初心者でもできる中国輸入!1日1時間で毎月10万円稼ぐ

f:id:manekai:20161021152922j:plain

今の収入に毎月あと10万円あれば嬉しいと思いませんか?サラリーマンは、毎月小遣い制となっている人も多く、毎日のランチ代も節約しなければならないという人も多くいらっしゃいます。

しかし、副業で小遣い毎月10万円を貯めようとすると、かなりの労力と時間がかかってしまうのが現実です。

そこで、中国から輸入した商品を日本で転売するネット物販をおすすめします。いわゆる中国輸入では、ノウハウさえマスターすれば1日に1時間程度の労力でコンスタントに毎月10万円以上稼ぐことが可能です。

最初は地道にコツコツと作業をしなければなりませんが、慣れていけば小遣い稼ぎに最適な方法と言えるでしょう。小遣い稼ぎから副業へ発展させ、気が付けば本業になっている人も数多くいらっしゃいます。

そこで、これから中国輸入で小遣いを稼ぐ方法について解説します。

 

中国輸入の流れ

f:id:manekai:20161013170921j:plain

中国輸入は中国のネットショップであるタオバオというサイトで商品を買って、日本のAmazonで販売するという方法です。Amazonは個人でも商品を出品することが可能で、中国輸入に適しているのは月額4,900円(税抜き)の大口出品かつFBAというサービスです。

 

タオバオで商品を購入する時は、個人が中国から商品を輸入することは言葉の壁や支払の方法の壁がありますので、代行業者を通して輸入します。

 

入って来た商品をAmazonに出品登録をした後、まとめてAmazonに送ると在庫管理も注文管理も、梱包も出荷も全てAmazonがしてくれます。

 

つまり、あなたは仕入れたい商品を見つけて購入し、Amazonにまとめて発送するだけで良いのです。

 

タオバオ:買付に使うサイト
https://www.taobao.com/

Amazon:出品に使うサイト
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html

 

Amazonで仕入れ商品探し

f:id:manekai:20161202162640j:plain

では、この流れにそって具体的にお話していきましょう。まずは商品探しです。Amazonに出品するといっても、一体どんな商品を出品して良いものか分からないですよね?

 

どんなジャンルでも良いのですが、中国から輸入する場合はなるべく小さいもので、壊れにくい物がおすすめです。中国から入ってくる商品は輸送段階で雑に扱われることがありますので、破損リスクが少ないものを選ぶのが賢明です。

 

そして、Amazonで「ノーブランド」と検索すると、中国から輸入している商品が多数見つかります。なぜなら中国輸入はブランド商品を扱うとほとんどがニセモノであるため、多くの出品者がノーブランド品を扱っているからです。

 

まずはAmazonで「ノーブランド」と検索して、売れ行きの良いものを探し、それと同じ商品をタオバオで検索して見つけましょう。

 

モノレートで売れ行きを確認

f:id:manekai:20161021153633j:plain

売れ行きの良い商品はどうやって探せば良いのでしょうか?その方法はモノレートというサイトを使います。モノレートはAmazonの出品商品のランキングや価格変動が分かるサイトです。

このサイトを利用することで、その商品がどれくらい売れているのか予測が付きます。もちろん、モノレートで売れているからといって確実に売れるとは限りませんが、かなり参考になるはずです。

ありがちなのは、Amazonとタオバオで価格差があるからといって買付をし、全然売れずに在庫になっているというパターンです。

たとえ利益率が良い商品だったとしても、売れなければ意味がありません。また、仮に売れたとしても、たまにしか売れないのであれば資金が眠ってしまいます。ですから、モノレートを見て、売れ筋であれば仕入れるということを念頭に置き買い付けるようにしてください。

 

モノレート:Amazonのランキングや価格変動をチェックするサイト
http://mnrate.com/

 

 

タオバオで同じ商品を探す

f:id:manekai:20161019162113j:plain

モノレートで調べて売れ行きが良い場合、その商品が中国でも売っている商品なのかを探しましょう。Amazonでノーブランドと検索したら、一覧で多くの商品が出てくるため、一体どれを調べていいのか分かりませんよね?なので、初心者の方はまずは上から順に調べていくようにして下さい。

ただ、あまりに安い商品を検索しても送料などで利益は取れませんので、1,500円以上、3,000円未満くらいの商品をしらみつぶしに探していきましょう。

中国輸入は商品間違いや破損などのリスクがあり、ある程度の歩留まりを見る必要がありますので、あまり高い商品を扱うのもリスクとなります。そのため、大体このくらいの価格を狙いましょう。

調べる時は商品のタイトルを翻訳サイトで中国語に翻訳し、タオバオで検索します。その時のコツはなるべく単語ごとに分解し、3単語くらいで検索をかけることがコツです。

 

最初はなかなかうまく見つからないかも知れませんが、繰り返すうちにだんだんコツが分かってくるかと思いますので、粘り強く多くの商品を検索してみてください。

 

