更新日:

学生がクレジットカードに申込む際に「年収」はどう書けばいい?

学生がクレジットカードに申込む際に「年収」はどう書けばいい?

クレジットカードに申込む際は、支払い能力に大きく関与する「年収」を申告するのが一般的です。

しかし申込者が学生の場合だと、「年収」をどうとらえるべきかで迷ってしまうことも、多々あるのではないでしょうか。

「バイトで得たお金は大丈夫だとしても、親からの仕送りや奨学金などは年収に含めてもいいのか…?」などと考えて、混乱してしまいそうです。

そこで今回は、学生がクレジットカードに申込む際に「年収」はどう書けばいいかについて、説明したいと思います。

クレジットカードの年収欄はバイトの収入でOK!収入が0円でも問題ない!

学生の主な収入源はバイトでの給料になると思いますが、「お金が入ってきている=収入」ととらえるのであれば、親からの仕送りや奨学金も収入と考えられないわけではありません。

そこで、さまざまな形での収入を、クレジットカードに申込む際の「年収」欄に記載してもいいのかどうか、以下で説明していきたいと思います。

バイトでの収入

バイトでの収入は、もちろん年収として申告してOKです。

毎月の収入が6万円程度なのであれば、年収は「6万円×12=72万円」という計算になります。

毎月の収入に多少変動がある場合は、平均的な金額で計算するといいでしょう。

なお、バイトにはシフト制で働く一般的なもののほかに、短期バイトや単発バイトのようなものもあります。

短期や単発バイトの場合は、継続的にお金が入ってくるわけではないので、年収として申告するのは控えるのが無難です。

始めてまだ間もないバイトでの収入

バイトを始めてまだ間もない場合でも、今後そのバイトを継続しておこなっていくという前提で、年収を計算・申告してOKです。

ただ、カード会社は「収入の継続性」を重視する傾向があります。

バイトを始めてまだ1~2ヵ月程度の場合は、申込者が今後もそのバイトを継続しておこなうかどうかが不透明なので、その点を不安視される可能性があることも念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

親からの仕送りで得ている収入

親からの仕送りで得ているお金は、自分で働いて得たお金ではないので、収入としては申告しないほうが無難です。

親からの仕送りがストップしてしまったり、仕送り額が減額されたりする可能性も0ではありませんからね。

毎月バイト代で6万円、親からの仕送りで5万円で計11万円の収入があるとしても、クレジットカードの「年収」欄には「11万円×12=121万円」ではなく、「6万円×12=72万円」と記載しましょう。

奨学金で得ている収入

奨学金で得ているお金を収入といっていいかどうかは微妙ですが、奨学金も親からの仕送り同様に、自分で働いて得たお金ではないので、収入としては申告しないほうがいいでしょう。

