更新日:

Visaタッチ決済とは? メリットや使えるお店と対応クレジットカードを紹介

Visaタッチ決済とは? メリットや使えるお店と対応クレジットカードを紹介

年々、キャッシュレス化が進んでいる日本ですが、「Visaタッチ決済」をあなたはごぞんじでしょうか。

この記事では、世界的にはポピュラーながら、日本ではいまいち知名度に欠けるVisaタッチ決済について解説します。

Visaタッチ決済とは、どんなキャッシュレスサービスなのか。メリットのほか、Visaタッチ決済を利用できるクレジットカードも紹介しますので、ぜひご参考ください。

Visaタッチ決済は「NFC Pay」を利用したキャッシュレスサービス

Visaタッチ決済とは、クレジットカードの国際ブランドで知られる「VISA」が提供する非接触型決済サービス

つまりはSuicaやiDのように、決済用端末にかざすだけで支払いできるサービスです。

Visaタッチ決済機能がついたクレジットカードのほか、対応する銀行のデビットカードを登録したスマートフォンにて利用できます。

その仕組みは、NFC(近距離無線通信規格)を利用した「NFC Pay」規格。

日本で主に使用されているのは「FeliCa」規格のため、聞いたことがないという方も多いでしょう。

しかし、実はFeliCaは日本独自の規格であり、世界的に普及しているのはNFC Payなのです。

Visaタッチ決済のメリットはクレジットカードを上回る利便性

Visaタッチ決済のメリットは、なんといっても利便性でしょう。

かざすだけのスピーディなお会計では、サインも暗証番号も不要なため、クレジットカードよりもスマートです。

それでいて、Visaタッチ決済を利用すれば、クレジットカードやデビットカードのポイントも貯まります。

クレジットカードやデビットカードのメリットは残しつつ、さらにスマートな支払いを実現する…。

実質、Visaタッチ決済は、クレジットカードの上位互換ともいえるでしょう。

もちろんこれらの利便性はSuicaやiDでも見られますが、これら日本独自規格を使用した非接触型決済サービスは、海外では利用できません。

一方、Visaタッチ決済は世界標準規格なため、海外でも利用できます。

海外旅行や出張の際に利用すると便利でしょう。

Visaタッチ決済が使える店舗

海外でこそ真価を発揮するVisaタッチ決済ですが、日本でも下記の店舗にて利用可能です。

なお、イオングループに関しては、とくにVisaタッチ決済の普及に力を入れており、以前「2020年3月までにイオングループ全店で導入する」との会見もおこないました。

使える店舗一覧
  • イオングループ
  • ローソン
  • IKEA
  • すき家
  • はま寿司
  • ビッグボーイ
  • サンマルクカフェ
  • イクスピアリ内の店舗
  • マクドナルド

Visaタッチ決済に対応したクレジットカード5選

つづいて、Visaタッチ決済を利用できるクレジットカードを紹介します。

利用できるカード
  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • オリコカード
  • JALカード
  • ジャックスカード


なお、これらのクレジットカードのなかでも、発行時期が古いものだとVisaタッチ決済に対応していない恐れがあります。

Visaタッチ決済対応カードには、表面に電波の強さを示すようなマークが記載されています。下記画像の赤枠内に記載されているマークです。

Visaタッチ決済対応を示すマーク


すでにこれらのクレジットカードをお持ちで、Visaタッチ決済対応マークが記載されていない場合には、新しいカードに切り替えてもらえるかを各カード会社に問い合わせてみてください。

銀行系クレジットカードならではの信頼感|三井住友カード

三井住友カード
キャンペーン中!今なら最大12,000円分プレゼント!さらに年会費永年無料!!
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 4/30までの期間限定!年会費は永年無料!
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

「三井住友カード」は、銀行系クレジットカードのため、信頼度の高さが魅力です。

なかでもセキュリティ強度に関しては、VISAから表彰を受けるほどであり、カードの盗難や紛失など、万が一のときにも安心でしょう。

通常ポイント還元率こそ0.5%と低めですが、安全性を求めるのなら間違いありません。

また、三井住友の一般カードからクレヒスを積んでいけば、ゆくゆくはゴールドカードやプラチナカードへのランクアップも望めます。

ステータス性
を求める方にもおすすめです。

イオン系列店を使うなら持っておきたい|イオンカード

イオンカードセレクト
イオンカードセレクトの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~2.0%
電子マネー
WAON(ワオン)
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

