更新日:

Amazonゴールドカードの年会費や一般カードからの切替え方法、キャンペーンまで徹底解説!

Amazonゴールドカードの年会費や一般カードからの切替え方法、キャンペーンまで徹底解説!

ポチっと押したらすぐに商品を注文できるAmazon。皆さんは最近、Amazonでお買物しましたか?そのとき、ポイントはどのくらいゲットできましたか?

もし「あまりポイントが貯まらなかった」とお困りでしたら、Amazon Mastercardゴールド(以下、「Amazonゴールドカード」と表記)の利用をおすすめします。

Amazonゴールドカードなら、効率よくポイントを貯めることができます。もちろん、Amazonゴールドカードには、ポイントの貯まりやすさ以外にも魅力的な特典が複数用意されています。

ここでは、そんなAmazonゴールドカードの基本情報からメリット・デメリットまで幅広く解説しながら、その魅力に迫ります。

Amazonユーザーの皆さんは、Amazonでのお得なお買物を実現するためにも、ぜひ一読してみてくださいね。

Amazonのポイントが貯まるおすすめクレジットカード

Amazon Mastercardクラシック

Amazon MasterCardクラシックの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 1,375円(税込)
ポイント還元率 : 1.0%~1.5%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

Amazon Mastercardゴールド

Amazon MasterCardゴールド
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%~2.5%

エポスカード

エポスカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%~5.0%
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDの詳細
年会費 : 1,986円(税込)
ポイント還元率 : 1%

dカード GOLD

dカード GOLDの詳細
年会費 : 10,000円(税抜)
ポイント還元率 : 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

Amazonゴールドカードとは?

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社がAmazonと提携して発行しているクレジットカードです。

このAmazon Mastercardには2種類のカードが用意されています。Amazonゴールドカードはそのうちの1枚です。

もう1枚は「Amazon Mastercardクラシック(以下、「Amazonクラシックカード」と表記)」という、下位ランクのカードになります。

どちらも国際ブランドのMastercardが付いているため、Mastercard加盟店であれば、世界中のどこでもお支払いに利用できます。Amazon以外の普段のお買物でも普通に利用できますので、その点は安心してくださいね。

では、AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカードにはどのような違いがあるのでしょうか?両者の違いについて簡単に紹介します。

まず、Amazonクラシックカードは、年1回以上の利用で年会費無料。さらにポイント還元率が高いという特長も持っています。Amazonを年間数回使うAmazonライトユーザーの皆さんにおすすめの1枚となっています。

一方、AmazonゴールドカードはAmazonクラシックカードのワンランク上のカードなので、年会費は割高になりますが、その分より充実した機能を備えています。

ポイント還元率や保険、サービスなどにおいて優秀なのがAmazonゴールドカードです。Amazonを頻繁に利用するヘビーユーザーの皆さんには、こちらのAmazonゴールドカードがおすすめです。


ここでは、Amazonゴールドカードを中心に解説していきますが、人によってはAmazonクラシックカードのほうが適している可能性もあります。

記事の後半では、AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカードの詳細な比較もおこないます。Amazonをどの程度利用しているのか、その点も踏まえながら、自分に最適なカードを選択しましょう。

Amazonゴールドカードの年会費や審査基準など基本情報を紹介!

Amazon Mastercardゴールド
Amazon MasterCardゴールド
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Amazon以外のご利用でも1%ポイント還元!マイ・ペイすリボのご登録なら1.5%ポイント還元
  • アカウントにポイント自動加算で交換忘れがなく便利で安心
  • すぐにAmazonでお買物できる!即時審査サービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 1%~2.5%
電子マネー
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

年会費や審査基準などAmazonゴールドカードの基本情報について詳しく解説します。

年会費が高い!」と思われたかもしれませんが、割引特典をうまく利用すればかなり年会費を安くすることができます。

また、Amazonゴールドカードには独自の審査サービスも用意されています。

こうしたAmazonゴールドカードならではの特典やサービスを知っておくと、お得にカードを利用することができますので、以下の内容にはよく目を通しておきましょう。

Amazonゴールドカードの年会費と割引特典

Amazonゴールドカードの年会費は11,000円(税込)です。10,000円を超えると、少し割高な印象を持たれるかもしれませんね。

ただ、ゴールドランク以上のカードになると年会費が10,000円を超えることはけっして珍しくありません。

とはいえ、年会費11,000円(税込)を高いと感じる気持ちもよくわかります。

そこで役立つのが年会費の割引特典です。Amazonゴールドカードには、年会費を安くできる2つの特典が用意されています。

1つめが、「マイ・ペイすリボ」の登録です。マイ・ペイすリボとは、毎月の設定金額を超えてカードを利用した場合、その超過分にリボ払い手数料が発生するという支払システムです。

Amazonゴールドカードを申込む際、このマイ・ペイすリボを選択することによって、初年度の年会費が半額の5,500円(税込)まで割引かれます。

2年目以降でも、マイ・ペイすリボの登録と年1回以上のカード決済が確認できれば年会費は同様に5,500円(税込)まで安くなります。

2つめが、「WEB明細書サービス」の利用です。WEB明細書サービスとは、通常なら紙で送られてくる明細書を、WEB上で確認できるサービスのこと。こちらを利用すると、2年目以降の年会費が1,100円(税込)割引かれます。

つまり、上記のマイ・ペイすリボとWEB明細書サービスを一緒に利用することによって、2年目以降の年会費は最大4,400円(税込)まで安くなるということです。

これなら、そこまで負担に感じることなくAmazonゴールドカードを利用できるはず。Amazonゴールドカードの申込みを検討中の皆さんは、ぜひ上記の割引特典を使ってみてくださいね。

