更新日:

家賃の支払いにおすすめのクレジットカードを厳選して紹介!メリットだけでなく注意点も解説します

家賃の支払いにおすすめのクレジットカードを厳選して紹介!メリットだけでなく注意点も解説します

支出のなかで大きな割合を占める「家賃」。銀行振込や口座振替で支払っている人がほとんどだと思いますが、実はクレジットカードで家賃が支払える物件が増えてきています。

クレジットカードで家賃を支払うと毎月かなりのポイントが貯められるだけでなく、振込などの手間や手数料もかからなくなります。しかし、クレジットカードで家賃を支払える物件数はまだ少なく、支払いに使えるクレジットカードが限定されていることもあります。

そこでこの記事では、家賃をクレジットカードで支払える物件の探し方や、家賃をクレジットカードで支払うメリット、家賃の支払いにおすすめのクレジットカードなどを紹介します。

家賃の支払いでポイントを貯めてお得な生活を送りましょう!

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

エポスカード

エポスカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%~5.0%
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%~2.0%

家賃をクレジットカードで支払うことは可能

クレジットカードで家賃を支払える物件は増えてきており、家賃をクレジットカードで支払うことは可能です。

増えてきているとはいえ、カード決済可能な物件がこれまであまり広まらず、現在もまだ少ないことには理由があります。

通常クレジットカードで支払うときには、クレジットカードを利用したお店(加盟店)がカード決済手数料を負担します。ですが家賃の場合、カード決済手数料は不動産管理会社や家主が負担します

クレジットカードで家賃を支払えるようにすると、家賃収入からカード決済手数料が引かれることになり、収入が減るので嫌がるオーナーがいることも事実です。クレジットカードで家賃を支払える物件が少ないのはこのカード決済手数料が大きな原因だと考えられます。

しかしカード決済やキャッシュレス決済が普及したことにより、カード決済可能な物件は今後も増えていく傾向にあります。

もし今現在、家賃の支払いを銀行振込みや口座引落にしていて、クレジットカード払いに変更したいという場合、不動産管理会社によっては変更できるところもあります。たとえば、大東建託やイオンカードde家賃ではカード払いに変更できます。

しかし、カード決済手数料が発生してしまうため、入居中のカード払いへの変更は断られる可能性もあります。そのため、家賃をクレジットカード払いにしたいなら、物件を探す時点でカード決済可能な物件に絞ると確実です。

クレジットカードで支払いができる物件の探し方

家賃をクレジットカードで支払える物件は、以下のような不動産情報サイトで検索できます。

家賃をクレジットカードで支払える物件を検索できる不動産情報サイト

  • SUUMO
  • HOME’S
  • ホームアドパーク
  • アパマンショップ
  • at home
  • いい部屋ネット

「カード決済可」や「クレジットカード利用OK」などで検索すると、物件を絞り込むことができます。

クレジットカードで支払える物件特集」という特集を組んでいる不動産情報サイトも多いので参考にしてください。

毎月の家賃はクレジットカードで支払えなくても、入居時の初期費用(敷金、礼金、前払い家賃、仲介手数料など)のみカード決済が可能な物件もあります。「カード決済可」と書かれていても、初期費用のみの場合があるので注意してください。

いい部屋ネットを運営する大東建託や、レオパレスは家賃もカードで払えます。アパマンショップはPontaと提携しているのでクレジットカードのポイントだけでなくPontaポイントも貯まるなど、各社にそれぞれ特徴があります。

また、支払いには特定のクレジットカードしか使えない場合があります。たとえば、レオパレス21ではマイルが貯められるJALカードか、Tカードプラスしか基本的に使えません。

家賃をクレジットカードで払うメリット

家賃をクレジットカードで支払うと、振込に行く手間がかからず、手数料が節約できる上、ポイントが貯まるなどメリットは多く、お得で便利になります。

家賃をクレジットカードで支払うメリットをくわしく紹介していきます。

ポイントが貯まる

振込や口座振替では何も残りませんが、クレジットカードで家賃を支払うとクレジットカードのポイントを貯めることができます。

また、年間の家賃合計金額を見ると、かなりの金額を支払っています。たとえば月6万円でも年間では72万円です。この金額に対してポイントがつくので、ポイントがかなり貯められます。

