更新日: / 公開日:

ジャニオタが「K-POPアイドル」のCDに魅せられたので、計1万円で買える推し5枚をプレゼン

ジャニオタが「K-POPアイドル」のCDに魅せられたので、計1万円で買える推し5枚をプレゼン

新規ハイ。それは、何か新しいコンテンツにハマりたての状態の人間を指す。

見るもの聞くものが全て新鮮で、楽しくてたまらなくて、「財布のひも!?? んなもん遥か彼方に置いてきた!!」とお金を惜しみなく使う状態に陥る……。

そう、今の私だ!!!!!!!!(どーん)

こんにちは、moe*と申します。11年間ジャニオタとして生きていたら、あれよあれよという間にK-POPアイドル沼に頭から落ちていた、絶賛・新規ハイ中の人間です。

「趣味とお金」というテーマなので、私が「楽しい~~~!!!」と両手を上げて踊り狂いながらK-POPアイドルにお金を使っている様子についてお話します。

……と、その前に。実は今、日本で「第3次韓流ブーム」が起きていると言われているのはご存じですか? コスメやインスタ映えグルメをはじめとする韓国文化が日本の若い子たちの間で流行している中、もちろんK-POPアイドルたちもブイブイいわせています。絶好調です。

しかし、K-POPアイドルといってもぼんやりと「なんとなく、ああいう感じ」としかイメージできない方も多いでしょうし、「第2次韓流ブームで話題になった少女時代や東方神起と、今人気のK-POPアイドルは何が違うの?」と疑問に思われる方もいるはずです。

私自身、最近になってK-POPのとりこになったばかりなので説得力には欠けますが……実際にハマってから感じたのは、かわいい系だったりちょっとオラついていたり*1、想像以上にいろいろなコンセプトのグループがあるなぁ、ということでした。だからこそ、誰にでもきっと、好きになるグループが1つくらいあるんだろうな……と。

なので、過去のK-POPブームで「韓国のアイドルにはあんまりハマらないかも」と思った方や、ブームが落ち着いたのをきっかけに離れてしまった方にぜひ言いたい。本当に! K-POP界めちゃくちゃ楽しいよ!! 遊びにおいでよ!!!

ジャニオタがK-POPにハマるまで

まずは、私がK-POPにハマったきっかけをお話します。先述したように、私はK-POPにハマるまで、ジャニオタとして生きていました。そんなある日、同じくジャニオタである妹がこんなことを言ってきたのです。

「薄々気付いてたんだけどさ、韓国のアイドルって、めちゃくちゃに顔が良くない???」
いやーーーー分かる。私も薄々気付いていた。確かに韓国のアイドルってめちゃくちゃに顔が良いらしいじゃん? 風の噂でよく聞くよね?? すっかり浮かれポンチ気分になった我ら姉妹は「よーし、じゃあ先に好きな顔のアイドルを見つけた方が勝ちな!」と、K-POP男性アイドルのMV(ミュージックビデオ)を漁る旅に出たのです。

先に運命の男性アイドルを見つけたのは妹でした。「世界で1番好きな顔のアイドルがいるんだけど……」と紹介してもらったのは、2015年にデビューした、SEVENTEENという男性13人組グループ。一瞬\人数多いわ!!!/と思ったものの、「まぁ9人組のHey! Say! JUMPから数人増えただけだしな……」とジャニオタスキルを発揮しすぐに適応。

そしてパフォーマンスを見ているうちに「えっ? めちゃくちゃに踊り方が好きなアイドルがいるんだけど?」と私も恋に落ち(アイドルのダンス大好きオタク)出会って6日後にはファンクラブに入会。

タイミングが良かったこともあり、入会から2週間後にはコンサートとファンミーティングのチケットも確保し、「あれ……なんでだろう、ただ、ただ好きな顔のアイドルを見つけるだけのつもりだったのにな……」と頭を抱える結果になりました。

SEVENTEEN……2015年に結成された韓国の13人組男性アイドルグループ。2018年5月には日本でもデビューを果たした。2018年9月に、さいたまスーパアリーナで計5日間のライブを開催する。

