更新日:

ネットで使えるカードVプリカって何!?

ネットで使えるカードVプリカって何!?

インターネット上で使える便利なVisaプリペイドカード「Vプリカ」は、ショッピングやオンラインゲームなどを楽しむ方から人気を獲ています。
そこで今回は、Vプリカのお得な買い方や使い方、メリット・デメリットについてまとめました。初めて利用する方や、お得に利用したいと考えている方は参考にして下さい。

『Vプリカ』ってなに?

Vプリカとは、インターネット上のVisa加盟店で通常のクレジットカードと同じように利用ができる、Visaプリペイドカードです。

Vプリカは、クレジットカードと同じように利用できるカードですが、利用に際して審査を受ける必要がなく、18歳以上であれば誰でも利用することが可能です。また、プリペイドという特性上、使いきりとなっています。

Vプリカのメリット

・インターネット上でクレジットカードと同じように利用できる
・利用に際して、審査は不要
・コンビニなどで買うことができ、購入すればすぐに利用が可能
・Visa認証(3-Dセキュア)に対応


Vプリカは、インターネット上でクレジットカードと同じように利用する事が可能ですが、利用に際して審査を受ける必要がありません。また、インターネットやコンビニなどで購入ができ、購入後はすぐに利用することが可能となっています。

そしてVプリカは、プリペイドカードで初めてのVisa認証(3-Dセキュア)に対応しています。そのため、3-Dセキュア認証が必要なためにプリペイドカードでは利用できなかったサイトでも、利用することが可能になります。

Visa認証サービス(3-Dセキュア)とは?

Vプリカのデメリット

・実店舗では利用できない(インターネット上に限られる)
・購入手数料がかかる(ライフカードで買うと実質無料)
・休眠カード維持費がかかる(利用が3ヵ月以上ない場合)
・有効期限は1年しかない(残高をまとめる事で対処可能)


Vプリカの利用はインターネット上での利用に限られるため、実店舗での利用はできません。また、購入時には200円程度の手数料が掛かります(一部金額が異なる場合があります)。

そして、Vプリカの未利用期間が3ヵ月を超えた場合には、休眠カード維持費として毎月25日に125円がVプリカ残高から引き落とされます(24日までに一度でも利用があれば発生しない)。

有効期限は1年(残高をまとめる事で対処可能)

最も注意しなくてはいけないのが有効期限です。
Vプリカの有効期限が発行から1年となっており、発行日から1年後の月末にはカード番号が無効になり、残高も消滅してしまいます。

ですが、有効期限が過ぎる前にVプリカを新たに購入して残高をまとめることで、有効期限が更新されるため対処を行う事が可能です。

こんな人におすすめ!Vプリカの使い方

Vプリカは、インターネット上でクレジットカードと同じように利用することができるため、以下のような時に利用すると大変便利です。

・インターネット上で買い物をしたいが、クレジットカードを持っていない。
・海外サイトなどで、クレジットカード情報を入力する事に不安がある。
・ゲームなどでの行き過ぎた課金を抑えたい。

インターネット上で買い物をしたいが、クレジットカードを持っていない

インターネット上で買い物をする場合、支払い方法がクレジットカードに限定されることが多々あり、クレジットカードが手元にない場合にはすぐに買えない時があります。また、それがセール商品や限定商品であれば落胆はさらに大きくなるでしょう。

そんな時「Vプリカ」を利用すれば、クレジットカードを持っていなくても商品を購入する事が可能になります。

海外サイトなどで、クレジットカード情報を入力する事に不安がある

クレジットカードを持っていたとしても、海外サイトなどを利用する場合に、クレジット情報を入力する事に不安を覚える方は多いのではないでしょうか。
Vプリカは使いきりのカードのため、もし不正利用されたとしても被害を最小限にとどめる事ができ、尚かつ過失がないと認められれば保障されます。そのため、安心して利用することができます。

ゲームなどでの課金のしすぎを抑えたい

ゲームアカウントなどの支払い情報にクレジットカードを登録している場合、ついつい使い過ぎてしまう事があります。また、子どもにスマートフォンを持たせている場合、歯止めが効かない事もあるでしょう。

そんな時、アカウントに登録する支払い情報をVプリカに限定することで、課金を強制的に抑える事ができます。

Vプリカの買い方

Vプリカは、コンビニまたはインターネットで購入することが可能で、購入後はすぐに利用する事が可能です。ですが、利用するには無料のアカウント開設が必要となっているため、事前に公式ページでアカウントを開設しておきましょう。

コンビニで買う場合

Vプリカをコンビニで買う場合、「コンビニ端末」と「サンプルカード」の2つの購入方法に分かれます。「サンプルカード」は、iTunesカードのように陳列棚に置かれており、そのままレジに持って行くことで会計ができます。

「コンビニ端末」で購入する場合、一度コンビニに設置しているマルチメディア端末を使って申し込み券を発行し、レジで会計を行います。支払いが完了したらVプリカ発行コードを受け取り、会員専用ページからVプリカの発行手続きを行います。

インターネットで買う場合

インターネットで購入する場合、事前にVプリカ公式ページでアカウント開設をして、会員専用ページから購入する事ができます。
その場合、支払い方法は「クレジットカード」または「インターネットバンキング」を利用することが可能です。

アカウント登録不要で利用可能な「Vプリカギフト」もある

上記対象店舗では、アカウント登録が不要で利用できるVプリカギフトも販売しています。そのため
、Vプリカよりもさらに簡単に利用ができます。

ただし、他のVプリカとの残高合算や、3-Dセキュア対応のサイトで利用したい場合などには、アカウント登録が必要になります。

Vプリカを『ライフカード』で買うと割引&ポイントがもらえる!

Vプリカを購入する場合、支払いを「ライフカード」で行うことで、購入価格から200円の割引を受ける事ができます(※一部、金額が異なる場合があります)。そのため、ライフカードで購入することで、Vプリカの手数料が実質無料になります。

また、ライフカードを利用する事によってLIFEサンクスポイントが貯まるため、さらにお得にVプリカを利用することが可能になります。
※ライフカードでの購入割引が受けられるのは「Vプリカ」となっており、「Vプリカギフト」は割引対象外です。

初年度のポイントは1.5倍!誕生月ならポイント5倍!

ライフカードは通常、1,000円の利用につき1ポイントを貯める事ができるのですが、ライフカードに入会した初年度は、貰えるポイントが1.5倍にアップします。さらに、誕生日月は貰えるポイントが5倍にアップします。

また、年間利用額に応じて次年度のポイント倍率がアップする「ステージ制プログラム」もあり、利用すればするほどお得にポイントを貯めることが可能です。

ステージ制プログラム

・年間利用金額50万円以上で、次年度のポイント倍率が1.5倍(スペシャルステージ)
・年間利用金額150万円以上で、次年度のポイント倍率が2倍(プレミアムステージ)

貯まったポイントは様々な景品と交換できる

貯まったポイントはギフトカードや日曜品などの様々な景品と交換することができます。

ライフカード
ライフカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度はもちろん、次年度以降も年会費は無料!
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • お誕生月のご利用は基本ポイント3倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

まとめ

・Vプリカは、インターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように利用できる
・Vプリカの発行に審査は不要なため、18歳以上であれば誰でも利用できる
・Vプリカは、コンビニまたはインターネットで購入する事が可能
・ライフカードでVプリカを購入すると、割引&ポイントが受けられる

関連記事