Amazonゴールドカードの審査基準と、結果がすぐに出る即時審査

割引特典で年会費が半額以下になることは、上記で理解いただけたかと思います。しかし、年会費が安くとも審査に通過しなければ、元も子もありません。

Amazonゴールドカードの審査基準は「原則、満20歳以上で、本人に安定継続収入があること」です。

さて、この審査基準を厳しいと見るか甘いと見るかですが、結論を申上げると、少し厳しめの審査基準といえるかもしれません。

以下に、Amazonゴールドカードの審査基準がなぜ厳しいといえるのか解説します。

Amazonゴールドカードの審査は厳しい

満30歳以上でないと申込めないゴールドカードが存在することを考えると、Amazonゴールドカードの「満20歳以上」という基準は比較的やさしいといえるでしょう。

しかし、「本人に安定継続収入があること」という条件が付いているため、学生や主婦など安定的に収入を得るのが難しい方の場合、審査に通過するのに苦労するかもしれません。

反対に、正社員で安定的に収入のある方なら、審査に通過する可能性は高くなります。

また、Amazonゴールドカードの発行元である三井住友カードは銀行系ということもあって、信販系や流通系と比べて審査が厳しめと考えられます。

そのため、金融事故情報等が付いている場合、審査に通過することはほぼ不可能です。Amazonゴールドカードを申込む際は、クレジットヒストリーに注意しましょう。

Amazonnゴールドカードの審査については下記に詳しく記載していますので、合わせてご覧ください。

Amazonゴールドカードの審査基準は?審査落ちする人の特徴を紹介!

このように、若干厳しめのAmazonゴールドカードですが、将来的にAmazonゴールドカードを持ちたいとお考えでしたら、まずは下位ランクのAmazonクラシックカードでクレジットヒストリーを積んでおくとよいでしょう。

そうすれば、クラシックカードをAmazonゴールドカードへランクアップするときに、審査に通過する可能性が高くなります。

Amazon Mastercardクラシック
Amazon MasterCardクラシックの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Amazon以外のご利用でも1%ポイント還元!マイ・ペイすリボのご登録なら1.5%ポイント還元
  • アカウントにポイント自動加算で交換忘れがなく便利で安心
  • すぐにAmazonでお買物できる!即時審査サービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 1.0%~1.5%
電子マネー
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

Amazon Mastercard独自の審査!「即時審査サービス」

Amazonゴールドカードを申込む際には、「通常審査サービス」と「即時審査サービス」のどちらかを選択することができます。

通常審査サービスの場合は、最短3営業日で審査が完了します。

これが、即時審査サービスになると、最短3分で審査結果が出ます。早めに審査結果を知りたい方には、うれしいサービスですよね。

しかも、即時審査サービスを利用した場合、Amazonゴールドカードが自宅に到着するまでの間、Amazonテンポラリーカードという仮カードを使ってAmazonでお買物することができます。Amazonテンポラリーカードは、データとしてアカウントに登録されるカードです。

利用限度額は3万円までに設定されていますが、申込んだその日から利用できますので、カードが手元に届かないうちからAmazonでのカード決済が可能です。

ただし、注意点が2つあります。即時審査はあくまでも仮審査のようなものです。即時審査にクリアしても、その後の正式な審査で落ちてしまったら、Amazonテンポラリーカードの利用も停止され、Amazonゴールドカードが家に届くこともありません。

また、即時審査サービスの受付時間が9時~19時までなので、その点もご注意ください。

Amazonゴールドカードの利用限度額

Amazonゴールドカードの月々の利用限度額は50~200万円です。もし利用枠が少ないと感じる場合は、増額申請もできますので、自身のライフスタイルにあわせて利用限度額を調整することは可能です。

ただし、少ないとは思いますが、Amazonゴールドカードを利用している学生は注意が必要です。

20歳以上の学生で、Amazonゴールドカードを親権者の同意なしで取得した場合、月々の利用限度額は10万円までとなります。

仮に、同意が得られたとしても、30万円までしか利用することはできません。

学生の方は、通常よりも利用限度額が低く設定されるということを認識しておきましょう。

Amazonゴールドカードの支払方法と締め日・支払日

Amazonゴールドカードには、さまざまな支払方法が用意されています。

1回払いはもちろん、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いの5つの支払方法から自由に選択することが可能です。高額なお買物のときや、キャッシュフローに余裕を持たせたいときなど、カードの利用シーンに応じて支払方法を使い分けることができます。

ただし、Amazonテンポラリーカードについては、1回払いにしか対応していませんのでご注意ください。

また、Amazonゴールドカードの締め日・支払日は、月末締め26日払いです。自分の給料日などと照らし合わせてみて、余裕を持って支払できるかどうか検討しましょう。

Amazonゴールドカードは特典満載!Amazonゴールドカードの6つのメリットを紹介!

Amazonゴールドカードには、Amazonユーザーの心をわしづかみにする特典が満載です。

すでに、即時審査サービスやAmazonテンポラリーカードなど、便利なサービスが利用できることはお伝えしましたが、Amazonゴールドカードには、これ以上に魅力的な機能が備わっています。

もちろん、Amazonユーザーの皆さんが重要視するポイント還元率も魅力の1つです。また、Amazonプライムが使い放題という、うれしい特典も付いています。

ここからは、こうしたAmazonゴールドカードの魅力について、1つずつ紹介していきます。

①Amazonプライムが使い放題!映画も音楽も追加料金なしで楽しめる!

