更新日:

学生のクレジットカードの作り方! 審査内容や親の同意、在籍確認についても徹底解説!

学生のクレジットカードの作り方! 審査内容や親の同意、在籍確認についても徹底解説!

学生が初めてクレジットカードを作る場合、どうやって作るのか、何が必要なのか、そもそもクレジットカードを作れるのか、よくわからないことが多いですよね。

さらに、親やバイト先に在籍確認の電話があるのかどうか、その電話では何を話すのかも心配です。

ですが、クレジットカードがあれば支払い金額に応じてポイントが貯まりますし、お釣りの受け渡しがないので支払いはスピーディーになります。できればクレジットカードを持ちたいですよね。

そこで本記事では、どんな学生がクレジットカードを作れるのかや、クレジットカードの作り方、親やバイト先へ在籍確認の電話がかかってくる可能性を下げる方法、学生におすすめのクレジットカードについて詳しく解説します。

クレジットカードを作れる学生について

はじめに、クレジットカードを作れる年齢は18歳以上と決まっているため、中学生は申込みができません。

また、18歳を超えていても、原則として高校生は申込みすることができません。


クレジットカードを申込める学生の種類は以下のとおりです。

学生の種類と申込みの可否
学生の種類 申込みの可否(※)
中学生 ×
高校生
高等専門学生
予備校生
専門学生
短大生
大学生
大学院生
(※)〇…作れる ×…作れない △…作れるが一部例外あり


前述したように高校生は基本的にクレジットカードを作れませんが、イオンカードだけは高校生でも卒業年度の1月1日以降であれば申し込みが可能です。

また海外留学する場合は、高校生でも例外的に家族カードというクレジットカードを持てることもあります。

家族カードとは、クレジットカードの所有者である本会員(両親など)の家族に対して発行できるカードのことです。通常、家族カードは高校生には発行できません。

そして高等専門学生は、満18歳以上の高専4年生・5年生ならクレジットカードに申込めます。

学生向けクレジットカードであれば、申込める可能性は高いですが、クレジットカード会社によっては高等専門学生は何歳であっても不可という場合もあります。事前に申込資格を確認しましょう。

高校生はクレジットカードを持てませんが、留学に行く場合などは、クレジットカードではなくデビットカードがおすすめです。

デビットカードは15歳以上の人(中学生不可)が対象のカードなので高校生でも持つことができますし、デビットカードを使って買い物の支払いをすることもできます。

学生には審査に通りやすい学生専用カード、若者向けカードがおすすめ

クレジットカードにはさまざまな種類があり、幅広い年齢を対象にした一般カードから、学生専用クレジットカードや若者向けのクレジットカードまであります。

学生なら、学生専用カードや若者向けのクレジットカードがおすすめです。

これらのカードには、
ポイント還元率が高い、年会費が無料といった特徴があるからです。

クレジットカードは支払い金額に応じてポイントがもらえますが、ポイント還元率が高いと、支払う金額が同じでも、もらえるポイントは増えます。

たとえば、月3万円をカードで支払うと、還元率0.5%の場合は150ポイントですが、還元率1%の場合は300ポイントを毎月もらえるので、還元率が高いほうがお得です。

そして、年会費が無料なら、維持費が一切かからないのでお得ですよね。

ただし、学生専用クレジットカードは申込みの条件で「満18歳以上満25歳以下」などの年齢制限を設けている場合もあり、学生であっても年齢で申込めないことがあります。

そして、予備校生、聴講生や科目等履修生、認可校以外の専門学生も学生専用カードには申込めません。

学生専用クレジットカードが申込めない人には、若者向けのクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードによって申込める人の年齢は異なりますが、一般カードよりもお得な場合が多いです。

学生がクレジットカードを作るために必要なもの

学生がクレジットカードを作るために必要なものは次の通りです。

必要なもの
  • カード代金を引き落とす銀行口座
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 未成年者は親権者(保護者)の印鑑と同意書

