更新日:

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代専用!年会費を安くする方法やメリットを解説!

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代専用!年会費を安くする方法やメリットを解説!

信頼性の高いクレジットカードとして有名な三井住友VISAカードですが、20代専用のゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」を発行していることをご存じでしょうか?

三井住友VISAプライムゴールドカードは、ステータスカードであるゴールドカードを20代で持ちたい人におすすめのカードです。

しかし、いざ三井住友VISAプライムゴールドカードの申込みを考えたとき、「三井住友VISAプライムゴールドカードってどのようなカードなの?」という人も多いと思います。

また、一般向けの三井住友VISAゴールドカードと何が違うのかという点も気になるところですよね。

ということで、今回は、20代におすすめの三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴やメリット、年会費の割引方法を中心に紹介していきます。

三井住友VISAゴールドカードとの違いについても解説しますので、参考にしてください。

三井住友VISAプライムゴールドカード
おすすめポイント
  • 旅行保険(利用付帯)で最高5,000万円!
  • 選べる電子マネーでスムーズな決済が可能!
  • ANAやDELTAなど様々なマイレージに変換可能!
年会費 無料
次年度以降 5,000円
ポイント還元率 0.5%~10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAプライムゴールドカードとは?

三井住友VISAプライムゴールドカードは、大手カード会社の三井住友カードと世界シェアNo1のVISAが提携して発行している20代専用ゴールドカードです。

VISAは、クレジットカードを利用できるほとんどの店舗で利用可能ですし、三井住友カードは、日本の金融業界で初めてプライバシーマークを取得したカード会社なので、信頼性利便性に優れているといえます。

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本情報は、下記のようになっています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本情報
カード名 三井住友VISAプライムゴールドカード
国際ブランド VISA
年会費(税別) 初年度:無料
2年目以降:5,000円(※1)
ポイント還元率 0.5%~
利用可能枠 総利用枠:50万円~200万円
ショッピング枠:50万円~200万円
キャッシング枠:0円~50万円(※2)
支払い日(選択可能) 15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い
家族カードの年会費(税別) 1人目:無料
2人目以降:1,000円
ETCカードの年会費(税別) 初年度:無料
2年目以降:500円(※3)
付帯保険 国内、海外旅行傷害保険:最高5,000万円
ショッピング補償:年間300万円
その他サービス 空港ラウンジ、ゴールドデスク
(※1)条件の達成で割り引きあり
(※2)キャッシングの利用は「実質年率14.4%~15.0%」
(※3)前年度に1回以上のETC利用で本年度も無料


三井住友VISAプライムゴールドカードは20代専用のゴールドカードですが、一般向けのゴールドカード同様に家族カードETCカードの発行も可能となっています。

家族カードに関しては、無条件で1人目年会費無料となっているので、家族内でクレジットカードを持ちたい人がいる場合は、家族カードを発行してみてはいかがでしょうか。

また、年会費については初年度が無料、2年目以降が5,000円(税別)となるものの、一般のゴールドカードと同程度のサービスを受けることができるので、20代の人にはおすすめのカードになっています。

ちなみに、あとの項目で説明しますが、年会費については半額以下まで割引が可能なので、年会費を抑えてお得に三井住友VISAプライムゴールドカードを利用したい人は、そちらを参考にしてください。

三井住友VISAプライムゴールドカードはこんな人におすすめ

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本情報について紹介しましたが、実際にどのような人におすすめのカードなのか、よくわからないという人もいると思います。

ということで、下記に三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめの人の特徴をまとめましたので、参考にしてください。

三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめの人

  • 20代でゴールドカードを持ちたい人
  • 海外旅行に年2回以上行く人
  • 充実したサポートを受けたい人、安心して使い続けたい人
  • 安い年会費でゴールドカードを持ちたい人
  • いつか三井住友VISAプラチナカードが欲しい人

上記のように、三井住友VISAプライムゴールドカードがおすすめの人の特徴はいくつかありますが、とくに、海外旅行などで空港ラウンジを利用したい人におすすめのカードです。

空港ラウンジでは、会員専用で一般の待合室とは違い「ドリンクサービス」や「Wi-Fiを無料で利用できる」などのサービスを提供しています。

海外旅行などでは、次のフライトまで時間を持て余すこともありますよね。そのようなとき、空港ラウンジを利用できれば、フライトまでの時間を有意義に過ごすことができます。

ラウンジの利用料金は、一般的に1,000円前後の場合が多いですが、三井住友VISAプライムゴールドカードは、年会費を半額以下に割引できるため、年間で2回以上ラウンジを利用すれば、それだけで元をとることができます。

また、後々、三井住友VISAプラチナカードへ切り替えたいと考えている人にとっても、インビテーションが送られてくる可能性があるため、おすすめです。

三井住友VISAプライムゴールドカードと三井住友VISAゴールドカードの違いは?

