更新日:

スルガ銀行デビットカードは日本で初めて誕生したVISAデビットカード!メリット・デメリット・審査を徹底紹介

スルガ銀行デビットカードは日本で初めて誕生したVISAデビットカード!メリット・デメリット・審査を徹底紹介

「スルガ銀行デビットカードを作りたいけど、どんな特長があるの?」、「どの支店がよりおトクなの?」など、疑問に思う人も多いのではないかと思います。

そこで本記事ではスルガ銀行デビットカードの「特長」をはじめ、「各支店ならではの特典」、「審査」まで詳しく解説します。

スルガ銀行デビットカードとは

スルガ銀行デビットカードと親しまれている「SURUGA Visaデビットカード」は、VISAデビット機能つきのキャッシュカードです。

支払い時の代金が、銀行口座から即時引き落とされるのがデビットカード。VISA加盟店で使える「VISAデビットカード」は、スルガ銀行から日本で初めて発行されました。最近できたばかりのデビットカードとは違い、圧倒的な信頼感があります。

静岡県を本店に構えるスルガ銀行は、東京都6店舗、神奈川県39店舗、静岡県65店舗を含めて、全国132店舗あります。(2018年9月時点)デビットカードを申込むと、スルガ銀行の口座が自動的に開設されます。

デビットカードは実店舗だけでなく、ANA支店やTポイント支店など、さまざまなインターネット支店からも発行されていて、近くに店舗がない方でも全国で使いやすいのが特長です。支店によってキャッシュバック、マイル、ポイントなど特典サービスがついており、現金よりもおトクです。

入金手数料無料!スルガ銀行デビットカードは、日本で初めて誕生したVISAデビットカード

カード画像
入会費・年会費(税込)
無料
キャッシュバック
(マイル・ポイントを付帯しないカード)
0.2%
家族カード 
一部あり(※)
利用時間 システムメンテナンスなどを除く24時間365日
支払い方法 
原則即時引き落とし(1回払い)
利用できる場所 国内外のVISA加盟店
利用限度額
設定を自由にできる
申込み資格 基本的に、中学生を除く15歳以上
審査 あり
(※)ANA支店、Tポイント支店、リクルート支店、OCN支店、Gポイントクラブ、dポイントクラブ応援バンク、ALSOK CLUBの支店では、家族カードの取り扱いをしていません


以上が、スルガ銀行デビットカードの基本情報になります。ここでおさえておきたいのが、全支店のスルガ銀行デビットカードの年会費は無料だということです。

スルガ銀行への入金手数料は、スルガ銀行のATMはもちろんのこと、コンビニやゆうちょ銀行のATMでもいつでも無料です。スルガ銀行の出金手数料は、平日7:00〜18:00、土曜日9:00〜14:00でも完全無料になります。

キャッシュバック対応で、年間利用額の0.2%が翌年に銀行口座に振り込まれます。海外ATM利用分も含む、VISAデビットカードを利用した合計金額が対象です。

さらにAmazonや楽天市場のネットショッピングだけでなく、携帯電話、水道・電気・ガスなどの公共料金などの支払いにも利用できます。

クレジットカードとデビットカードの違いは、携帯電話などの月払いで支払うような「月次決済」ができるかということがあります。月次決済ができないデビットカードもある中、クレジットカードのように使えるので、とても便利です。現金だと小銭やお札など持ち歩く必要がありますが、財布の代わりに1枚持っていれば気軽に買い物ができます。

急な出費にも迅速に対応できるキャッシングサービスも追加可能

スルガ銀行デビットカードには、万が一、急な出費で口座残高が不足しても対応できるキャッシングサービス「自動貸越サービス」という機能が用意されています。

カードの利用時にうっかり口座残高が不足した場合でも、自動的に融資されるため、スムーズに買い物できます。また「給料日前に飲み会」など、急な出費があっても近くのATMから借り入れができます。スルガ銀行からだけでなく、セブン銀行、ゆうちょ銀行などの提携先のATMでも利用可能です。

