更新日: / 公開日:

JAFの〈会員優待施設〉はお得がたくさん!入会金・年会費もタダ同然!?

JAFの〈会員優待施設〉はお得がたくさん!入会金・年会費もタダ同然!?

あなたは、JAFの会員証を持っていますか?それとも、もうJAFの会員優待施設を利用したことはありますか?

会員優待施設には、会員証を提示することで様々なサービスを受けられるお店が登録されています。また、入会金や年会費が必要となるJAF会員ですが、実は会員優待施設を利用することで、元が簡単にとれるのです。

いますぐJAFの会員優待を受けたい方は、JAFの公式サイトである“JAFナビ”を一度ご覧ください。では、JAF会員だけど優待施設を利用したことがない方や、JAF会員の入会を検討中の方、自動車やバイクをお持ちの方におすすめできるJAFの会員優待施設について、利用方法や使い方などを詳しくご紹介していきます。是非ご覧ください!

JAFとは?

JAFとは、一般社団法人日本自動車連盟のことを言い、主に、自動車やバイクのロードサービス業を行っています。
JAFの青いレッカー車を、道端でよく見かけますよね。あなたがお持ちの自動車やバイクにトラブルが起きた時、24時間、どこでも駆けつけてくれるのがJAFです。自宅の車庫内で起きたトラブルでも、もちろん助けてくれます。

対応してくれるトラブルは、バッテリー上がりやタイヤのパンク、燃料切れやキーの閉じ込みなどがあります。
また、交通事故が起きた時にも駆けつけてくれます。救援依頼をする方法は、電話だけでなく、GPS機能を搭載した携帯電話から位置情報通知システムを利用して助けを求めたり、メールで助けを求めたりすることができます。

JAFのロードサービスを受けたい場合は、会員になる必要があります。つまり、利用するにあたって入会金と年会費の支払いが必要となります。金額は以下のようなものとなっています。

◆入会金:2,000円
◆年会費:個人会員→4,000円、家族会員→2,000円

会員は、自動車やバイクを所有している人だけでなく、その人と生計を共にする家族も5名まで入会することができます。
家族会員の場合は、入会金が無料となります。個人会員に新規で加入する場合、年会費の支払い方法によっては、入会金割引制度を利用することができ、通常の入会金が割引されます。

初年度に1年分のみを支払うのであれば、入会金・年会費を含めた合計6,000円が必要となります。しかし、2年分や3年分などを一度に支払うと、入会金が1,000円~1,500円になり、5年分を一括して支払えば入会金は無料となります。つまり、最大で2,000円お得になります。

また、入会する時に同時に口座との自動振替をするという支払方法を選択すると、入会金が500円お得な1,500円となります。

会員になると、JAFから会員証が発行されます。ロードサービスを受ける時はもちろん、これからご紹介する、JAF会員優待施設の利用をする時にもこの会員証の提示が必要となります。
お財布に入るような大きさのカードとなっているので、運転免許証と一緒に持ち歩くといいですね。

JAFナビでできること

JAFは公式サイトを作っていますが、他にもう1つ“JAFナビ”という公式サイトを作っています。
入会のご案内やJAFが定期的に発行する冊子についての案内が掲載されているほか、様々な便利情報を知ることができます。例えば、以下のようなものがあります。

◆ドライブコース、ドライブお役立ち情報を知ることができる
◆日本各地発のプレゼント情報を知ることができる
◆JAF通販でショッピングができる
◆各地のイベント・ご当地情報を知ることができる
◆写真にて日本の風景が見られる
◆会員優待施設情報を知ることができる
◆会員優待施設を探すことができる

自動車に関することや、全国各地でどんなことが行われているかについてなどを見ることができ、旅行へ行った際やドライブなどで遠出をした際に、とても役に立つ情報ばかりです。その中で今回は、会員優待施設に絞って詳しくご紹介していきますね。

会員優待施設を利用してみよう

JAFの会員優待施設には、日本各地にある様々なジャンルの企業が登録されています。自動車に関係するガソリンスタンドやレンタカー、道の駅やサービスエリアなどの店舗が登録されているほか、自動車に関係の無い店舗も含まれています。

例を挙げると、遊園地や温泉、映画館やカラオケ店などのアミューズメント、レストランやカフェなどのグルメ、ホテルなどの宿泊施設、カルチャーセンターなどがあります。

残念ながら、会員で無い人がJAFナビを見ると、優待施設を探すことはできますが、優待内容を確認することはできません。JAFナビ上で会員ログインをした時に初めて「○○%割引」などの内容を知ることができます。

しかし、JAFナビからではなく、登録されているお店のホームページなどから、誰でも優待内容を知ることができます。JAFナビで気になるお店を見つけた場合は、直接お店のホームページをご覧くださいね。

例として、以下のような優待情報をご紹介しますのでご参考にしてください。

◆ホテル:ダイワロイヤルホテルズ
→Aプラン:何人で宿泊しても同料金
*部屋の定員まで
→Bプラン:夕食にランクアップ料理を付けると会員限定価格になる

◆グルメ:ロイヤルホスト
→お会計から10%OFF

◆博物館:トヨタ博物館
→入館料割引
*大人:1,000円→800円、小学生:400円→300円

◆ショッピング:三井アウトレットパーク
→クーポンブックプレゼント
*1人につき1日1回まで

◆暮らし:サカイ引越センター
→引っ越し基本料金:20%OFF

アプリ〈JAFお得ナビ〉を使えばより便利に!

JAFには、JAFナビだけでなく、“JAFお得ナビ”という公式アプリがあります。
このアプリは主に、優待施設を検索するアプリとなっていますが、他にも数々の便利な機能が付いています。会員でない方も利用することはできますが、優待施設の検索・閲覧までとなっています。会員限定の機能は、以下のようなものがあります。

◆JAFお得ナビ限定クーポンをGET
◆優待施設版家計簿
◆お気に入り保存
◆JAFデジタル会員証連携

JAFお得ナビ限定クーポンとは、このアプリ上でしか入手できない優待施設のクーポンです。
JAFナビでは、お店ごとに優待内容であるクーポン情報を検索することが必要ですが、携帯(iPhone・スマホ)を使ったアプリでは、最新のクーポン情報をまとめて見ることができます。つまり、クーポン情報を簡単に知ることができるのです。

優待施設版家計簿とは、優待施設利用時にお得になった分の金額を入力し、年間でいくらお得になったのかをまとめて見ることができるものです。
また、同時に満足度や口コミを入力することもできます。
お得になった額を見ることができれば、入会金や年会費を上回っているかどうかなどを確認することができますし、再度施設を利用する際にいくらお得になるのかを把握することができます。

お気に入り保存とは、優待施設を登録することができるサービスです。
利用したことがある施設の登録はもちろん、検索をしていて気になった施設も登録することができます。登録をしておけば、後日行きたい時が訪れた時に、すぐに見つけることができます。

くり返しますが、JAF優待施設を利用するには、会員証の提示が必要です。
カード式の会員証もありますが、デジタル会員証アプリを使えば、携帯の画面から会員証を提示することができます。JAFお得ナビアプリでも、この会員証を表示することができます。カードを自宅に忘れた時に、携帯から提示することができるので、便利です。

まとめ

・JAFはロードサービス以外にも、様々なサービスを行っている。
・JAFナビやJAFお得ナビを利用すればお得な情報をGETすることができる。
・会員優待施設で、日常的な支払いを様々な面からお得にすることができる。