更新日:

三井住友VISA家族カードを徹底解説!審査基準・作成メリットなどを紹介

三井住友VISA家族カードを徹底解説!審査基準・作成メリットなどを紹介

CMや広告でもおなじみの三井住友VISAカード。三井住友グループが発行しているクレジットカードということで安心感があり、利用している人も多いのではないでしょうか。

そんな三井住友VISAカードですが、会員の家族が作れる家族カードがあることをご存知でしょうか。家族カードは会計を一緒にできるなど便利な点がたくさん。

こちらの記事では、そんな三井住友VISA家族カードについて徹底解説していきます。三井住友VISAの家族カードに興味がある人は、ぜひこの記事を読んで作成の参考にしてください。

三井住友VISA家族カードの基本情報

年会費はかかるの?結婚していないパートナーでも申し込むことができる?

そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。まずはじめに三井住友VISAカードの家族カードの基本的な情報についてご紹介していきます。

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 初年度は年会費無料!
  • 「マイ・ペイすリボ」に入れば2年目以降も年会費が無料!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
三井住友VISAカードのおすすめ7種類の年会費や還元率、審査難易度まで徹底比較!
誰でも一度は聞いたことがある「三井住友VISAカード」。しかし、どんなカードなのかよくわかない人も多いでしょう。ここでは、三井住友VISAカードの概要、年会費、審査基準、利用限度額、保険などの基本情報。さらに、お得なポイントサービス、クラシックカードやゴールドカードなどカードごとの特長まで幅広く解説します。この記事を読めば、自分にピッタリな三井住友VISAのクレジットカードが見つかるはずです。

年会費はどのくらい?

三井住友はいくつかのクレジットカードを発行していますがプロパーカードであれば、どのカードの家族カードを作る場合でも1人目の年会費は初年度無料です

2枚目以降はカードによって年会費が異なりますが、個人カードの場合年会費は250円(税抜)から1,000円(税抜)ほど。またプラチナカードの場合、何枚でも家族カードの年会費は無料です。

三井住友VISAの家族カードに申込むことができるのはどんな人?

三井住友VISA家族カードの申込み対象は

  • 生計をともにする配偶者
  • 満18歳以上のお子さま(高校生を除く)
  • 両親

上記のいずれかに該当する人です。

そのため結婚していないパートナーは、家族カードが作成できません。別姓や同性のパートナーと家族カードを発行したい場合は、オリコカードがおすすめです。

オリコカードの家族カードは本人と生計をともにする18歳以上の方で、以下のいずれかに該当する方が申込み可能です。

  • 配偶者(別姓・同性パートナーも含む)
  • お子さま(高校生を除く)
  • ご両親
オリコカード THE POINT
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • 貯まったポイントはamazonやiTunes、LINEのギフトに即交換可能!!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短8営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

三井住友VISA家族カードの注意点

三井住友VISA家族カードを作成するうえで

  • 引き落とし口座は本会員の口座
  • 明細が一緒になる

の2点は注意が必要です。

家族カードで決済されると、本会員の口座から利用分が引き落とされ明細も一緒になります。そのため本会員の人には家族カードで何を購入したか、一目でわかりますね。

もし本会員に購入を知られたくないのであれば、家族カードでの決済はやめましょう。

三井住友VISA家族カードの作り方

三井住友VISA家族カードは、インターネットから申込みが可能です。三井住友VISAカードのホームページにアクセスし、家族カードのオンライン追加ができます。

また申込み後、審査を経てカードが発行されるので、手元にくるまでは1週間ほどかかることを頭に入れておきましょう。

三井住友VISA家族カードの利用限度額

三井住友VISA家族カードを発行した場合、利用限度額は本会員と共有のものになります。たとえば本会員の利用限度額が50万円だった場合、本会員・家族会員あわせて50万円までしか決済ができません。

利用限度額を上げるためには、本会員が利用限度額アップの申告をしなければなりませんよ。

三井住友VISAの本カードと家族カードのできることの違い

三井住友VISAの本カードと家族カードでは、当然ながらできることに違いがあります。

「思っていた使い方ができなかった!」ということを避けるためにも本カードにできて、家族カードではできないことをまとめましたので目を通しておきましょう。

家族カードでクレヒスを積むことができない

家族カードで決済された情報は、本カードに反映されます。つまり家族会員の信用情報には、家族カードの情報が記載されていません。そのため家族カードをいくら使ったとしても、クレヒスは育たないということです。

自身のクレヒスを育てて自分のカードが作りたいという人には、家族カードはあまりオススメではありません。

家族カードには新規入会ポイントなど特典が少ない

クレジットカード会社各社は、新規入会者に対して入会ポイントを付与するなど、キャンペーンをおこなっています。三井住友VISAカードも入会特典がありますが、家族カードの場合こうした特典は少ないです。

