読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフラック〈夢みるこどもの学資保険〉について。メリット・デメリットをご紹介

保険 学資保険

f:id:manekai:20161019161715j:plain

つい最近、お子様ができた方もいらっしゃるかと思います。お子様のこれからの成長が楽しみですね。

しかし新しい家族を迎えることで、増えるのは楽しいことばかりではありません。当然食費などの生活費も増えますし、なにより、子供のための教育資金も必要となってきます。

そんな金銭的不安を和らげるために、“学資保険”という保険が存在します。様々な保険会社が、学資保険に関する様々なプランの商品を販売しています。

 

ここでは、アフラックが販売している“夢みるこどもの学資保険”について、メリットやデメリットなどをご紹介しています。

産まれたばかりの赤ちゃんがいる方や、将来的な子供の教育資金について不安を抱えている方、どの学資保険に加入するかお悩み中の方にオススメな情報です。是非ご覧ください!

学資保険って何?

f:id:manekai:20161019161918j:plain

学資保険とは、将来必要となる子供の教育資金に備える保険です。子供の年齢が低いうちに加入し、保険料を支払っておくことで、中学入学~大学卒業までに満期額分の資金を受け取ることができます。

数々の保険会社が様々なプランを提供していますが、その中には、受取時期が大学入学時のみなどの商品や、保障期間中の医療保障として利用することができる商品もあります。

 

学資保険には、「保障型」と「貯蓄型」の2種類があります。

保障型とは、保険料の払い込みをしつつ、子供が一定の年齢になると満期学資金を受け取ることができるタイプの保険です。

この保険は、保障期間中に被保険者であるお子様が、病気になったりケガを負ったりした場合、医療費として給付金を受け取ることができます。また、万が一亡くなった場合の死亡保障にも備えることができます。 

 

貯蓄型とは、教育資金としての貯蓄に優れている学資保険で、保険料を支払いつつ、満期が来た時に満期額資金を受け取ることができます。保障型とは違い、医療保障が付いていない分、至ってシンプルな仕組みとなっているので、保障内容に対して理解しやすいような保険です。

 

学資保険には、払込総額と受取総額の割合を示した“返戻率”というものがあります。医療保障や死亡保障がついた保障型よりも、ただ教育資金としてのみ備える貯蓄型の方が返戻率は高くなっています。また、この返戻率は、契約者の年齢や性別、子供の年齢や性別、受取時期、払込方法、保険料の額によって差が出てきますので、注意が必要です。

アフラックとは

f:id:manekai:20161019161940j:plain

今回ご紹介するのは、学資保険を販売している「アフラック」です。

アフラックの正式名称は、「アメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス」です。つまり、本社はアメリカ合衆国にある保険会社です。

 

アフラックの日本支店は「アメリカンファミリー生命保険会社」となっており、その本社は東京都にあります。また、他の生命保険会社と業務提携もしており、全国各地の金融機関では、アフラック商品の募集・販売が行われています。

 

「よーくかんがえよー」という歌をテレビのCMで聞いたことはありませんか?

イメージキャラクターは、あひるの“アフラックダック”や猫の“まねきねこダック”ですが、一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

アフラックという生命保険会社は、以下のような保険を販売しています。

 

◆医療保険

◆がん保険

◆終身保険

◆定期保険

◆学資保険

 

他にも給与サポート保険や、介護保険、個人年金保険などを販売しています。その中でも学資保険として販売されているのが、「夢みるこどもの学資保険」です。

「夢みるこどもの学資保険」とは?

f:id:manekai:20161019162049j:plain

「夢みるこどもの学資保険」は、貯蓄型の学資保険です。

満期になった時、返戻率が100%以上になった状態で払込保険料を受け取ることができる、シンプルな保険内容となっています。

つまり、契約者が払込みをし、何の問題も起きず満期となった場合には、払込総額よりも受取総額が上回る可能性が高いということになります。

 

学資金を受け取ることができるのは、学資一時金として高校入学時に1回、基準学資年金額として大学入学時に1回、その後学資年金として大学在学中(2、3、4年生)に3回の、合わせて5回となっています。

また、払込方法や払込期間は以下の通りです。

 

◆払込方法:全期前納(一括払い)、年払、半年払、月払

◆払込期間:17歳払込済、18歳払込済、10歳払込済

 

