クレジットカードの審査に落ちたのはなぜ?審査の裏側を大公開!

f:id:manekai:20161220124248j:plain

クレジットカードを作ろうと申し込んではみたものの、なぜか審査に落ちて作れなかった。あなたもそんな経験をしたことがありませんか?

最近はインターネットショッピングなど、自宅で手軽に買い物が出来るので、決済に使用出来るクレジットカードがあると助かりますよね。また、普段使っているスーパーでもクレジットカード機能付きのポイントカードが発行されているところも多く、便利なだけでなく、クレジットカードがあるとお得になることもあります。

いざという時にキャッシングやリボ払いができて、頼りになるクレジットカード。お金が絡むカードの為、きっちりとした審査が行われるのは分かりますが、一体どんな審査がどんな基準で行われているのでしょうか。クレジットカードの審査について迫ります。

どんなことが審査されるの?

 

f:id:manekai:20161024161418j:plain

 

クレジットカードを申し込んだあと、それぞれのクレジットカード発行会社においてクレジットカードを発行しても問題ないかどうかの審査が行われるのですが、その審査では大きく分けて「返済力」「本人の性格」「財産」の3つを審査しているようです。

 

これを見ると返済力ってどうやって調べているのか、性格は何を基準に見ているのか。という疑問が湧いてくると思います。しかし、この疑問は後ほど解説するスコアリングという採点方法や、信用情報から読み取ることが可能なのです。

 

では、まず「返済力」「本人の性格」「財産」について、一体どういう意味合いで設けられている基準なのかを詳しく見ていきたいと思います。

返済力を審査

返済力とは、要するにクレジットカードを使った人が、ちゃんと支払いをできるのかを審査する項目です。

クレジットカードで買い物をした場合は、買った時にすぐお金が決済されるわけではありません。その月の利用金額を累計して締め日に合計された金額が、定められた支払日に決済されるという仕組みになっています。

つまり、買い物をしてから支払日までの期間は、クレジットカード発行会社が立て替え払いしてくれているということになります。利用者に支払い能力が無ければ立て替えたお金が返ってこなくなりますので、返済力は厳しく審査されています。

どうやって審査しているかというと、職業や現在の年収、会社勤めをしている人は勤続年数だけでなく、勤務先の規模や借入の状況まで審査されているようです。

また、 クレジットカード発行会社ごとに審査の基準は異なるようです。

本人の性格を審査

返済力があると認められたとしても、浪費癖のある人は審査で不利になることもあるようです。しかし、見られているのは浪費癖だけではありません。性格がだらしないか、きっちりとしているかまで審査されています。

ですが、どうやって性格がだらしないか分かるのでしょうか。それは、過去のクレジットカードの利用金額や借入金をきっちりと返済しているかどうか、などから判断します。

逆の立場になれば分かると思いますが、もしあなたが誰かにお金を貸す時に、その人に返済能力があったとしても、浪費家だったり、ルーズな性格だったりした場合は貸すことに慎重になりますよね?

具体的には、クレジットカードヒストリーという過去のショッピング履歴や返済履歴をまとめた資料をもとに、きっちりと審査しているようです。また、申し込み時の借入申告と実際の借り入れの差も見られていて、ちゃんと申告しているか、把握して審査しているようです。

 

財産の有無を審査

財産の有無も審査されています。その一貫で、どれくらいの期間、その住居に住んでいるかや、どういう住居に住んでいるのかも確認していると言われます。コロコロ引っ越しているよりも、同じ住居に長く住んでいる方がクレジットカードの審査上は有利だといわれていますし、持ち家だとさらに有利だといわれています。

持ち家の場合は、財産とみなされますので、審査に有利に働きます。

ただし、最近は比較的財産に関する項目は重要視されなくなってきているようで、最も重視されているのは返済力だといわれています。

審査の流れを具体的に教えて!

