更新日:

クレジットカードは留学に必須!? その理由と学生向けのおすすめカードを徹底解説!

クレジットカードは留学に必須!? その理由と学生向けのおすすめカードを徹底解説!

留学が決まったら、パスポートや航空券など準備するものがいろいろとあります。なかでも、クレジットカードは留学に欠かせない必須アイテムだと言われているのをご存じでしょうか?

学生の場合、これまでにクレジットカードを作ったことがない、家族カードなどを持っていたとしても利用経験が少ない…というケースがほとんど。そのため、留学時のクレジットカードの必要性を理解できない人も多いようです。

この記事では、クレジットカードが留学に必須である理由をわかりやすく解説します。さらに、学生でも審査に通りやすく、留学にぴったりのクレジットカードもあわせて紹介します。

学生におすすめクレジットカードを比較!海外保険は付帯する?限度額はどうなる?2020年最新版
総合評価
4.2
調査結果:51件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~5.0%
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード
公式サイトを見る
総合評価
4
調査結果:2件
年会費: 無料
次年度以降: 1,250円(税抜)
ポイント還元率: 0.1 〜 0.5%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る
総合評価
4.5
調査結果:2件
年会費: 無料
次年度以降: 540円
ポイント還元率: 1.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る
総合評価
3.8
調査結果:6件
年会費: 無料
次年度以降: 3,000円
ポイント還元率: 0.7%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン
公式サイトを見る

学生必見! クレジットカードが留学に必要な理由

文部科学省によると、2017年に海外留学した日本人のうち、約36%は留学期間が1ヵ月以上となっています。

海外に滞在する期間が長くなると、お金を使う機会も金額もぐんと増えます。そのため、海外旅行のときよりもシビアにお金の使い方を考えなければいけません。

以下、留学にはどうしてクレジットカードが推奨されるのか、その理由をまとめてみました。

留学でクレジットカードが必須とされる理由

  • 現金を持ち歩くよりも安全!
  • 現金よりも使いやすい
  • 割安なキャッシング手数料で現金を調達できる
  • 付帯する海外旅行傷害保険が役立つ
  • 身分証明書として使える

クレジットカードは現金を持ち歩くより安全!

イギリスのエコノミスト誌が毎年発表している世界平和指数で、日本は世界163ヵ国のうち第9位にランクインしています。世界に認められる「平和な国」に暮らしているせいか、日本人の海外での危機意識はかなり低いと言われています。

さらにお金持ちのイメージも相まって、海外ではスリやひったくりといった盗難被害にあうことが少なくないようです。実際、外務省の発表では、日本人が遭遇した強盗や窃盗などの件数は、把握されているだけでも4,266件にも及んでいます(※1)。

不幸にもスリなどの被害にあった場合、警察に被害届を出しても現金はほぼ戻りません。盗まれたのが大金だったら、留学を断念せざるを得ないこともありえるでしょう。一方、クレジットカードの場合、カード会社に連絡すれば利用を停止できるため、被害を最小限に食い止めることができます。

留学生活でのリスクを減らすには、現金よりもクレジットカードを選ぶのが賢明です。

留学中は現金よりクレジットカードが使いやすい

オリンピックを前に政府主導でキャッシュレス化が推進されている日本ですが、クレジットカードを含むキャッシュレス決済の比率はわずか19.9%(2016年時点)。韓国の96.4%、イギリスの68.6%、アメリカの46.0%などと比べると、かなり低い数値であることがわかります(※2)。

この数値は、現金主義が根強い日本に対し、海外ではキャッシュレスによる支払いがメジャーであることを表しています。

いくらキャッシュレスが普及していても、海外で現金が使えないということはないでしょう。しかし、現金での支払いにイヤな顔をされたり、現金を受け付けない店に出会ったり…といった可能性はおおいにあります。

「郷に入れば郷に従え」ではありませんが、留学中はメジャーな支払い方法であるクレジットカードを利用するのがおすすめです。

クレジットカードの割安なキャッシング手数料で現金を調達できる

海外で現金が必要なときもありますよね。そんなとき、ほとんどの人が日本円を現地通貨に両替するでしょう。しかし、クレジットカードさえあれば、日本円がなくても現地通貨を調達することが可能です。

その秘密はクレジットカードのキャッシング枠たとえ海外に銀行口座がなくても、ATMからキャッシング枠の範囲内で現地通貨を引き出すことができるのです。

キャッシングには手数料がかかるためマイナスのイメージがあるかもしれません。しかし、キャッシング手数料は現金を両替するときの手数料よりも割安になるケースがほとんど!