三井住友VISAプライムゴールドカードの申込みを検討している人は、三井住友VISAゴールドカードとの違いが気になりますよね。両者の主な違いは、下記のようになります。

三井住友VISAプライムゴールドカードと三井住友VISAゴールドカードとの違い
違いのある項目 三井住友VISAプライムゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード
年会費(税別) 5,000円 10,000円
申込条件 満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方 原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
ポイントの有効期限 ポイント獲得月から2年間 ポイント獲得月から3年間
「VISA」、「MYLOUNGE」の無料購読 なし あり

上記のように、クレジットカードを選ぶときに気になる主な項目では、年会費申込条件ポイントの有効期限が異なります。

とくに、三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は、三井住友VISAゴールドカードの半額になっているので、魅力的ですよね。

それ以外の主なサービスに関しては、基本的に同じ内容となっているので、20代でゴールドカードを持ちたい人には断然「三井住友VISAプライムゴールドカード」がおすすめです。

ちなみに、三井住友VISAゴールドカードでは、情報誌の「VISA」、「MY LOUNGE」を無料購読することができますが、三井住友VISAプライムゴールドカードは、無料購読ができません。

情報誌の無料購読について気にする人は少ないと思いますが、違いのひとつとして覚えておいてください。

三井住友VISAプライムゴールドカード
おすすめポイント
  • 旅行保険(利用付帯)で最高5,000万円!
  • 選べる電子マネーでスムーズな決済が可能!
  • ANAやDELTAなど様々なマイレージに変換可能!
年会費 無料
次年度以降 5,000円
ポイント還元率 0.5%~10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット

三井住友VISAプライムゴールドカードの利用を検討している人は、具体的にどのようなメリットがあるのか知っておきたいですよね。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、ゴールドカードらしいさまざまなサービスを利用できるので、利用するメリットが多くあります。

ということで、ここでは三井住友VISAプライムゴールドカードのメリットについて紹介していきます。

お得な年会費でゴールドカードが持てる

三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友VISAゴールドカードの半分の年会費で持つことができるだけでも十分魅力的ですが、条件を達成できればさらに年会費の割引が可能で、年会費が最大半額以下になります。

年会費が割引になる条件は、下記のようなものがあります。

年会費の割引条件

  • カード利用代金WEB明細サービスの利用
  • マイ・ペイすリボの申込みと利用
  • 前年度のカード利用金額による割引

上記のように、三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費が割引となる条件は、3つあります。

年会費の割引条件はすべて併用可能というわけではありませんが、最大で3,500円(税別)の割引となるので、実質の年会費を1,500円(税別)まで抑えることができます。

それぞれの年会費割引条件についてもう少し詳しく説明していきます。

WEB明細書サービスの利用で最大1,000円割引

三井住友VISAプライムゴールドカードは、クレジットカードの利用明細を郵送で受け取るかわりに、メールで利用金額の確定の知らせを受け、WEBで明細を確認する「WEB明細書サービス」の利用が可能です。

WEB明細サービスを利用すれば、年会費が1,000円(税別)割引になります。

ただ、割引の対象となるのは、「過去1年間に6回以上の請求があること」が条件になるので、三井住友VISAプライムゴールドカードの利用頻度が極端に低い場合は、対象にならない可能性もあります。