学生証1枚で本人確認ができると思いがちですが、学生証には住所の記載がないので1枚では不十分です。

本人確認書類には、運転免許証などの「顔写真付きの身分証明書類1点」か「学生証+顔写真付きではない身分証明書類(健康保険証など)の2点」のどちらかが必要です。

そして身分証明書類に記載されている住所は、現住所と同じ住所である必要があります。

もし引っ越しなどで現住所と異なる住所が記載されている場合は、身分証明書類の住所を変更するか、現住所が記載されている公共料金の領収書を補助書類として提出すれば本人確認ができます。

カード会社によっては、健康保険証住民票の写しだけで本人確認ができるところもあるので、事前に必要書類を確認しましょう。

未成年の人は親権者の同意が必要

未成年の人は、カード入会時に必ず親権者(通常は両親)の同意が必要です。

同意書に親権者がサインと捺印をして返送するか、電話で同意を確認できればOKです。

そして、親に内緒で未成年の人がクレジットカードを作ることはできません。

民法で「未成年者が法定代理人(通常は両親)の同意を得ないでした法律行為(契約など)は取り消すことができる」と決められており、親の同意を得ないで作ったクレジットカードで子どもが何かを購入した場合、その売買契約を取り消すことができます。

取り消すと代金の支払い義務はなくなるので、クレジットカード会社は代金を回収できず損失を負うことになります。そのため、親の確認が取れなければクレジットカード会社はカードを発行しません。

もし親権者以外が同意書にサインすると、私文書偽造罪という罪に問われる可能性があります。

そして、もしサインを偽造してクレジットカードを作れたとしても、カード会社にその事実が発覚するとクレジットカードは強制的に利用停止になります。

さらに、そのクレジットカード会社で今後カードを作れなくなる可能性もあります。

しかし20歳以上なら、学生であっても親の同意は必要ありません。ただし親の同意の有無で、利用可能金額が変わるカードもあります。

親が子どもに心配していることとは?

子どもにクレジットカードを持たせてもいいのか、悩む親御さんが多いことをご存知ですか?

親御さんにとって、子どものお金の扱いには不慣れな点があると感じるので、クレジットカードをきちんと管理できるのかなど、さまざまな心配事が出てきます。

子どもがカードを使い過ぎてしまうことや、クレジットカードの代金を支払えなくなることもあるかもしれません。

その場合、親が負担しなくてはいけませんよね。

さらに、第三者による不正利用があるかもしれません。

クレジットカード会社にはそれぞれ補償期間が設定されており、早く不正利用に気づければ補償を受けられる可能性は高いですが、時間が経ってから気づくと補償されない可能性もあります。

そのためトラブルを避けるためにはクレジットカードの管理が大切です。すぐにできる対策には次のようなものがあります。

トラブルを避けるための対策

  • 使いはじめる前にクレジットカードの裏面に署名をする
  • 締め日と支払日を覚えておく
  • 頻繁に、会員サイトで明細を確認する
  • 身に覚えのない請求がないかも頻繁にチェックする
  • 不正利用や盗難などの事態を想定し、クレジットカード会社の連絡先を控えておく
  • 基本は1回払いで支払う

裏面に署名がないクレジットカードは原則として利用できませんし、万が一不正利用の被害にあった場合は補償されない可能性があるので大変危険です。

クレジットカードが届いたら、まずは署名をしましょう。

つぎに、クレジットカードには締め日支払日があります。クレジットカードの請求金額が確定する日が締め日、その請求金額を支払う日が支払日です。

支払日に口座の残高が足りないと、代金を引き落とすことができません。その場合、クレジットカード会社に連絡し、未払いの代金を支払う必要があります。

何度もそのような支払い遅延が続くと、遅延損害金が発生する可能性もあります。支払い遅延を起こさないために、締め日と支払日は覚えておきましょう。

また、会員専用のサイトで利用明細を確認できるので、頻繁に明細を確認しましょう。支払い遅延を防げますし、不正利用されていないかも確認できます。

そして、紛失・盗難や不正利用があった場合、すぐにクレジットカード会社に連絡してカードを止めてもらう必要があります。万が一に備えてクレジットカード会社の連絡先を控えておきましょう。