自動貸越サービスを使うためには、口座開設時に申込みする必要があります。申込み内容に基づいて利用限度額や契約金利が確定します。

スルガ銀行デビットカードのキャッシングサービス
限度額 10万円以上500万円以内 (10万円単位) (※)
利用条件 

・個人の方
・申込み時の年齢が20際以上で、本人または配偶者に安定した収入があり、65歳以下の方
・スルガ銀行所定の保証会社の保証が受けられる方
返済方式 定例返済
(※) 利用実績に応じて、利用限度額が変更となる場合があります。申込み内容について電話で確認する場合や収入確認資料を提出を求められる場合もあります


返済方式は、毎月1日に前月10日現在の利用残高に応じた定例返済となります。返済のために新たに手続きをする必要は一切ありません。また余裕がある時にまとめて返済できるATMやインターネットから、随時返済も選べます。

スルガ銀行デビットカードのおすすめポイント

スルガ銀行デビットカードのおすすめポイントは、利用限度額の設定や明細確認などの使いやすさや、保険などの特典がついいて、使い勝手がとても良いことです。これから詳しく説明して行きます。

利用限度額が設定できて安心

デビットカードは口座にある金額の上限まで引き出すことができますが、「口座残高の範囲以内に使えると、不正利用された時が心配」という方にも安心なのが、利用限度額を自由に変えられる設定があることです。そのためクレジットカードのように使いすぎの心配がありません。

使ったらすぐメールが届くから安心

デビットカードを使うたびに、指定のメールアドレスへ利用したことを知らせるメールが届くように設定できます。「不正利用されるのが心配」という方にとっても、すぐに発見できるため防ぐことができます。メールアドレスは、パソコンと携帯電話の2種類登録可能です。

さかのぼって明細を確認できるので、家計管理も簡単

ウェブサイト上の会員専用ページのメニューでは、過去15ヶ月間の取引をさかのぼって見ることができます。紙のレシートで管理することなく、家計簿をつける手間が省けることができて、家計管理も簡単です。

地方在住でも便利

インターネット支店があり提携数が豊富なので、地方に住んでいても提携ATMで入出金が無料で可能です。

使用できるATM

  • スルガ銀行
  • セブン銀行(※)
  • ゆうちょ銀行(※)
  • イーネット
  • タウンネットワークサービス
  • イオン銀行(※)
(※) 振込には対応していません


また口座開設を希望する中学生を除く15歳以上が、ウェブサイト上からインターネット支店や近くの支店の口座を作成することができます。

他銀行振り込み手数料もステージによって無料回数が付与される

さらにスルガ銀行の「スルガSTARプログラム」にある、独自のランクシステムによって、ATM出金手数料やインターネットバンキングによる他行あて振込手数料など、時間外の出金手数料でも無料回数が付与されます。

スルガ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネットATM、タウンネットワークATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、全国提携金融機関が対象です。

普通預金口座をもつ個人の申込みの方が対象です。以下のいずれかを満たす必要があります。

スルガSTARプログラムの優遇特典を受けられる条件

  • インターネットバンキングに入会し、メールアドレスを登録する
  • 公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)の受け取り設定を行う
  • 過去1年以内にテレフォンバンキングによる取引実績がある

例えばANA支店などのインターネット支店でメールアドレスと登録すれば、優待特典を受けられるので、ハードルは低いと言えます。

そして以下の取引条件が揃うと、ATM出金手数料や他行当てのインターネットバンキング振込手数料が無料となる無料回数が付与されます。ランクは1ツ星から4ツ星に分けられます。

ランク 取引条件 ATM出金手数料
0円となる回数
インターネットバンキング他行当て振込手数料
0回となる回数
1ツ星
どちらかを満たしていること
・円預金またはローン残高が20万円以上
・SURUGA Visaクレジットの月間利用額1万円以上
月3回まで 月3回まで
2ツ星 どちらかを満たしていること
・円預金またはローン残高が100万円以上
・SURUGA Visaクレジットの月間利用額3万円以上
月5回まで 月5回まで
3ツ星 円預金またはローン残高が300万円以上 月7回まで
月7回まで
4ツ星 次のいずれかを満たしていること
・円預金もしくはローン残高が1,000万円以上
・円預金もしくはローン残高が20万円以上、且つデジタル通帳(Webブックフリー)契約
いつでも 月10回まで

