Yahoo! JAPANカードの口コミ・評判

Yahoo! JAPANカードの詳細
総合評価
4.2
口コミ件数 : 30件
口コミ:30件
5.0
女性 / 千葉県 / 30代 / 派遣社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 5 | 発行スピード 4 | ポイント 5 | マイル 2 | 優待サービス 2 | サービス対応 5 | 利便性 5
選んだ理由
もともとYahoo!ショッピングで買い物をすることが多く、携帯もソフトバンクを使用しており、Tポイントも使える事もあり、色んな支払いを、まとめたことにより、かなりポイントが貯められると思ったため。また、いくつかカードはあったのですが、これを機に、利用するカードを1枚にまとめて、とことんポイント還元をして、あらゆる支払いをポイントにして活躍したいと思ったため。

特典やポイント制度
もともと、ヤフーショッピングでよく買い物をするので、このカードを第一優先利用やカードにしたのですが、ヤフーショッピングの場合5のつく日に買い物をすると、ポイント還元率が上がる事はかなり有り難いもので、高価な買い物をあえて還元率の高い日にしたりする事で、他の欲しいものがポイントのみで買えてしまったことが何回もあります。そこはかなりのお得ポイントなのですが、そう言ったキャンペーンでのポイントの有効期限は1カ月なので、次に買いたい物をうまく考えていないと、ポイントを無駄に消滅してしまったりがあります。ある程度お気に入りの商品を複数の目星をつけておけば、かなり役に立つので、このカード以外を利用する気がないほどお世話になっています。

活用術
5のつく日にポイント還元率が上がったり、カードの支払いとTポイントカードをシンクロさせられるので、たまったTポイントをショッピングの際に活用できます。なお、ヤフーショッピングの買い物を、ヤフーカード ですることにより、ポイントが2倍になるサービスもあるので、そのタイミングを狙ってこのカードを使用する事が多々あります。使えば使うだけポイントに変わり、それをまた他の買いたい物の支払いに補填して、利用できるのはかなりの利点で、色んなものをポイントのみで買わせていただいています。できる限り、大きな額の支払いや、定期的に支払いが発生するような光熱費などは、意図的にこのカードを登録してあります。他にも後からリボなど、ウェブでエントリーした後に支払いをリボ払いに変更すると、さらにポイントアップなどのキャンペーンもあるので、高額で支払いを考えた時に利用したら、リボの手数料以上にポイントゲットしました。

アプリやWebサイトの使用感
ウェブでの自分の状況確認は少々見にくい感じはあります。以前、結婚による改姓の手続きが必要になったのですが、ウェブからではどうやれば良いのかが最初分からずで、申し込みをするのに少々苦戦をした記憶があります。結局、開いているマイページからは申し込み方法がすぐにはわからなくて、〝ヤフーカード 、改姓、手続き、申し込み〟のようにワードを入れて検索をかけ直して見つけました。
保有枚数: 2枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 年会費 | 発行期間: 2週間 | 利用頻度: 月1回 | 月額利用金額: 5万円未満 | 主な利用シーン: 光熱費 、 交通費 、 ショッピング費用
4.0
男性 / 大阪府 / 30代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 5 | 発行スピード 5 | ポイント 5 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 4
選んだ理由
Tポイントの獲得に有利な点やYahooのサービス手数料(主にヤフオク)の軽減に効果的と判断して利用を始めました。YahooJapanカード使用以前からYahooのサービス(ヤフオク、Yahooショッピング、トラベルなど)を利用してきました。以前は他社のカードを支払いに充てていましたが、ポイント・アンケートサイトでYahooJapanカードの新規登録で高いポイントが付いたキャンペーンをきっかけに保有し始めました。

特典やポイント制度
入会特典の10000ポイントでまず大きいお得感をいただきました。通常の買い物のポイントは100円=1ポイントで、クレジットカードの一般的なポイントの200円=1ポイントに比べて利があります。Tポイントなので、たまる・使える範囲が広く、ポイントをためるだけなく買い物に積極的に利用でき、他社のポイントでありがちな「使う前に失効」「商品と交換できるポイントがたまるまで待つ」といった無駄・じれったさがないのが良いです。Yahooのプレミアム会員にも登録しているのでショッピングや旅行サービス利用時のポイント倍付けキャンペーンが多いのも大きな利点です。ポイント5倍・10倍といった活用しないと損なレベルのポイントが付きます。不便な点としては、前述のポイントキャンペーンによるポイントがヤフーのサービス内でしか使えない(実店舗で使用不可)な点と期間限定ポイントになっている点です。Yahooのサービスで丁度使う用が無い時に期限切れを迎えると失効するか、必要ない余分な物を買う場合があります。キャンペーン・期間限定ポイントは近日「Tポイント」から「PayPay」に切り替わり個人的には使いやすくなります。