なお、クレジットカードのポイント還元率が高いほど、ポイントを効率よく貯められます。

たとえば還元率が0.5%だと、年間72万円の家賃分で貯まるポイント数は3,600ですが、還元率が1.0%に上がると年間で貯まるポイント数は7,200となります。還元率が違うと、支払う金額は同じでも獲得できるポイント数が大きく変わってきます

家賃の振込手数料がゼロに

もしも口座引落ではなく家賃を振り込んでいる人なら、家賃をクレジットカード払いにすると振込の手間をゼロにすることができます。銀行やATMに家賃を振込みにいく手間、あるいはネットバンキングでの操作時間が必要なくなります。

家賃の支払いでは振込手数料がかかることがありますが、カード決済にすると振込手数料も節約できるだけでなく、うっかり支払い忘れることも防げます。口座引き落としの場合も振替手数料がかかることがありますが、カードで支払うと振替手数料も節約できます。

支払いのタイミングを後払いにできる

クレジットカードには、家賃の支払いがおこなわれる決済日と、口座から代金が引き落とされる支払日の間に1ヶ月ほどのタイムラグがあります。

そのため、何かと出費がかさむ入居初期段階でかかった初期費用の支払いを1ヶ月後回しにすることができます。入居時の初期費用はリボ払いや分割払いにできる場合もあります。

引っ越しなどで出費が重なり、一時的に手元に現金がなくなっても家賃を支払えるのもメリットです。支払いのタイミングがずらせるので、決済日以降に振り込まれる予定のボーナスで支払うといったことも可能であり、家賃滞納の心配が減らせます。

クレジットカードの明細で支出をまとめて管理できる

ガス料金、電気料金、電話料金などと一緒に家賃もまとめてクレジットカードの利用明細で管理することができます。まとめることで、確認も簡単になり便利です。

また、すべてまとめて支払えるので入金を忘れる心配もありません。

クレジットカード会社が家賃保証してくれることも

保証会社が発行するクレジットカードであれば、クレジットカードが家賃保証してくれるという側面もあります。

そのため、入居時には保証会社のクレジットカードを作る必要があるが保証人は必要ないという場合もあります。

カード会社と提携している不動産であれば、入居する際にカード会社が保証人になってくれる「家賃保証サービス」というサービスもあります。家賃保証サービスを使うと入居時の保証人は必要ないので、保証人を探す手間が省けスムーズに入居できます。

家賃の支払いでポイントが貯まるおすすめのクレジットカード

家賃の支払いでポイントが貯められるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

いずれもカード会社と提携している不動産管理会社、不動産仲介会社で使えるクレジットカードで、すべて年会費無料で使うことができます。

家賃保証サービス「Rent Quick」ならセゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナルの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会金・年会費永久無料
  • ポイントは有効期限なしで、永久不滅!
  • 全国の西友・リヴィンで5%OFF
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

クレディセゾンの家賃保証サービス「Rent Quick」とは、カード会社であるクレディセゾンが家賃などを保証するサービスのことです。クレディセゾンが入居者を保証するので、保証人を探す手間は必要ありません。

Rent Quickでは、保証料と家賃をセゾンカード払いにするか口座振替にするか選ぶことができます。口座振替手数料は無料ですが、セゾンカード払いにすると1,000円ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが貯まるのでお得です。

さらに、Rent Quick契約者であり、かつ家賃をセゾンカードで支払っている人であれば、家賃と次年度の保証料をポイントで支払える「ポイントde家賃充当サービス」が使えます。

家賃と保証料をセゾンカード払いにして貯めたポイントは、400ポイント単位でポイントde家賃充当サービスに使うことができ、400ポイントで2,000円相当の家賃、保証料となります。

Rent Quickで使うセゾンカードには、「セゾンカードインターナショナル」がおすすめです。

セゾンカードインターナショナルは年会費が永年無料で、18歳以上であれば学生(高校生不可)や専業主婦でも申込めます。さらに、即日発行可能なカードなので、Rent Quickを利用するためにセゾンカードインターナショナルを申込んだ場合でもカードをすぐに発行することができます。

家賃だけでなく、普段の買い物などでも1,000円ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。西友、リヴィン、サニーでは毎月第1と第3土曜日にセゾンカードインターナショナルを利用すると5%OFFになるので、家賃の支払いだけでなく普段使いにもおすすめです。