しかし、この時はSEVENTEEN以外のグループにはほとんど興味がなく、いやーーー意外と狭い沼でよかった! うんうん! と安心していたんですよ。まぁ全然そんなことなかったんだけど。

K-POPアイドルって、縦のつながりも横のつながりも強いんです。事務所の先輩とコラボステージを披露したり、同世代の他のグループと仲良しだったり。

なので「えっ? 推しはこのグループの子と仲良しなの?」「やだ、先輩かっこいい……」と新たな関係性を知るにつれて順調に沼が広がっていき、気付けば\K-POPめちゃくちゃ楽しいやんけ!!!!/と日々叫んでいる人間が出来上がっていたのです。

なんでここまでハマったのかなぁ~と原因を考えていたんですが、まず純粋に、みんな歌もダンスもラップも上手なんですよ。多くの才能がひしめき合う「K-POP界」で戦っているというだけで、どこのグループもアイドル偏差値は70くらいあると思う。本当にレベルが高い。

そして個人的にすごく刺さったのは、K-POPアイドルのメンバーが、大抵「歌」「ダンス」「ラップ」のどれかに特化しているということ。まれに3つ全部得意な子もいるけど、多くて2つという感じです。

別々の得意分野を持つメンバーが集まって「1つのグループ」として構成されているのが面白いし、歌・ダンス・ラップのどれかに偏ったグループもあって、独特の色を感じられます。

何より私自身、ダンスの上手いアイドルが3度の飯より好きだから、ダンス特化型のメンバーを見るのが本当に本当に楽しいんですよね……。妹はラップ特化型のアイドルに弱いので、その辺の違いをオタク同士として話すのも楽しい。

あと、K-POP界は盛んにSNSで情報発信してくれるのがめちゃくちゃに強いな~と思います。公式のTwitterアカウントをポンとフォローしておけば、必要な情報&アイドルたちのかわいい自撮り写真がわんさか流れてくるからすごく楽。

グループによっては日本語版の公式Twitterアカウントもあって、日本のファンに向けてイベントやコンサート情報を教えてくれるので、とても助かっています。友人にK-POPアイドルを布教する時も「とりあえずTwitterフォローしとくといいよ」と言えばいいし、威圧感を与えずに好きなアイドルをおすすめできるのも良いです(すぐ布教するオタク)。

……というような経緯があり、私はK-POPの沼に頭から落ちていきました。やーーー楽しい!! 人生めちゃく楽しい!!!

「幸せになりたかったらK-POPのCDを買え」説

さて、ここからは本題の「K-POPを趣味とする人間のお金の使い方について」です。グッズ代やコンサート代、韓国へ行くための渡韓代などいろいろな使い道がありますが、今回は「CD」に絞って話を進めていきたいと思います。

皆さま、K-POPアイドルのCDって見たことあります?K-POPアイドルのCDってね、すごいんですよ……。想像を超えた世界が広がっているんですよ……。

SEVENTEEN 4thミニアルバム『Al1』


まず、形が個性的です。このように、本としか思えないようなものも展開されています。(大きさを比較するために普通のCDケースを置いています)(家が生活感に溢れ過ぎていい感じの写真を撮るスペースがなく、コピー用紙をつなげて作った急造フォトスペースもお楽しみください)

伝わります? この厚さ。中にはずらーーーーっとメンバーの綺麗な写真が広がっています。いや写真集かよ。背表紙にポケットが付いていて、そこにCDが入っているんですけど、どっちが主役だよというくらいの写真集っぷりです。

SHINee 6thアルバム『The Story of Light』EP.1~3


あとは、こういう箱タイプのもの。おしゃれ!!! インスタ映え過ぎる……というか箱じゃん? CD? これがCDなの? という、初見には動揺が強過ぎる仕様です。

ちなみにK-POPのCDには、日本でいう「シングルCD」が基本的にはなくて、2,500~3,000円くらいのミニアルバムまたはアルバムで出されることが多いです。

また、特典などが封入されているいわゆる「初回限定盤」という概念はあまりなく、いつ買っても豪華なブックレットやトレーディングカードといった特典が入っており、常に“最高”の状態が手に入ります。なので、ハマった時期が遅くても大丈夫。嬉しい。