学資年金額は、受取総額が120万円となる最低40万円コースから、受取総額が1,500万円となる最高500万円コースまで選択することができます。

また、お子様の年齢と受取開始日を照らし合わせることで、上記のように17歳払込済と18歳払込済の2つのパターンを選択することになります。

 

17歳払込済、18歳払込済は、お子様が17歳、もしくは18歳になるまで払込みを続ける期間になります。また、受取時期も17歳、18歳となった後の開始日になります。

 

ここで注意なのですが、払込期間は契約日からカウントして下さい。お子様の誕生日からではありません。

 

例えば、お誕生日が5月で契約日が11月の0歳6ヶ月である場合、18歳払込済を選択すると、受取時期は18年後のお子様が18歳6ヶ月である11月となります。

しかし、お誕生日が3月で契約日が9月の0歳6ヶ月の場合、18歳払込済を選択すると、受取時期は18年後大学入学をした後の9月となってしまいます。

 

そうなると、入学時の備えとして学資金を使用することができません。そこで、17歳払込済を選択しておけば、17年後の9月、つまり高校3年生の9月に受け取ることができ、大学入学時の資金として使用することができるのです。

 

どちらの払込期間を選択すれば良いかは、契約の相談時に販売員にて提案がされますので、ご安心ください。

また、契約前に見積書を作成してもらうことで、将来受け取ることができる時期や金額、解約返戻金額などを確認することができます。

メリット・デメリット

f:id:manekai:20161019162319j:plain

夢みるこどもの学資保険は貯蓄型の学資保険なので、返戻率が高いということがメリットとしてあげられます。特に、契約時のお子様の年齢が低い時や、全期前納の一括で保険料を支払った時、もしくは払込期間を10歳払込済と選択した時に返戻率が高くなります。これは、保険会社がどのようにして運営を行っているかとの関係があります。

 

アフラックを含め保険会社は、契約者から支払われる保険料にて運営を行っています。そして保険金を支払う事由が生じた場合に、保険金を運営しているお金の中から出しているという仕組みになっています。

つまり、運営費としてのお金を保険会社に長く置いておけば置くほど、保険会社はその分の保険料についてプラスアルファを付けてくれるのです。

銀行の定期預金には、長く預けることによって、利息が満期ごとに増えていくものがありますが、それと似たようなイメージを持っていただければ分かりやすいです。

 

夢みるこどもの学資保険のデメリットは、元本割れの危険があるということです。これは、順当に学資年金を全て受け取り、契約が終了した場合は関係ありません。払込期間中や学資年金受取中に、急にまとまった資金が別の理由で必要となり、学資保険を途中で解約をした時に元本割れの可能性があります。

つまり、途中で解約した場合、払込総額よりも解約返戻金が下回るかもしれない、ということです。

 

また、「アフラック」自体の保険会社が経営破綻をした場合は、受取総額について、契約時の保障額が100%となる可能性が低くなります。

 

「夢みるこどもの学資保険」を契約する前に、学資保険は本当に必要かどうか、払込みを続けていくことができる金額かどうか、アフラックという会社が経営破綻をする可能性があるかどうかの経営状態を十分に把握することがオススメです。

保険料のシミュレーションをしてみよう

f:id:manekai:20161019162113j:plain

アフラックの見積り・資料請求サイトでは、夢みるこどもの学資保険について、保険料のシミュレーションを無料で簡単に行うことができます。

シミュレーションでは、契約者の年齢と性別、お子様(被保険者)の年齢、学資年金支払開始年齢(17歳or18歳)、受取総額(180万円or300万円)を入力します。

 

すると、保険料の払込期間が17歳払込済もしくは18歳払込済と、10歳払込済の2パターンについて、月払保険料、受取総額、払込保険料総額、返戻率を確認することができます。Web上ですぐに結果を知ることができるので、様々なパターンを試してみると返戻率にどのような違いがあるのかをすぐに把握することができます。

 

また、このシミュレーションは、払込方法や受取総額が限定されているものとなっています。全期前納、年払い、半年払いで払込をする時や、受取総額を別の金額コースに設定した場合は、返戻率に違いが出てくる可能性があります。

 

保険料などについて詳しく知りたい方は、Web上から資料請求を申込んでみてください。または、お近くのアフラック商品を取り扱っている金融機関や、アメリカンファミリー生命保険の代理店などへ電話するか、直接行ってみることをオススメします。

 

私が住んでいる近くのショッピングモールなどでは、アメリカンファミリー開催の保険相談会を不定期で行っています。アフラックダックが描かれた旗を見かけたら、夢みるこどもの学資保険という商品について、詳しい情報を集めるチャンスです!

