更新日:

ヤフーカードのTポイントを徹底解説!お得な貯め方から確認方法まで大公開!

ヤフーカードのTポイントを徹底解説!お得な貯め方から確認方法まで大公開!

ヤフーカードを利用すると、Tポイントを貯めることができます。

Tポイントは現金の代わりとして利用できたり、家電・雑貨・ファッション用品と交換できたりと非常に便利なポイントなので、効率的に貯めていきたいところです。

そこで今回は、ヤフーカードでのTポイントのお得な貯め方や、貯まっているTポイントの確認方法などについて、説明していきたいと思います。

また、ヤフーカードの正式名称はYahoo! JAPANカードで、ほかにはYJカードとも呼ばれていますが、このページではヤフーカードと表記していきます。

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • いつでも還元率1%のTポイントが貯められる!
  • 年会費は永年無料!Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍!
  • PayPayにチャージできる唯一のクレジットカード
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~3.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ワイジェイカード株式会社

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)ではTポイントが貯まる

クレジットカードの決済で貯められるポイントは、カードによって異なりますが、ヤフーカードではTポイントが貯められます。

ヤフーカードにはどのような利用方法があるのかや、効率的なポイントの貯め方などについて、見ていきましょう。

ヤフーカードの基本のポイント還元率は1%

ヤフーカードを利用した場合の基本のポイント還元率は、1%です。

1%というポイント還元率は、特別高くも低くもなく、ごく標準的な数字といえるでしょう。

ただ、Tポイントはほかのクレジットカードで貯められるポイントとは異なり、使い方がわからないとか何と交換できるかがわからないというようなことがほとんどないのが、大きなメリットです。

現金に近いような感覚のTポイントを、還元率1%で貯められると考えると、魅力的なカードではないでしょうか。

nanacoのチャージの還元率は0.5%

ヤフーカードの国際ブランドは、VISA・Mastercard・JCBのいずれかから選べますが、このうちJCBブランドのヤフーカードを利用している場合は、ヤフーカードでnanacoへのチャージがおこなえます。

「nanacoにチャージできるクレジットカードなんてたくさんあるんじゃないの?」と思われる方もおられるかもしれませんが、実はnanacoにチャージできるクレジットカードの種類は、そこまで多いわけではありません。

また、チャージはできるもののポイントが付かないクレジットカードもあるので、nanacoへのチャージという観点では、ヤフーカードは非常に優れています。

還元率は0.5%とそこまで高くないものの、ただチャージするだけでTポイントが貯まるのですから、現金でチャージすることを考えるとはるかにお得です。

セブンイレブン・イトーヨーカドー・マクドナルドなどで使えるnanacoをよく利用される方であれば、ヤフーカードをより便利に利用できそうですね。

PayPayの還元率が6倍になるのはヤフーカードだけ!

最近何かと話題のPayPayですが、ヤフーカードはPayPayのチャージにも対応しています。

現状PayPayにチャージできるクレジットカードは、ヤフーカードだけであり、実際に100億円キャンペーンでは、ヤフーカードを登録して利用した場合には19%の還元率が話題となりました。

キャッシュバックキャンペーンをきっかけに、PayPayを利用し始めた人も多いと思いますが、ヤフーカードを持っていればPayPayをより便利に利用できます。

現在、コンビニ、ドラッグストア、飲食店などの街にある実店舗でヤフーカードを利用してPayPay決済をおこなった場合は、還元率が6倍(0.5%→3.0%)になります。これは、ほかのクレジットカードでは対象外となり、ヤフーカードだけの特典になります。

ただし、ネットショッピングなどのオンライン決済は適用外となりますので、その点は注意しましょう。

Yahoo!ショッピング、LOHACOは還元率3倍

ヤフーカードは、Yahoo! JAPANの子会社であるワイジェイカード株式会社が発行しているクレジットカードなので、Yahoo! JAPAN関連のサービスでよりお得に利用できるようになっています。

特に、Yahoo!ショッピングやLOHACOで利用した場合は還元率3%と、通常の3倍もポイントが貯まりやすくなっています。

Yahoo!ショッピングは、楽天やアマゾンほどではありませんが、最近は品ぞろえがよくなってきていますし、LOHACOは日用品のまとめ買いをするのがお得です。

貯めたポイントは、Yahoo!ショッピングやLOHACOでの支払いにも利用できるので、効率的にポイントを貯めていけば、Tポイントだけで買い物をおこなうことも不可能ではないかもしれません。

5のつく日キャンペーンはお得にTポイントが貯められる!