クレジットカード申込み時の年収欄には、「自分が働くことで継続的に入ってくるお金」のみを申告するのが原則です。

学生が年収0でもクレジットカードの審査に受かる理由

上述した内容を踏まえると、「バイトをしておらず親からの仕送りと奨学金のみで生活している学生」は、カード会社からすれば「年収0円」ということになります。

しかし、そのような学生でもクレジットカードの審査に通過できる可能性はあります。

一般的な社会人であれば、基本的には年収0円では審査に通過するのは難しいのですが、なぜ学生であれば年収0円でもOKなのでしょうか。

以下でその理由を説明していきます。

学生のクレジットカード審査は両親の信用情報を基にしておこなわれる

収入0円の学生がクレジットカードに申込む場合、クレジットカードの利用代金の支払いは学生本人ではなく、親がおこなうケースが多いです。

そのため、審査では学生本人の収入や信用情報ではなく、親の収入や信用情報が用いられるため、親の信用情報に問題がなければ審査通過できる可能性が高くなっているのです。

まだ社会的な信用を得られにくい立場である学生の場合は、親の信用情報でその部分を担保するということですね。

ただし、親が過去に債務整理をしているなどで、信用情報に事故情報が記載されている場合(一般的にブラックリストに載っているといわれる状態)があります。

その場合は、親の信用情報を用いても学生の信用を担保できないので、審査落ちになってしまうかもしれません。

学生専用の「学生カード」の場合は年収0でも問題ない

カード会社によっては、発行対象を学生に限定した「学生カード」を取り扱っているところがあります。

学生カードの審査基準は、通常のクレジットカードの審査基準とは異なり、収入に関する条件が設けられていないことが多いです。

そのため、学生カードに申込む場合は年収0円でも何ら問題ありません。

ただし、収入のない学生でも発行できるようになっている分、利用限度額が少し低めに設定されていることには注意しておきましょう。

専門家からのコメント

大竹麻佐子
大竹 麻佐子

「割賦販売法」という法律では、ショッピング利用可能枠が30万円以下であれば、支払可能見込額調査義務が免除され、簡易審査で通過できるケースがあります。

キャッシュレス推進のながれもあり、クレジットカードの必要性があるかもしれません。

いずれにしても、無理なく支払える金額での利用を心がけましょう。

なお、クレジットカードでも、お金を借り入れる「キャッシング」については、貸金業法における審査となります。

学生本人のクレヒスに傷が付いていると学生カードでも審査落ちに

収入0円でも審査通過できる可能性のある学生カードですが、それはあくまでも「学生本人のクレヒスに傷が付いていない」ということが前提です。

学生がクレヒスに履歴の残るような金融取引をおこなうことは、あまりないと思われますが、盲点になりがちなのは「携帯電話・スマートフォンの端末代金の割賦払い」です。

スマートフォンの端末代金を、毎月の通信料などと一緒に割賦払いで支払っている人もいると思いますが、割賦払いをおこなうとクレヒスに履歴が残ります。

そのため、支払いが遅れてしまうと、意識していないうちにクレヒスに傷が付いてしまい、学生カードの審査に落ちてしまうということにもなりかねません。

端末代金を一括で支払っている人には関係ないことではありますが、割賦払いで支払っている場合には、十分注意しておきましょう。

専門家からのコメント

大竹麻佐子
大竹 麻佐子

クレジットとは、「信用」ということを認識しましょう。「約束を守ること」は、人生において簡単のようでとても難しいことです。

社会の一員としての、自覚と責任が必要です。

信頼を築くのは時間かかるけど、失うのは一瞬と言います。

学生の期間は、社会人になる前の「準備期間」と捉え、信用を作るために「期限」の管理に努めましょう。

収入0でも大丈夫?学生におすすめのクレジットカード3選

では最後に、収入0円でも発行可能な学生におすすめのクレジットカードとして、「三井住友VISAデビュープラスカード」「JCB CARD W」「楽天カード」の3つを紹介します。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス
三井住友VISAデビュープラスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 翌年度以降も年1回ご利用で年会費無料
  • いつでもポイント2倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.6%~10.5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カード デビュープラスは、満18歳~25歳までの方を申込み対象としており、まさに学生のような若年層のためのクレジットカードです。

年会費は初年度が無料で、2年目以降は1,375円(税込)の年会費が発生しますが、年に1度でもカードを利用すれば翌年度の年会費が無料になるので、実質的に年会費無料のカードとして利用できます。

ポイント還元率が常に2倍なので、日々の買い物の際に三井住友カード デビュープラスを積極的に利用することで、かなりまとまったポイントを得られるでしょう。

満26歳以降は、自動的に「プライムゴールドカード」に切り替わるので、将来的にゴールドカードを所有したいと考えている人にもおすすめできる1枚です。

(20代 / 女性 / 学生 / 年収200万円未満)