また、キャッシング当日の実勢レートで換算されるため、両替するよりもお得に現地通貨を手にすることができます。

また、主要な空港、金融機関、スーパーなどさまざまな場所に多数のATMがあり、使い勝手も抜群。現金が必要なときに思いたったらすぐに利用できるのも嬉しいところです。たとえばVISAなら世界200ヵ国、260万台以上ものATMが対象となります。

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険が役立つ

海外では日本の保険制度が適用されず、病気やケガをしたときの医療費が高額になる傾向にあります。たとえば人気の留学先であるアメリカ・ニューヨークでは、診察費だけで約1,000ドル超入院1日あたりで1~2万ドルかかることも珍しくありません(※3)

そのため、海外に行くなら、いざというときに備えて海外旅行傷害保険に入るのが必須です。そこでおすすめなのが海外旅行傷害保険を付帯したクレジットカード。治療費用や賠償責任、救援者費用などの保険がついたクレジットカードを選べば、保険代を節約しながら安心の補償をプラスできます。

また、クレジットカードは海外でのサポートダイヤルも充実しているので、病気やケガの心配ごとなどを日本語で相談できるのも便利なポイントです。

クレジットカードが留学中の身分証明書として使える

クレジットカードでの支払いが日本よりメジャーな海外では、クレジットカードへの信頼性が高め。クレジットカードを所有しているだけで、相応の支払い能力のある〝信頼できる人物”だとみなされることが多いようです。

そのため、クレジットカードが身分証明書の代わりに必要となるケースもあります。

たとえば留学先で旅行をするとき。ホテルのチェックインやレンタカーの利用ではクレジットカードの提示を求められることがほとんど。留学中は学生という身分もあって、身元を証明するのはなかなか大変です。けれど、クレジットカードがあるだけで、こうした問題はすんなり解決するはずです。

(※1)外務省「2017年(平成29年)海外邦人援護統計」2018年12月
(※2)一般社団法人キャッシュレス推進協議会「キャッシュレス・ロードマップ 2019」2019年4月
(※3)外務省「世界の医療事情」アメリカ合衆国(ニューヨーク)

留学時のクレジットカードは原則2枚持ち!

留学ではクレジットカードが不可欠であることがわかってきましたが、さらに最低でも2枚は所有することが望ましいと言われています。

そこで、留学時にクレジットカードを原則2枚持ちすべき理由について、以下にまとめてみました。

留学時にクレジットカードを2枚持ちすべき理由

  • 国際ブランドによって使える店が違う
  • 磁気不良や破損などのカードトラブルに備える
  • 決済エラーが出たときに予備のカードとして使える
  • クレジットカードの再発行はハードルが高い
  • 限度額が2枚分あると心強い
  • 付帯保険を最大6カ月間に延長できる

クレジットカードの国際ブランドによって使える店が違う

クレジットカードを申し込むときにはVISAMastercardJCBなどの国際ブランドを選べます。

メジャーな国際ブランドは海外のどの国でも使いやすさに大差はありません。しかし、よほど有名な観光地でもない限り、場所や店によっては特定の国際ブランド以外は使えないということはよくあります。

そのため、クレジットカードはVISAとJCB、Mastercardとアメックス…のように、異なる国際ブランドを組み合わせて持つのがおすすめです。

最先端の決済サービスを提供するMastercard、日本人に手厚いサービスを提供するJCBなど、国際ブランドを組み合わせることでそれぞれの強みを活用することができるのもメリットになります。

磁気不良や破損などのカードトラブルに備える

磁気ストライプを持つカードや強い磁気を発するスマートフォン、磁石のついたバッグなどと持ち歩いていると、クレジットカードに磁気不良が起こることがあります。

また、ATMの規格の違いなどから、日本では問題なく使えていたクレジットカードが海外で急に使えなくなることもあるようです。

こうした磁気不良などのトラブルによって急にカードが使えなくなると、再発行するしかありません。留学中にクレジットカードを2枚持っていると、このようなトラブルへの備えになるのです。

決済エラーが出たときに予備のクレジットカードがあると安心

クレジットカードはカード読み取り機でカード情報を読み取り、その情報をカード会社に送ることで決済処理が行われます。海外ではこの決済処理のタイミングでエラーが発生することが珍しくありません。

日本で決済時にエラーが出るのは、カードの有効期限切れや限度額オーバーなど、カード会社に情報を送った結果であるケースがほとんど。しかし海外では、通信状態が不安定などネットワークエラーが原因であることも多いようです。

原因がはっきりしないことから店側が何度も決済しようとすると、セキュリティロックがかかって、問題のないクレジットカードでも一時的に使えなくなることがあります。

そんなときにも2枚目のカードがあれば、決済処理に再チャレンジできます

一部の国では決済時に暗証番号が必要!

