更新日:

楽天プレミアムカードの審査は甘い?審査に落ちないためのポイントを解説!

楽天プレミアムカードの審査は甘い?審査に落ちないためのポイントを解説!

「特典やサービスが充実しているゴールドカードを持ちたい!」

「楽天カードを長年使ってきたけど、ポイント還元率や旅行保険の面で何か物足りない…。」

クレジットカードの中でも、ステータスカードと呼ばれるゴールドカードは、特典もポイント還元率も充実したカードが並びます。ただし、特典が充実しているだけに、審査のハードルが高いのも事実。

そんなあなたの強い味方となってくれるのが「楽天プレミアムカード」です。高いポイント還元率と特典がありながら、楽天プレミアムカードは比較的審査にも通りやすいカードです。

このページでは、楽天プレミアムカードの審査について、審査の仕組みから注意点、落ちた時の対処法までわかりやすく解説しています。

楽天カード、楽天ゴールドカードからの切り替えの目安についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの詳細
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カード

楽天カードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~20.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの詳細
年会費 : 2,200円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカードの審査を徹底解説!審査のしくみとは?

楽天プレミアムカードは、楽天カードのなかでも上位クラスのクレジットカードです。高還元率のポイントが魅力で、特典も充実しています。

他社のゴールドカード相当のランクのステータスカードで、審査難易度はスタンダードカードといわれる楽天カードと比べて高くなっています。

以前は、ゴールドカード相当のクレジットカードの審査の目安としては「30歳以上、勤続年数5年以上、年収500万円以上」の方でなければつくれないといわれていました。

しかし現在では、平均的なゴールドカードであれば、20代でも年収200~300万円の方でも十分にカード発行できる可能性があります。

そして、楽天プレミアムカードは、ゴールドカード相当のクレジットカードのなかでは比較的審査に通りやすいといわれています。

その理由のひとつが、インビテーションが不要な点です。

インビテーション不要!楽天プレミアムカードは一定条件を満たせば申し込みできる

インビテーション(招待)とは、クレジットカードの利用者に対して贈られる「アップグレード権」のようなものです。通常、カード利用が良好な方に、カード会社から贈られてきます。

ステータスカードの中には、インビテーションが必要なカードも多数あります。

しかし、楽天プレミアムカードにはインビテーションは必要ありません。楽天プレミアムカードは、一定の条件を満たせば誰にでも申し込むことができ、審査を通過すれば誰にでも利用できるカードなのです。

楽天プレミアムカードは主婦や学生でも持てる?

楽天プレミアムカードの申込条件は以下のようなものです。

楽天プレミアムカードの申込条件

  • 20歳以上の安定収入のある方
  • 楽天プレミアムカード独自の審査基準を満たす方

上記のように、「20歳以上で安定した収入がある」という条件だけで、申し込む本人に求める属性には明確な言及はないので、主婦や学生でも申し込むことが可能です。

「楽天プレミアムカードの独自の審査基準」については、楽天カード会社から明言されてはいませんが、その点については審査の方法とあわせて後述しますので、ここでは割愛します。

楽天プレミアムカードは無職で作成するのは難しい

上記のような条件があるので、現在仕事をしておらず安定した収入のない無職の方は、基本的に楽天プレミアムカードをつくるのは難しくなります

さらに、会社から独立しフリーランスで仕事を始めたばかりの方でも、審査で不利になる可能性があります。

楽天プレミアムカードの取得を考えている方のなかには、安定収入が見込める会社員であるうちにカードをつくるという方もいるようです。

カード会社では、その人のクレジットヒストリーや支払い能力を重視している傾向があるので、その点をしっかり理解しておきましょう。

楽天プレミアムカードの審査はスコアリングシステムを採用

ここからは、楽天プレミアムカードの審査のしくみについて紹介していきます。

審査には、一般的にコンピューターによる「自動審査」と審査担当者による「手動審査」があります。楽天プレミアムカードでも同様で、なかでも「自動審査」にはスコアリングシステムが採用されています。

「スコアリングシステム」とは、申込フォームに記載された情報を元に点数付けをし、返済能力などの個人の信用力を数値化するしくみのことです。

例えば下記のような項目ごとに、申込内容を点数化し、申し込んだ方の返済能力や信用力を客観的に評価していきます。

スコアリング項目(一例)