「イオンカード」は、イオングループの対象店舗で利用すると、常にポイント還元率が1.0%までアップします。

通常還元率は0.5%と低いため、イオングループ専用のサブカードにおすすめです。

年会費も永年無料
のため、イオンのスーパーはもちろんのこと、イオンシネマなどをよく利用する人は、ぜひとも作っておきましょう。

また、貯めたときめきポイントは、WAONポイントや電子マネーWAONに交換できるため、活用しやすく便利なのも魅力的です。

入会後6ヶ月間の還元率2.0%|オリコカード

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

「オリコカード」は、通常還元率1.0%のため、どこのお店でもポイントを貯めやすいクレジットカードです。

しかも、入会後6ヶ月間は2.0%まで還元率がアップします。

ただし、貯めたオリコポイントは、楽天ポイントやWAONポイント、Amazonギフト券に交換といった具合です。

たとえば、WAONポイントを貯めたいのであれば、イオンカードのほうがポイントは貯まりやすいし使いやすい、などといった可能性もあります。

よく利用する特定のお店があるようであれば、そのお店が発行するクレジットカードとよく比較検討してみてください。

JALマイルが普段のお買いものでも貯まる|JALカード

JALカード
JALカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • フライトでためるーボーナスマイルー
  • JALグループ便へのご搭乗で会員限定のボーナスマイルが貯まる!
  • 貯めたマイルを使って通常より1,000マイル少ないマイルで特典航空券などに交換できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,160円 0.5%~1%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

「JALカード」は、JALへの搭乗のほか、普段のお買いものでもJALマイルを貯められるクレジットカードです。JALユーザーにおすすめします。

ただし、JALマイルを本格的に貯めようと思うと、「JALショッピングマイル・プレミアム」への加入が必須です。

JALショッピングマイル・プレミアムは年会費3,300円(税込)のため、このあたりも含めて検討してみてください。


空マイラーにせよ、陸マイラーにせよ、積極的にJALカードを使っていく予定がないようであれば、宝の持ち腐れになりやすいカードでもあります。

海外旅行保険が自動付帯|ジャックスカード

ジャックスカード
ジャックスカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外旅行傷害保険がついて安心
  • 充実のWeb会員サービス「インターコムクラブ」
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
1,250円(税抜) 1,250円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

「ジャックスカード」は、一般カードでも海外旅行保険が自動付帯という珍しいクレジットカードです。

Visaタッチ決済を海外旅行時に利用しようと考えている方におすすめします。

一点だけデメリットとして、カードの申込みから到着までに時間がかかりやすいことは覚えておいてください。

目安は、おおよそ3週間~1か月と言われています。

海外旅行用にジャックスカードを持っていきたい場合には、なるべく早めに作っておきましょう。

クレジットカードのVisaタッチ決済まとめ

Visaタッチ決済は、世界的に普及している決済サービスです。

しかし、日本ではSuicaやiDといった日本独自のサービスが普及したことで、Visaタッチ決済はあまり使える店舗数が多くはありません。

とはいえ、イオングループをはじめとして、2020年以降は日本でもどんどんとVisaタッチ決済が普及していくことが予想されます。

モバイル決済よりもスマートで、FeliCa系サービスと違い、海外でも利用可能なVisaタッチ決済。ぜひあなたも取り入れてみてください。

ライター歴8年、編集歴3年。クレジットカードやローンなど金融関係を筆頭に、エンタメや美容などさまざまなジャンルで活動中。クレジットカードは、メインカードとして楽天カードを保有。そのほかに普段の買い出し用にイオンゴールドカードや、家電量販店用に100満ボルトカードなどサブカードも複数保有。普段の買いものはほぼすべてクレジットカードにし、貯まったポイントを本やゲームなど趣味に使うのがルーティンとなっている。

たけなわアヤコの執筆記事・プロフィール一覧へ
三井住友カード:※年会費無料は2020/4/30までの期間限定