Amazonプライムを利用したことがありますか?Amazonプライムとは、年間プランの4,900円(税込)、あるいは月間プランの500円(税込)を支払えば、お急ぎ便が無料になったり、映画が見放題になったりなど、さまざまな特典が利用できるサービスのことです。

Amazonゴールドカードを取得すると、なんとこのAmazonプライムが使い放題になります。

もちろん、Amazonゴールドカードの年会費以外の追加料金を支払う必要はありません。

Amazonゴールドカードの割引後の年会費4,400円(税込)を支払うだけで、年間4,900円(税込)のAmazonプライムを自由に使うことができるわけです。

つまり、Amazonプライムを利用する方であれば、実質無料でAmazonnゴールドカードが持てるというわけです!

「Amazonプライムを頻繁に利用する」、もしくは「Amazonプライムに興味がある」という皆さんには、Amazonゴールドカードがピッタリの1枚なのです。

ちなみに、Amazonゴールドカードを取得することで、主に以下のAmazonプライムのサービスを利用することができます。

主なAmazonプライムの会員特典一覧

  • 無料の配送特典…お急ぎ便、配送日時指定便が無料で使える。
  • 特別取扱商品の送料無料…サイズが大きかったり、重かったりする特別取扱商品の手数料が無料になる。
  • プライム限定価格…一部の対象商品が割引価格で購入できる。
  • Prime Now…最短2時間で商品を受け取れるサービス。
  • Prime Video…映画やTV番組が無料で鑑賞できる。
  • Prime Music…音楽やラジオが聴き放題。
  • Prime Reading…雑誌、漫画などのKindle本が読み放題。
  • プライム会員限定先行タイムセール…タイムセールの対象商品を開始30分前から注文できる。

Amazonをよく利用する皆さんにとっては、お急ぎ便や日時指定便が無料になる特典はかなりうれしいですよね。お急ぎ便や日時指定便が節約できるというだけでも、Amazonゴールドカードを持つメリットはあります。

もちろん、Amazonが提供しているPrime VideoやPrime Musicの映画や音楽も視聴し放題です。映画好き、音楽好きにとって、これほど便利なサービスはなかなかないでしょう。これでレンタルビデオ店に行く手間もお金も節約できます。

また、上記に紹介したのはあくまでも特典の一部。ほかにも、Amazonプライムには複数の特典が用意されています。なかには、一部追加料金の発生するものもありますが、その点を注意すれば、Amazonユーザーにとってこんなにうれしいことはないでしょう。

②Amazonでのお買物なら、最大2.5%の還元率でポイントが貯まる!

Amazonゴールドカードを持っていれば、効率よくAmazonポイントを貯めることができます。とくに、Amazon内のお買物であれば、いつでも2.5%という高還元率でポイントをもらうことが可能です。

しかも、Amazon以外でカード決済した場合でも、1.0~1.5%の還元率でポイントが付与されます。そのため、Amazon以外でお買物したりお食事したりしてもきちんとポイントを貯めることができるわけです。

ちなみに、Amazonゴールドカードのポイント還元率は、カードの利用状況によって変化します。Amazonゴールドカードの還元率については、以下の表をご覧ください。

Amazonでカード決済した場合の還元率 2.5%
Amazon以外でカード決済した場合の還元率 1.0%
Amazon以外でカード決済した場合の還元率
(マイ・ペイすリボのリボ払い手数料が発生した場合)
1.5%

リボ払い手数料が発生しないと、1.5%にならないのは、少しハードルが高い印象もありますが、いずれにしても1.0%は確実に貯まるので、この点はメリットですよね。

Amazonヘビーユーザーの皆さんは、Amazonゴールドカードをゲットして、さまざまなシーンで効率よくポイントを貯めていくようにしましょう。

③Amazonアカウントに直接ポイントが貯まるから、ポイントの交換忘れを防止できる!

Amazonゴールドカードを使って商品を購入すると、Amazonポイントが自動的にAmazonのアカウントに加算されます。面倒な交換作業は一切不要です。

商品発送後、あるいは商品のダウンロード完了後に、何もしなくてもAmazonのアカウントに直接ポイントが蓄積していきます。もちろん、貯まったポイントは、すぐにでもお支払いに利用することができます。

これが、ほかのクレジットカードになると、多くの場合、貯めたポイントをAmazonギフト券に交換する必要があります。そして、交換したAmazonギフト券の番号を、Amazonのアカウントに登録しなければ、ショッピングで利用することはできません。

そうなると、交換作業が面倒になり、ポイントを放置した結果、いつの間にかポイントが失効していたなんて悲しい事態に陥る可能性もあります。とくに、Amazonを頻繁に利用する場合は、この交換手続きが何度も発生すると、かなり面倒に感じるかもしれません。

しかし、Amazonゴールドカードなら、ポイントが自動的にアカウントに貯まっていきます。そのため、交換忘れの心配をせずに、安心してAmazonポイントを貯めたり使ったりできるわけです。

④最高5,000万円の旅行傷害保険など、ゴールド会員ならではの充実の保険が付帯!