マルイの「お部屋探しnet」を利用するならエポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

マルイの「お部屋探しnet」とは、家賃保証サービスROOM iD(ルームアイディ)が利用できる物件(首都圏、関東近郊)を探せる不動産サイトです。

ROOM iDとは、カード会社であるエポスカードが家賃などの保証をするサービスのことで、エポスカードが入居時の連帯保証人になってくれます。

エポスカード会員でなくても利用可能ですが、エポスカード会員なら家賃の支払いでポイントが貯まるのでお得です。

エポスカード会員がROOM iDを利用すると、家賃や保証料などをエポスカードで支払うことができ、200円ごとに1ポイントのエポスポイントが貯まります。

たとえば家賃が6万円なら1年間で3,600ポイント貯められることになります。貯めたポイントは1ポイント=1円相当で交換できます。

エポスカードは入会費、年会費ともに永年無料です。マルイ店頭では最短即日発行も可能です。さらに、年会費が無料のカードでは珍しく、海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

エポスカードの優待が利用できる店舗は全国で10,000以上あり、アート引越センターの引越基本料金は20%OFF、ブックオフオンラインの通常買取金額は10%UPなど、新生活にうれしい優待が使えるのも大きなメリットです。

(30代 / 男性 / その他 / 年収200万円未満)

当時住んでいたアパートを借りる際、エポスカードを通した家賃の振り込みと保証会社への登録が必要な契約だったため。指定されたものとしてエポスカードを選択した。家賃や保証会社、保険などが一括して支払えるということで、そのアパートに住む間は非常に便利だと思ったことを覚えている。

家賃の支払いに充てていたので、毎月必ずまとまった額を使うことになるのでポイントの貯まり方が早く良いと感じた。また、ポイントをアパートの更新や保険の更新などに使える契約だったため長期に住むことを考えると住み続けることで契約の際に必要なまとまったお金を用意する手間が省けることも魅力的だった。

エポスカードで家賃、保証料、保険をすべてまとめて支払えるのは便利ですね。さらに毎月家賃分のポイントが貯められるのでお得です。貯めたポイントをアパートや保険の更新時に利用できる契約だと、ポイントの使い道に困る心配もありませんね。

「イオンカード de 家賃」を利用するならイオンカードセレクト

イオンカードセレクト
イオンカードセレクトの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも基本の2倍!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は お買い物代金が5%OFF
  • 55歳以上の会員さま限定!毎月15日「G.G感謝デー」は5%OFF
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~2.0%
電子マネー
WAON(ワオン)
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

「イオンカード de 家賃」は、家賃をクレジットカードで支払うことでポイントが貯められる決済サービスのことです。イオンカード会員限定のサービスなので、利用するにはイオンマークのカードが必要です。

家賃保証サービスが付帯しているので連帯保証人は必要ありませんが、物件によっては連帯保証人や身元引受人が必要な場合があります。

イオンカード de 家賃では、設定した口座から家賃が支払われ、保有するイオンカードにポイントが付与されます。家賃200円ごとに1ポイントのときめきポイントが貯まります。

イオンカード de 家賃の取り扱い不動産会社は日本全国にあり、イオンカード de 家賃の対象物件にすでに住んでいる場合は、イオンカード de 家賃に切り替えることができます。

イオンカード de 家賃を利用するにはイオンカードが必要ですが、「イオンカードセレクト」がおすすめです。

イオンカードセレクトは年会費が無料で、電子マネーWAONとイオン銀行のキャッシュカード、クレジットカードが1枚になったカードです。イオングループの店舗でイオンカードセレクトを使うといつでもポイントが2倍で、毎月20日・30日のお客様感謝デーでは買い物代金が5%OFFになります。

イオン銀行のATM入出金手数料が無料、イオン銀行宛て・他行宛ての振込手数料も無料とうれしいメリットもあります。

アート引越センターはイオンカードの優待加盟店なので利用するとポイントが2倍になるなど、引っ越しでも使えるので便利です。

「スターツピタットハウス」なら夢なびVISAカード

スターツピタットハウスの物件では、家賃をクレジットカードで支払える「家賃deポイント物件」がありますが、対象となるクレジットカードは「夢なびVISAカード」だけになります。