活用術
Yahooショッピングでは「5がつく日」に購入するとキャンペーンポイントが多く付く他、プレミアム会員宛の突発的なポイント倍付け日などがかなり頻繁に用意されており、可能な限りこういったイベントが開催されている時にショッピングを利用しています。Yahooからのホテルの予約をする際に、Yahooトラベルでもポイント10倍といった大きなポイントが付くプランがあり、支払い総額と勘案してお得になる場合、積極的に活用しています。セブンイレブン(7&i)が展開しているnanacoカードはYahooJapanカードでのチャージするとチャージ額の0.5%のTポイント付与があります。クレジットカードによるnanacoチャージでポイントが付く数少ないクレカの一つなのでありがたく活用しており、公共料金の支払いでの間接的なポイントゲットをさせてもらっています。支払いにYahooJapanカードが使えるものは出来るだけ積極的に使用してTポイント付与額が最大化する様にアンテナをはっています。

アプリやWebサイトの使用感
パソコン用のカード情報ページは、利用額のチェックの為に頻繁に活用しています。利用額の明細は必要十分な内容で、表も問題なく見やすいものになっています。Yahooのトップからカード情報のページに遷移する際はパスワードの再入力を求められ、セキュリティはしっかりしてるのかなという印象です。パソコン用のページをタブレット(スマホ画面)で見ると、たて向きだと縮小されずに横が切れてしまうので横向きにして見る必要があり、細かい話ですがちょっとイラっとする点ではあります。スマホ(タブレット)用アプリは使用していないのでわかりません。
保有枚数: 4枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: ポイント | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: ほぼ毎日 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: 光熱費 、 交通費 、 ショッピング費用
4.0
男性 / 富山県 / 20代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 5 | 発行スピード 4 | ポイント 4 | マイル 3 | 優待サービス 4 | サービス対応 4 | 利便性 3
選んだ理由
ソフトバンクの携帯に乗り換えるときにクレジットカードで支払いされた方がお得ですよと言われTポイントも貯まりますし、今ならもれなく期間限定ポイントが一万一千分贈呈ありますし、カードを作られたかたはもれなく一万キャッシュバックなのでこの機会に是非ともと言われたので作った。また、ヤフーでのショッピングもよく利用するし、またPayPayでも簡単には登録できるし今なら500円必ずつきますのでと言われ前から利用したいと思っていたので作った。

特典やポイント制度
よくポイントがたまるが、期間限定ポイントなのでそのサイトでしか利用できなく、何か別の提携店で利用できないなので指定が多い。ただし、クレジットカードの支払いが終われば1000ポイントという形でよくつく。しかし、利用期間あるので大体1ヶ月で利用出来なくなるので、何かと買わないといけなくなるので結構クレジットカードの支払いが大きくなる危険性があるので利用には注意が必要である。だが、最近ではショッピングの他にtotoクジを買うのにもポイントを使えるのでもしポイントがあまりたまってなくても、一クジ200円のtotoクジを買えば下手に大きな物を買うよりは期間限定ポイントだけ利用して、通常ポイントを貯めて置けばよいと感じた。

活用術
PayPayアプリでクレジットカード支払いに登録して置けばクレジットカードで支払いもされるが、最近では還元イベントもしているので使ってもいくらか帰ってくるし、クレジットカードの支払いなのでポイントもつくのでコンビニや松屋なのでPayPayを使いクレジットカード支払いにして、ポイントも貰いさらに還元イベントなのでいくらか戻ってくるので一石二鳥の使い方も出来る。また、五のつく日はポイント五倍のキャンペーンもしておりソフトバンクユーザーならさらに二倍もつきますのでポイントがすぐに貯まり五のつく日に買い物をすればよいとゆう考えになるので無駄遣いも少なくなる。後、ポイントがたまるとジャパンネット銀行だとポイントが現金に変えられるので困った時に少し足しに出来る。

アプリやWebサイトの使用感
利用履歴のところが、月々の支払いではなく支払い月はこの金額ですよと分かるがその月以降はまとまって表示してあるので、再来月の支払いが今いくらか分かりにくいし、自分で計算しないといけない。また、いちいちワンタイムパスワードを入れてログインしなくてはならなく、ワンタイムパスワードは携帯に送られてくるので携帯を必ず見ていないといけないし、一度出るとまた、同じようにワンタイムパスワードを入れなくなりまた新しいパスワードが携帯に送られてくるので通知が多くなり携帯の通知を削除しなくてはいけなくなる。
保有枚数: 6枚 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: ポイント | 発行期間: 2週間 | 利用頻度: ほぼ毎日 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: ショッピング費用 、 飲食費 、 携帯電話費用
3.0
女性 / 東京都 / 30代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 5 | 発行スピード 4 | ポイント 3 | マイル 3 | 優待サービス 2 | サービス対応 1 | 利便性 3
選んだ理由
普段からヤフーショッピングとヤフオクを頻繁に利用しています。そのため、ヤフージャパンカードがもっともTポイントの還元率が良いということで、このカードを選びました。ヤフージャパンカードで決済をするとポイントの還元率が倍以上になるようなキャンペーンなどもあり、Tポイントユーザーにはかなりお得だと思って使いたいと思いました。それに加えて、申込時にはキャンペーンを行っており入会ポイントをもらえたのも決め手でした。