ちなみに、WEB明細サービスの利用は、年会費の割引だけではなく、下記のようなメリットもあります。

WEB明細書サービスを利用するメリット

  • 24時間、どこからでも利用明細の確認が可能
  • 最大15ヶ月分の利用明細の確認が可能
  • 個人情報の流出対策になる

WEB明細サービスは、インターネット環境があれば24時間、カードの利用明細を確認することができます。

利用明細は、最大15ヶ月分が記録として残るので、自分で利用明細をわざわざ保管しておく必要もありません。

また、紙の明細のようにゴミにならないので、個人情報をそのまま捨てる必要がなく、個人情報が流出してしまう可能性を軽減できるというメリットもあります。

マイ・ペイすリボの申込みと利用で年会費が半額

三井住友VISAプライムゴールドカードは、「マイ・ペイすリボの登録と前年1回以上の利用」で年会費を半額することができます。

マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回払いの利用分を自動的にリボ払いにするサービスです。

三井住友VISAプライムゴールドカードの場合、支払い金額は最低10,000円から設定できるので、計画的にカードの支払いをできることが特徴です。

ただ、リボ払いを利用した場合は、「実質年率15.0%」の手数料がカード利用代金のほかに追加でかかってしまうので、その点は注意が必要です。

カード決済で買い物をした金額や頻度によっては、年会費以上にリボ払い手数料がかかってしまうこともあるので、年会費と手数料を比較してから利用することをおすすめします。

ちなみに、「マイ・ペイすリボの登録と利用による割引」と「WEB明細書サービスの利用の割引」は、重複が可能です。

2つの年会費割引サービスを利用すれば、最大3,500円(税別)の割引となるので、三井住友VISAプライムゴールドカードを年会費1,500円(税別)で持つことができます。

前年度のカード利用金額に応じてさらに割引

三井住友VISAプライムゴールドカードは、前年度のカード利用金額に応じて翌年度の年会費を最大半額にすることも可能です。

前年度のカード利用金額と翌年度の年会費の割引は、下記のようになっています。

前年度のカード利用金額と翌年度の年会費の割引
前年度のカード利用金額 翌年度の年会費割引
100万円以上300万円未満 年会費が20%引
300万円以上 年会費が半額

上記のように、前年度のカード利用金額が300万円以上の人は、翌年度の年会費が半額になります。

ただ、「マイ・ペイすリボの登録と利用」による割引と重複できないので、カードの利用状況によってどちらの割引サービスを利用するのかを選択するとよいでしょう。

ちなみに、「WEB明細書サービスの利用による割引」は、重複することができます。ですので、「マイ・ペイすリボの登録と利用」を利用した場合と同様に最大3,500円(税別)まで年会費を割引することができます。

ボーナスポイントが通常カードの2倍になる

三井住友VISAカードは、ステージごとによるボーナスポイントの付与をおこなっています。

ステージはV1、V2、V3とあり、前年度のカード決済による買い物の累計金額に応じて翌年度のステージが決定されます。

三井住友VISAプライムゴールドカードの場合、このボーナスポイントが通常カード(三井住友VISAクラシックカードなど)の2倍になります。

ステージごとに付与されるポイントの詳細
前年度のカード利用累計金額 ステージ 三井住友VISAプライムゴールドカード 通常カード(※)
50万円以上100万円未満 V1 50万円到達時:100ポイント
50万円到達以降:10万円ごとに20ポイント
50万円到達時:50ポイント
50万円到達以降:10万円ごとに10ポイント
100万円以上300万円未満 V2 50万円到達時:150ポイント
50万円到達以降:10万円ごとに30ポイント
50万円到達時:75ポイント
50万円到達以降:10万円ごとに15ポイント
300万円以上 V3 50万円到達時:300ポイント
50万円到達以降:10万円ごとに60ポイント
50万円到達時:150ポイント
50万円到達以降:10万円ごとに30ポイント
(※)プラチナカード、ゴールドカード以外のカード


上記のように、三井住友VISAプライムゴールドカードは、ボーナスポイントをお得にもらうことができるので、年間50万円以上の買い物をカード決済でする人にとってはうれしいサービスになります。

空港ラウンジの利用が無料!快適な旅行が可能

三井住友VISAプライムゴールドカードは、国内の主要空港とホノルル(ハワイ)の空港内にあるラウンジを無料で利用することが可能です。

先に少し触れましたが、空港ラウンジでは、次のフライトまでの待ち時間を有意義に過ごすためのサービスを提供しています。しかし、「実際にラウンジを利用するメリットって何?」という人もいますよね。

ということで、下記にラウンジを利用する主なメリットをまとめてみました。

空港ラウンジを利用するメリット

  • 静かな空間でゆっくりとくつろげる
  • 座り心地のよいソファーが利用できる
  • 雑誌、新聞、情報誌が無料で読める
  • ネット環境が整っている
  • ソフトドリンクが無料