Amazonゴールドカードの魅力の1つとなっているのが、充実した保険です。

Amazonゴールドカードには、最高5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外)が付帯しています。


旅行中のケガや病気などのアクシデントにあっても、最高5,000万円の補償額が設定されていれば安心ですよね。

しかし、保険の適用条件を満たしているかどうかによって、この最高補償額は変わるということを認識しておいてください。とはいえ、そんなに難しい条件ではありません。

事前に旅費等をAmazonゴールドカードで支払っておくだけで利用付帯は適用されます。

とくに難しい手続きをする必要はありませんので、その点は安心してくださいね。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ぞれぞれの詳しい補償内容は以下のようになっています。

【海外旅行傷害保険の補償内容】
補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(※1)
治療費 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円(※2)
救援者費 500万円
(※1)一部利用付帯
(※2)1事故につき3,000円の自己負担

【国内旅行傷害保険の補償内容】
補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(※)
入院費 5,000円/日
通院費 2,000円/日
手術費 最高20万円
(※)一部利用付帯

クレジットカードの付帯保険は海外旅行に便利!知っておきたい基本を解説

上記の旅行傷害保険(国内・海外)以外にも、Amazonゴールドカードには、ショッピング補償が付いています。1事故につき3,000円の自己負担は必要ですが、購入商品のトラブルに対して年間最高300万円まで補償してもらえます。

カードで購入した商品の破損・盗難など、万が一の事態に陥っても、このショッピング補償が被害額を補てんしてくれるので安心です。安心してお買物や旅行を楽しみたい方に、Amazonゴールドカードはおすすめの1枚となっています。

⑤全国主要空港のラウンジが無料で使える!空港ラウンジサービス

年末年始やお盆のシーズンになると、空港は旅行客や帰省客でごった返し、出発前の時間もなかなか落ち着くことができないですよね。そんなときに便利なのが「空港ラウンジサービス」です。

空港ラウンジサービスとは、全国28の主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスです。Amazonゴールドカードには、この空港ラウンジサービスが付いています。

そのため、Amazonゴールドカードを持っていれば、出発前にラウンジでゆったりとした時間を過ごすことができます。

サービス内容はラウンジによって異なりますが、例えば、無料のソフトドリンクや有料のアルコール飲料、もしくは無線LANやコピー機など、さまざまなサービスや設備が利用できます。

通常、空港ラウンジを利用するには、1,000円程度かかります。それが無料になるのですから、頻繁に旅行する皆さんにとっては、かなりお得な特典といってよいでしょう。

⑥ETCカードや家族カード、iDなどの追加カードでもポイントが貯まる!

Amazonゴールドカードと一緒に、ETCカードやiD専用カードなどの追加カードを発行することができます。

有料道路の料金をスムーズにお支払いできるETCカード。対応機にかざせば瞬時にお支払いを完了できるiD。これらのカードを、無料で発行することが可能です。

ETCカードに関しては、初年度の年会費は無料。2年目以降も年に1回以上ETCカードを利用すれば無料になります。ドライバーの皆さんなら、簡単に年会費無料を実現できるでしょう。そして、iD専用カードも年会費無料で利用できます。

しかも、うれしいのは、これらの追加カードでも利用金額の1%のポイントを貯めることができるところ。

Amazon内のお買物では、Amazonゴールドカードでポイント還元率が2.5%。それ以外のETCカードの利用や、iDの利用でも1%の還元率でポイントが貯まるので、シーンに合わせて使い分ければ効率よくポイントをザクザク稼ぐことができるでしょう。

また、Amazonゴールドカードには、家族カードも用意されています。本会員1人につき3枚まで申込むことができます。しかも、年会費は初年度も2年目以降も無料

もちろん、家族カードでもポイントを貯めることができます。家族カードの利用で発生したポイントは、本会員のアカウントに蓄積されます。そのため、家族のポイントをまとめる手間がかからず、ポイントの管理が楽です。

こうしたAmazonゴールドカードの追加カードをうまく利用すれば、予想以上に早くAmazonポイントを貯めることができるでしょう。

Amazonゴールドカード発行前に知っておきたい!Amazonゴールドカードの3つのデメリット

ここまでは、Amazonゴールドカードのメリットについて紹介してきました。最大2.5%のポイント還元率や、Amazonプライムを追加料金なしで利用できる点など、Amazonゴールドカードには魅力的な特典が多数用意されています。

とはいえ、もちろんデメリットも存在します。手元に届いてから後悔しないよう、きちんとAmazonゴールドカードのデメリットについても理解を深めておきましょう。

①Amazonゴールドカードの会員になると、Prime Studentの特典が利用できなくなる

Prime Student会員の皆さんのなかで、もしAmazonゴールドカードを申込もうと考えている方がいましたら注意してください。Amazonゴールドカードに入会すると、Prime Studentは自動的に退会となります。

具体的には、退会するとPrime Studentの以下の特典が利用不可となります。

利用不可になるPrime Studentの会員特典

  • 書籍購入で10%のポイント還元(コミック・雑誌を除く)
  • Prime Student会員限定の特典やキャンペーン

本をたくさん読む学生にとって、書籍購入で10%のポイント還元というのは欠かせない特典ですよね。しかし、Amazonゴールドカードを取得すると、Amazonプライムの特典は利用できるものの、上記のPrime Studentの特典は利用できなくなってしまいます。

②使える電子マネーが少ない

Amazonゴールドカードで利用できる電子マネーはiDとApple Payだけです。WAONやPiTaPa、nanacoなどには対応していません。

そのため、iDやApple Pay以外にも複数の電子マネーを利用したい方は、不便に感じるでしょう。

あくまでも、Amazonポイントの貯まりやすさがAmazonゴールドカードの最大のメリットです。

もし電子マネーの充実を求めるのであれば、ポイント還元率は下がるかもしれませんが、別のカードの取得を検討してみたほうがよいでしょう。

③Amazonポイントは、原則としてAmazon以外では使えない

Amazonポイントは、原則として、Amazon内でしか利用できません。Amazonポイントを他社のポイントに移行したり、Amazonポイントを換金したりすることはできないので、その点は注意してくださいね。

また、自分のアカウントで貯めたポイントを、別のアカウントに移行することも基本的にはできません。

もし、貯めたポイントをさまざまなシーンで使いたいとお考えでしたら、交換先を多数用意しているワールドプレゼントなど、ほかのポイントプログラムに参加しているクレジットカードを探してみましょう。

自分に合うのはどっちのカード?Amazonゴールドカードとクラシックカードを比較!