留学する国によってはクレジットカードの利用方法が異なること場合があり、それが原因で通信エラーを招くこともあります。

たとえばイギリスやフランス、トルコ、中国、ニュージーランドなどでは、ICチップ搭載のクレジットカードを利用するのに暗証番号の入力が必須(※1)。暗証番号を忘れてしまうとカード決済できなくなるので、留学前には暗証番号の確認を忘れないようにしましょう。

留学中のクレジットカード再発行はハードルが高い

磁気不良、紛失や盗難といったトラブルから、クレジットカードの再発行が必要になったときには、すぐにクレジットカード会社に再発行の連絡をしましょう。

ほとんどのクレジットカード会社が24時間365日、カードの再発行を日本語で受け付けてくれます。ただし、日本にいるときと違い、留学中のクレジットカードの再発行には手間や時間がかかると言われています。

現地に送ってもらえるのは緊急用のカードのみで再発行は日本でしかできない、日本での再発行にも手数料が1万円前後かかる、といった制約のあるクレジットカードが一般的。日本にいる家族に再発行と送付をお願いすることもできますが、郵送トラブルが心配ですよね。

こんなときにも、あらかじめ2枚のクレジットカードを用意しておけば、残り1枚と緊急カード1枚とで留学生活を乗り切れます。

限度額が2枚分になるといざというときに心強い

留学では授業料や航空運賃が出品の大半を占めますが、留学では滞在費の負担が大きくなりがちです。

たとえば、比較的リーズナブルなカナダ・バンクーバーへの語学留学(6カ月間)では、授業料6,630カナダドルに対し、滞在費もほぼ同額の5,712カナダドル(※2)かかるとされています。大都市になればさらにその金額はアップします。

クレジットカードには1枚ごとに利用限度額が定められています。よほど使いすぎない限り、留学生活で限度額オーバーにはならないでしょうが、新学期や長期休暇中には思わぬ出費をしてしまうこともありえます。

そんなときにも2枚のクレジットカードがあれば、2倍の限度額を確保できてます。いざというときにも「使えるお金がまだある」のは心強いはずです。

付帯保険の適用期間を最大6カ月間に延長できる

クレジットカードに付帯する保険の適用期間は3か月(90日間)であることがほとんど。

短期留学であれば問題ありませんが、たとえば半年の留学だとクレジットカードの保険では留学期間をカバーできません。しかし、自分で保険に加入すると半年間で61,596円の保険料がかかる(※3)など、保険代はけっこうな負担になります。

ところが、クレジットカードの選び方によっては最大で6カ月間、適用期間を延ばすことができます。ポイントは保険が自動付帯であるか利用付帯であるかどうかです。

自動付帯と利用付帯の違い

  • 自動付帯:カードを所有するだけで出国日から補償される
  • 利用付帯:出国日以降、カードを使った日から補償される

自動付帯保険は出国日に家を出た時点から保険が適用されるのに対し、利用付帯される保険は出国日以降で初めてカードを使った日から保険が適用されます。

つまり、自動付帯と利用付帯、それぞれの保険が付帯したクレジットカードが2枚あれば、当初3か月間は自動付帯でカバーし、次の3か月間に入るタイミングで利用付帯のカードを使うことで、最大6カ月間の補償が受けられるというわけです。

長期にわたってお得に補償を受けたいなら、クレジットカードに付帯する保険の種類についても見極めるといいでしょう。

エポスカードなら年会費無料で自動付帯の海外旅行保険が付帯します。

疾病治療費用では270万円までの補償となっており一枚持っておけば安心です。

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード
エポスカード付帯の海外旅行保険はどんな補償内容? 緊急時のサービスからデメリットも徹底解説
(※1)クレジットカードなら、JCBカード「海外でのカード利用上のご注意」
(※2)留学ジャーナル「海外留学大事典 留学の費用」
(※3)価格.com「留学保険/ワーホリ保険 みんなの加入状況」

学生でも申し込める! 留学におすすめのクレジットカード4選

留学を考えているけれど、「学生だからクレジットカードに申し込めるか不安」という人もいるでしょう。そこで、学生でも申し込みやすいクレジットカードを厳選! なかでも留学におすすめの4枚をピックアップしてみました。

学生や若い世代を対象に、留学を支える手厚いサービスが魅力のカードばかりですので、ぜひお気に入りの1枚をみつける参考にしてください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 3,000円 0.7%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)は、セゾンカードインターナショナルの基本機能はそのままに、アメックスならではのステータス感あるサービスなどをプラスした1枚。

