更新日:

三井住友VISAのログイン方法を解説!会員サービス「Vpass」の機能を紹介

三井住友VISAのログイン方法を解説!会員サービス「Vpass」の機能を紹介

三井住友VISAカードの利用金額の管理は、紙の明細を確認するだけでWEBサービスはまだ利用していないという方も多いのではないでしょうか。

三井住友VISAのログイン方法はいたって簡単です。登録手続きをWEB上でおこなった後に、ログイン画面でIDとパスワードを入力すれば、簡単に会員ページにログインできます。

本記事では三井住友VISA会員サービスのログイン方法を紹介しています。会員サービスを利用して、WEB上でスマートにクレジットカードの利用金額を管理していきましょう。

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 初年度は年会費無料!
  • 「マイ・ペイすリボ」に入れば2年目以降も年会費が無料!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISA会員サービスのログイン方法

会員サービス「Vpass」の利用のためには、会員登録して、ログインIDとパスワードを取得する必要があります。

Vpassの登録方法とログインの方法を確認していきましょう。

三井住友VISA会員向けサービス「Vpass」とは

Vpassは、三井住友VISAカード会員の方のためのオンラインサービスです。

Vpassにログインすることで、利用明細の確認、会員情報の変更、各種お申し込み手続きなどが可能です。

Vpassを利用するためには会員登録が必要

WEB検索からVpass登録ページにアクセスし、以下の手順でVpass登録をおこないましょう。

Vpassの会員登録の手順

  1. 「個人会員」か「法人会員」かを選択
  2. 「Vpass・カードご利用代金WEB明細書サービス各種規約」の内容を確認
  3. 下記のいずれかにチェックを入れ、規約に「同意する」をクリック
    ・Vpassおよび「カードご利用代金WEB明細書サービス」を登録
    ・Vpassのみを登録
  4. 登録に必要な情報を入力し、「登録」をクリック
  5. 登録完了の画面が表示

Vpass登録では以下の情報の登録が必要となります。クレジットカードやキャッシュカードなどをお手元に準備しておきましょう。

Vpassの登録時に入力する情報

  • 登録するカードの情報(会員番号・有効期限・裏面の3桁の番号)
  • 生年月日
  • 電話番号
  • パスワード
  • 支払い口座の口座番号下4桁

登録完了の画面では、入力した情報と合わせて、Vpassへのログインに必要な「ID」が表示されます。忘れずにメモしておきましょう。

Vpassのログインに必要な情報

Vpassへのログインに必要な情報は、IDとパスワードです。

ログイン時にはIDとパスワードの入力とともに、パズル画像の右側にあるピース画像をパズル画像のくり抜かれている箇所に合わせる「パズル認証」がおこなわれます。

なお一度、パズル認証を行ってVpassにログインした後は、同一のブラウザでは一定期間は、パズル認証は表示されません。表示がない場合は、VpassIDとパスワードのみでログインできます。

ログインのIDやパスワードを忘れた場合

ID・パスワードを忘れた場合は、再登録または新規登録が必要です。

再登録の可否は、今まで使用していたIDの桁数により異なります。

今まで使用していたIDが7桁の方は再登録不可なので、新規登録をおこないましょう。一方、今まで使用していたIDが8桁の方は再登録が可能なので、再登録をおこないましょう。

ID・パスワードの再登録に必要なものは下記の3点です。

ID・パスワードの再登録に必要なもの

  1. 三井住友VISAカード
  2. 支払いに指定した金融機関の口座番号
  3. 登録するメールアドレス(新規登録の方のみ)

メールアドレスは新規登録の方のみ必要となります。

再登録には支払いに指定されている金融機関の口座番号が必要となるので、お手元に通帳かキャッシュカードを準備しておきましょう。

VpassにはWEBだけでなくアプリもある

Vpassにはサービスのほか、スマホアプリもあります。アプリはApp Store、Google Playストアのそれぞれからダウンロード可能です。

Vpassスマホアプリの機能

  • お支払い金額の確認、ワールドプレゼントのポイント残高の確認
  • ログイン設定機能
  • 三井住友銀行との口座連携機能
  • Moneytree連携機能
  • 家計管理機能

Vpassアプリのログインでは、指紋認証、パスコード、オートログインなどからログイン方法を選び「ログイン設定」を行えば、次回以降のVpassID・パスワードの入力を省略することができます。

また、Vpassアプリでは三井住友銀行口座と連携することで、カードのご利用金額や口座残高を一目で確認することができます。三井住友銀行口座でカードを利用している方は連携手続きを行っておくと便利です。

Vpassアプリは現状では、WEBサービスの方と比べるとまだまだ機能が少ないですが、新機能が随時追加される予定となっています。今後はますます便利に利用できそうですね。