Amazonゴールドカードの基本情報やメリット・デメリットはすでに紹介してきました。しかし、「結局、AmazonゴールドカードとAmazonクラシックカードのどっちを選べばいいの?」とお困りの方も多いはず。

どちらも同じAmazon Mastercardですので共通点が複数あります。そのため、ここでは違いが顕著な項目のみをピックアップし比較することで、それぞれの特性を浮き彫りにしていこうと思います。

それでは、まず具体的な比較に入る前に、Amazonクラシックカードの基本的なスペックを確認しておきましょう。

Amazon Mastercardクラシック
Amazon MasterCardクラシックの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Amazon以外のご利用でも1%ポイント還元!マイ・ペイすリボのご登録なら1.5%ポイント還元
  • アカウントにポイント自動加算で交換忘れがなく便利で安心
  • すぐにAmazonでお買物できる!即時審査サービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 1.0%~1.5%
電子マネー
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

Amazonゴールドカードと照らしてみると、共通する部分がいくつか確認できます。

例えば、家族カードが本会員1人につき3枚まで年会費無料という点や、ETCカードが2年目以降も年1回以上の利用で年会費無料になる点は、共通しています。

ちなみに、どちらも銀行系のカードなので流通系などに比べて審査が厳しめなのも同じ。

また、即時審査サービスやAmazonテンポラリーカードを利用できる点も同じです。

では反対に、年会費や旅行傷害保険などの項目はどうでしょうか?これらの相違点について、ポイント還元率も含めて、以下に詳しく解説します。

保険やサービスの充実を求める場合は、Amazonゴールドカードがおすすめ!

AmazonゴールドカードとAmazonクラシックカードを比べたときに、まず気になるのがポイント還元率の差です。どちらもカードの利用状況に応じて還元率が変化します。還元率の違いは以下のようになっています。

【ポイント還元率の違い】
カード名 Amazonクラシックカード Amazonゴールドカード
Amazonでのカード決済 プライム会員:2.0%
プライム会員以外:1.5%
2.5%
通常のカード決済
1.0% 1.0%
通常のカード決済
(マイ・ペイすリボのリボ払い手数料が発生した場合)
1.5% 1.5%

通常のカード決済では、AmazonクラシックカードもAmazonゴールドカードも同じポイント還元率です。

Amazon以外のお買物では、両者のポイント還元率に差はないということですね。

しかし、Amazonでのカード決済では、ポイント還元率に差が生じます。Amazonクラシックカードの場合は最大でも2.0%のポイント還元率。

それに対して、Amazonゴールドカードは最大2.5%のポイント還元率です。

しかも、Amazonクラシックカードで最大2.0%のポイント還元率を実現するためには、Amazonプライムに入会する必要があります。

そして、Amazonプライムに入会すると、カードの年会費とは別に年間4,900円(税込)の費用を支払わなければなりません。

この条件を満たさないと、Amazonでのお買物でもポイント還元率は1.5%にとどまってしまいます。

これに対して、Amazonゴールドカードなら、カードの取得と同時にAmazonプライムを追加料金なしで利用できるようになりますし、無条件でAmazonでのお買物ならポイント還元率2.5%を実現できます。

こうした点を考慮すると、ポイント還元率においては、Amazonゴールドカードが一歩リードしています。

では、付帯保険についてはどうでしょうか?こちらも、Amazonクラシックカードよりも、Amazonゴールドカードのほうが優れています。AmazonゴールドカードとAmazonクラシックカードの保険内容の違いは以下の通りです。

【付帯保険の違い】
カード名 Amazonクラシックカード Amazonゴールドカード
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで 年間300万円まで

上記の表を見ればわかるとおり、付帯保険については、その差がはっきり出ていますよね。

まず、Amazonクラシックカードには、旅行傷害保険が付いていません。

その一方で、Amazonゴールドカードには、最高5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外)が付帯しています。

また、Amazonクラシックカードのショッピング補償が年間100万円まで
なのに対して、Amazonゴールドカードのショッピング補償は年間300万円までと、Amazonクラシックカードに比べて200万円も補償額が高く設定されています。

さらに、Amazonクラシックカードだと空港ラウンジサービスが利用できませんが、Amazonゴールドカードなら全国主要空港のラウンジを無料で使うことができます。

旅行好きの皆さんの場合、旅行傷害保険(国内・海外)が付いていたり、空港ラウンジサービスが使えたりするほうが、便利かつ安心できますよね。

以上のようなことから考えると、頻繁に旅行する方や、メインカードとしてAmazon Mastercardを利用したい皆さん、あるいは保険やサービスの充実を求める方々には、Amazonゴールドカードがおすすめです。

Amazon決済専用カードがほしい場合は、Amazonクラシックカードがおすすめ!