入会特典などをとり逃しなくない場合は、自身名義のカードを発行する必要があります。

三井住友VISA家族カードの審査基準

三井住友VISA家族カードを発行するためには、審査に合格しなければなりません。審査というとすこし不安になるかもしれませんが、三井住友VISAの家族カードにおける審査は、あまり心配する必要はありません。

三井住友VISA家族カードの審査について詳しい情報を見てみましょう。

審査は本会員の情報に基づいておこなわれる

三井住友VISA家族カードの審査は、本会員の情報に基づいておこなわれます。家族カードの利用は本会員の口座から引き落とされるため、支払いは本会員がおこなうものと同義です。

そのため審査も本会員の信用情報や支払い能力に基づいて、おこなわれるということですね。

家族カードは審査に通過する可能性が高い

家族カードの審査は本会員のデータをもとにおこなわれるので、審査に通過する可能性は高いです。

本会員はクレジットカードを作成するときに審査に通過しているので、仕事が変わって年収が落ちたといった事情がない限り、審査に通る可能性は高いです。

家族に支払いトラブルがあると審査落ちする可能性はある

しかし家族会員自身に支払いトラブルがあった場合は、審査に落ちる可能性はあります。審査は本会員の情報をもとにおこなわれますが、家族会員の信用情報はチェックされます。

そのとき家族会員の信用情報がブラックであることがわかると、審査に落ちてしまう可能性もあるでしょう。信用情報がブラックの場合、デビットカードを作成するなどほかの手段を考えましょう。

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 初年度は年会費無料!
  • 「マイ・ペイすリボ」に入れば2年目以降も年会費が無料!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
信用情報機関に開示請求をすると何が分かる?申し込み手順を解説
ローンなどの利用をすると作られる信用情報、その信用情報は信用情報機関と呼ばれる機関が管理しています。その信用情報機関に、開示請求を行う事ができるのはご存じでしょうか?信用情報は、カードローンやクレジットカード、自動車ローンなど金融商品を利用した際に、残される情報です。カードローン会社などの金融業者は、信用情報などを確認して融資をしても問題ないか。を審査しています。よって、信用情報に問題がある場合には、クレジットカードの審査が通らない場合もあります。この記事では、その信用情報の開示請求の方法や開示請求を行うと何が分かるのか。どういう場合に信用情報に傷が付き、審査が通らなくなるのか。について解説していきます。

三井住友VISA家族カードを持つメリット

年会費無料とはいえ、メリットが感じられるかどうかは当然大切ですよね。

ここからは三井住友VISA家族カードにはどんなメリットがあるのかひとつひとつ見ていきましょう。

家族で会計を一緒にできる

家族で会計を一緒にできる点は、家族カードを持つメリットのひとつです。夫婦で財布を一緒にしている場合、カードの決済も一緒にすると、家計の管理が非常に楽になりますよ。

審査に通らない人でもクレジットカードが持てる可能性がある

専業主婦やパートの人は、収入が少ないことが理由でクレジットカードの審査に通らない可能性があります。

しかしそんな人でも、家族カードであればクレジットカードが持てる可能性が高くなります。家族カードは本会員の情報をもとに審査されるので、家族に収入がなくても審査に通過することが可能。

自身でクレジットカードが持てない人でも、家族カードであれば持てる可能性が高いです。

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 初年度は年会費無料!
  • 「マイ・ペイすリボ」に入れば2年目以降も年会費が無料!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

ポイントが貯まりやすく使いやすい

家族カードは本カードと一緒に決済されるので、ポイントも一緒に貯まります。そのためポイントがひとつにまとまるので、ポイントは貯まりやすく使いやすい状態になります。

ポイントはまとめて貯めて効果を発揮するので、ポイントが貯まりやすいのは大きなメリットです。

三井住友VISAクラシックカード
おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 初年度は年会費無料!
  • 「マイ・ペイすリボ」に入れば2年目以降も年会費が無料!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISA家族カードのまとめ

ここまで三井住友VISA家族カードの紹介をさせていただきました。

内容をまとめると以下のようになります。

三井住友VISAの家族カードまとめ

  • 家族カードの会計は本カードにまとめられる
  • 家族カードの審査は本会員の情報をもとにおこなわれる
  • 家族カードの審査に通過する可能性は高い
  • 自身に収入がない人でも家族カードであれば作成できる

三井住友VISAカードはセキュリティ面でも安心感があり、ステータスも高いクレジットカードです。家族の方がいるのであれば家族カードを作成したほうが、今後の生活がより豊かになりますよ。

関連記事