  • 年収
  • 勤続年数
  • 固定電話
  • 住居状況

このような項目ごとに申込内容を点数化し、申し込んだ方の返済能力や信用力を客観的に評価していきます。

スコアリングシステムの項目と審査内容

審査では、上記のような項目ごとに重みづけをしていきます。年収・勤続年数・固定電話の有無・住居状況それぞれのスコアの付け方は、以下のようなものです。

年収 年収は多いほど審査に有利に働き、スコアが高くなる
(年収は手取りではなく、税込み年収を記入)
勤続年数 入社や転職して1年に満たない方はスコアが1番低く、10年以上になるとほとんど差がなくなる

固定電話 確実に連絡がとれる手段がある方は、カード会社の安心材料となり、スコアが高くなる
住居状況 持ち家の方はカード会社のリスクが減る要因と判断され、スコアが高い

最終的にそれぞれの項目のスコアを合計したもので、審査がおこなわれます。

年収や勤続年数は、個人の返済能力を計る基準となるために、重要な項目です。ですので、勤めて半年未満の方などは、カードの申請はもう少し待った方が賢明でしょう。

ただ、あくまで合計点で判断されるので、たとえ年収の低い主婦の方だとしても、住居が持ち家であったり、配偶者が年収も社会的地位も高い方であったりと、ほかのスコアが高ければ審査に通過する可能性が高まるようです。

専門家からのコメント

矢野 翔一
矢野 翔一

クレジットカード会社は、カード利用者の返済能力が低いと、立て替えた利用代金を回収できなくなるリスクが高くなります。

そのため、審査のスコアリングシステムでは、年収が多いかどうかが最も重視されます。

勤続年数や固定電話、住居状況はあくまでも補足的な情報です。補足的といっても、ステータスの高い楽天プレミアムカードは一般カードよりも審査基準が厳しいため、全体的な水準が高い方が審査に有利といえるでしょう。

楽天カード・楽天ゴールドカードからの切り替え、審査の目安は?

すでに楽天カードを持っていて、楽天プレミアムカードへのアップグレードを考えている方であれば、楽天プレミアムカードへ申し込む前にある程度の審査の目安を付けることもできます。

それは、現在保有している楽天カードの利用限度額を確かめることです。利用限度額は楽天カード入会時のスコアリングシステムを元に決定されていることが多いので、切り替える時の指針になります。

もし、現在お持ちの楽天カードの利用限度額が30万円以上であれば、楽天プレミアムカードを保有できる可能性はあります。また、限度額が50万円を超えているなら、より切り替え審査にも通りやすくなります。

楽天プレミアムカードへのランクアップでお悩みの方は、こちらでわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください。

楽天プレミアムカードに切り替えるべき?メリットと年会費のバランスを見極めよう!

楽天カード

楽天カードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~20.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの詳細
年会費 : 2,200円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカードの審査から受け取りまでの流れ

楽天プレミアムカードでも、楽天カードと同様にウェブから申し込みます。店頭や郵送では申し込めない点には注意しましょう。申し込みから審査、受取りまでの流れは以下のようなものです。

楽天プレミアムカード作成の流れ

  1. 楽天カードの公式サイトから申し込み
  2. 申込フォームに個人の基本情報を入力
  3. 楽天カード会社にて審査
    (この段階で本人確認の電話連絡)
  4. 審査結果がメールにて通知
  5. 本人限定受取郵便か、簡易書留もしくは、受取人確認サポートにてカード受取り

すでに楽天会員に登録している方は必要ありませんが、楽天会員でない方は新規登録も同時におこないます。楽天会員になると、会員ランクに応じた特典を受けられるのでお得です。

楽天プレミアムカードの審査時間は?