AmazonゴールドカードとAmazonクラシックカードを比較した場合、ポイント還元率やサービス、もしくは付帯保険について、Amazonゴールドカードのほうが優れていることがご理解いただけたかと思います。

こうして見てみると、Amazonクラシックカードにはメリットがないように思えるかもしれませんが、そうではありません。もちろん、Amazonクラシックカードにも魅力はあります。

まず、年会費については、Amazonクラシックカードのほうが安くなっています。年会費の違いについては以下のとおりです。

【年会費の違い】
カード名 Amazonクラシックカード Amazonゴールドカード
初年度年会費(税込) 無料 11,000円(※1)
2年目以降年会費(税込) 年1回以上の利用で無料(通常1,350円) 11,000円(※2)
(※1)割引後の年会費は5,500円(税込)
(※2)割引後の年会費は4,400円(税込)

上記の表でわかるとおり、初年度年会費も2年目以降の年会費も、Amazonクラシックカードのほうが割安です。

Amazonゴールドカードの場合は、初年度年会費は割引いても5,500円(税込)。2年目以降も最大限割引いて4,400円(税込)の年会費を支払う必要があります。

これが、Amazonクラシックカードなら、初年度の年会費は無料。2年目以降も通常1,350円(税込)かかる年会費が、年1回以上のカード利用で無料になります。

ただし忘れてはいけないのが、Amazonゴールドカードの場合、Amazonプライムの会員に無料でなれるという点です。

Amazonプライムの年会費は通常4,900円(税込)となるため、2年目以降の年会費4,400円は、Amazonプライムの年会費で簡単にペイでき、実質無料で保有することが可能です。

上述したようにポイント還元率や保険はAmazonゴールドカードのほうが優れているため、実質無料で持つことができると考えると、やはりAmazonゴールドカードのほうがおすすめといえるでしょう。

AmazonクラシックカードをAmazonゴールドカードに切り替える方法

AmazonクラシックカードからAmazonゴールドカードに切り替える方法は簡単です。まず、三井住友カード会員サイト「Vpass」にログインします。「カードの種類を切替える」という項目がありますので、そちらを選択してカードの切り替えを申請することができます。

あるいは、電話から資料請求する方法でも問題ありません。三井住友カードのスマートダイヤル24に電話をかけて、自動音声の指示にしたがいましょう。

電話にて会員番号と、カード種類切換申込書の資料番号を入力したら手続き完了です。あとは届いた申込書に必要事項を記入のうえ、返送します。そうすれば、1~2週間ほどでAmazonゴールドカードを受け取ることができます。

ただし、カードを切り替える際には、審査に通過する必要があります。審査に落ちたら、カードを切り替えることができません。

スムーズにランクアップするために、きちんとクレジットヒストリーを積んでおきましょう。

AmazonヘビーユーザーからAmazonライトユーザーまでお得に使えるカードを紹介!

Amazonユーザーの皆さんのなかで、「Amazon以外でもポイントを使いたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか。Amazonでお得にポイントを貯めながら、同時にさまざまなシーンでポイントを利用したい場合に適したカードは複数あります。

もし、Amazon Mastercard以外のカードをお探しであれば、以下の内容に目を通してみてください。Amazonをあまり利用しないライトユーザーから、月に何度もAmazonを利用するヘビーユーザーまで、お得に使えるクレジットカードを以下に紹介します。

AmazonゴールドカードやAmazonクラシックカードの機能と照らし合わせながら、自分に適しているのは、どのカードなのか考えてみてください。きっと皆さんに合うカードが見つかるはずです。

年会費永年無料でポイントの使い道も多数!エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

基本的にAmazonポイントはAmazon内でしか利用できません。Amazonゴールドカードで貯めたAmazonポイントも、同様にAmazon以外で利用することはできません。

「せっかくなら、もっといろんなシーンでポイントを使いたい!」と思う方もいるでしょう。そこで、おすすめしたいのが、エポスカードです。エポスカードは、株式会社エポスカードが発行しているクレジットカード。年会費は永年無料ですし、最高500万円の海外旅行傷害保険も付帯しています。

そして、エポスカードを利用すると、200円=1ポイントのポイントが貯まります。1ポイント=1円で利用可能です。つまり、通常のお買物だと0.5%の還元率でポイントが貯まるということです。

「還元率0.5%じゃあ、全然ポイント貯まらないよ…」と思われるかもしれませんね。しかし、ポスカード会員が利用できる「たまるマーケット」を経由してお買物すると、通常の2~30倍ポイントが貯まりやすくなります。

もちろん、Amazonもポイントアップの対象です。たまるマーケットから、Amazonへアクセスし、お買物すると、毎回ポイントが2倍多く貯まります。還元率が1.0%になるわけです。

それだけではありません。Amazonファッションでお買物すると、通常の6倍ポイントが多く貯まるようになります。0.5%の6倍ですから、還元率は3.0%まで増えます。Amazonを利用する方にはうれしい特典ですよね。

また、エポスポイントを他社のポイントに移行することも可能です。dポイントやWALLETポイントをはじめ、JALやANAのマイルに移行することができます。

さらに、各種の商品券やギフト券の交換にも対応しています。クオ・カードやApp Store&iTunesコードなど、多数の商品券やギフト券と交換することができます。もちろん、Amazonギフト券に交換することも可能です。

Amazonでポイントを利用する際は、Amazonギフト券に一度交換するという手間は発生しますが、これだけ多様な用途でポイントを使えるのは便利ですよね。Amazon以外でも、ポイントを自由にいろいろ使ってみたい皆さんに、エポスカードはピッタリな1枚です。

Amazonでポイントを貯めたり使ったりできる!dカード GOLD

dカード GOLD
dカード GOLDの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 1%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