クレジットカードには、1回払いだけでなく、分割払いやリボ払いなどの支払い方法があります。仕組みを理解すれば、分割払いやリボ払いは使い勝手のよい支払い方法ですが手数料がかかります。

基本は、手数料のかからない1回払いで支払うとよいでしょう。

専門家からのコメント

竹国 弘城
竹国 弘城

クレジットカードを利用すれば手元にお金がなくても買い物ができますが、使い過ぎには十分注意しなければなりません。

特に分割払いやリボ払いは、支払いが先延ばしになる上、高い手数料もかかり、気づけば自身で支払えないような金額になってしまうおそれもあります。

クレジットカードは原則一括払い(1回払い)で、自身が支払える金額の利用に留めましょう。

クレジットカードの作り方は3通り

クレジットカードを作る方法には、オンライン申込、郵送申込、店頭申込の3種類があります。

申込方法
  • オンライン申込
  • 郵送申込
  • 店頭申込

郵送申込は、クレジットカードの申込書や本人確認書類のコピーを郵送します。個人情報が書かれた書類は、悪用される危険もありますし、手書きなので記入ミスする可能性もありおすすめしません。

最もお手軽で簡単な方法は、ネットで手続きが完了するオンライン申込です。

オンラインで入力した個人情報は暗号化されてカード会社に届くので、不正利用される可能性は低いです。本人確認書類の提出や支払い口座の設定もオンラインでできるところもあり、その場合も暗号化されるので安全です。

そして24時間対応しているので、いつでも好きな時間に申込めます。ネットで申込むと最短で即日、または翌営業日に発行できるクレジットカードもあり、ほかの申込み方法よりも早くカードが手に入るというメリットもあります。

必要事項を記入して申込みをする

学生の方は、住所、氏名、年齢のほかに、「学校名、学年、卒業予定年月、年収」の記入が必要です。

学校名や学年を記入するのは、申込者が学生であるかどうかを確認するためです。

卒業予定年月を記入する理由は、学生専用クレジットカードから一般カードに切り替わる時期をクレジットカード会社が把握するためです。通常、卒業後は一般カードに切り替わります。

一般カードへは自動的に切り替わるため、もし卒業予定年月に変更が生じた場合はクレジットカード会社に連絡してください。

アルバイトをしている場合は、正直に収入を書きましょう。収入がない場合は0円と書けばOKです。

クレジットカードの入会審査がおこなわれる

クレジットカードを作る際には必ず審査があり、審査に通らないと発行することはできません。そして学生も例外ではありません。

クレジットカードは現金払いとは違い、使った分だけ後から支払うので、審査では返済能力や申込者を信用できるかなどをチェックされます。

通常は、職業、年収、勤続年数、年齢、借金などが審査の対象です。学生の場合は、携帯料金や奨学金を滞納していないか、ブラックリストに入っていないか、親の同意を得ているかなどが審査されます。