2年目以降は年会費が3,000円(税抜)かかりますが、ネット申込み限定で26歳になるまでは年会費無料の特典が受けられます。高校生を除く18歳以上なら申込み可能で最短で即日発行もできるので、留学前にクオリティの高いカードをすばやく手に入れたい人におすすめです。

国内旅行傷害保険のほか、留学に役立つ海外旅行傷害保険が自動付帯。
最高3,000万円の手厚い補償で、治療費用も300万円が限度という手厚い内容です。ショッピング保険も国内外問わず、年間最高100万円まで補償されます。

また、世界の主要都市に海外アシスタントデスクを設置しており、留学先での情報を得られるのはもちろん、トラブルへの対処法なども日本語で教えてもらえます。帰国時に空港から自宅まで手荷物1個を無料配送してもらえるのも、留学生には嬉しいサービスのひとつ。

留学にかかる費用をカード払いすれば、1,000円ごとに1ポイントの永久不滅ポイントも貯まります。有効期限がないので、留学中に貯めて帰国後に利用もアリです!

セゾンアメックス5種を徹底比較!年会費無料のパールから最上級プラチナカードの特長まで解説!

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード
楽天ANAマイレージクラブカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 1年に1度でも利用すれば実質年会費永久無料
  • マイルと楽天スーパーポイントが両方貯まる!
  • 楽天Edyが利用できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 540円 1.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

2018年に10年連続でクレジットカードの顧客満足度ナンバーワンに輝いた楽天カード。その楽天カードのなかでも留学にぴったりの1枚が楽天ANAマイレージクラブカード。

楽天カードと楽天Edyと楽天ポイントカード、さらにANAマイレージクラブと4枚分の機能がひとつになったカードです。

楽天カードといえば〝貯まる・使える”楽天スーパーポイント。楽天ANAマイレージクラブカードも、通常で100円ごとに1ポイント、さらに楽天市場で利用すれば通常の3倍のポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。貯まったポイントは2ポイントごとに1マイルと交換できます。

さらに、ANAマイレージモールを経由して楽天市場でネットショッピングすれば、200円ごとに1マイルと2ポイントの二重取りも可能と大変お得!

また、一般のANAカードには年会費がかかりますが、こちらのカードは初年度無料に加え、2年目以降も年1回の利用で通常500円(税抜)の年会費が無料になるのも魅力。

利用付帯の海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償されるなど、サポート内容も充実しています。

新規入会キャンペーンでお得に入会も

楽天ANAマイレージクラブカードを新規申込みすると、新規入会特典2,000ポイント利用特典3,000ポイント(申込日の翌月末までの利用)で、計5,000ポイントがプレゼントされます。

さらに今なら2020年5月末までANA楽パックで使える4,000円分のトラベルクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。

楽天カードのメリットはポイント還元率だけじゃない!5つの特長とお得な使い方を解説

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAカード(アミティエ)
三井住友VISAカード(アミティエ)の詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会で初年度年会費無料!
  • 最高2,500万円の旅行傷害保険が付帯
  • 安全に利用できる写真入りICカードが選択可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,250円(税抜) 0.1 〜 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAアミティエカードは若い世代でも使いやすい、魅力的なクレジットカードです。券面デザインは淡いピンク色で公式サイトには「女性のための」との表現がありますが、男性でも申し込めます。

アミティエには社会人向けと学生向けの2種類があり、学生向けのカードなら在学中は年会費無料。無料ながらキャッシング枠などの機能は備えており、留学先でも役立ちます。

そして、アミティエの最大の魅力が旅行傷害保険です。最高2,500万円もの海外・国内旅行傷害保険が自動付帯(死亡・後遺障害の補償のうち300万円のみ利用付帯)。

ケガも病気も、持ち物のトラブルも手厚く補償します。最高100万円のショッピング補償もあり、海外での生活全般をカバーします。

三井住友VISAカードとなると審査に時間がかかるイメージもありますが、最短3営業日で発行されるのでスムーズにカードを入手できます。

アミティエのポイントは1,000円ごとに1ポイントと還元率はあまり高くないので、ポイント目的で選ばれるカードではありません。

しかし、三井住友VISAカードのステータスを無料で手に入れることができるため、海外で信頼性の高いカードを使いたい人におすすめです。

三井住友VISAアミティエカードは旅行や買物が好きな女性におすすめなカード!

エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカード日本国内在住の18歳以上であれば誰でも申込みができるクレジットカードです。審査基準に年収に関するものがないことから、ほかのカードの比べて審査に通りやすいと言われており、学生のクレジットカードデビューにおすすめ。

入会金や年会費が無料でクレジットカードの維持費は一切かからないにも関わらず、自動付帯する海外旅行傷害保険の内容が充実。

治療費用に最高270万円、携行品損害に最高20万円の補償がつくなど、ケガや病気、持ち物の破損といった必要性の高い項目が特に手厚くなっているのが特徴です。


さらに、医療費のカード払いもOK! 保険金がおりるまでに立て替え払いが必要なときにも、キャッシュレス決済で対応できます。年中無休で対応してくれる日本語によるサポートデスクも心強い存在です。

200円ごとに1ポイントが貯まるエポスポイントも見逃せないメリットのひとつ。貯まったポイントはほぼ1円=1ポイントとして、Amazonやマルイ商品券、スターバックスなどの人気ギフト券とも交換可能です。ポイントを無駄なく使えるのも嬉しいですね。

即日発行にも対応しているので、留学前で時間がない人でも発行しやすいのも魅力。年4回開催のマルイのセール期間中、さらに10%オフのショッピングが楽しめるので、留学を終えたあとも利用価値大です!

エポスカードは年会費無料でお得なメリットや特典が豊富!デメリットはあるの?

留学でクレジットカードを利用するときの注意点

クレジットカードに不慣れなだと、留学中に思わぬ理由でカードが利用できなくなることがあります。そこで、クレジットカード利用者として押さえておきたい注意点をまとめてみました。

引き落とし口座に残金がじゅうぶんにある

クレジットカードの利用額は1ヵ月分ごとに指定された金融機関の口座から引き落とされます。口座に残金がなければ引き落としができず、延滞扱いになってしまいます。

クレジットカードの支払いの遅れは個人の信用に関わります。カード会社により対応に違いがあるとはいえ、1日でも延滞すればクレジットカードの利用停止につながると考えて間違いありません。

さらに、延滞には遅延損害金も発生します。信用に傷がついてカードが使えなくなるうえに、無駄な費用がかかるのですから、悪いことだらけですよね。

まずは口座にじゅうぶんな現金が残っているかを確認することが大切です。そして、万が一延滞してしまったら、すぐにカード会社に連絡して対応方法を教えてもらいましょう。

クレジットカードの有効期限が留学期間をカバーしている

留学準備にかける期間は人によってさまざまですが、3~6ヵ月前には留学先の学校を選定することが望ましいとされているようです。TOEFL対策など勉強にかける時間も考慮すれば、1~2年前には留学準備をスタートすることもあるでしょう。

留学準備の一環として早めにクレジットカードを取得する人もいますが、その場合、クレジットカードの有効期限に注意が必要です。

クレジットカードが有効期限を迎えると更新カードが自動的に送付されますが、留学で海外にいると手元に届くタイミングがずれ、カードのない空白期間が生まれる可能性があります。

留学前にクレジットカードを取得した人は有効期限を確認しましょう。留学中に有効期限が切れるなら、新たなカードを取得しておいたほうがいいかもしれません。

クレジットカードの限度額は留学中の生活費に足りている

クレジットカードの限度額は必要に応じて変更が可能です。

使いすぎを防いだり盗難時のリスクを下げるために限度額の設定としては下限の10万円程度にする人もいますが、すぐに限度額オーバーで使えなくなることも考えられます。

逆に限度額を高額に設定しすぎると、使いすぎなど金銭トラブルの元になることも。

クレジットカードの限度額は留学先での生活実態に見合ったものにすることが重要です。

カナダやニュージーランドは比較的リーズナブルに済む一方で、アメリカやイギリスは授業料も物価も高いなど、国によって留学にかかる費用は大きく異なります。渡航前に現地の情報を収集しておくといいでしょう。

留学時のクレジットカードまとめ

これから留学を考える人にとってもっとも大切なのは、希望条件に見合った学習環境を手に入れること。夢をかなえるための勉強や準備に忙しく、留学中の生活への備えは後回しになりがち

けれど、渡航先での安全性や信頼性を高めてくれるクレジットカードは、留学準備のなかでも重要度の高いアイテムのひとつ。じっくり検討する時間を設けるようにしましょう。

日本で使うのとは違い、留学中のクレジットカードはトラブル時にも強い味方になってくれます。海外旅行傷害保険の内容やサポートデスクなど、海外で頼れる機能やサービスをきちんと確認して選ぶのがおすすめです。

学生におすすめクレジットカードを比較!海外保険は付帯する?限度額はどうなる?2020年最新版

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事