無料で一括見積り・比較ができる!

f:id:manekai:20161019162134j:plain

さて、学資保険はアフラックに限らず他の生命保険会社でも、様々な商品が販売されています。保障型と貯蓄型について、あなたがどちらに適しているのか、同じような保障内容で返戻率はどのくらい違いがあるのかなどを、比較できると良いと思いませんか?そこでオススメなのは、Web上で一括見積りができるサイトを利用することです。

 

そのサイトの1つとして、「価格.com保険」というものがあります。こちらは株式会社カカクコム・インシュアランスが運営しているサイトとなっており、単に商品プランの比較や見積もりができるだけではなく、教育費の相場や、他の人がどのような学資保険に加入しているかなどの情報を集めることもできます。

また、学資保険についてのメリットやデメリットや必要性、選び方などについても詳しい情報が掲載されています。

更に、商品やプランを保険会社別で見ることができたり、学資保険に関わる非課税や生命保険料控除制度などについても、知ることができたりします。

 

つまり、価格.com保険というサイトを見れば、学資保険についての様々な疑問を解決することができる可能性が高いです。

学資保険について比較することができるのは、以下の6保険会社の商品です。

 

◆アフラック:夢みるこどもの学資保険

◆損保ジャパン日本興亜ひまわり生命:こども保険

◆東京海上日動あんしん生命:5年ごと利差配当付こども保険

◆三井住友海上あいおい生命:5年ごと利差配当付こども保険

◆フコク生命:みらいのつばさ

◆カーディフ損害保険会社:愛情たっぷりこども保険

一括見積りの方法

f:id:manekai:20161019162024j:plain

価格.com 保険での一括見積りの方法は、契約者の年齢と性別、お子様(被保険者)の年齢を入力し、“商品プランを比較・見積もり”を選択するだけです。簡単ですね。

そして見積もり結果には、みなさんが最も重視される“返戻率”が高い順に、商品がランキング付けされています。

 

一括見積もりを行うと、月払保険料、保険期間、保険料払込期間、保険料払込総額、受取総額、返戻率の6つについて表示されています。商品ごとではなく、1つの商品でも別プランを複数見ることができるので、受取総額などが定まっていない方にもオススメです。

 

また、一旦一括見積りをした後は、「絞り込み」機能を使って、更に詳しく見積もりを行うことができます。医療保障や保険料払込免除特則を付加するかどうか、申込方法は郵送・対面のどちらができるかなど、気になる情報を絞り込みをすることで、よりあなたが希望する商品に近づけることができるようになっています。

 

見積もり後、気になる商品を見つけることができたら、そこから実際に申込みができますし、パンフレットや見積書などの詳しい資料を請求することもできます。

また、商品の相談のみの場合でも、Web上から無料相談を申し込むことができます。

 

Web上で行う一括見積りは、育児などで金融機関や保険会社などへ行く時間のとれない方、学資保険に加入したいけれども、どの商品にすれば良いか分からない方や悩んでいる方にオススメな方法となっています。

 

学資保険は、貯蓄のある方なら必要が無いかもしれません。

しかし、教育資金として貯蓄をしておきたい方や、返戻率の高い商品で少しでも教育資金を増やしたい方には、とても頼もしい保険となっています。

 

大切なお子様には、将来不自由なく教育を受けさせたいですよね。

お子様が小さいうちから、前もって備えておいてはいかがでしょうか?

まとめ

・アフラックの「夢みるこどもの学資保険」は貯蓄型である。

・返戻率が高いプランに加入する方法がある。

・価格.com 保険では簡単に保険のシミュレーションができるので、商品検討の参考にしやすい。

・Web上で一括見積りをすると、返戻率などの比較ができ、適合した商品を見つけることができる。

無題ドキュメント