイト

http://auctions.yahoo.co.jp/

 

イーベイで販売

輸出という方法もあります。

海外のオークションサイトに「イーベイ」というものがあります。

日本でしか手に入らないもので外国人に人気のある商品などは、イーベイで販売すると高値で売れることもよくあります。

 

外国人向けと聞くと、英語ができなければならないと思われるかも知れませんが、イーベイで販売をする程度の英語であれば、翻訳サイトを使えば十分に対応できますので、英語ができない人でも問題ありません。

 

海外に輸出となると、壊れにくくて小さいものがおすすめです。

輸送中に壊れてしまってはトラブルになりかねませんので、特にそこは気を付けて商品を選びましょう。

 

イーベイ

https://www.ebay.co.jp/

 

売れるかどうかの見極めはどうする?

f:id:manekai:20161101180038j:plain

売れるかどうかの見極めは販路ごとに手法がことなります。

 

まずAmazonで売る場合はAmazonで実際に売れているかを調べる必要があります。

Amazonでの売れ行きが分かるサイトに「モノレート」というサイトがありますので、ここで販売実績や競合の数をチェックして、必要数だけ仕入れて下さい。

売れている時の価格帯も分かりますので、その商品がどの時間帯にいくらで売れているのかも同時に確認可能です。

 

モノレート

http://mnrate.com/

 

ヤフオクで販売する時には「オークファン」というサイトを活用します。

オークファンは同じ商品が過去にいくらで売れているかを検索できますので、売値と個数の見込みを判断することが可能です。

ヤフオクユーザー必須のサイトといえます。

 

オークファン

http://aucfan.com/

 

最後にイーベイで販売する時には、「テラピーク」というサイトがおすすめです。

イーベイの商品ごとの過去の実績をチェックできますので、とても便利なサイトです。

 

テラピーク

https://www.terapeak.jp/

 

まとめ

f:id:manekai:20161101180104j:plain

・中古品転売は目利き不要

・中古品転売は店舗仕入れやネット仕入れ、問屋仕入れの方法がある

・販売先はAmazonやヤフオク、イーベイがおすすめ

・売れ筋商品を調べるサイトに、モノレートやオークファン、テラピークがある

無題ドキュメント