ショッピング保険や盗難損害保険で安心

スルガ銀行デビットカードには、ショッピング保険と盗難損害保険も付帯されています。

「お買い物安心サービス」と呼ばれるショッピング保険では、スルガ銀行デビットカードを利用して購入した商品の破損や盗難などの偶然の事故による損害を補償します。補償金額は年間30万円までで、60日間の補償期間に対応しています。

また第三者が不正利用をした損害を補償する盗難損害保険では、銀行が連絡を受けた日から61日前までに発生した損害を補償します。

海外でも手数料を気にせず、現地通貨引き出しが可能

スルガ銀行デビットカードなら、海外旅行につきものの両替のわずらわしさを解決できます。

スルガ銀行VISAデビットカードは、世界中のVISA加盟店で使用できるため、日本だけでなく海外での利用も大変便利です。

全世界のVISAやPLUSマークがついているATMで現地通貨を引き出したり、VISAやPLUSシステムがある店で買い物ができるため、わざわざ両替をする必要がありません。両替に発生する手数料、手間を気にせずにスムーズな海外旅行が実現します。

現金を引き出したい場合は、主要な国際空港やショッピングセンターなど、世界200以上の国・地域に設置されている「VISAグローバルATMネットワーク」や「PLUSシステムATM」より、自身の口座から現地通貨を引き出すことができます。

VISAやPLUSシステムの換算レートに、3.0%を加えたレートで円貨に換算します。また、基本的に現地通貨のATM引き出しは手数料1回216円(税込)です。設置したATMによっては、現地金融機関独自の利用料金がかかる場合があります。

スルガ銀行デビットカードのデメリット

これまでスルガ銀行デビットカードのおすすめのポイントを紹介してきました。続いて不便な点やデメリットを説明します。

キャッシュバック還元率0.2%は特に高いわけではない

スルガ銀行デビットカードのキャッシュバック率は、年間利用額より0.2%です。他社の多くも0.2%なので、とりわけ高還元率である訳ではありません。

例えば年間100万円利用した場合、キャッシュバックされる金額は2,000円です。それでも現金で利用するよりも、キャッシュバックされるので持っていた方がおトクです。

マイルを貯めるのが難しいAMC Financial Pass Visaデビットカード

マイルを貯めることができる唯一のスルガ銀行デビットカードが、ANA支店のAMC Financial Pass Visaデビットカードです。しかしこのデビットカードは1,000円ごとに一定のパーセンテージでマイルが貯められるようなタイプではなく、最低でも1年間100万円以上利用しなければマイルが貯まらない仕組みになっています。

1年間で100万円を利用すると、翌年に3,000マイル貯まります。しかし100万円以下の利用では貯まるマイルはゼロとなります。もし1年以上の支出が100万円以上の場合は着実にマイルを貯められるので、利用額を前もって考慮すれば特にデメリットとはならないでしょう。

支店によって、特典が異なるスルガ銀行デビットカード

スルガ銀行デビットカードは全11種類。基本的な優待として、利用金額に応じたキャッシュバックがあります。しかし支店によっては、得られるポイントやマイルがあり、その場合にはキャッシュバックの特典は付きません。

口座開設前には付帯される特典サービスとその支店をよく確かめておくのが良いでしょう。支店によってはVISAデビットカードが発行できないカードもありますので、注意してください。

それでは以下の主要なデビットカードを順に紹介します。

スルガ銀行デビットカード

  • 一般店で作れる「SURUGA Visaデビット
  • ANAマイルが貯まる「AMC Financial Pass VISAデビットカード
  • リクルートポイントが貯まる「リクルートポイント付きVISAデビットカード
  • Tカードとしても使える「デビットTカードスルガバンク
  • 宝くじの特典つきも!「ドリームダイレクト支店」のVISAデビットカード
  • dポイントが貯まる「dポイントクラブ応援バンク」のVISAデビットカード