楽天プレミアムカードの発行スピードは早く、審査時間は1週間程度といわれています。

ステータスカードの発行には平均2~3週間ほどかかることが多いなか、かなり早い部類に入ります。

ただし、審査時間には個人差があり、場合によっては長引くこともあります。

審査を受ける前に注意したい4つのポイント

楽天プレミアムカードに申し込んでも、審査で落ちてしまっては元も子もありません。

ここからは、審査前に注意したい4つのポイントを紹介していきます。

審査前に注意したい4つのポイント

  1. クレジットヒストリー
  2. 楽天グループの利用状況
  3. 他社からの借入額
  4. 複数のカードへの同時申し込み

スコアリングシステムの項で例に挙げた「年収」「勤続年数」といった属性はすぐに変えることはできませんが、上記の項目は、少し気を付けるだけでも改善できるので、普段から気にとめておきたい部分です。

①審査では普段のクレジットヒストリーが大切

「クレジットヒストリー」とは、これまでクレジットカードやカードローンなどの金融サービスを利用した履歴のことをいいます。個人の履歴は信用情報として専門機関に登録され、審査時には必ず照会されます。

ショッピングで利用したリボ払いや、クレジットカードのキャッシングなどで、過去に返済を延滞したなどの記録があると審査には大きく不利となってしまいます。

返済の延滞や遅延をなくし、良好なクレジットヒストリーを保つことが審査に通る近道です。

②楽天グループの利用状況も審査に影響

楽天プレミアムカードでは、楽天グループでの利用状況も審査に影響してくるといわれています。

楽天カードだけでなく、楽天銀行のローンの利用などで問題があれば、審査には少なからず影響を与えます。

③審査前に他社からの借入額も減らしておく

楽天プレミアムカードに限らず、クレジットカードの審査では他社からの借入額も審査に影響してきます。

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となるため、他社のクレジットカードのキャッシングやカードローンですでに年収の3分の1を借入れしている状態で新規のキャッシング枠を申し込むと、審査通過できない可能性があります。

総量規制の枠を超えていなくても、他社からの借入額が多ければ、楽天カードとしてもリスクと捉えます。

楽天プレミアムカードを申し込む前には、返済を進めて借入額を減らすよう心がけましょう。

専門家からのコメント

矢野 翔一
矢野 翔一

審査では、信用できる申込者なのかが重要なポイントとなります。

信用できる申込者なのかはクレジットヒストリーを確認することで分かりますが、クレジットヒストリーに記載されるのはクレジットカードの延滞だけではありません。

携帯電話の分割払いや奨学金の返済の滞納、短期間でのクレジットカードの解約なども残ります。

審査に不利になるため、このようなクレジットヒストリーを残さないように注意しましょう。

④短期間に複数のカードへ審査申し込みをしない

審査に不安があるために、1度に複数のカードへと申し込んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

複数のクレジットカードへの同時申し込みは、多重申し込みと呼ばれていて、カード会社からは金策に困っていると見なされるので厳禁です。

特に楽天プレミアムカードのようなステータスカードを申し込む場合は、1枚ずつ申し込むのが鉄則です。審査に十分通過する収入がある方でも審査に影響するので、慎むようにしましょう。

楽天プレミアムカードの審査で落ちてしまったらどうすればいい?

上記のような点に気を付けていても、楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまうケースもあります。

1度審査に落ちてしまったからといって、2度と楽天プレミアムカードをつくれないわけではないので、慌てずに次のような対処をおこなってください。

審査に落ちた場合の対処法

  • 再申込まで半年以上期間を空ける
  • クレジットヒストリーを良好に保つ
  • 職業や年収をグレードアップ
  • キャッシング枠はなるべく0に

まずは、再申込をする場合は半年以上期間を空けましょう。申込情報は信用情報機関で6ヶ月間保存されるため、その期間は何もせずに待つのが賢明です。

期間を空けることは、クレジットヒストリーを良好にすることにも有効です。待っている間の支払いを円滑におこなっていけば、自分の信用力も高まります。

また、職業や年収のグレードアップも重要です。特に学生やフリーターの方の場合、就職して正社員になってから申し込めば、審査のスコアリングもまったく異なってきます。

再申込のケースでは、キャッシング枠はできるだけ0にしましょう。カード会社側のリスクを減らすことも審査に通るコツです。

審査のゆるいほかのクレジットカードで信用力を高める手も

個人の信用力を高める手段には、ほかのクレジットカードに入会し、利用実績を積み上げるという方法もあります。

楽天プレミアムカードのようなステータスカードでは、スタンダードカードよりもサービスも機能も充実している分、カード会社が求める個人の信用力も高くなります。

このページの後段で、審査に落ちた場合のおすすめのクレジットカードも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

盛りだくさん!楽天プレミアムカード3つの特長

楽天プレミアムカードは、プライオリティパスや生活スタイルに合わせた3つのコースを選べ、ポイントも高還元率なメリット盛りだくさんのカードです。

楽天プレミアムカードはステータスカードである分、スタンダードカードよりは審査のハードルがありますが、ステータスカードのなかでは比較的審査に通りやすく、年会費も10,000円+税とお得!

