衆院選は自民党の圧勝!今後の金融市場はどうなる?!

第48回衆院議院総選挙の選挙結果が出揃いました。 ご存知の通り、自民党は前回と同数の議席数を維持する結果に。 前回も大勝しましたから、政権交代となった前々回に続き、安倍信三自民党総裁の下で行われた衆院議員選挙は3連続で大勝しています。 「政権交…

一部上場銘柄だけじゃない!新興株投資のすすめ

世の中には数多くの優良企業があり、投資先をどこにしようか悩んでしまいがちです。 倒産や極端に株価が下がるリスクが少ないので、初心者には一部上場企業がおすすめです。 「ある程度慣れてきたから、リスクをとってもいい!利益がどーんと欲しい!」とか …

ソニー工場の取得で村田製作所はどうなる?

村田製作所がソニーが所有していた石川県の工場を取得することが発表されました。村田製作所はその工場でiPhoneなどのスマートフォン部品を制作する予定とのこと。 鈍化してきているとは言え、未だにiPhoneやスマートフォンの世界的な需要は大きく、その需要…

衆院議員選挙、注目の三党の政策パンフレット、マニュフェストを比較した感想

10月22日は第48回衆院議院選挙です。 政策が語られず、他党批判ばかりしている印象の選挙戦ですが、各党のホームページに は政策パンフレット、マニュフェストがちゃんと出ています。 与党である自民党と、注目の二つの新党のマニュフェストを見て、解説して…

2017年衆院選挙!大勢は何時頃見えてくる!?今後のシナリオは!?

いよいよ衆議院議員総選挙です。 夏ごろまでは「選挙は来年だろう」といった見通しが多く、「安倍政権の支持率が下がっているので年内解散は絶対ない」と言っていた専門家ばかりだったのに、専門家の予想は本当にあてになりません。 普通に考えれば、来年の1…

世界の環境規制がパナソニックにとっての追い風となるか

今年の7月にイギリス政府が2040年にガソリン車とディーゼル車の新規販売を禁止すると発表しました。 その他にも環境への配慮として、イギリス政府は大気汚染を防止するためにバスの改良などを行うよう、地方自治体に多額の資金を投じる予定です。 その他フ…

JALとANA、投資するならどっち?

日本航空(JAL)が経営難により、2010年に会社更正法の適用を申請して倒産し、上場廃止となったことはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。 日本航空は全日空(ANA)と共に日本を代表する航空会社であっただけに、その倒産のニュースは日本に衝撃を与えま…

ソフトバンクのUberへの出資は両社とってプラスとなるか?

近年、株価も業績も好調なソフトバンクが今度はアメリカの配車サービス大手のUberへの出資を検討していると報じられました。 ソフトバンクグループ、ウーバーに出資検討 米紙報道 :日本経済新聞 これまでにも、中国やシンガポールの配車サービス会社に出資…

財務省の売却でどうなる日本郵政株

9月2日発行の日本経済新聞朝刊が「財務省は1日、9月中にも保有する日本郵政株を追加売却する方針を固めた」と報じました。 郵政株、9月中にも追加売却 財務省、最大で1.4兆円 :日本経済新聞 日本経済新聞の記事によると、IPO以来1年10ヶ月ぶりとなる…

あなたも支援者に!株式投資で復興支援をしよう。

ここ数年の間に、日本では様々な災害が起こっています。 一つ一つ上げれば、キリがないほどです。特に記憶に残るものは、2011年3月11日に起こった東日本大震災ではないでしょうか。 地震に加え、津波や原発事故が重なり、東北や北関東は壊滅的な被害を被り、…

株主優待のお得な銘柄も会社を良く分析してから購入しよう!!(マクドナルド編)

株式運用を行う個人投資家のなかには「株主優待」を目的としていたり、楽しみにしているという方は多いでしょう。 株主優待を実施している企業は多くあります。 基準日時点でそういった企業の株主になっていれば、その会社の商品やサービスだけでなく、食事…

日欧の関税撤廃でどうなる自動車株?

7月初旬にドイツのハンブルクで20カ国・地域(G20)首脳会議が開催されました。そこでは地球温暖化防止や保護主義防止についての話し合いが持たれましたが、様々な面で米国が欧州や日本との溝を深めたまま閉幕する形となりました。 G20が示す、「米欧亀裂・…

東芝は上場廃止になってしまうの!?株価はどうなる?

かつて、東芝と言えば、日本を代表する超優良企業でした。様々な家電製品で名を馳せて、自宅の中を見回せば東芝製品がいくつもありました。そんな東芝が、現在大きく揺れています。東京証券取引所第一部に上場している同社が上場廃止になるのではという憶測…

タカタから学ぶ、「破たんする企業」の見極め方

シートベルト、エアバックなどの自動車安全部品で世界2位のシェアを持つタカタですが、6月16日に民事再生法の適用申請にむけて最終調整に入ったとの報道がながれました(その後報道通りの結果に)。 会社側の発表では6/22現在、最後まで別の方法が無いか交渉…

自民党東京都議選大敗!株式市場で考えておかなければいけないシナリオ

7月2日に東京で都議選が行われ、事前予想以上に自民党が大敗を喫してしまいました。 都議選の結果は「127議席の都民55、公明23、生活ネット1(自民党はたったの23)」と、小池都知事率いる都民ネットは過半数を獲得した結果となっています。 今回の大敗は…

株主優待のお得な銘柄も会社を良く分析してから購入しよう!!(イオン編)

株式運用を行う魅力の1つに「株主優待」の制度があります。 株主になっていれば、その企業から年に数回その会社の製品やお食事時券、または商品券(Quoカードなど)といったものがもらえるお得な制度です。 株主優待を目的にして、株式を保有しているという…

今後の注目テーマ!半導体関連銘柄に期待できるワケとは?

1. はじめに 株式相場も新年度を迎え、あまり幸先の良くない足元となっていますが、昨年最も注目を浴びた株式テーマの一つに「半導体」が挙げられます。 まだまだ成長余地があると言われ、今年度も注目されるであろうテーマです。 しかし、多くの方にとって…

あなたの知らない日本銀行の株式ETF6兆円購入

前回の『いまさら人に聞けない、マイナス金利政策ってなに?』では日本の中央銀行である日本銀行は当座預金を増やすために金融機関が持つ国債などの資産を大量に購入していると解説しました。 実は、日本銀行は国債の他にも購入しているものが多数あります。…

いまさら人に聞けない、マイナス金利政策ってなに?

金融関係のニュースがよくわからない人でも、一度は『マイナス金利政策』というのを耳にしたことがあるでしょう。 では、このマイナス金利政策って一体どんなものなのでしょうか。 「金利がマイナスになっているから、お金を借りた人が金利を貰える時代にな…

無題ドキュメント