利益が取れるかチェック

f:id:manekai:20161021153834j:plain

 

Amazonで販売されている商品をタオバオで見つけたら、利益が取れるかを確認しましょう。タオバオとAmazonの価格差がそのまま利益となるわけではありません。

 

Amazonも手数料を取りますし、代行業者も手数料を取ります。また、中国での送料や中国から日本への送料もかかります。関税もかかりますので、それぞれをしっかりチェックした上で利益計算をする必要があります。

 

Amazonの手数料はFBA料金シュミレーターというサイトで確認することが可能ですし、送料や代行手数料は代行会社に確認が必要です。

 

代行業者はネットで「代行業者」と検索すればたくさん出てきますので、最初は複数の代行業者を使ってみて、一番あなたに合うところに継続発注されると良いでしょう。

 

それらの手数料を引いた上で、20パーセント以上の利益率を目指しましょう。中国輸入では場合によっては50パーセント以上の利益が取れる場合もあります。歩留まりを見なければなりませんので、少しでも利益を乗せたいところです。

 

タオバオ代行:おすすめの代行業者
http://sakuradk.com/detialCoding.html

FBA料金シュミレーター:Amazonの手数料検索サイト
https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

財務省貿易統計:関税の税率

http://www.customs.go.jp/tariff/index.htm

 

 

代行業者を通してサンプル買付

f:id:manekai:20161021153941j:plain

Amazonで売れ行きが良く、タオバオとの価格差もあった場合、いよいよ代行業者から仕入れます。タオバオの商品ページを指定して、代行業者に依頼するのですが、この時に気を付けたいのは、初回からいきなり大量発注しないということです。最初はサンプルとして2~3個の仕入れがおすすめです。

代行業者の使い勝手や、タオバオに出品している出品者の信頼性が分からないうちから大量発注するのは危険です。ですから、まずはサンプルを仕入れて、今後継続発注しても良いタオバオの出品者なのか?使いやすい代行業者なのか?そのあたりを確認するためにもサンプル仕入れをしてみましょう。

しかし、わざわざ2~3個のために輸入していては経費も馬鹿にならないという面もありますので、商品点数を10個ほどリサーチしてから行いましょう。
売れ行きが良く、価格差のある商品を10品以上調べておいて、それらを2~3個仕入れると、一度の輸入が20~30個となり、送料がお得になります。

  

出荷作業

f:id:manekai:20161021154234j:plain

買付が終わったら、早ければ1週間ほど、遅くても4週間ほどで商品が入ってきます。関税がかかる場合は着払いになることもありますので、あらかじめある程度のお金は用意しておきましょう。

 

商品が届いたら、Amazonに出品登録をします。Amazonのセラーセントラルのサイトから登録をし、シールを印刷して貼り付けた後、段ボールにまとめてAmazonに送ります。

 

後は自動的にAmazonが売ってくれるので、売れた商品をまた中国から仕入れます。この時は売れた期間や個数などから販売予測を立て、必要な分だけ追加発注します。

 

すると、今後その商品はリサーチしなくても、追加発注するだけで利益となりますので、2回目の発注からは作業効率がとても良くなります。

 

追加発注と同時進行でまた新たな商品をリサーチをすることで、どんどん商品アイテムと利益を増やしていくことができますので、発展性のある小遣い稼ぎだといえるでしょう。

 

仕入れてはいけない商品に注意

f:id:manekai:20161013171039j:plain

このように、売れたらまた買付けということを繰り返しながら、同時に商品リサーチとサンプル仕入れを繰り返すのが中国輸入のセオリーです。

単純作業の繰り返しなので、慣れてくればとても楽に小遣いを稼ぐことができるのですが、もちろんリスクもあります。

一つは、競合が現れて価格競争になり、在庫を損切価格で販売しなくてはならないリスク、もう一つは輸入してはいけない商品を輸入してしまうリスクです。

特に輸入禁止商品には気を付けなければなりません。場合によっては逮捕されてしまう可能性もありますので、知らなかったでは済まされない事態に陥らないように注意が必要です。

輸入禁止商品だけでなく、偽ブランド商品をAmazonに出品してしまうと、アカウントの停止や閉鎖となりますので、ブランド品は扱わない方が良いでしょう。

こういったことさえ気を付けていれば、隙間時間でもしっかりと稼ぐことができますので、良かったらチャレンジしてみて下さい。

 

税関:輸入禁止品目

http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm

 

まとめ

f:id:manekai:20161014182704j:plain

・中国輸入は小遣い稼ぎとして効率の良い方法

・代行業者を通してタオバオから仕入れ、Amazonで販売

・売れ行き度合を見た上、送料や手数料、関税などを差し引いて利益計算する必要がある

・サンプル仕入れの後にリピート仕入れの流れが重要

・輸入してはいけない商品や出品してはいけない商品に注意する必要がある

無題ドキュメント