……という感じで、K-POPのCDって、もはや聴く前から楽しいんですよ。音源を聴くだけならストリーミングで事足りる時代になったし、私自身もそろそろ乗り換えようかと思っているけど、このCDが手元に来た時の高揚感を味わってしまうと、CD買うのやめられねぇな……となってしまうのです。

そしてこの話をすると大抵「えっ韓国のCDって日本で買えるの?」と聞かれることが多いんですが、買えるんだなこれが。私はほとんど「HMV&BOOKS online」で買っています。

HMV&BOOKS online - 本・CD・DVD・ブルーレイ・ゲーム・グッズの通販専門サイト

HMV&BOOKS onlineさんの何が良いかって、「輸入盤CDどれでも◯点で◯%オフ」「2枚買うと最大◯%オフ」といったまとめ買いキャンペーンを頻繁に開催してくれるんですよ。

そして! この間! このまとめ買いキャンペーンを使ったら! CD5枚も買って7,500円だったんですよ!! J-POPのアルバムの相場って、大抵3,000円くらいじゃないですか? それ5枚買ったら1万5,000円なのに、K-POPだと同じ枚数を買っても半額で済んでいる……お買い得過ぎるのでは……やっす!?? 価格破壊か!??? みたいな出来事が起こってしまいます。

本当にお世話になり過ぎていて、一生頭が上がらないわ……いつもありがとうHMV&BOOKS onlineさん……。

このまとめ買いキャンペーンで味を占めた私は、K-POPの勉強がてら「月に合計1万円までなら、いろいろなK-POPグループのCDを買っても良い」というマイルールを定めました。

1万円までだと、大体5〜6枚くらいは安定して買えます。私は1曲をじっくり聴くタイプなので、月にCD5〜6枚はちょうどいい量でした。なので、自分的にとてもしっくり来ているマイルールです。(ちなみにこの「月1万円」には、本命であるSEVENTEENは含まれていません)(彼らのCDはどんな状況だろうが買いたいし買う)

それに私の場合、K-POPのCDを1万円分買うと、実質5万円分くらいの満足感がやってきてしまうんです……。えっコスパが良過ぎないか? こんなに手軽に幸せが手に入っていいのか? ぜひ皆さんにもおすすめしたい! 悩んだりクヨクヨしたりしたら、とりあえずK-POPのCDを買ってみなよ!!!

K-POP入門におすすめ! 合計1万円以内で買えるCD5枚

……ということで、ここからはK-POP男性アイドル新規ハイが贈る「とりあえずこれ買っとけ~顧客満足度がお化けレベルCD5選〜」を開催します。男性アイドルに絞っていますが、K-POPの世界をこれからのぞいてみたい、という人にもぜひ手に取ってもらいたいCDです。それぞれのCDに収録されている私の“推し曲”もいくつか紹介しています。

あと、K-POPのCDって大抵ジャケットが何種類かあるんですけど、スペースの関係上&普通に友達に貸してしまっていた(計画性のなさがバレる)という点から、今回は全て1種類のジャケットのみの紹介とさせてください。よーしそれではいってみよー!

1:SEVENTEEN『DIRECTOR'S CUT』

私の本命グループ、SEVENTEENの『DIRECTOR'S CUT』です。いや~~このCDは良いぞ。パッと見で分かるように、冊子のようになっている写真集タイプのCDです。

K-POPになじみのない方はあまり聞かない単語かもしれませんが、このCDはリパッケージアルバム(リパケ)というもので、「前に発売したアルバムに新曲を追加して、もう一度発売するCD」のこと。

つまりリパケを買えば前に発売されたアルバム曲も聴けるので、その分お金が浮くんですよ! 新規ファンに優しい! まぁ、そろえたくなって前のアルバムも結局買っちゃうんだけど!

