更新日: / 公開日:

初心者でもわかる!ねんきん定期便の見方

初心者でもわかる!ねんきん定期便の見方

毎年誕生月になると、ねんきん定期便というはがきが日本年金機構から送られてきます。これは、現在の皆さんの年金保険料の納付状況や、将来もらうことができる年金額を通知しているものです。
しかしながら、このねんきん定期便の内容は一般の人には難しく感じる言葉が多く、年金の正確な情報がうまく伝わっていないところがあります。

ねんきん定期便について、どのように見ればよいか?
今回は、今知っておきたいポイントを紹介していきます。

ねんきん定期便には大きく3種類あります

ねんきん定期便には大きく3種類ありますねんきん定期便は年齢によって、記載されている内容が大きく異なります。「50歳未満」「50歳以上」「35歳・45歳・59歳の方」の3種類に分かれており、それぞれに年金に関する内容が記載された通知書が日本年金機構から送付されます。

【1】50歳未満の方向けのねんきん定期便で確認してほしいところは?

(1)これまでの加入期間

これまでの加入期間は「過去の年金加入実績」について記載されているものです。この加入期間には「保険料を納付した期間」だけでなく「手続きによって保険料を納付しなくてもよくなった期間の一部」も、加入期間に含まれます。

注意してほしい点としては、「年金を受給する資格」を判断するための期間であって、この期間をもって年金額が計算されているものではないという点になります。

(2)これまでの加入実績に応じた年金額

(1)の加入実績を踏まえたうえで、現時点ではどれくらいの年金を受け取ることができるのかを概算で算出したものになります。

なお、ここで記載されている金額は「現時点で年金を受け取る場合」なので、将来的に60歳になるまで加入を続けていけば、その期間に応じて年金額は増えることになります。

(3)これまでの保険料納付額

現時点までに支払った保険料の総額(自分で払った分)が記載されます。

【2】50歳以上の方向けのねんきん定期便で確認してほしいところは?

(1)これまでの年金加入実績

50歳未満の方向けの内容よりも、より細かい内容が記載されています。具体的には「合算対象期間」と「受給資格期間」が新たに記載されています。

・合算対象期間とは?

合算対象期間とは、年金の受給資格があるかを判断するうえでは、保険料納付期間とみなされますが、年金額の計算上は反映されない期間のことを言います(いわゆる「カラ期間」)。

合算対象期間には「学生納付特例期間(学生のため保険料の納付を免除されていた期間)」や、「若年者納付猶予期間(30歳未満の人で低所得のため、納付が困難と認められたことによる保険料免除期間)」などが該当します。

・受給資格期間とは?

年金を受給する権利があるかどうかを判断する基準となる期間のことです。具体的には「保険料納付済期間」と「法定免除期間(法律上免除となっている期間のこと)」と「合算対象期間(上記を参照)」の期間の合計が25年以上(「10年以上」に変更するという改正法案が閣議決定しています。)必要になります。

(2)老齢年金の種類と見込額(1年間の受取見込額)

年金を実際に受け取る年齢とその時の受け取ることができる年金額がいくらになるかを、具体的に計算した金額が記載されます。

ここで記載されるものは「国民年金の老齢年金額」「厚生年金保険の老齢年金額」「公務員厚生年金期間の老齢年金額」「私学共済厚生年金期間の老齢年金額」です。それぞれの加入期間に応じて計算された年金額が記載されます。

一つ注意点としまして、65歳よりも前の年齢から年金を受給できる人については2種類以上の年金額の計算結果が記載されています。64歳以前からもらえる年金額と65歳以降にもらえる年金額が異なっていることがほとんどですが、問題はありません。

これは65歳までに支給される年金と65歳以降から支給される年金とは、内容が異なったものだからです。

【3】35歳・45歳・59歳の節目の年齢の方向けのねんきん定期便で確認してほしいところは?