f:id:manekai:20161024161449j:plain

どのようなことが審査されるのか、ざっくりとご理解頂けたと思いますので、ここからはより具体的に審査の基準について紹介していきたいと思います。

もしあなたがクレジットカードに申し込んだ場合、クレジットカード発行会社はあなたをスコアリング(点数化)します。その後に信用情報を審査し、最後は人が審査します。

この「スコアリング」「信用情報を審査」「人が確認」という順番に審査が進んでいくのですが、もしも途中で審査基準に満たない場合にはその段階で審査終了となります。

たとえば、スコアリングの段階で点数が足りなければ、そこで終了し、スコアリングはオッケーだったけれども信用情報でダメならそこで終了です。つまり、この審査過程はふるいにかけている状態だということがいえるのです。

では、「スコアリング」「信用情報」「人が確認」について一つずつ解説していきます。

最初はスコアリング

スコアリングはどのクレジットカード発行会社も審査基準は同じです。項目ごとに点数が付けられ、合計が合格点に達していればスコアリングはクリアとなります。その項目は、たとえば年齢による点数や、他社借入件数、他社借入額などと、先ほど紹介したように、居住形態や勤務年数などが入ります。

どのクレジットカード発行会社も審査基準は同じということは、一つのクレジットカード発行会社のスコアリングが合格点に達する場合、他のクレジットカード発行会社にも必然的に合格するだろうと思われるかもしれませんが、実は違います。審査基準は同じなのですが、クレジットカード発行会社によって項目毎のつける点数や合格ラインが異なるため、クレジットカード発行会社毎に、スコアリングに通りやすいところと通りにくいところが存在するのです。

そのため、もしあなたが一つのクレジットカード発行会社の審査に落ちたとしても、他のクレジットカード発行会社でも落ちるとは限らないのです。

次に信用情報を審査

スコアリングをクリアしたら、今度は信用情報を審査されます。信用情報とは、信用情報機関に登録されているクレジットカード利用や借入金に関する情報で、今まで何度か返済が遅れていないかどうか、借金の額に対して見合う収入があるのか、キャッシングが多くないかなどが審査されます。

また、延滞をしていたり、債務整理をしていたりする場合は、いわば信用情報に「傷が付いた」状態となります。

債務整理とは、クレジットカード発行会社や消費者金融から借りたお金を返せなくなって、任意整理という方法や、個人再生という方法、自己破産という方法で借金を軽減したり帳消しにしたりする手続きです。

これらに該当する場合は金融事故を起こしたとして、金融事故者となります。ちなみに過払い金請求という言葉がありますが、これはクレジットカードや消費者金融に返済した借金の利息を多く払い過ぎていたために取り戻す請求ですので、その会社では二度と借入ができなくなる可能性がありますが、金融事故扱いはされず、他の会社には影響はないようです。

最後は人が確認

クレジットカードの審査の仕上げは人が行います。無事にスコアリングをクリアし、信用情報の照会も問題なければ、人が最終審査をして無事にクレジットカードの発行となります。

人が審査する項目は、本人確認書類や、申し込み時の記載事項の照合、過去の記録との照合などが挙げられます。

本人確認書類の審査では、運転免許所や健康保険証、住民票などと照合し、ちゃんと本人であるかの確認が取られます。申し込み内容との違いがある場合には、担当者が本人に電話で確認をしますので、万一間違えた内容を書いていても安心です。

また、過去に審査の申し込みがあったかどうかも記録として残っていますので、過去の記録も照会されます。

最終的に、勤務先に在籍の電話確認を行った後、本人に申し込みの意思確認が終わってから発行となります。

ブラックリストは存在するのか?

f:id:manekai:20161024161516j:plain

よく、信用情報に傷が付くことを「ブラックリストに載る」と表現する人がいますが、本当にブラックリストというリストが存在するのでしょうか。実は「ブラックリスト」は存在しません。ただし、金融事故を起こした場合には、信用情報にある返済状況の項目に「移動」という文字が入ります。

この「移動」が入っている場合は、金融事故の可能性が大半ですので、ここでおおよその見分けが付いてしまうのです。

日本の場合、信用情報を扱う機関(個人信用情報機関)は3つあり、日本で金融商品を扱っている企業はいずれかの会員となっています。それぞれの機関によって会員企業は異なります。

f:id:manekai:20161025160157p:plain

※著者作成

 

そして、これらの情報は共有されており、会員であれば誰でも見ることができますので、信用情報に傷が付くと、今後の借り入れなどに支障がでてしまうのです。

信用情報の記録期間

もしも信用情報に傷が付いてしまった場合、いつまでもその情報が残っているのは嫌なものですよね?では信用情報はいつまで記録されているものなのでしょうか?