学校名や学校の種類については、審査に影響しないでしょう。

審査に通るのか不安になる人もいると思いますが、高校生を除く18歳以上の学生は審査に通りやすいので安心してください。

なぜかというと学生時代に作ったクレジットカードは、社会人になっても解約せずに使い続ける可能性が高いので、クレジットカード会社は将来の顧客を確保できるからです。

さらに学生の利用限度額は低めで、親権者もいることから代金を踏み倒される可能性が低いという理由もあります。

親への電話確認やバイト先への在籍確認がおこなわれる

学生がクレジットカードに申込んだ場合、親やバイト先に在籍確認の電話がかけられることがあります。

親への確認が電話ではなく、同意書へのサインだけで済むクレジットカードもあります。なお、学校への在籍確認の電話はありません。

親に聞く内容は、「親は子どもがクレジットカードを作ることを承諾しているかどうか」です。

そしてバイト先への在籍確認ですが、学生のバイト先に在籍確認の電話をすることはほとんどありません。

さらに、滞納などの問題がない場合は、在籍確認の電話がない可能性が高いです。


それでも、バイト先への在籍確認をできるだけなくしたい場合には、申込者が多い春に申込むか、スピード発行のクレジットカードを選ぶとよいですよ。

申込者が多い時期はクレジットカード会社も忙しいので、在籍確認が省かれる可能性が高いです。

そしてスピード発行が特徴のクレジットカードを選ぶと、機械によるスピード審査を導入しているため、在籍確認の電話がない可能性が高くなります。

電話がかかってきたときの具体的な会話内容

クレジットカード会社から電話がかかってきたときの具体的な会話の内容を紹介します。

親への電話確認は、親の同意を確認することが目的です。

「お子さんがクレジットカードを申込みましたが、発行してもいいですか?」と聞かれるので、親に「子どもがクレジットカードを申込んだことは把握しています。そのまま手続きを進めてください」と答えてもらいましょう。

あとは必要があれば、申込書に書かれた内容を確認するだけで終わりです。

バイト先への在籍確認は、個人名かクレジットカード会社の名前で「〇〇さんいらっしゃいますか?」や「〇〇さんとお話しできますか?」というふうにかかってきます。

聞かれることは名前と生年月日のみの場合が多いです。

バイト先なので仕事が忙しいことはクレジットカード会社もわかっているので、基本的にはこれだけです。

自分が電話をとれた場合は、「私が〇〇です。(聞かれれば)生年月日は…」と答えましょう。

申込者本人が電話に出れなかった場合でも、「今日〇〇はシフトに入っておりませんが…」などと職場の人にいってもらうだけで在籍が確認できるのでOKです。

クレジットカードを受け取る

オンライン申込でクレジットカードを申込むと、自宅に郵送されてきます。

クレジットカードを受け取るには、本人確認書類として提出した身分証明書の提示が必要です。


クレジットカードは本人限定郵便で送られてきますが、本人限定郵便を受け取るには必ず本人確認が必要です。もし本人確認ができない場合、クレジットカードは受け取れません。

学生がクレジットカードの審査に通るための注意点

クレジットカードの審査に通るために知っておくべき点を紹介します。

最初にお伝えしたいことは、嘘の情報を記入すると審査に落ちます。生年月日や住所などは、提出する本人確認書類で確認できるので、嘘の情報は書かないようにしましょう。

また、誤った情報を記入すると審査に落ちる可能性があるので、入力した内容を必ず見直してから申込みましょう。

つぎに携帯電話の端末代の支払いや、奨学金の返済を3か月以上滞納するとブラックリストに載ります。ブラックリストに載ると最低5年は審査に通りにくくなるので、滞納しないように注意してください。

そして必要がなければキャッシング枠は0円で申込みましょう。0円にすると審査に通りやすいですし、審査が早く終わります。

最後に短期間に複数のクレジットカードに申込むことを申込みブラックといいますが、頻繁に申込むと申込者はお金に困っているとクレジットカード会社に疑われてしまい、審査に落ちる可能性が高くなるのでやめましょう。

一般的に、1か月に3枚以上申込むと申込みブラックになりやすいといわれています。

専門家からのコメント

竹国 弘城
竹国 弘城

割賦販売法という法律により、利用限度額が30万円以下のクレジットカードは、過剰な債務(借金)や延滞の有無などを確認する簡単な審査で発行できると定められています。

学生が利用できるクレジットカードの利用限度額は一般的に10〜30万円程度なので、これまでに携帯電話の端末代の支払いの延滞などがなければ、審査に通る可能性は高いでしょう。

