年間250日は肉を食べる小池克臣が語る、お金の価値を最大限に高める「和牛」の神髄

魚屋の長男として生まれたものの、家業を継がずに肉を焼く小池克臣さん。著書を出版するほど「和牛」を愛するようになった背景や、おすすめの焼肉店について語ります。