一般店で作れる「SURUGA Visaデビット」

SURUGA VISAデビットカード3種類の説明画像

一般店で作れる「SURUGA Visaデビット」は、通常タイプのVISAデビットカードです。特典は年間利用額の0.2%のキャッシュバックがあることです。

ライフ(ブルー)、トラベル(パステル)、シティ(ピンク)の3種類のデザインから選べます。

ANAマイルが貯まる「AMC Financial Pass VISA デビットカード」

AMC Financial Pass VISAデビットカードの画像

スルガ銀行ANA支店が発行する「AMC Financial Pass VISAデビットカード」は、VISAデビット機能がついたキャッシュカードです。

このデビットカードの最大の魅力は、付帯保険がスルガ銀行デビットカードの中でも最も充実しているところです。年会費無料で海外旅行保険が付帯されているのは、このカードしかありません。保険を重視する方はこちらのカードがおすすめです。

以下は、付帯する保険のリストです。

AMC Financial Pass Visaデビットカードに付帯する保険

  • 海外旅行保険:最高1,000万円保証
  • 国内旅行保険:最高1,000万円保証
  • ショッピング保険
  • 盗難被害補償

さらにANAと提携し、ANAマイレージクラブやマイル付き住宅ローンなど、銀行取引をしながらANAマイルを貯められます。

ANAマイルを貯める方法とマイル数

  • Visaデビットの利用:年間100万以上200万円未満 3,000マイル
  • 給与振込の指定口座にする:毎月50マイル
  • クレジットカード、固定電話、携帯電話料金の引き落とし:毎月5マイル (年間60マイル)
  • 投資信託毎月の購入:10万円ごとに20マイル
  • 自動融資昨日の定例返済(1万円の返済):毎月10マイル
  • マイル付き定期預金のお預け入れ:10万円ごとに60マイル

リクルートポイントが貯まる「リクルートポイント付きVISAデビットカード」

リクルートポイント付きVISAデビットカードの画像

リクルート支店が発行するデビットカードが「リクルートポイント付きVISAデビットカード」です。通常付帯する毎年0.2%のキャッシュバック特典の代わりに、0.8%のリクルートポイントが貯まり、1ポイント1円で使えます。リクルートポイントを貯めている方にはおすすめのカードです。

デビットカードを使用することで、リクルートが提供するリクルートポイントが貯まります。例えば、リクルート支店の口座で公共料金の支払い、給与振込などの指定で、リクルートポイントがさらに貯まります。入会の際には、自動融資サービス(カードローン)の登録が必須です。

Tカードとしても使える「デビットTカードスルガバンク」

デビットTカードスルガバンクの券面画像

Tポイント支店が発行する「VisaデビットTカード」は4つの機能が1枚になったカードで、Tポイントを貯めたい方にとっておトクなカードです。

Tポイントの4つの機能

  • VISAデビットカード
  • 銀行キャッシュカード
  • Tカード
  • ローンカード

Tポイントは全国のポイント提携先で貯められます。デビットカードの利用額に対して、通常のキャッシュバックの代わりに、0.5%のTポイントが貯まります。入会の際に、カードローン登録が必須になります。

宝くじの特典付きも!「ドリームダイレクト支店」のVISAデビットカード

ドリームダイレクト支店のVISAデビットカード券面画像

ドリームダイレクト支店のVISAデビットカードは、キャッシュカード機能とVISAデビット機能に加えて、「ジャンボ宝くじ」特典サービスがついたカードです。

なんとこの18年で10万円以上の当選者は2,000人以上!「ジャンボ宝くじ付き定期預金」を契約した方は利用額に応じて、ジャンボ宝くじが付与されます。

以下のリストは、利用額と付与されるジャンボ宝くじの枚数です。

ドリームジャンボ宝くじプレゼント
VISAデビット利用額
宝くじ付与枚数
〜100万円未満
なし
100万円以上〜
10枚
200万円以上〜
20枚
300万円以上〜 30枚

1月1日から12月31日までの1年間で利用された額に応じます。宝くじは、毎年5月下旬に発送されます。300万円以上は、以降10枚ずつ宝くじが付与されます。

dポイントが貯まる「dポイントクラブ応援バンク」のVISAデビットカード

Dクラブ支店「dポイントクラブ応援バンク」は、NTTドコモの携帯電話を契約されているdポイントクラブ会員のために運営しているインターネット支店です。

「dポイントクラブ応援バンク」では、口座開設や口座取引に応じてdポイントがどんどん貯まります。申込み条件はdポイントクラブ会員、かつ20歳以上である必要があります。