未成年の場合は親の信用情報も大切

未成年の人がクレジットカードを作る場合、親の収入が審査の対象になることがあります。親の信用を担保にして、子どもにクレジットカードを発行するからです。

親の信用を担保にする理由には、「未成年者が代金を払えなくなったら、親権者が肩代わりしてくれるだろう」というクレジットカード会社の考えがあります。

そのため、もし親がブラックリストに載っていると審査に落ちる可能性があります。万が一子どもが支払えなくなると、親が肩代わりできない恐れがあるからです。

学生におすすめのクレジットカード

学生におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

ここで紹介するクレジットカードはすべて、条件次第で年会費を無料にすることができます。

常にポイント2倍! 年会費無料のJCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
  • さらにJCBオリジナルシリーズパートナーや、Oki Doki ランド 利用でポイント大幅アップ!
  • キレイをサポートするLINDAリーグの優待も利用できる「JCB CARD W plus L」もご用意
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ インターネット新規入会限定キャンペーン!最大11,500円分プレゼント! /

公式サイトはこちら

\ インターネット新規入会限定キャンペーン!最大11,500円分プレゼント! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは年会費無料で、常にJCB一般カードの2倍のポイントがもらえる還元率の高いクレジットカードです。

申込みの対象は、「18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。」です。学生の場合は、収入がなくても申込めます。

なお、39歳までに申込んでおくと40歳以降もずっと持ち続けられます。web入会限定のクレジットカードなので、申込時にはオンラインで口座の設定をする必要があります。

JCB CARD Wは還元率1%と高いのですが、OkiDokiランドという会員専用サイトを経由しそこにあるネットショップで買い物をすると、ポイントを最大20倍にアップさせることも可能です。

さらに、カードを使うだけでポイント還元率がアップするポイント優待店という特典あります。スターバックス、セブンイレブン、Amazonなどがポイント優待店なので、これらのお店をよく使う学生にはおすすめのカードです。

また、海外旅行傷害保険の補償は最大2,000万円(利用付帯)、ショッピングガード保険の補償は最高100万円(海外利用)と充実しています。

初めての1枚におすすめ!信頼性の高い三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス
三井住友VISAデビュープラスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 翌年度以降も年1回ご利用で年会費無料
  • いつでもポイント2倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.6%~10.5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カード デビュープラスは、初年度の年会費が無料です。次年度以降は1,250円(税抜)かかりますが、年1回のカード利用で年会費を無料にできます。

申込対象は「満18~25歳以下の人」です。満26歳以降は、最初のカード更新時にプライムゴールドに自動的に切り替わります。

このカードを発行している三井住友カードは、日本で初めてVISAカードを発行した歴史や実績があり、信頼性の高さから初めての1枚に三井住友カード デビュープラスを選ぶ人が多いです。

三井住友カード デビュープラスは、通常の三井住友カードの2倍のポイントが貯まるお得なカードです。通常は還元率1%ですが、入会後3か月間は還元率2.5%にアップするため、ポイントアップ期間中に新生活の準備などをおこなうのもよいですね。

さらに、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは、ポイントが5倍にアップするので若い人にはうれしいですよね。

そのほかポイントUPモールという会員専用のサイトを経由するだけでポイントが最大20倍、ココイコ!というサービスでは事前エントリーして店舗でカードを使うと還元率がアップするなど、お得なポイントサービスがあります。

旅行傷害保険はありませんが、ショッピング補償(年間100万円まで)がついているので安心ですね。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満)

学生が初めて持つクレジットカードとしておすすめのものをネットで調べたところ、三井住友VISAデビュープラスカードが多くのサイトで紹介されていました。

日本で最も古い歴史を持つクレジットカードで信頼があることや、年に1回の利用で翌年の年会費が無料になることがメリットとして挙げられている中で、利用者が26歳になると同時にプライムゴールドカードに自動でランクアップされるというところに一番魅力を感じてこのカードを選びました。