35歳・45歳・59歳になる人には【1】や【2】の内容とは違う内容のねんきん定期便が送付されます。具体的には「今までのすべての加入記録」が記載された内容が送られます。

その記録内容を確認してもらい、記録漏れがないか確認してもらう形になっています。ちなみに、これは「消えた年金問題」の影響からきているものですので、一度確認しておきましょう。

加入実績の確認の際に注意してほしい点はここ!

ねんきん定期便では、将来的にもらえる年金額の通知だけでなく、直近1年間(35歳・45歳・59歳は全期間)の保険料納付実績についても通知しています。

・「最近の月別納付状況」に記載されている内容
誕生月を含んだ直近1年間の各月の「国民年金の保険料の納付状況」と「厚生年金保険の標準報酬月額」と「標準賞与額」、「保険料納付額」の欄があります。

(1)国民年金の納付状況

この欄には国民年金の第1号被保険者と第3号被保険者であった期間について記録されます。第1号被保険者については、保険料の納付状況で様々な表記がされます。

なお、第3号被保険者については「3号」と記載されるので、一目瞭然かと思います。

第1号被保険者については「納付済」「未納」「全額免除」「3/4免除」「半額免除」「1/4免除」「学生特例等」「付加」「未加入」のいずれかが記録されている形になります。

この中で「納付済」は全額年金額の計算に反映されますが、「○○免除」となっている部分は「○○」の割合分については年金額の計算上反映されないので、注意が必要です。

「学生特例等」は先ほど説明しました「合算対象期間」となりますので、年金額の計算には反映されませんので注意してください。

(2)厚生年金保険の欄の見方

厚生年金保険に加入している人についてはこちらの3つの欄に金額が記載された状態になっています。なお、記入漏れや抜けが発見されたときは、日本年金機構に連絡をしてください。具体的な見方についてこれからご説明していきます。

【1】標準報酬月額

標準報酬月額とは、厚生年金保険の保険料を算定する際の基準となる金額です。「報酬」とは、



「賃金、給料、俸給。手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのものをいう。ただし、臨時に受けるもの及び3ヶ月を超える期間ごとに受けるものは、この限りでない。」(厚生年金保険法第3条1項3号)


と規定されているように、給料など労働によって支払われるすべての対価が含まれます。

この「報酬」について1か月の間で支給された合計を基準としたものが「標準報酬月額」とされているものです。

【2】標準賞与額

標準賞与額とは、1年間に支給された賞与の額の合計を1月単位にしたものを言います。「賞与」とは、



「賞与とは、労働者が労働の対償として受ける全てのもののうち、3月を超える期間ごとに受けるものをいう。」(厚生年金保険法第3条第1項4号)


と規定されているように、報酬以外のものを言います。標準賞与額は、この「賞与」を12で除した金額となるわけです。

【3】保険料納付額

ここには、実際に納付した保険料の金額(自己負担部分)が記録されます。

なお、標準報酬月額・標準賞与額いずれも「毎年9月」から改定され、10月の給与から新しい保険料額で計算されている点に注意してください。

まとめ

・ねんきん定期便は、毎年誕生月に送付されるもので、「50歳未満」「50歳以上」「35歳・45歳・59歳」と年齢によって送付される内容が違います。
・具体的に記載されている内容は「加入期間」「概算の年金受給額」「(50歳以上の方限定)65歳以降からもらえる年金額の詳細」「(35歳・45歳・59歳のみ)全期間の加入実績」などがあります。
・最近の月別状況は「国民年金」「厚生年金保険」の加入内容や保険料納付額などが記載されており、記録漏れがないかのチェックを促しています。