上記のように、ラウンジが利用できれば、出発前の時間を快適に過ごすことができるので、旅行が好きな人にとっては大きなメリットといえるでしょう。

また、利用するラウンジによっては、上記以外にパソコンの無料レンタルアルコール類の無料提供シャワールームの使用などのサービスをおこなっている場合があります。

営業時間やサービス内容はラウンジごとに異なるため、ラウンジの利用を考えている人は、事前に確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、三井住友VISAプライムゴールドカードで利用できる空港ラウンジは下記のようになっているので、参考にしてください。

ラウンジの利用が可能な空港一覧
北海道 新千歳空港、函館空港、旭川空港
東北 青森空港、秋田空港、仙台国際空港
中部 新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港、富士山静岡空港
関東 成田国際空港、羽田空港
近畿 伊丹空港、関西国際空港、神戸空港
中国 岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港
四国 徳島空港、高松空港、松山空港
九州 福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港
沖縄 那覇空港
ホノルル(ハワイ) ダニエル・K・イノウエ国際空港

また、三井住友VISAプライムゴールドカードは、国内旅行の際に一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を利用可能することで、お得に宿泊することも可能です。

宿泊料金は、初回が7%OFF、2回目以降は5%OFFとなるので、国内旅行が好きな人におすすめのサービスとなっています。

三井住友VISAプライムゴールドカード
おすすめポイント
  • 旅行保険(利用付帯)で最高5,000万円!
  • 選べる電子マネーでスムーズな決済が可能!
  • ANAやDELTAなど様々なマイレージに変換可能!
年会費 無料
次年度以降 5,000円
ポイント還元率 0.5%~10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯

三井住友VISAプライムゴールドカードは、付帯保険が充実していることもメリットのひとつです。

まず、付帯保険のひとつとして挙げられる旅行傷害保険ですが、三井住友VISAプライムゴールドカードは、国内・海外旅行傷害保険がともに最高5,000万円まで補償されています。

傷害死亡・後遺障害に関しては、一部利用付帯となるものの、そのほかは自動付帯になります。

とくに、海外旅行中は、病気やケガをしてしまうと日本の健康保険が適用されないため、医療費が高額になってしまうことも珍しくありませんので、自動付帯の保険があると、いざというときも安心です。

国内旅行傷害保険の内訳

国内の旅行中に起こった事故やケガを補償してくれる国内旅行傷害保険ですが、三井住友VISAプライムゴールドカードは、下記のような内訳になっているので、事前に確認しておくようにしましょう。

三井住友VISAプライムゴールドカードの国内旅行傷害保険
担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 自動付帯:1,000万円
利用付帯:4,000万円
入院保険金日額 自動付帯:5,000円
通院保険金日額 自動付帯:2,000円
手術保険金 自動付帯:最高20万円

上記のように、三井住友VISAプライムゴールドカードの国内旅行傷害保険は、自動付帯と利用付帯を合わせると、「傷害死亡・後遺障害」が最高5,000万円なので、充実した補償内容になっています。

また、「傷害死亡・後遺障害」以外にも入院費通院費手術費の補償も付帯されています。

三井住友VISAカードは、クラッシックカード以外のカードに国内旅行傷害保険が付帯されていますが、入院費、通院費、手術費の補償を受けられるのはゴールドカードカード以上です。

この点だけでも、旅行が好きな人にとっては、三井住友VISAプライムゴールドカードを持つ大きなメリットといえます。

海外旅行傷害保険の内訳

海外旅行傷害保険は、海外旅行中に病気やケガなどのトラブルにあった場合に補償を受けられるので、海外旅行が好きな人にとっては気になるところですよね。

三井住友VISAプライムゴールドカードの海外旅行傷害保険は、下記のような内訳になっています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの海外旅行傷害保険
担保項目 保険金額
傷害死亡・後遺障害 自動付帯:1,000万円
利用付帯:4,000万円
傷害治療費用 自動付帯:300万円
疾病治療費用 自動付帯:300万円
賠償責任 自動付帯:5,000万円
携行品損害(※) 自動付帯:50万円
救援者費用 自動付帯:500万円
(※)1事故3,000円の自己負担が必要です


傷害死亡・後遺障害は、海外旅行中の偶然な事故によるケガが原因で、事故発生から所定の期間内に死亡または後遺障害が生じた場合に受け取ることができる補償です。

また、傷害治療費用疾病治療費用は、海外旅行中の事故によるケガ、病気の治療にかかる費用の補償を受けることができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、傷害志望・後遺障害が自動付帯と利用付帯を合わせて最高5,000万円、傷害治療費用や疾病治療費用は、それぞれ300万円まで補償されているので、万が一のときも安心です。