特典やポイント制度
ヤフーショッピングで使うことが多かったのですが、ヤフージャパンカードの決済ですとTポイントが倍以上もらえたりするキャンペーンがあったので、その際はお得だと感じていました。けれど、2019年の8月1日からだとヤフーショッピングで還元されるポイントがTポイントからペイペイのポイントに切り替わってしまうということを知り、かなりショックを受けています。もしそうなのであれば、このヤフージャパンカードを利用する意味がなくなるのではなかろうかと考えており、今は楽天カードに切り替えて、ショッピングをする際もヤフーショッピングではなく楽天市場を利用しようかとも考え中です。Tポイントでなくなると、私にとってはヤフージャパンカードのメリットがなくなるので残念です。

活用術
たとえばヤフーショッピングでTポイントを利用したい場合に、全額ポイントで払ってしまうとヤフージャパンカードで支払った分のポイントがつかなくなってしまいます。そのことを避けるためによく活用している方法としては、1円分だけヤフージャパンカードで支払うというものです。要するに、1000円の商品を買うときは、999円分だけTポイントで支払い、残りの1円分だけヤフージャパンカードで決済するという裏ワザです。こうすれば、Tポイントを消費することもできますし、1円分だけヤフージャパンカードで払ったことでヤフージャパンカードでの決済分のTポイントまでゲットすることができてしまいます。この方法は、もちろんヤフオクなどでも使うことができます。

アプリやWebサイトの使用感
ヤフージャパンのアプリの中にある、ヤフージャパンカードのページを使っています。ヤフージャパンアプリのトップページから、ヤフージャパンカードのページへ行くのがちょっと面倒です。また、セキュリティー上仕方ないのかもしれませんが、いちいち携帯電話に送られてくるワンタイムパスワードを入力しなければ、請求情報などを確認することができないのがかなり面倒くさいです。ただし、画面自体はとてもシンプルで確認しやすいと思います。
保有枚数: 5枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: ポイント | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: 週1回 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: 光熱費 、 ショッピング費用 、 携帯電話費用
4.0
男性 / 東京都 / 30代 / 派遣社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 5 | 発行スピード 4 | ポイント 5 | マイル 3 | 優待サービス 5 | サービス対応 3 | 利便性 5
選んだ理由
入会後のカード利用・各種登録などで数千〜1万円相当(時期にもよります)のポイントがもらえる事が目を引いたので、申し込むかどうかそれ以外の優遇点を調べてみました。yahoo系ネットサービス利用で貰えるポイントが増える。QRコード決済「paypay」にyahooカードのアカウントを紐つける事でカード払いの還元率が2倍〜場合によってはそれ以上になる。税金等の支払いに使えるセブンイレブンの電子マネーnanacoへのクレジットチャージでポイントが貰える、等々自分が使っていた・使いたかった様々なサービスをお得にしてくれる事がわかり申し込む事に決まりました。

特典やポイント制度
既にYahoo系ネットサービスやPayPayを活用している方なら還元率が大幅に上がりますので、お得になるのは間違い有りません。まだ利用していないと言う場合はどうでしょうか?「yahooショッピング」や「LOHACO」はライバルである他社ネット通販と比較して元の値段が高い場合が多いです(個人の見解です、普段何を購入するかにもよると思います)。いくらポイント還元の優遇を受けられても元の値段が高いのでは利用する価値は低いです。またyahooカード限定で得られるポイントは「PayPayボーナスライト」として付与されますが(2019年8月現在)、これの有効期限が短いのも残念なところです。当然ながらPayPayのユーザーでなければ他のクレジットカードとの差はなくなってしまいます。

活用術
クレジットカードの多くは入会特典は豪華ですがその後は目立ってお得なキャンペーンが無いと言うのが一般的です。しかしyahooカードでは入会特典に匹敵する「最大で5000円相当のポイントをもらえる「後リボキャンペーン」を定期的に開催しています。これは最後の後リボ利用から一年経過するとまたキャンペーン参加資格が復活するので、「普段はリボ払いなんてしない」と言う層にこそ嬉しいキャンペーンとなっています。最大50000円のショッピング利用額を後リボ払いにする事で10%(5000円)相当のポイントを貰えると言う内容ですので「今月は5万円も使わない」と言うタイミングになる可能性がありますが、yahooカードは電子マネーnanacoへチャージ(ここでの還元率は0.5%)が可能でセブンイレブンで税金等の支払いに活用できますので、5万円に満たない分はとりあえずチャージしておくと言う対応も可能です。

アプリやWebサイトの使用感
カードの利用状況・Tポイント・PayPay残高などへのアクセスはパソコンのYahooトップページからなら1クリックで、スマホのyahooアプリからでも簡単な操作で到達可能になっています。PayPay残高への事前チャージが行える唯一のカードですのでレジに並んでる途中でもクレジットチャージが可能です。残高への事前チャージを忘れた場合に、他社カードでは還元率増のキャンペーン対象外となってしまうところでも、yahooカード払いなら事前チャージと同水準の還元を受けられる等、PayPayの利便性が大幅に向上するのが嬉しいところです。
保有枚数: 5枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 優待サービス | 発行期間: 2週間 | 利用頻度: 月1回 | 月額利用金額: 5万円未満 | 主な利用シーン: ショッピング費用