以下、dポイントの特典サービスがあります。

  • 口座作成で、1,200dポイントをプレゼント
  • NTTなど携帯電話、クレジットカード、生命保険・損害保険、確定拠出年金など、振替に指定すると、1件ごとに5dポイント貯まる
  • 会社からの給与受け取りに指定すると、毎月50dポイント貯まる(※)
  • 厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金の受け取りに指定すると、受け取りのたびに50dポイント貯まる(※)
  • 定期預金を申込むと、毎月抽選で最大40,000dポイントをプレゼント(10万円を1口)
  • 定期預金300万円以上預け入れで、毎年5,000dポイントプレゼント
  • 住宅ローン借り入れ残高に応じて、最大毎年20年間40,000dポイントをプレゼント
(※)ポイントプレゼントの対象は、毎月10万円以上

その他Dバンク支店が発行するVISAデビットカード

そのほか以下のインターネット支店でも、VISAデビットカードを発行しています。

Dバンク支店のGポイントクラブは、Gポイントを集めたい方におすすめです。口座作成で500Gポイントをプレゼント。そのほか専用ローンや定期預金の申込みなどでGポイントがたまります。20歳以上、Gポイント会員のみが申込み対象者です。

Dバンク支店のALSOK CLUBは、ALSOKホームセキュリティー利用者に使いやすくなっています。ALSOKホームセキュリティの不法侵入信号を受けると、自動的に預金口座をロックする「みまもりサービス」や新規契約で15,000円キャッシュバックなどの特典があります。20際以上で、ALSOKホームセキュリティ契約者が申込みできます。

そのほか、Dバンク支店から発行したVISAデビットカードもあります。

旅行会社と提携したDバンク支店のVISAデビットカード

  • World Cabit(ワールドキャビット)
  • KNT Travel Cash(KNTトラベルキャッシュ)

OCN支店は2019年3月18日より、Dバンク支店に統合となりました。

VISAデビットカードが発行できないカード

中にはインターネット支店でも、VISAデビットカードを発行できないものもあります。

以下は、VISAデビットカードを発行していない支店とそのサービスです。

  • ゆうちょ専用支店:ゆうちょ銀行を通して、スルガ銀行のローンの取引を行う
  • ソネット支店:カードローンなど、女性のためのサービスを取り扱う
  • ダイレクトワン支店:カードローン「ダイレクトワン」が利用できる

デビットカードの口座開設と審査について

近くの実店舗の新規口座は、スマートフォンのアプリやウェブサイトから開設できます。ANA支店、Tポイント支店、Dバンク支店、ドリームダイレクト支店などのインターネット支店からは、オンライン上でも口座開設ができます。来店や印鑑は不要で手軽に開設ができます。

銀行口座を開設する際に独自の審査がある

スルガ銀行では「自動貸越サービス(ローン)」がはじめから付帯されているカードもあるため、独自の審査基準があります。通常デビットカードの大半は口座から出金するので審査は行われないようですが、スルガ銀行のキャッシングサービス「自動貸越サービス」を検討する人は注意が必要です。

銀行の総合判断によってVISAデビット機能なしのカードが発行されることがあります。

ローン申込みでは、パートやアルバイトでも「安定した収入である方であればお申し込みいただけます」と公式ウェブサイトに書いてあり、専業主婦(主夫)でも申込み可能と記載があります。したがって、比較的審査のハードルはゆるいと言っても良いでしょう。

スルガ銀行デビットカードのまとめ

なんと言っても、支店によって貯めたいポイントやマイルを選べるのがスルガ銀行デビットカードの大きな特長です。

年間キャッシュバック率は0.2%とそこまで高くありませんが、ポイント付与のサービスがあったり、キャッシングサービスも対応可能などの特長もあったりするので、サブカードとしての利用でも十分おトクなカードです。

関連記事