Yahoo!ショッピングでは、「5のつく日キャンペーン」という、お得にポイントを貯められるキャンペーンをおこなっています。

5のつく日キャンペーンは、エントリー購入で3倍、Yahoo!ショッピングのアプリで購入すればさらに+2倍と、Tポイントを普段の5倍も貯めやすくなっている、大変魅力的な内容です。

パソコンとスマホで同じ商品を買う場合を考えると、アプリを利用したほうがTポイントが多くもらえることがわかりますね。

この、5のつく日キャンペーンを最大限までお得に利用するためには、ヤフーカードが欠かせません。

上述したように、ヤフーカードはYahoo!ショッピングで利用するとポイント還元率が3倍となっているので、5のつく日キャンペーンの還元率アップとの合算で、通常の7倍の還元率でTポイントが貯められるのです。

なおエントリーするためには、5のつく日キャンペーンのページに行き、「エントリーする」というボタンを押すだけでOKです。

これだけ破格の条件でポイントが貯められることはなかなかありませんから、ヤフーカードを利用している方は、「5のつく日キャンペーン」をぜひとも有効活用しましょう。

5のつく日は「5日」「15日」「25日」なので、1ヶ月で3回もポイントがお得な日があるということになりますね。

ソフトバンク、ワイモバイルユーザーならさらにお得!

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーの方は、Yahoo!ショッピングやLOHACOでのTポイントの貯まり方が、ほかのキャリアのユーザーの方の比ではありません。

ワイモバイルユーザーの方は、Yahoo!ショッピング・LOHACOでの還元率が常に5倍ですし、ソフトバンクユーザーの方は、Yahoo!ショッピングでの還元率が常に10倍となっています。

つまり、毎日「5のつく日キャンペーン」以上の還元率で、Tポイントが貯められるということです。

そんなソフトバンクやワイモバイルユーザーの方がヤフーカードを利用したら、まさに「鬼に金棒」状態です。

普段から節約を心がけている人にとってもおすすめで、Yahoo!ショッピングやLOHACOで買い物をするたびに、Tポイントがザクザク貯まっていくことになるでしょう。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~3.0%
【PR】Sponsored by ワイジェイカード株式会社

入会キャンペーンを有効活用してポイントを大量ゲット!

ヤフーカードでは、ポイントが大量にゲットできる入会キャンペーンを展開しています。

キャンペーンの条件を満たせば、最大で10,000ポイントの期間固定Tポイント(期間固定Tポイントについては、詳しくは後述します)がゲットできるので、このキャンペーンの恩恵にあずからない手はないでしょう。

ポイントがもらえる条件を確認!いつ付与される?

ヤフーカードの入会キャンペーンでは、まず入会することで4,000ポイントの期間固定Tポイントが付与され、このポイントはヤフーカードの審査に通過したら即座に反映されます。

その後、届いたカードで申込み月を含む2ヵ月目の末日までにヤフーカードを利用すれば、1回の決済につき2,000ポイントの期間固定Tポイントが付与されます(最大3回)

このTポイントは最大で3回付与されるので、入会時に付与された4,000ポイントと合わせて、最大で4,000+2,000×3=10,000ポイントの期間固定Tポイントが付与されることになります。

「クレジットカードを利用する機会なんてそんなにないよ…」と思われるかもしれませんが、コンビニでペットボトルのジュースを1本買って、その支払いをヤフーカードで行うだけでも、1回の利用としてカウントされます。

カード決済で付与されるTポイントに関しては、利用明細に利用履歴が反映された5日後頃に付与されるので、カードを利用したタイミングとTポイントが付与されるタイミングに、若干のラグが生じてしまいます。

キャンペーンのTポイントがいつまで経っても付与されないと、「まだかまだか」という気持ちになってしまいますが、気を長くして待つようにしましょう。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)で貯めたTポイントの注意点