そのほか、海外旅行中に盗難、破損などの偶然な事故によってカメラなどの携行品に損害が生じたときに補償を受けられる携行品損害や法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる賠償責任も付帯しています。

とくに、海外旅行では携行品の盗難や損害の頻度が多いので「携行品損害」の確認と、医療費が多額になる可能性があるので「傷害治療費用」、「疾病治療費用」をよく確認しておきましょう。

ちなみに、三井住友VISAプライムゴールドカードは、家族特約といって、下記に該当する家族も補償の対象範囲になります。

家族特約の対象となる範囲

  • 本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
  • 本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

家族特約は、本会員ほどの補償を受けられるわけではありませんが、傷害死亡・後遺障害は最高1,000万円傷害治療費用疾病治療費用はそれぞれ200万円まで補償を受けられるので、家族で旅行するときも安心です。

最高300万円のショッピング補償で安心

三井住友VISAプライムゴールドカードは、カード決済で購入した商品の破損や盗難などの被害に遭った場合に補償を受けられる「ショッピング補償」が付帯されています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの場合、ショッピング補償は、国内、海外ともにカード決済で購入した商品であれば、最高300万円まで補償を受けられるので、安心して買い物をすることができます。

ただ、ショッピング補償は、まったく持ち出しがないというわけではなく、1事故につき3,000円の自己負担が必要となるので、その点は覚えておくとよいでしょう。

また、対象となる期間は、「購入日および購入日の翌日から200日間」となっているので、期間が決まっていることにも注意してください。

Apple Pay対応でさらに便利

三井住友VISAプライムゴールドカードは、Apple Payに対応しています。

Apple Payに三井住友VISAプライムゴールドカードを登録しておけば、カードを持ち歩かなくてもカード決済と同じように買い物をすることが可能なので、お財布の中身を整理することができます。

また、Apple Payを利用した買い物は、三井住友VISAプライムゴールドカードを利用したときと同様にポイントが付与されるので、損をすることもありません。

そのほか、三井住友VISAプライムゴールドカードは、利用金額をあとからまとめて請求されるポストペイ型の「三井住友iD」を付帯させたカードを発行することも可能です。

三井住友iDに関しては、クレジットカードと一体型のほかに、iD専用カードモバイル型を選択することができるので、用途に合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

Apple Payと三井住友iDは、ともに年会費、登録費、発行手数料などが一切かからないので、無料で利用が可能ですし、事前チャージも必要ないので、いつでもスムーズに買い物ができる便利なツールとしておすすめです。

ちなみに、お店でApple Payを使うときは、「Apple Payで支払う」ではなく「iDで支払う」と伝えるとスムーズに会計ができるので、覚えておくとよいでしょう。

業界最高水準のセキュリティで安心して利用できる

三井住友VISAプライムゴールドカードを発行する三井住友カードは、カードの利用状況をモニタリングする不正利用検知システムを利用しています。

不正利用検知システムは、24時間365日、稼働しているので、業界最高水準のセキュリティになっています。

そのほか、希望者は無料で三井住友VISAプライムゴールドカードの裏面に顔写真を載せることも可能ですし、カード自体はICチップを搭載しているので、偽造や不正利用を未然に防ぐことができます。

また、紛失や盗難などの被害に遭った場合は、「紛失・盗難の届け出日の60日前」までさかのぼって、損害を補償してくれるので、万が一のときも安心です。

紛失や盗難に関しては、「三井住友カード紛失・盗難受付デスク」に連絡をすれば、国内、海外問わず24時間365日、オペレーターが対応してくれるので、安心してカードを利用することができます。

「Vpassアプリ」で利用明細をすぐに確認できる

三井住友VISAプライムゴールドカードの利用明細は、「Vpassアプリ」を利用して簡単に確認することが可能です。

Vpassアプリとは、会員限定サービス「Vpass」と連動したアプリです。Vpassアプリでは、利用先や利用日などの詳細を確認することが可能ですし、月別の利用明細を見ることもできます。

アプリ自体は無料でダウンロードできるので、活用してみてはいかがでしょうか。

三井住友VISAプライムゴールドカード
おすすめポイント
  • 旅行保険(利用付帯)で最高5,000万円!
  • 選べる電子マネーでスムーズな決済が可能!
  • ANAやDELTAなど様々なマイレージに変換可能!
年会費 無料
次年度以降 5,000円
ポイント還元率 0.5%~10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリット

三井住友VISAプライムゴールドカードは、メリットが多いクレジットカードですが、デメリットがないわけではありません。

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリットは、主に下記のようなものがあります。

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリット

  • 還元率0.5%でそれほど高くない
  • 30歳になるとゴールドカードへ自動更新

デメリットというほどのものではありませんが、三井住友VISAプライムゴールドカードは、基本となる還元率が一般的なクレジットカードと同程度の0.5%なので、それほど高い還元率ではありません。

今は、ポイント還元率が1%以上のクレジットカードもあるので、そのようなカードと比較すると0.5%というポイント還元率は、見劣りしてしまいます。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代専用のゴールドカードなので、30歳になった時点で自動的に三井住友VISAゴールドカードに更新されることもデメリットのひとつになります。

「自動更新の何が悪いの?」と疑問に感じる人もいると思いますが、プライムゴールドカードからゴールドカードへ更新されるということは、年会費が10,000円(税別)になるということです。

確かに、継続してゴールドカードを利用したい人や将来的にプラチナカードを持ちたい人にとっては、それほど気になることではないかもしれません。

しかし、20代の間だけお得な年会費でゴールドカードを利用しようと考えている人にとっては、デメリットになってしまいます。

ただ、ポイント還元率に関しては、使い方によってポイント還元率を上げることが可能ですし、自動更新は、解約を忘れなければよいだけなので、デメリットを解消することが可能です。

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイント制度

三井住友VISAプライムゴールドカードの利用を検討している人は、ポイント制度についても気になりますよね。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、1,000円(税込)の利用でワールドプレゼントポイントが1ポイント付与されます。

ワールドプレゼントポイントは、「1ポイント=5円相当」で交換が可能なので、ポイント還元率は0.5%という計算になります。

ポイントは、日常の買い物公共料金の支払いETCカードの利用などで付与されるため、さまざまなシーンで三井住友VISAプライムゴールドカードを利用できるのもうれしいサービスになっています。

また、ポイントの有効期限ですが、先に触れたように、「ポイント獲得月から2年間」となっています。

三井住友VISAゴールドカードとはポイント有効期限が異なるので、この点は注意してください。

ポイントの交換先が豊富

三井住友VISAプライムゴールドカードを利用して貯まったポイントは、下記のようなさまざまなものと交換が可能です。

ポイントの交換先

  • 景品やグッズ
  • ギフト券(Amazonギフト券、Google Playギフトコード、App Store&iTunesギフトカード)
  • キャッシュバック(カード利用代金、三井住友カードiD)
  • ほかのポイントプログラムへの移行(WAONTポイント楽天スーパーポイントなど)
  • マイレージ移行(ANAマイレージ、ミッレミリアマイレージなど)
  • ふるさと納税

ワールドプレゼントポイントの交換先は、景品やギフト券などの種類が豊富なので、自分の用途に合わせて選択することが可能です。

とくに、三井住友iDへのキャッシュバックとギフト券は、「1ポイント=5円」のレートで交換が可能なので、おすすめの交換先になっています。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードの利用を検討している人の中には、旅行が好きという人も多いと思うので、マイレージへの交換を考えるのもよいと思います。

マイレージへの移行レートは基本的に「1ポイント=3マイル」ですので、参考までに覚えておくとよいでしょう。

ポイント還元率を上げる方法

三井住友VISAプライムゴールドカードは、基本的なポイント還元率が一般的なクレジットカードと同程度の0.5%ですが、利用方法によってはポイント還元率を上げることができます。

せっかく三井住友VISAプライムゴールドカードを利用するのであれば、ポイント還元率は高いほうがよいですよね。

ということで、ここではポイント還元率を上げて、効率的にポイントを貯める方法について紹介していきます。

会員専用の通販サイト「ポイントUPモール」利用でポイント最大20倍

三井住友VISAプライムゴールドカードを使ってインターネットショッピングをする場合は、会員専用の通販サイト「ポイントUPモール」の経由がおすすめです。

ポイントUPモールを経由すれば、インターネットショッピングで人気の楽天AmazonYahoo!ショッピングでの買い物は、ポイント還元率が2倍になります。

また、利用するショップによって上乗せされるポイントの倍率が異なり、最大で20倍のポイント還元率になるショップもあります。

ポイントUPモールに掲載されているショップは、百貨店、ファッション、家電など幅広い分野をカバーしているので、インターネットショッピングを利用するときは、積極的に利用してみてください。