三井住友VISA「Vpass」にログインしてできること

Vpassでは、三井住友VISAカードの利用明細の確認はもちろん、ポイント管理、各種の申し込み・変更手続きもWEB上で簡単におこなうことができます。Vpassの機能について見ていきましょう。

利用明細や利用可能額の確認

紙の明細からWEB明細に切り替えれば、Vpassから明細を確認することができます。また利用可能額についても、Vpassから照会が可能です。

三井住友VISAカードの請求額や明細の確認

カードご利用代金WEB明細書サービスに登録すれば、VpassからWEB明細で支払い金額を確認できます。

WEB明細に切り替えると、紙の明細が届かなくなるので、シュレッダーにかける手間がなくなります。また年会費が最大1,000円(税抜)割引になるのも魅力です。

Vpassでは、最大15か月分の明細を確認できるのも便利なところです。保管の手間が省けるのも大きなメリットです。

現在の利用可能額の確認

利用可能枠はVpassを含め、下記の3つの方法で確認が可能です。

利用可能額を照会する方法

  • Vpassから確認する
    ログイン後、利用可能額照会から確認が可能
  • ご利用案内デスクに電話して確認する
    0570-004-980(9:00~17:00、12/30~1/3休)
  • スマートダイヤル24の自動応答で確認する
    0120-911-911

Vpassの登録が済んでいるなら、Vpassからの確認が一番簡単なのでこちらを利用するとよいでしょう。

ワールドプレゼントポイントの管理

ふだんのカード利用で貯めたワールドプレゼントポイントの残高確認や、ポイントの交換なども、Vpassからおこなうことができます。

ワールドプレゼントポイントは、楽天スーパーポイントTポイントなどのポイントや、Google Play ギフトコードAmazonギフト券といった景品と交換できます。

ふだんのお買い物でポイントを貯めて、Vpassからお目当てのポイントや景品と交換していきましょう。

ポイントUPモールの利用

ポイントUPモールを利用してAmazon.co.jpや楽天市場をはじめとするネットショップでお買い物をすると、最大20倍のワールドプレゼントポイントを獲得できます。

ポイントUPモールの利用にはVpassのログインが必要です。

ふだんのネットショッピングにポイントUPモール経由に切り替えるだけでポイントアップできるので、ぜひ活用していきましょう。

各種の変更手続き

各種の変更手続きもVpassから可能です。支払い方法の変更や会員情報の変更をWEB上で簡単におこなうことができます。

支払い方法の変更

1回払い、2回払い、ボーナス一括払いでお買い物した後でも、Vpassから「あとから分割」、「あとからリボ」に変更できます。

あとから分割、あとからリボは、お買い物をしたあとから、分割払い、リボ払いに変更できるサービスです。お買い物をした後に支払いが厳しいと感じたら、あとから分割やあとからリボを検討してみるとよいでしょう。

会員情報の照会・変更・解除

Vpassから、会員情報の照会・変更、および各種の解除手続きが可能です。

照会・変更が可能な項目は下記の通り。

すべての会員が照会・変更が可能な項目

  • VpassID・パスワード
  • メールアドレス
  • メールマガジン配信可否
  • ハンドルネーム

WEB明細書サービスの登録者のみ照会・変更が可能な項目

  • 請求額確定通知メール配信先
  • 請求額確定通知メール表示内容の変更(お支払い合計額とワールドプレゼントポイント)

Vpassの登録解除、カードご利用代金WEB明細書サービスの登録解除もVpassからおこなうことができます。不要の場合には、適時解除をおこないましょう。

各種申し込み手続き

キャッシング、利用可能枠の引き上げ、カードの種類の切り替えといった各種の手続きもVpassからおこなうことができます。

キャッシングの申し込み

Vpassからキャッシング枠の申し込み、増枠が可能です。

また、返済が毎月一定額になる「キャッシングリボ」の申し込みや増枠についても、Vpassから手続きが可能です。

三井住友VISAカードの利用枠引き上げの申し込み

利用可能枠の引き上げもVpassから申し込みできます。

毎日のお買い物でもっとクレジットカードを利用するために継続的な引き上げをおこないたい場合も、大きな買い物や海外旅行に向けて一時的な引き上げをおこないたい場合も、どちらもVpassから手続きが可能です。