信頼性が高いと安心してクレジットカードを作れますね。

年会費は年1回のカード利用で無料にでき、還元率も1%と高いので、初めての1枚に三井住友カード デビュープラスを選ぶ人が多いようですね。

自動的にゴールドカードを持てるようになるというのも大きなメリットです。

25歳以下限定! 旅行傷害保険が充実のセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 3,300円(税込) 0.7%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、25歳以下なら年会費が無料のカードです。26歳以上になると、初年度の年会費は無料ですが次年度以降は3,000円(税抜)かかります。

入会資格は「18歳以上で連絡可能な人(高校生不可)」となっており、ネットで申込むと最短で即日発行が可能です。

還元率は0.5%と少し低めですが、永久不滅ポイントが貯まります。海外で利用するとポイントが2倍になるので還元率1%にアップします。

さらに24歳以下の人限定で、海外で利用するとポイントが6倍になる特典もあります。

海外旅行傷害保険の補償は最高3,000万円(自動付帯)と充実しており、手荷物無料宅配サービスもついています。

25歳以下で、海外旅行が好きな人におすすめのクレジットカードですね。

また、西友、リヴィン、サニーで5%OFF、月末の金・土・日はロフトで5%OFFになるので、これらの店舗をよく利用する人にも向いています。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満)

海外旅行によく行く学生であった当時は、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」に付帯している海外旅行傷害保険、保障枠最大3,000万円を最大限生かすだけでも、個別に保険に入るよりはコスパがよいので年会費以上の価値を感じました。

さらに、手荷物無料宅配サービスという、帰りに空港から自宅までスーツケースをひとつ無料で配送してくれるサービスがあるので、疲労でくたくた、かつおみやげを購入して荷物が重い帰り道はとても助かります。加えて、永久不滅ポイントが海外では2倍貯まるのも大変うれしい仕組みです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行傷害保険が充実しており、手荷物無料宅配サービスや、海外利用はポイント2倍などの特典までついているので、海外旅行によく行く人ならうれしいですね。

これだけ特典がついているのに、25歳以下なら年会費無料で持てるという点もお得です。

学生クレジットカードの作り方まとめ

基本的に「高校生を除く18歳以上の学生」はクレジットカードを作ることができ、学生専用カードや若者向けカードがおすすめです。条件によっては高校生でもクレジットカードを作ることができます。

クレジットカードを作るためには、銀行口座、本人確認書類、電話番号、メールアドレスを準備しましょう。

未成年者の場合は、さらに親権者の同意が必ず必要です。

親への電話確認の内容は、子どもがカードを作ることに承諾しているかどうかを聞くだけなので、事前に親と話し合っておけば大丈夫です。

学生は審査に通りやすいですが、申込者本人が滞納している場合などは審査に落ちる可能性があります。また未成年の場合は親の信用情報も大切なので、親がブラックリストに載っているなら審査に落ちることもあります。

学生におすすめのカード
  • JCB CARD W
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカード払いはお得でスピーディーな支払い方法です。

クレジットカードの使いすぎや不正利用に注意しつつ、徐々に慣れていきましょう。

竹国 弘城

専門家からの一言

竹国 弘城

クレジットカードは、18歳以上であれば学生でも比較的簡単に作ることができ、支払いが便利になったり、さまざまな特典を受けられたりと、多くのメリットがあります。

一方で、自身が支払える以上のお金を使うこともできてしまうため、支払いが遅れてしまえば、今後クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に悪影響を及ぼすおそれもあります。

ただし、これは自身が気をつければ防げるもの。

クレジットカードは節度ある利用を心がけ、メリットをうまく活用していくことが大切です。

証券会社、生損保代理店での勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして独立。お金に関する相談や執筆を通じ、より多くの人が自身のお金の問題について自ら考え、行動できるようになってもらうための活動を行う。ミニマリストでもあり、ミニマリズムとマネープランニングを融合したシンプルで豊かな暮らしを提案している。趣味はサウナ。RAPPORT Consulting Office 代表。1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP®、サウナ・スパ健康アドバイザー。

竹国 弘城の監修記事・プロフィール一覧へ

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事