ヤフーカードを利用すればTポイントがどんどん貯まっていきますが、貯めたTポイントに関する注意点を、いくつか挙げていきましょう。

今どれくらい?貯まったTポイントを確認する方法

Tポイントは、貯めることが目的ではなく使うことが目的ですが、今どれくらい貯まっているかがわからなければ、使いようもありません。

貯まっているTポイントがどれくらいあるかに関しては、TポイントとTカードの総合サイトである「Tサイト」というサイトのマイページにログインすることで、確認できます。

検索ポータルサイトのヤフージャパンにログインしている状態だと、Tポイント数が画面上に表記されているので、すぐに確認できます。

ヤフーニュースを見るついでにTポイントをチェックできるので、非常に便利ですね。

もしくは、Tカードサポートセンター自動音声サービス(0570-087474)に電話をかけることでも、確認できます。

ただし期間固定Tポイントに関しては、Tカードサポートセンター自動音声サービスでは確認できないので、Tサイトのマイページで確認しなければなりません。

通常のTポイントの有効期限は1年間

クレジットカードで貯められるポイントには、有効期限が設定されているのが普通ですが、通常のTポイントの有効期限は1年間です。

ただしこの1年間は、「ポイントが貯まってから」ではなく、「Tポイントを貯める・使う・交換するなどして、Tポイントに変動があった日から」1年間となっています。

そのため、たとえば2019年5月15日に付与されたポイントは、その後Tポイントに何の変動もなければ、2020年5月14日に失効してしまいます。

しかし、2019年6月1日に再びTポイントが付与されたとすると、2019年5月15日に付与済みのポイントも合わせて、そこから再び有効期限1年間のカウントダウンが始まることになります。

そのため、定期的にTポイントを貯めて・利用している限り、ほぼ永続的に有効であるかのような形で利用できるようになっています。

期間固定Tポイントの有効期限はさらに短い

ここまで何度か、「期間固定Tポイント」というTポイントについて触れてきましたが、期間固定Tポイントは主にキャンペーンなどで付与されるTポイントです。

期間固定Tポイントは、「有効期限」と「利用先」が限定されているTポイントで、Yahoo! JAPAN、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACO、GYAO! 以外のサービスでは利用できません。

有効期限に関しては、どのような形で付与されたかによって異なりますが、たとえば入会キャンペーンで付与される期間固定Tポイントの有効期限は、「ポイント獲得日の翌日から31日間」となっています。

通常のTポイントは、Tポイントの変動があるたびに有効期限が延長されていきますが、期間固定Tポイントの有効期限は変わらないので、知らない間に失効していたということになりかねません。

キャンペーンでもらえたTポイントを使わないまま失効してしまうのは、非常にもったいないので、どこでどのような形で利用するかを、あらかじめ決めておきたいですね。

ポイントは1回ごとの利用金額に対して付与される

ヤフーカードのポイント付与は、1回の決済ごとにおこなわれますが、100円単位でポイント付与がおこなわれるので、100円未満の端数に関してはある意味「無駄」になってしまいます。

1回の決済ごとではなく、一定期間の決済金額の合算に対してポイント付与がおこなわれるカードもありますが、ポイント付与効率に関しては、そういったカードのほうが上となります。

少し極端な例ですが、1ヵ月(30日)の間に毎日99円の商品をクレジットカードの決済で購入したとしましょう。

一定期間の決済金額の合算に対してポイント付与がおこなわれる、ポイント還元率1%のカードの場合、この1か月間では99円×30×0.01≒29ポイントが貯まることになります。

一方同じことをヤフーカードでおこなうと、1回ごとの決済が100円に満たないため、どれだけカードを利用しても貯まるTポイントはゼロです。

そんなに細かい単位まで計算してクレジットカードを利用することは、あまりないと思いますが、少額決済の際には少し注意して利用するようにしたいですね。

現金払いのときは通常のTカードとして利用できる

Tポイントを貯められるカードとしてはTカードが有名ですが、ヤフーカードはクレジットカードにTカードの機能を搭載しているカード、としても考えられます。

そのため、全国のTポイント提携店であれば、ヤフーカードではなく現金で支払いをおこなう場合でも、ヤフーカードを提示しさえすれば、支払い金額に応じたTポイントが貯められます。