SEVENTEENは自主制作アイドルと言われていて、メンバーたちが作詞・作曲・振付に関わっています。ホントにね、良い曲作るんだよこれが。ため息出ちゃうよ。

公式が素敵過ぎるアルバムのハイライト動画をYouTubeに載せているから、ぜひ聴いてほしい。「あっこれ~~どう考えても好きなやつじゃん~~~買うわ~~~~~」となります。SEVENTEENは最高(大の字)。

SEVENTEENはいろいろなコンセプトの楽曲を作るんですけど、このリパケにはそれがぎゅっと詰まっています。爽やかな曲調もあれば、イケイケアゲアゲな曲もあり、失恋から立ち直ろうとする脆い心を歌ったかと思えば、温かく光を灯してくれるような優しい歌も……。

そんなSEVENTEENの多彩さ、この13人がいれば何でもできるという無敵感をがっつり感じられる1枚になっています。17曲も収録されているので、SEVENTEENをこれから知りたいという人にもおすすめです!

2:NCT 2018『EMPATHY』

NCT 2018の『EMPATHY』です。こちらは箱タイプのCDなんですけど、届いた時に重くてびっくりして、妹に「何買ったの?? 鈍器??」と聞いてしまった……(鈍器じゃないです)。このCDには、NCTから派生したいろいろなユニットの曲が入っています。

NCT……2016年に活動開始。グループ名はネオ・カルチャー・テクノロジー(Neo Culture Technology)の略称。2018年8月下旬現在、メンバーは全員で18人。派生グループにNCT U、NCT 127、NCT DREAM、NCT2018がある。

NCTの特徴といえば「多国籍グループ」です。K-POPグループは韓国出身ではないメンバーも何人かいるというケースが多いんですけど、NCTは特に出身国が幅広いです。その中になんと!我ら日本の宝! 大阪出身のたこ焼きプリンスこと中本悠太くんがいるんですよ!ええええ〜〜これは応援しなきゃ〜〜〜!!!

『EMPATHY』内の私の推し曲はこれです。「Black on Black」きたーーーーーー!!!!!!

これは、NCTのメンバー18人を総動員させた全員参加曲なんですよ。18人! 18人の顔の良い男がキレッキレに踊り狂うんですよ!?18人の圧、怖過ぎな!??初見の時は怖過ぎて「これ夢に出てきたら泣く……」とメソメソしたくらい超怖いんですよ! こんな怖いパフォーマンスを若い兄ちゃんたちがやっていいのかよ! 最高だな!!!(※全部褒め言葉です)

もう「Black on Black」なしでどうやって生きていけばいいんだ……。強い気持ちを補充したい時、無条件でテンションを爆上げしたい時、無敵状態で相手に挑みたい時。そんな時に私たちに寄り添ってくれるのは「Black on Black」なんだよ……。「Black on Black」さえあれば、土砂降りの雨の中でも強気でバス停まで歩けるんだ……って感じの曲です。大好き。

曲中のパフォーマンスを見ているだけでも最高なんですけど、ひたすら音源を聴きながら「振付、フォーメーション、メンバーの位置をできるだけ詳細に脳内再生する」という遊びをするのも楽し過ぎて、電車の中でも5〜6駅は余裕で過ごせます。

あと「Black on Black」のパフォーマンスを見続けていたら、動体視力の向上をすこぶる感じたので、そういう意味でもすごくおすすめ。アイドルを応援している人たちに伝えたいのですが、動体視力が上がると、ステージを見ている時に目から入る情報量が別物になるんですよ。本当に。「絶対に何から何まで目に収めたい!」というコンサートやライブが近付いてきたら、ぜひ「Black on Black」を。NCTは君を待っている!(?)