大手コンビニで買い物すればポイント5倍

三井住友VISAプライムゴールドカードを発行する三井住友カードは、2019年3月より一部のコンビニやファストフード店舗の利用で常にポイントが5倍付与されるサービスを開始しています。

ポイントが5倍付与される対象店舗は、下記のようになっています。

ポイント5倍サービスの対象店舗

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

ポイント5倍サービスの対象となる店舗は、全国展開をしている大手コンビニマクドナルドです。

日常生活でも利用する機会が多い店舗だと思いますので、利用する際は、三井住友VISAプライムゴールドカードで決済をおこなってみてください。

ちなみに、ポイント5倍サービスは、ApplePayや三井住友iDの利用でも適用になります。

ただ、Apple Payを利用する場合は、三井住友VISAプライムゴールドカードが決済に使用されるように登録する必要があるので、その点は注意するようにしてください。

決済されるカードが三井住友VISAプライムゴールドカード以外の場合は、Apple Payを使用してもポイント付与の対象にならないので、間違わないようにしてくださいね。

「ココイコ!」の利用でポイント還元率が2倍以上に

日常の買い物で三井住友VISAプライムゴールドカードを利用するときは、「ココイコ!」の利用がおすすめです。

ココイコ!を利用するためにはエントリーが必要ですが、エントリーをした店舗で三井住友VISAプライムゴールドカードを利用するだけでポイント還元率が2倍以上もしくは、キャッシュバックを受けることができます。

また、エントリーは何度でも可能なので、仮に、行く予定がない店舗をエントリーしても問題ありません。

エントリーしたからといって必ず行く必要もないため、出かける用事があるときに目的地付近の店舗をエントリーしておくことも可能なので、上手に活用してください。

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査難易度は?

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代専用のゴールドカードですが、お得な年会費でゴールドカードを持つことができるので、利用を検討している人も多いと思います。

しかし、いざ三井住友VISAプライムゴールドカードへの申込みを考えたとき、審査に通るか不安になりますよね。

ということで、最後に三井住友VISAプライムゴールドカードの審査難易度について紹介しておきます。

まず、三井住友VISAプライムゴールドカードですが、いくら20代専用のカードといっても、ゴールドカードであることには変わりません。

ですので、基本的に一般カード(三井住友VISAクラシックカードなど)と比較すると審査難易度は高くなってしまいます。

ただ、20代専用のゴールドカードなので、一般的なゴールドカードよりは、審査難易度が低いと考えられます。

つまり、審査難易度としては、一般カードとゴールドカードの中間くらいと考えておいてよいでしょう。

また、20代専用のゴールドカードということは、若年層向けのゴールドカードということですので、新卒勤続年数が短い人でも比較的審査に通過できる可能性は高くなります。

年収に関しては明確にボーダーラインを述べることが難しいですが、一般的に若年層向けのゴールドカードは、年収が200万円あれば審査に通過できる可能性があるといわれています。

ここで紹介した条件をクリアしているからといって、必ず審査に通るわけではありませんが、条件をクリアできている人は、三井住友VISAプライムゴールドカードに申込みをしてみてもよいと考えられます。

三井住友VISAプライムゴールドカード
おすすめポイント
  • 旅行保険(利用付帯)で最高5,000万円!
  • 選べる電子マネーでスムーズな決済が可能!
  • ANAやDELTAなど様々なマイレージに変換可能!
年会費 無料
次年度以降 5,000円
ポイント還元率 0.5%~10%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAプライムゴールドカードのまとめ

三井住友VISAプライムゴールドカードについて、特徴やメリット・デメリット、年会費を割引する方法などを紹介してきました。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代専用のゴールドカードですが、一般向けの三井住友VISAゴールドカードとほぼ同じサービスを受けることができます。

さらに、年会費は、三井住友VISAゴールドカードの半額となっているので、20代でゴールドカードを利用したいと考えている人におすすめのカードです。

ただ、三井住友VISAプライムゴールドカードは、30歳になると自動的に三井住友VISAゴールドカードへ更新されるので、20代の間だけ利用を考えている人は、注意するようにしてください。

三井住友VISAゴールドカードへ自動更新がおこなわれると、年会費の負担が多くなることは忘れないようにしてください。

関連記事