皆さんはどの携帯会社と契約していますか?もし、ドコモの携帯を利用中なのであれば、ぜひお申込みいただきたいカードがあります。それが、dカード GOLDです。

dカード GOLDは株式会社NTTドコモが発行しているクレジットカードです。ドコモユーザーにうれしい特典が満載のカードとなっています。もちろん、Amazonユーザーにとっても便利なサービスが用意されています。

dカード GOLDを利用すると、100円=1ポイントのdポイントを貯めることができます。1ポイントは1円相当で利用可能なので、還元率は1.0%です。

さらに「dカードポイントUPモール」を経由してショッピングすれば、ポイントが通常の1.5倍~10.5倍まで増えます。

そして、dカードポイントUPモール経由でAmazonを利用した場合は、ポイント還元率が1.5%になります。さらに、Amazonファッションでお買物すると、通常の5倍の5.0%の還元率を実現できます。

加えて、ドコモ携帯や「ドコモ光」を利用中なら、毎月の利用金額の10%が還元されます。

例えば、毎月の携帯利用金額が5,000円(税抜)だった場合、500ポイントをゲットできるのです。ひと月500ポイント貯まれば、1年間で6,000ポイントも稼ぐことができます。

これなら「ポイントが貯まらない」という不満を抱くこともなくなるでしょう。

こうして貯まったポイントは、Amazonギフト券に交換しなくても、Amazonでそのまま支払いに利用可能です。

もちろん、dポイントはほかの場面でも使うことができます。グルメや家電などの商品と交換したり、Pontaポイントやときめきポイントなどの各種のポイントへ移行したりすることも可能です。

また、購入した携帯が壊れたり盗まれたりしたときでも、購入後3年間は最大10万円の補償が出ます。

「買ったばかりのスマホを水没させてしまった…」という悲しい事態にも、これなら対応できます。

付帯保険についても、最高1億円の海外旅行傷害保険や、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、年間300万円のショッピング補償など、非常に充実しています。

年会費は10,000円(税抜)かかりますが、これだけポイントの特典や付帯保険が設けられているのなら、けっして高いとは言えないでしょう。ポイントを効率よく貯めたい皆さんは、ぜひdカード GOLDの利用をご検討ください。

入会後6ヶ月間は最大3.5%のポイント還元率!オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD
オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 100円で1ポイントたまる!高還元率のゴールドカード
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯!
  • 国内外の宿泊施設、飲食店等の各種施設が優待価格で利用可!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
1,986円(税込) 1,986円(税込) 1%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDは、とにかくポイントがよく貯まるクレジットカードです。

実はAmazonゴールドカード以上にポイントが稼げるカードとなっています。

まず、オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDの基本的なポイント還元率は1.0%です。

100円のお買物で1円分のポイントが貯まります。

加えて、オンラインショッピングサイト「オリコモール」を経由してお買物すると、基本の還元率に1.0%がプラスされます。

そして、オリコモール経由でAmazonを利用すると、さらに0.5%の還元率が加算されます。

つまり、「1.0%+1.0%+0.5%」で、最終的に2.5%のポイント還元率が実現できるのです。

それだけにとどまらず、オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDは入会後6ヶ月間限定で、基本のポイント還元率が2.0%になります。

ここに、オリコモール経由のAmazon利用で貯まる1.5%をプラスすると、なんと3.5%の高還元率になるのです。


Amazonゴールドカードは2.5%の還元率ですから、オリコカード THE POINT PREMIUM GOLDは、1.0%もポイント還元率が高いことになります。

ポイントをたくさん貯めたい皆さんには、メリットのある部分でしょう。

貯まったポイントは500ポイントからAmazonギフト券に交換可能です。

500ポイント=500円
の交換になるため、ポイントが目減りするようなことにはなりません。

さらにうれしいのは、ポイントの交換先が豊富な点。

例えば、Google Play ギフトコード、nanacoギフト、ファミリーマートお買い物券など各種のギフト券や商品券との交換ができます。

ほかにも、WAONポイントや楽天ポイント、Pontaポイント、Tポイントなど、さまざまなポイントへの移行も可能です。

付帯保険についても充実しており、最高2,000万円の海外旅行傷害保険は自動付帯ですし、国内旅行傷害保険も利用付帯ではありますが、最高1,000万円の補償額が設定されています。

100万円までのショッピング補償も付帯しています。

これだけ充実の機能が付帯していて、年会費は1,950円(税込)です。

ポイント還元率の高いカードがほしい皆さんは、ぜひ申込みを検討してみてくださいね。

Amazonのキャンペーンと組み合わせれば、もっとポイントが貯まる!

「Amazonプライムデー」や「Amazonサイバーマンデー」など、Amazonでは、しばしばお得なキャンペーンが開催されています。

Amazonゴールドカードのよい点は、Amazonで開催されるこうしたキャンペーンに参加することで、通常よりもポイント還元率がさらにアップするところ。

Amazonゴールドカードのポイント還元率は最大2.5%ですが、キャンペーン期間中は、もっと高還元率でポイントを貯めることができます。


以下に、これまでAmazonで開催されてきたキャンペーンの内容を振り返りつつ、キャンペーン時のAmazonゴールドカードの還元率や特典について紹介します。

Amazonユーザーの皆さんは、見逃さないようにしてくださいね。

また、ここで紹介するのは、あくまでも過去のキャンペーン情報です。

今後開催されるキャンペーンにおいて、ポイント還元率やキャンペーンの内容が変更される可能性はありますので、その点はご注意ください。

ポイントアップチャンスキャンペーン開催時期は、最大7.5%のポイント還元率!