3:NCT DREAM『The First』

先述したNCTにある「いろいろなユニット」の1つ、NCT DREAMが発売したファーストシングルアルバム『The First』です。

NCT DREAM……2016年に活動開始。NCTの年下メンバーで構成されている。十八番イメージの"かわいい"だけではなく、最近はかっこいい曲も披露している。2018年8月現在「20歳になったらグループを卒業し、NCT内の他のユニットに移る」という方針がある。

私、NCT DREAMに出会う前にどうやって生活していたのかが、全く思い出せないんですよ……。どうやって生きてたの!? というか、そもそも生きていたのか!? というレベルで生活必需品になっているグループです。んで、なぜ私がこのCDをおすすめしたいかというとですね……。

この「Dunk Shot」です。もう悪いことは言わねぇ、とりあえず人間は全員この曲を聴いてくれ。何ならもう聴く前にCDを買ってしまっても後悔させない自信がある。こんなに良い曲が存在していいのか!? なんなんだこの満たされた気持ちは!? あ、ほら涙を拭いてくださいよ、どうぞハンカチです……。

初めて聴いた時に「これ絶対私の葬式で流してもらおう」と心に決めた曲です。もう本当に本当に良い曲。ド真ん中に良い曲。

しかもね! 歌詞がね! 本当にかわいいの! 流れ星を見つけた男の子が「ダンクシュートを1回だけでも決めてみたい」と願う曲なんですよ! また涙が溢れてきません!? なんてピュアでかわいらしい世界! 日頃の疲れやストレスで濁った心が真っ白に浄化されていくような、そんな素晴らしい曲なんです……。

ワタクシ「Dunk Shot」が好きで好きで好き過ぎまして、2カ月間くらいひたすらにリピートしていた時期がありました。今でもしょっちゅう聴いています。K-POP新規ハイだから、聴きたい曲や勉強したいグループがいっぱいあるのに、もう「Dunk Shot」を前にすると「今日もDunk Shot聴くか……」という感情しか沸いてこないんですよ。もはや怖い! やっぱNCTめちゃくちゃに怖い!!(褒め言葉です)

「Dunk Shot」はたとえ10万円を出してでも音源を買いたいと言えるくらい大好きな曲なんですけど、この『The First』には他にも数曲収録されていて、そちらはそちらで最高で、そして今Amazonで値段を見てきたら1,600円って……え!? 1,600円!? 正気か!?こっちは10万出してもいいって言ってるのに、1,600円!?

コスパが良過ぎるだろ!!!……と思わずスマホを放り出したくなるような世界が広がっています。いやはや、K-POP界恐ろし過ぎる……。

4:Wanna One 『1-1=0(NOTHING WITHOUT YOU)』

Wanna One(ワナワン)が来たぞ!! なんだろう、ワナワンのパフォーマンスを見ていると\K-POPって楽しいなぁ~~~~~!!!/という純粋な気持ちが沸いてくるんですよ……。作詞・作曲陣が豪華な上に、他グループのK-POPアイドルも楽曲提供をしていて、K-POP界全体を巻き込んだお祭りみたいで、めちゃくちゃに楽しいんだこれが……。

Wanna One……オーディション番組「PRODUCE 101 シーズン2」の合格者11人で結成された、期間限定のグループ。2017年8月にデビューした。

んで、紹介したアルバム『1-1=0(NOTHING WITHOUT YOU)』はまたリパケです! よっしゃまたお金が浮いたな!

私の推し曲はこちらの2曲。

「Wanna Be(My Baby)」と……。

「Twilight」です!

これもしばらく、この2曲をずっと聴いている時期がありましてね。本当にこの2曲さえあれば生活が困らないんだよ!びっくりだよ!

朝出掛ける時にポップでかわいい「Wanna Be(My Baby)」をひたすら聴くじゃないですか。そうすると目的地に着く頃にはルンルンで上機嫌の人間が出来上がっているわけですよ。

そして1日頑張った帰り道、今度は「Twilight」をひたすらに聴くんです。あら不思議、なんだこの多幸感は……。疲れが癒やされて、また明日から頑張ろうという温かい気持ちが沸いてくるの……。

今調べてみたら、11曲入ってお値段は2,500円くらいでした。リパケだから前のアルバム曲も入っているし、これはもうお得とかそれどころの話ではない。実質無料を通り越して、もはや「奢ってもらっている」状態に近い……。
ちなみに最初に貼った「Wanna Be(My Baby)」のMVにはライブの様子も収録されているので、「へぇ~~K-POPのライブってこんな感じなんだ~~~」というのが味わえます。ぜひ見て、そして聴いてみてください。

5:Stray Kids『I am NOT』

最後を飾るのは新人アイドルグループ、Stray Kidsのデビューアルバム『I am NOT』です。よっ待ってました!! 