個人信用情報機関のうち、シー・アイ・シーの場合、申し込み情報は半年間記録されます。これはクレジットカード会社や消費者金融などが信用情報を審査した時の記録で、契約などの情報ではありません。キャッシング限度額を上げるなどの利用記録も同じく半年間残ります。

契約などの情報は5年間残されます。この情報には契約内容や金融事故の実績まで残りますので、要するに金融事故を起こしてしまった場合、5年間は信用情報に傷が付いた( = ブラックリストに載った)状態となります。

こんな場合でもクレジットカードは作れるの?

f:id:manekai:20161024161532j:plain

審査についての概要は分かったけれど、具体的に自分はクレジットカードが作れるのか?と気になると思います。その中でも特に質問の多い項目をいくつか紹介したいと思います。もちろん審査結果は人それぞれですので、あくまでも参考として頂ければと思います。

専業主婦でもクレジットカードは作れるの?

専業主婦はクレジットカードが作れるのでしょうか。クレジットカードの審査には収入の項目がありますので、原則としては無収入の場合は作ることはできません。ただ、専業主婦の場合はご主人の収入が目安となりますので、専業主婦だからといって、作れないということはありません。

ご主人のスコアや信用情報などとの兼ね合いで、奥さんもクレジットカードを作ることは可能です。もちろんご主人のスコアや信用情報が悪ければ審査に落ちる可能性はあります。

家族が債務整理中にクレジットカードは作れるの?

家族が債務整理中にクレジットカードは作れるのでしょうか。債務整理をすると、全てのクレジットカードが使用できなくなります。もちろん新規に申し込むこともできません。

しかし、それはあくまでも債務整理をしている本人の場合です。そのため、家族はクレジットカードを使い続けることは可能です。ただ、残念ながら新規にクレジットカードを作るのは厳しくなるでしょう。

この場合該当するのは、生計を共にしている家族です。他の親戚などは関係ありません。信用情報には類似の情報がある場合、審査が慎重になりますので、不利になってしまうのです。

比較的審査が甘いクレジットカードを教えて

f:id:manekai:20161024161559j:plain

クレジットカードの中で、比較的審査が通りやすいものはあるのでしょうか。クレジットカードは大別すると6つのジャンルに分けることができます。

覚える必要はありませんが、簡単に紹介しますと「石油系クレジットカード」「信販系クレジットカード」「航空系クレジットカード」「流通系クレジットカード」「銀行系クレジットカード」「消費者金融系クレジットカード」です。

この中で審査が通りやすいものは「流通系クレジットカード」と「消費者金融系クレジットカード」だと言われています。流通系クレジットカードとは、たとえばスーパーなどが発行しているクレジットカードです。また消費者金融系とは文字通り、カードローンなどをメインに取り扱う消費者金融会社が発行するクレジットカードです。

これらのカードは、本業の見込み客を獲得したいがために発行しているので、審査は独自基準で行っていると言われています。しかしながら、あくまでも相対的に通りやすいと言われているだけですので、参考程度にして頂ければと思います。

まとめ

f:id:manekai:20161024161617j:plain

・クレジットカードの審査項目は、大きく分けて「返済力」「本人の性格」「財産」の3項目

・審査の流れは「スコアリング」「信用情報を審査」「人が確認」の順で行われる。

・信用情報に傷が付くこと = 「ブラックリストに載る」といわれることがあるが、ブラックリスト自体は存在しない

・専業主婦だからクレジットカードは作れないということはないが、債務整理中の方の家族はクレジットカードを作る時に不利になる

・流通系クレジットカードや消費者金融系カードは独自基準で審査を行なっている

[PR]クレジットカードの審査について詳しく知りたい方はこちら

クレジットカード比較情報.com

クレジットカードを初めて持つ方も、お得なカードに変更したい方も、約100種類からあなたにピッタリのお得なクレカが見つかるかも!

クレジットカード比較情報.com >>

無題ドキュメント