夢なびVISAカードは、初年度の年会費は無料です。2年目以降は年会費1,250円(税別)がかかりますが、年1回以上のショッピングで無料にすることができます。

年会費無料となる条件のショッピングには家賃と公共料金の支払いが含まれるので、家賃を夢なびVISAカードで支払っている限り年会費はずっと無料です。

家賃の支払いに口座振替を使っている場合は振替手数料がかかりますが、カード払いにすると手数料はかからなくなるのでカード払いがお得です。

夢なびVISAカードで家賃を支払うと、1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントが貯まります。貯めたポイントは1ポイント=5円相当で交換できます。

たとえば家賃が月9万円なら、夢なびVISAカードで支払うと1年間で最大6,000円相当のポイントが貯まります。

夢なびVISAカードで電気、ガスの公共料金も支払うと、その分のポイントは2倍になります。

また、1年間の支払い累計金額によって夢なびVISAカード独自のボーナスポイントが付与され、50万円だと50ポイント、100万円だと100ポイントです。家賃をカードで支払っているなら、たとえば月6万円でも年間では72万円、月9万円なら年間108万円なので、ボーナスポイントの獲得は十分可能です。

家賃をクレジットカードで支払う際の注意点

クレジットカードで家賃を支払う場合には、クレジットカードの限度額オーバーに注意が必要です。使用するクレジットカードの限度額や利用可能枠は必ず確認しておきましょう。

もし家賃の支払いを滞納してしまった場合は、クレジットカードの返済を滞納したことになるので、クレヒス(クレジットヒストリー)に傷がついてしまいます。

クレヒスとは、クレジットカードやローンなどの利用履歴のことで、信用情報機関というところに記録されています。クレヒスに傷がつくと、クレジットカードやローンなどの審査に通りにくくなる可能性があります。

クレジットカードでは、決済日と支払日にタイムラグがあるので、支払日までに入金するのを忘れて残高不足になる可能性もあります。あらかじめ家賃分のお金は入金しておきましょう。

カードによっては、家賃の支払いはポイント付与対象外である場合があります。また、家賃のみがポイント付与対象である場合や、家賃・共益費・管理費などがすべて付与対象である場合もあるので、手持ちのカードがポイント付与対象になるのかどうかをあらかじめ確認しておいたほうがよいでしょう。

カード払いが可能な物件の家賃は、口座振替や振込みが必要な物件よりも割高である可能性があります。物件によってはカード決済手数料分を家賃や管理費に上乗せしている場合もあるので、物件を決める前に相場をある程度確認しておきましょう。

また、カード決済が可能な物件はまだ少ないので、選べる物件が限定されてしまいます。

さらに、家賃の支払いには指定されたクレジットカードしか使えない場合もあります。指定されている場合は新たにカードを作る手間と時間がかかるので、持っているクレジットカードが使用できるか前もって聞いておくとよいでしょう。

家賃を支払えるおすすめクレジットカードまとめ

家賃や初期費用をクレジットカードで支払える物件は増えてきています。家賃をクレジットカード払いにできると、ポイントが貯まり、手数料が節約でき、家賃保証サービスが利用できるなど、お得で便利になります。

しかし、現在口座振替や銀行振込で家賃を支払っている人がカード払いに変更したい場合、変更できる不動産もあれば、断られる可能性もあります。家賃をクレジットカードで支払いたい場合、最初からカード決済可能な物件を探して入居するほうが確実です。

家賃をクレジットカードで支払う場合には注意点もあります。知らずに限度額をオーバーしてしまい家賃が支払えない場合や、支払日までに入金し忘れて残高不足になってしまうことも考えられます。

また、家賃の支払いに使えるクレジットカードが指定されている場合や、カード払い以外の物件よりも家賃が割高になる可能性もあるので、事前の確認が必要です。

家賃の支払いでポイントが貯められるクレジットカードは、Rent Quickを利用するなら「セゾンカードインターナショナル」、お部屋探しnetの物件なら「エポスカード」、イオンカード de 家賃を使うなら「イオンカードセレクト」、スターツピタットハウスの物件なら「夢なびVISAカード」がおすすめです。

すべて年会費無料で使うことができ、家賃をカード払いにするだけでポイントが貯められます。さらに、家賃保証サービスがついているので保証人を探す手間がかからず、スムーズに入居できるのでおすすめです。

関連記事