見てくださいよ。パッケージの全体はざらざらとした手触りに加工されているんですけど、タイトル部分がつるつるしているんです……一生触っていられるやつだ……。

私は、Stray Kidsの良さは「強さ」と「エモさ」のバランスだと思っていて。メンバーがみんな若いんですけど、その若さ故の悩みや葛藤を音楽に素直にぶつけているのが、とてもエモいな……と思うんです。

彼ら自身も「僕たちの音楽に偽りはない」と言っていて、等身大で想いを歌にしているのがすごく良いなと。さらに良いところは、ガシガシと力強いパフォーマンスをするところ。

でもステージから降りると本当に普通の男の子というか、メンバーが面白いことを言うと膝から崩れ落ちて床をバシバシ叩きながら爆笑しちゃう子たちで。そういうところもね~~良いよね~~~良いんですよね~~~~!

Stray Kids……テレビ番組を通じて結成された9人組グループ。2018年にデビューしたばかり。K-POP女性アイドルグループ「TWICE」の弟分としても知られている。

そんな子たちが真っ直ぐに奏でる音楽、聴きたくない? 聴きたいよね? なんと、CDを買えばその願いは叶うんじゃ……素敵な世の中過ぎる……。

まぁとりあえず、彼らのデビュー曲の一つ「District 9」のMVでも見てくださいな。このMV、日本語字幕が設定できるんですよ。簡単な歌詞の和訳が見られるので、曲の雰囲気が分かりやすいかと。

良くないですか!? 私はぐっさぐさに刺さりました! 胸を締め付けるような心の叫びをまっすぐに歌い上げる新人アイドルのデビュー曲、めちゃくちゃにしびれません!?

しかもこの曲、引きで見た時のダンスの美しさが凄まじいんだ……。

綺麗~~~! 何度見ても飽きない美しさ~~~~!!!あと、このCDをおすすめする理由がもう1つあります。CDでは、オーストラリア出身のメンバーであるフェリックスくん(2000年生まれ)の書いた文字が見られるんですけど、「ギャルのJKなのか?」と思うくらいかわいらしいキャピッとしたハングルを書くんです。

と思いきや、英語圏出身ならではの達筆なアルファベットも書き連ねていて……ええ~~~!? 何このギャップ!??? とめちゃくちゃに盛り上がってしまいました。ぜひ見てほしい。正直、この文字だけでCD代出せます。非常におすすめです。

CDをきっかけに、K-POPの世界へようこそ

私が厳選した、最高のCD5枚を紹介しました。 掲載した5枚を全部買うと、おそらく1万円くらいになるんじゃないでしょうか。「いきなりK-POPに1万円使うのは……うーん……」となるかもしれませんが、使った分もれなく“最高”が手に入ってしまうので、ぜひ心の片隅に入れておいてもらえると嬉しいです。

興味はあるけど何から手を出して良いか分からないという人は、これらのCDをきっかけに、ぜひK-POPの扉を開いてみてください。

というわけで!「K-POPを趣味とする人間のお金の使い方について~CD編~」でした! お付き合いいただきありがとうございました!! それではまたどこかでお会いしましょう!!

執筆者のプロフィール
moe*
moe*

ジャニーズとK-POPの二足のわらじを始めたどこにでもいるOLです。コンサート中はうちわを持たない代わりにがしがし双眼鏡を使いたい派。好きになる男性アイドルの傾向は「170cm以下」「色白」「頭のフォルムが丸い」です。

*1:「オラオラしている状態」を指す言葉。ちょっと悪い子、のイメージ

関連記事

2019年02月01日
2018年12月27日
2019年02月01日
2019年03月13日
2019年02月01日
2019年02月01日
2019年02月01日
2019年02月01日
2019年02月12日
2019年02月01日
2019年02月01日
2019年02月01日
2018年12月21日
2019年02月01日
2019年02月01日
2019年02月01日
2019年02月01日