カード種類切り替えの申し込み

カードの種類の切り替えもVpassから手続き可能です。

クラシックカードを利用しているけど、ゴールドカードに変更したいなど、アップグレードが必要になったらVpassから申し込みを行いましょう。

追加カードの申し込み

各種追加カードの申し込みもVpassからおこなうことができます。

追加カードの種類は以下の通り。

追加カードの種類

  1. 家族カード
  2. 三井住友ETCカード
  3. 三井住友カード iD
  4. Apple Pay
  5. 三井住友カード WAON
  6. 三井住友銀聯カード
  7. PiTaPaカード
  8. バーチャルカード
  9. 三井住友カード Visa payWave
  10. JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)

クレジットカードのほかに追加カードが必要になったら、Vpassから手続きを進めていきましょう。

Vpassから「おまとめログインサービス」について

おまとめログインサービスは、三井住友VISAカードを複数枚持っている場合に、パスワードのおまとめ設定をおこなうことで、1回のログインで各種の情報の照会や手続きができるサービスです。

複数枚の三井住友VISAカードを一括で管理できる

三井住友VISAカードを複数枚持っている方なら、誰でもおまとめログインサービスの適用対象となり、自動的にパスワードを1つにおまとめしてくれます。

Vpassにログイン後、ページ上部のカード選択エリアを切り替えることで、見たいカードの情報を確認やカード情報の変更・申し込みをまとめて手続きすることができます。

まずは各カード個別に登録が必要

2枚目以降のカード入会後、初回のVpassへのログイン時に「おまとめログインサービス」登録の案内が表示されます。

おまとめしたい場合には、画面の案内に沿って登録手続きを勧めましょう。

ログインページに関するQ&A

ログインページに関するQ&Aを紹介します。

解約のVpassの利用、ご利用明細照会とご利用可能額照会の違いなどログインページを利用する上で気になる疑問、質問についてまとめています。

Vpassの利用の前にチェックしておきましょう。

カードを解約してもVpassは利用できる?

カードを退会するとすべてのVpassサービスが利用できなくなります。

退会後の支払い明細や支払い金額については、郵送で届く紙の利用代金明細書から確認できます。

家族カードの利用者もVpassのサービスが利用できる?

一部のメニューについては、家族カードの利用者でも利用できます。

家族カード利用者がVpassを利用するためには、家族カードの利用者本人が、本会員とは別でVpassIDとパスワードを登録する必要があります。

家族カードの方が利用できるサービス

  • VpassID、パスワードの登録・変更
  • ログインした会員本人の利用明細の閲覧
  • 利用可能額の照会
  • 暗証番号の照会・変更
  • 各種サービス情報の照会・利用
  • 資料の請求
  • 各種追加カードの申し込み・iD一体型カードへの切替え

三井住友VISAカードを利用後、どれくらいでVpassのご利用明細に反映されますか?

利用した店舗から三井住友VISAへ利用データ(または伝票)が到着しだいVpassの利用明細へ反映されます。

利用データの送信されるタイミングは店舗により異なります。すぐにご利用データを送信する店舗の場合には、カードを利用した日から2~3日後にVpassへ反映されます。

一方、利用データを集計後に送信する店舗の場合には、実際の利用日から2~3カ月遅れて反映されることもあります。

Vpassアプリで口座残高を表示させる方法は?

口座残高を表示させたい金融機関により手続き方法が異なります。それぞれの方法に従って手続きを進めましょう。

三井住友銀行
Vpassアプリの「三井住友銀行口座と連携する」ボタンをタップし、案内に沿って手続きを進めます。手続きには口座番号、三井住友銀行の第一暗証の入力が必要です。

なお、Vpassアプリの「家計管理機能」へも三井住友銀行の口座残高を表示させることができます。

三井住友銀行以外
Vpassアプリの「家計管理機能」で希望の金融機関の口座の登録します。

Vpassで「ご利用明細照会」と「ご利用可能額照会」に表示される金額が異なるのは理由は?

Vpassの「ご利用明細照会」と「ご利用可能額照会」では案内する内容が異なります。そのために表示される金額が異なります。

▼ご利用明細照会
請求される支払い月別の利用明細と合計金額を表示が表示されます。

表示されるタイミングは、ご利用明細照会の加盟店から利用者の売上データが三井住友VISAに到着した後となります。

▼ご利用可能額照会
利用者のカードが現時点で利用できる金額が表示されます。ご利用可能額照会については、カードを利用した直後の金額も表示されます。

三井住友VISAカードのログイン方法まとめ

三井住友VISAカードのログイン方法について解説しました。

三井住友VISAのログインサービス「Vpass」を利用すれば、クレジットカードの利用状況の確認や各種手続きがオンライン上で簡単におこなうことができます。

Vpassはスマホアプリもリリースされているので、ふだんの生活からますます便利に利用できるようになっています。

ぜひログインIDとパスワードを取得して、便利なVpassを日々のクレジットカードの管理に活用していきましょう。

関連記事