そんな楽天プレミアムカードの基本スペックは以下のとおりです。

楽天プレミアムカードの基本スペック
券面
年会費 本会員(10,000円+税)
家族会員(500円+税)
ポイント還元率 1%+α
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
追加カード 家族カード、ETCカード、ビジネスカード
ETCカード年会費 無料

フリーランスや個人事業主にとって実用的で使い勝手のよいビジネスカードを発行できるのも魅力です。

そんな楽天プレミアムカードのメリットを、3つの特長からご紹介します。

楽天ビジネスカードの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

楽天ビジネスカードの4つのメリットと3つのデメリットを徹底解説!

楽天プレミアムカードの選べる3つのコース

楽天プレミアムカードでは、利用者のライフスタイルに合わせた3つのコースが選択できます。

3つのコース

  • 楽天市場コース
  • トラベルコース
  • エンタメコース

それぞれのコースで魅力的な優遇ポイントがもらえる仕組みです。

楽天市場コースでは、毎週火曜、木曜日のプレミアムカードデーでは楽天市場内での買い物にポイントが1%加算されます。

トラベルコースでは、楽天プレミアムカードでの予約・決済で1%、エンタメコースでは、Rakuten TVなどでポイントが1%加算されます。

それぞれ楽天カード共通で、最大15倍のスーパーポイントアッププログラムとは別に加算されるので、ポイント還元率はステータスカードの中でも随一です。

世界の空港ラウンジで使えるプライオリティパス

ポイントがザクザク貯まるメリットと同じくらい、楽天プレミアムカードの特長の1つとなっているのが、プライオリティパスです。

プライオリティパスは、世界1,200か所の空港ラウンジを無料で利用できるサービス。通常、年会費が429ドル、日本円で約46,000円(2020年4月時点)かかるこのパスが、楽天プレミアムカードでは無料で使用できます。

空港ラウンジでは、無料の食事やアルコールのサービス、パソコン作業しやすいテーブルや、シャワールーム・仮眠室などのサービスが受けられます。

特に、海外出張や海外旅行の多い方におすすめのサービスです。

これなら安心!手厚い旅行傷害保険

楽天プレミアムカードは、ポイントやプライオリティパスなどのサービスだけでなく、保険などのもしもの時の補償も手厚いのが特徴です。

楽天プレミアムカードの特典
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング安心保険 年間最高300万円
国内宿泊優待サービス トラベルコース選択の方に宿泊優待
手荷物無料宅配サービス トラベルコース選択の方に、海外旅行の出国時
手荷物無料宅配のクーポン配布
レンタカー 世界有数の「ハーツレンタカー」を優待価格で利用

国内外の旅行から楽天プレミアムカードで購入した商品まで、このようないくつもの保険での補償があれば、何かあった時でも安心して対応することができます。

楽天プレミアムカードの審査に落ちた時におすすめのカード

それでは、最後に楽天プレミアムカードの審査で落ちてしまった時のおすすめのクレジットカードの紹介です。信用実績を積むためにもおすすめなのですが、それぞれにメリットあるカードばかりです。

年会費無料で審査も通りやすい「楽天カード」

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 海外旅行でも安心・便利に使える
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードの魅力は、スーパーポイントアッププログラム(最大15倍)を始めとしたさまざまなポイント特典と、学生や主婦でも持つことができる間口の広さです。

年会費も無料で、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も利用付帯し、ETCカードも年会費500円+税(プラチナ会員・ダイヤモンド会員は無料)で取得可能など使い勝手の良さが光ります。

お買い物パンダ、バルセロナ、イニエスタなどのデザインが選べるのもポイントが高いですね!