選んだ理由は、限度額が10万円までならば親の承認なしで作ることができたからです。

私は、クレジットカードを作ることを、絶対に親にバレたくなったので、限度額が低くても自分だけで作ることができる三井住友VISAデビュープラスカードにしました。

上述した口コミにあるように、親に内緒でこっそりクレジットカードを所有したいと考えている学生の方も多いと思います。

そのような方にも三井住友カード デビュープラスはおすすめできます。

JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
  • さらにJCBオリジナルシリーズパートナーや、Oki Doki ランド 利用でポイント大幅アップ!
  • キレイをサポートするLINDAリーグの優待も利用できる「JCB CARD W plus L」もご用意
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wも、申込み条件を「18歳以上39歳以下」に設定している若年層向けのカードです。

ポイント還元率は常に2倍以上で利用可能ですが、JCBオリジナルシリーズパートナーを利用することで、もともと高い還元率がさらにアップすることも見逃せません。

また、2020年12月31日まで、「新規入会限定!ポイント4倍キャンペーン」「入会したカードでApple Pay・Google Payを利用すると20%還元」などのキャンペーンをおこなっているので、JCB CARD Wの発行を検討している方は今がチャンスです。

年会費無料で利用できるのもうれしいですね。

楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 海外旅行でも安心・便利に使える
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードは、三井住友カード デビュープラスやJCB CARD Wのように、若年層を対象にしたカードではありませんが、ポイントが貯まりやすく、「楽天カードマン」のテレビCMでもおなじみ、新規入会&利用でもれなく楽天ポイントがもらえるので、非常にお得です。

また、基本的なポイント還元率1%に加えて、楽天市場で利用することでポイントが最大3倍付与されるなど、効率的にポイントを貯められる条件がいくつも設けられています。

貯まったポイントは1ポイント=1円として利用できるので、万が一金欠で困るようなことになってしまっても、貯めたポイントを有効活用することで急場をしのぐことができます。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

申し込みもネットですぐに終わるので、これが一番楽かな、と思い申し込みました。

申し込んだのは大学生の時でしたが、普通に審査も通りました。

実際に大学生のときに申込んで審査に通ったという口コミもあるので、学生で楽天カードへの申込みを検討している方にとっては、非常に心強いですね。

学生の年収欄の書き方まとめ

学生の方がクレジットカードに申込む場合、年収欄には「アルバイトなどで自分が実際に働いて得られるお金」かつ「継続的に入ってくるお金」の金額を記載しましょう。

親からの仕送りや奨学金の金額は、省いて考えるのが無難です。

アルバイトをしておらず、カード会社からすると「年収0円」の学生の場合でも、学生カードであれば発行できる可能性があります。

実際にクレジットカードを発行する場合は、最後にご紹介した3つのクレジットカードを中心に検討していただくのがおすすめです。

大竹麻佐子

専門家からの一言

大竹 麻佐子

手元にお金がなくてもクレジットカードがあればショッピングできるため、「魔法のカード」と錯覚しがちです。カードの支払いのために働く、ということにならぬようコントロールする力を身につけたいですね。

小さな積み重ねが、お金と向き合う習慣となり、将来に大きく影響します。
長期的目線で考えると、自分らしく豊かに生きられますのでチャレンジしてみてください。

証券会社、銀行、保険会社など金融機関での勤務を経て2015年ファイナンシャル・プランナーとして個人事務所開業。2016年日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」相談員。ひとりでも多くの人に、お金と向き合うことで、より豊かに自分らしく生きてほしい、との想いで相談・執筆・セミナー活動を展開中。ファイナンシャルプランナー(CFP)ほか、相続診断士、整理収納アドバイザーとして、知識だけでない、経験(失敗も含め)も踏まえたアドバイスとサポートが好評。2児の母。

大竹 麻佐子の監修記事・プロフィール一覧へ

不動産広告の営業マンを経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。 クレジットカードやカードローンに関する知識を、公平な視点で分かりやすく伝えることを目指しています。 私生活でもいろいろなクレジットカードを使い分けながら、自分にとって最適な使い方を模索中。毎月貯まっていくポイントを見ながらその使い方を考えるのが、ひそかな楽しみ。 自分の実体験や気付きをもとにした、オリジナリティのある記事をお届けしたいと思っています。

川上 俊介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事