Tポイント提携店を利用するときは、ヤフーカードで支払いをおこなわない場合でも、とりあえず提示だけはするようにしましょう。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)で貯めたTポイントの賢い使い方

ヤフーカードでTポイントをたくさん貯めたとしても、どのように利用するのがいいかわからないという人もいるかもしれません。

通常のTポイントは、Tポイント加盟店で利用できます。

その加盟店には、ファミリーマートやガスト・ウエルシア・ハックドラッグなどがあり、1ポイント単位でTポイントが利用できます。

Tポイントの賢い使い方について、説明していきましょう。

Yahoo!ショッピング、LOHACO、ヤフオクの支払いに使用

Tポイントは、Yahoo!ショッピングやLOHACO・ヤフオクといった、Yahoo! JAPAN関連のサービスで利用するのがおすすめです。

Yahoo!ショッピングなら、定価より割引されて販売されている商品がたくさんあるので、Tポイントを利用することでかなりお得に買い物ができます。

LOHACOでは、同一商品をまとめて販売していることもあるので、まとめ買いをしたい場合には、LOHACOでTポイントを利用するといいでしょう。

ヤフオクはインターネットオークションなので、どのような商品が手に入るかはそのときの出品ラインナップ次第ですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOではなかなか手に入らないようなレアものをゲットできる可能性もあります。

なお、Tポイントを利用してギフト券や金券を購入することも可能です。

ギフト券や金券は非常に汎用性の高い交換先ですが、ポイント還元率が少々悪くなってしまうのがネックです。

ただ、使わないままTポイントが失効してしまうよりはマシなので、ほかのところで利用することを優先に考えつつ、どうしてもという場合にはギフト券や金券に交換するといいでしょう。

ふるさと納税に活用してお得に寄附する

Tポイントは、「ふるさと納税」にも利用できます。

ふるさと納税をおこなえるポータルサイトはたくさんありますが、そのなかのひとつである「ふるさとチョイス」では、Tポイントを利用してふるさと納税がおこなえるのです。

ふるさと納税を利用すれば、節税しつつ返礼品で特産品をゲットできますので、非常にお得です。

ただ、Tポイントが利用できるのはYahoo!公金支払いで決済をおこなっている自治体だけであり、GMOペイメント支払いで決済をおこなっている自治体では、Tポイントでのふるさと納税はおこなえません。

ふるさと納税をおこなう予定の自治体が、Yahoo!公金支払いでの決済なのかは、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

別のポイントプログラムに交換する

Tポイントは、別のポイントプログラムのポイントや、マイルに交換することも可能です。

Tポイント500ポイントでANAマイル250マイルに交換できるなど、さまざまな交換対象のなかから、自分にとってもっとも便利なものを選んで交換するといいでしょう。

ポイントやマイルではなく現金に交換したいという場合は、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、Tポイントを現金に交換することができます。

Tポイント100ポイントで85円に交換と、交換レートは決して高くはありませんが、貯めたポイントを一気に交換すれば、まとまった現金を手にすることも夢ではありませんね。

なお、別のポイントやマイル・現金に交換できるのは、通常のTポイントだけであることには、注意しておいてくださいね。

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • いつでも還元率1%のTポイントが貯められる!
  • 年会費は永年無料!Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍!
  • PayPayにチャージできる唯一のクレジットカード
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~3.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ワイジェイカード株式会社

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)のポイントまとめ

ヤフーカードで貯められるTポイントは、Yahoo!ショッピングやLOHACOといったYahoo! JAPAN関連のサービスで利用したり、5のつく日キャンペーンを有効活用したりすることで、かなり効率よく貯まっていきます。

Tポイントに変動があるたびに有効期限が更新されていくため、期限切れで失効してしまう心配はあまりありませんので、じっくりポイントを貯めて好きな形で利用するといいでしょう。

ただ、期間固定Tポイントは有効期限が切れるのが早いので、いつ付与されたかをしっかり確認しておいて、期限切れになる前に使い切れるように注意しておきましょう。

関連記事