楽天カードのメリットはポイント還元率だけじゃない!5つの特長とお得な使い方を解説

楽天カードの上位クラス「楽天ゴールドカード」

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内空港ラウンジが年間2回無料
  • ETCカードの年会費無料
  • 海外トラベルデスクのご利用が無料
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
2,200円(税込) 2,200円(税込) 1%~5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ゴールドカードは2016年9月からサービスが開始された比較的新しいカードです。

このカードは、楽天カードの上位クラスのカードで、他社の格安ゴールドカード相当のクレジットカード。楽天プレミアムカードよりは比較的審査のハードルが低いので、信用実績作りには最適です。

どの楽天カードが使いやすいかは、みなさんのライフスタイルとも関連してくるので、下の記事も参考に楽しんで選んでください。

楽天カード3種を徹底比較!年会費や還元率、特典を比較して自分にカードを選ぼう!

高還元率1.2%で審査スピードも魅力「リクルートカード」

リクルートカード
リクルートカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • どこで使ってもポイント高還元!驚異の1.2%!
  • リクルートのネットサービスをご利用でさらにポイント還元!
  • 「じゃらんnet」「ポンパレモール」などのリクルートサービスご利用分が最大4.2%
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.2%~4.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

リクルートカードのイチ押しポイントは、何といっても1.2%の高還元率です。利用する場所を選ばず、リクルートカードの決済ではすべて1.2%還元されるサービスは、ほかのクレジットカードでは見ることはできません。

国内、海外の傷害保険も、リクルートカードで決済した分であれば海外で最大2,000万円、国内で最大1,000万円保障され、ポイントはPontaカードへと交換することもできます。

クレジットカードをさまざまな場所で利用したい方におすすめのクレジットカードです。

リクルートカードの年会費やポイント還元率、メリットやお得な使い方を徹底解説!

ドコモユーザーにイチオシ「dカード」

dカード
dカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ローソンで最大5%おトクに!
  • いつものお買い物で1%dポイントがたまる!
  • 年会費 永年無料!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 5%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

ドコモユーザーにおすすめなのが、dカードです。

ドコモ利用料金やインターネット回線のドコモ光利用料金でもポイントが貯まり、そのポイントでドコモの携帯の料金やデータ容量の追加にも使えることがひとつのウリです。

ドコモユーザーであれば、知らないうちにポイントが貯まっていく感覚です。dカードの詳細については、下の記事もご参照ください。

dカードゴールドは還元率10%以上の最強クレカ!年会費もドコモユーザーなら実質無料?

楽天プレミアムカードの審査のまとめ

楽天プレミアムカードは、ステータスカードの充実した特典を持ちながら、ステータスカードのなかでは比較的審査に通りやすい人気のクレジットカードです。

このページでは、楽天プレミアムカードの審査の仕組みから、審査に落ちないための注意点、落ちてしまったときの対処法までわかりやすく紹介してきました。

すでに楽天カードを利用していて、グレードアップを検討している方には、切り替えの目安も紹介しています。ぜひこのページを参考にして審査に通り、楽天プレミアムカードの魅力を味わってください!

矢野 翔一

専門家からの一言

矢野 翔一

クレジットカードのステータスをグレードアップすれば、限度額やポイント還元率が高くなったり、付帯サービスが充実したりすることがあります。

そのため、ゴールドカードやプレミアムカードなどのステータスの高いカードの所有を検討している方も多いと思いますが、クレジットカードのステータスが高くなれば高くなるほど審査が厳しくなるので注意が必要です。

一度審査に落ちた場合、半年は信用情報に残るため、記事に書かれている審査を受ける際の注意点をしっかり押さえた上で申し込みしましょう。

関西学院大学法学部法律学科卒。有限会社アローフィールド代表取締役。賃貸経営や学習塾経営などを手掛ける。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)、宅地建物取引士などの保有資格の知識や経験などを活かしながら、三菱UFJ信託銀行、カカクコム「スマイティ」などの各種サイトにて、生活と暮らし、株式投資や不動産投資などの投資関連、クレジットカード・カードローンなど、幅広いジャンルの記事執筆・監修に取り組む。

矢野 翔一の監修記事・プロフィール一覧へ

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事