人気記事のランキング

スゴ本の中の人が選んだ、1万円で“一生モノの教養”を身につけるための5冊
「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」の中の人、Dainと申します。 今回はお金で買うことのできる一生モノの自己投資になる本をご紹介したい。 現金や不動産、貴金属からビットコインまで、財産は盗られたり目減りしたりする恐れがある。だが、頭の中の財産は、誰も奪うことができない。すなわち、知や教養は、いったん頭に蓄えたら、一生涯あなたのものとなるのだ。 ここでは、あなたの知となり教養となる入口として、お薦めの本を選んでみよう。とはいっても、ただ選ぶだけでは面白くない。だから、日本の知を担う大学の最高峰、東京大学に務める教師が選んだ「アンケート・東大教師が新入生にすすめる本」から、合計1万円で買えるものをピックアップした。
2019年02月01日
週末は山に登りたいので婚活やめました 登山歴6年半「単独登山女子」のお金と時間の使い方
はじめまして。もも(id:happydust)と申します。1人で山に登るのが好きで、周りから「単独登山女子」と呼ばれるようになって6年半ぐらい経ちます。 2016年は、登頂を目的としないハイキングも含めると29回山を登りました。そのうち26回が単独登山です。 登山は、最初の装備をそろえるときにはそこそこお金がかかりますが、その後はそんなにお金をかけずに楽しめる趣味です。ただ、どんな趣味にも共通するかもしれませんが、お金をかけようと思えばいくらでも!湯水のように使えます。言ってみれば、「登山」のどの側面に惹かれるかによるというところでしょうか。 今回は、私が登山にハマってからの時間とお金の使い方を振り返りながら、登山の魅力について語ってみたいと思います。
2019年02月01日
日本に10人しかいない? 現在から未来を作り出す「SF考証」という仕事とギャラ事情
作家として小説やエッセイを書くと同時に、アニメーション作品の「設定考証」をしています、高島雄哉です。SF作品の設定考証をする場合、「SF考証」や「SF設定」とクレジットされることもあります。ぼくは大学で物理学を専攻していて、SF小説を書いていることもあり科学やSFの考証を任されることが多いです。
2019年02月01日
「給与明細の見方」を税理士が分かりやすく教えます 控除項目や計算方法も解説!
こんにちは、税理士の高橋浩之です。この春に社会人生活をスタートさせ、働きだした皆さま、おめでとうございます。ところで「初任給」はもうもらいましたか? 毎月のお給料と一緒にもらうのが、支給額や控除額などが明記された「給与明細」です。社会人歴が長い方々でも、給与明細をもらっても一番下の手取り額を見て終わり、こんな無関心派の方は多いかもしれませんね。 でも、あなたに直接手渡しされる、あるいはあなたの口座に振り込まれる給与は、支給額からさまざまな控除がされた後の金額です。控除されたということは、あなたが負担した(=支払った)ということ。無関心でいいはずありません。どんなものがどういう計算で控除されたのか? あなたが負担したお金はどこにいき、なんのために使われるのか? 探っていきましょう!
2019年02月01日
ほぼ毎月「キーボード」を買っているプログラマーが、最高の作業環境を追い求めた結果
はじめまして、プログラマーのhaljikです。
2019年02月01日
「イカ」に魅了され、海へ釣りに行くまでハマってしまった8年間を振り返る
イカにハマって約8年。佐野まいけると申します。 「私、イカが好きなんです」と話すと、「分かります、イカっておいしいですよね!」と返されることが多い。そう、おいしいには変わりないのだが、ちょっと違う。私が言う「イカが好き」は、食に限った話ではない。多くの方が犬や猫を愛でるのと同じように、いや、それ以上にイカを求め、愛しているのだ。 こう話すと、大抵の人はけげんな顔をする。イカなんてただの食べ物じゃないか。そんな心の声が聞こえてきそうだ。しかし、侮るなかれ。なかなかどうして、イカは魅力的で奥深い生き物なのである。 この記事では、私がここまでイカにのめり込んでしまった経緯を、イカの魅力を交えながらご紹介できればと思う。読み終わった頃には、きっとあなたもイカに興味が湧いているはずだ。
2019年02月05日