毎月のように開催される「Amazonタイムセール祭り」をご存知ですか?Amazonタイムセール祭りでは、人気商品を54時間限定のお得な価格で購入することができます。

そして、Amazonタイムセール祭りと同時期に「ポイントアップチャンスキャンペーン」というキャンペーンが開催されていることもあります。

該当ページから、Amazonタイムセール祭りにエントリーすることによって、このポイントアップチャンスキャンペーンにも参加することができます。

ポイントアップチャンスキャンペーンでは、通常よりも高還元率でポイントが獲得できます。

うれしいのは、Amazonゴールドカード会員なら、最大7.5%までポイント還元率をアップできる点です。

そして、タイムセール対象商品以外でも、このポイントアップは適用されます。幅広い商品でポイントをたくさん稼ぐことができるのです。

注意点としては、キャンペーン期間中にタイムセール対象商品を10,000円以上購入しなくてはならないこと。

そして、還元率7.5%のポイント付与は、5,000ポイントまでということ。この2点は認識しておいてくださいね。

5,000ポイント以降は、Amazonゴールドカードの2.5%のポイント還元率に戻ります。つまり、引き続きポイントは付与されるので、その点はご安心ください。

ちなみに、Amazonクラシックカードでも、ポイント還元率は最大7.0%になります。

いずれにしても、高還元率でポイントが獲得できるのですから、Amazonユーザーの皆さんは、ポイントアップチャンスキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

ポイント還元率が最大10%になるキャンペーン!Amazonプライムデー

Amazonプライムデーは、Amazon会員だけが参加できる年に1度の大セール。さまざまな商品がお手頃な価格で売り出されるので、この日のためにお金を貯めておくという方も多いようです。

Amazonプライムデーと同時に「プライムデーポイントアップキャンペーン」というキャンペーンも開催されます。キャンペーン期間中に該当のページにサインインすれば参加することができます。

そして、このプライムデーポイントアップキャンペーンに参加すると、Amazonギフト券やAmazonコイン、予約商品を除くすべての商品のポイント還元率がアップします。Amazonゴールドカード会員なら、最大10%のポイント還元率が実現できます。

ただし、5,000ポイント獲得以降は、Amazonゴールドカード本来の2.5%のポイント還元率に戻ります。この点は認識しておきましょう。

ちなみに、Amazonクラシックカードでも最大9.5%までポイント還元率は上がります。これだけお得にポイントがゲットできる機会はそうそうありません。Amazonプライムデーは年1回しか開催されませんから、いつ開催されるのかよく確認しておきましょう。

Amazon最大のキャンペーン、サイバーマンデーでもポイント還元率は最大10%!

サイバーマンデーは、年末に開催されるAmazonのビッグセールです。食品や日用品、ファッション、家電製品など各種の人気商品を割安な価格で購入することができます。

サイバーマンデーでも同時に「ポイントアップキャンペーン」が開催されています。キャンペーンのページにサインインすることで参加でき、対象商品以外の商品でもポイント還元率がアップします。Amazonゴールドカード会員なら最大10%まで還元率が上がります。

このように、Amazon MastercardはAmazonキャンペーンと組み合わせて利用することで、かなり効率よくポイントが貯められるのです。Amazonゴールドカードを手に入れたら、積極的にキャンペーンに参加して、ポイントをどんどん稼いでいきましょう。

Amazonゴールドカードのまとめ

Amazonポイントがどんどん貯まるAmazonゴールドカード。ここでは、ポイント還元率をはじめ、旅行傷害保険(国内・海外)やショッピング補償など、Amazonゴールドカードのさまざまな魅力を紹介しました。

では、最後にもう一度、Amazonゴールドカードのメリットを確認しておきましょう。以下にメリットをまとめましたので、Amazonゴールドカードを申込む前にチェックしておいてくださいね。

まとめ
  • Amazonでのお買物なら最大2.5%の還元率でポイントが貯まる
  • Amazonアカウントに直接ポイントが貯まるため、すぐに利用できる
  • 割引特典を活用すれば、年会費11,000円(税込)を4,400円(税込)まで割引ける
  • 即時審査サービスを使えば最短3分で仮審査の結果が出る
  • Amazonゴールドカードが到着するまで、Amazonテンポラリーカードを使ってカード決済ができる
  • Amazonプライムを追加料金なしで楽しめる
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外)が付帯している
  • 全国主要空港のラウンジが無料で使える
  • ETCカードやiD、家族カードでもポイントが貯まる
  • Amazonのキャンペーンに参加すると、ポイント還元率がさらにアップする

上記でわかるとおり、やはり、ポイント還元率の高さや充実の付帯保険が、Amazonゴールドカードの魅力といえるでしょう。

Amazonヘビーユーザーの皆さんには、ぜひおすすめしたいカードです。

ただし、Amazonをあまり利用しない方や別のポイントに交換したい方にとってはAmazonゴールドカードよりもAmazonクラシックカードや本記事でおすすめしている別のカードを選んだ方がお得な場合もあります。

ご自身のAmazon利用状況を考慮したうえで自分に合うカードを選びましょう。

大学卒業後、ライターとして活動を開始。主に「金融」「アニメ」のジャンルで記事を執筆。マネ会では、クレジットカードや電子マネー等の記事を担当。ほかにも、ダ・ヴィンチニュースにて「『君の名は。』新海誠監督の6作品を時系列で振り返る! 新海作品のテーマは「喪失」と「距離」!?」など、アニメ関連の記事も執筆している。ライターとしての活動以外にも、脚本や小説などの創作活動をおこない、『第33回シナリオS1グランプリ』では奨励賞を受賞。

木島 祥尭の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事