更新日:

楽天カードの審査は甘い?本当の審査難易度を利用者の口コミを交えて徹底解説!

楽天カードの審査は甘い?本当の審査難易度を利用者の口コミを交えて徹底解説!

高ポイント還元率や年会費無料などから、気軽に申し込みやすいと人気の楽天カード。学生や主婦からも注目度の高いクレジットカードですが、いざ申込み時にやっぱり気になるのが審査。

「フリーターで収入はそんなに高くないし…」や「主婦だから当然収入はないけど、審査に通るの?」など、クレジットカードの審査に不安や疑問を抱える人は多いと思います。

この記事では、審査基準や審査にかかる時間、申込みで気をつけることなど、楽天カードの審査に関する情報を徹底解説!

さらに、審査落ちを避けるために知っておきたいポイントもまとめました。

楽天カードの審査基準を口コミを元に解説!

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

クレジットカードを持つには審査に通ることが不可欠。審査と聞くと、誰でも不安になってしまいますよね。

カード会社は審査内容を公表しないため、結果しかわからないという事実も不安をふくらませる理由のひとつかもしれません。

楽天カードは2019年5月時点で1,700万人の会員数(※)を誇ります。

これだけの枚数が発行されていることからも、審査はそれほど厳しくないと想像することはできます。

しかし、それ以外にも審査に通りやすいとされる理由があるのです。以下、詳しく見ていきましょう。

楽天カードが審査に柔軟だと考えられる理由

  • 楽天カードの申込み資格は年齢のみ!
  • 最短1日! 楽天カードは審査がスピーディ
  • 流通系カードのため、発行枚数を増やすことが会社の利益につながる
(※)楽天株式会社「2019年度第1四半期決算説明会」

楽天カードの申込み資格は年齢のみ!

どんなクレジットカードにも申込み資格が存在しますが、その多くが「安定した収入」を明記していて、収入のない専業主婦や職業が不安定になりがちなフリーターなどは審査落ちしやすいといわれています。

一方、楽天カードの申込み資格は「高校生を除く満18歳以上」。つまり、高校を卒業した18歳以上であれば、誰でも楽天カードを申し込むことができるのです。

実際、公式サイトには「主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます」と明記されていて、楽天カードの申込みやすさを強調しています。

審査対象が広いことから、一般的なクレジットカードよりも審査に柔軟な会社だといえるでしょう。

(40代 / 女性 / 主婦 / 収入なし)

インターネットでの買い物をする機会がどんどん増えてきて、特に楽天のサイトで注文、支払いをすることが多くなりました。

代引きや振り込みで支払いをすると手数料がその都度発生するため、クレジットカードを登録することにしましたが、登録するならば楽天の買い物時に使用出来る楽天のクレジットカードを新たに申し込んでそちらを登録したいと考えたのが理由です。

(40代 / 女性 / 主婦 / 年収200万円未満)

楽天でよく利用しますので、ポイントを貯めてお得に買い物をしたいと思ったからです。よく行く飲食店でも使える事も選んだ理由の1つです。 

最近はスーパーで買うよりも、楽天で買う方が安いものもあるので、配送してもらえてポイントも貯められて、一石二鳥で良いです。

主婦なのでポイントに弱くついつい、どうせ買うなら貯めたいと思って違うサイトで買わなくなりました。

マネ会に寄せられた口コミからも、収入がなかったり少なかったりする主婦でも持てることがわかります。

家計を預かる主婦だからこそ、少しでもお得に買物できる楽天カードを選んでいることもわかりますね。

また、収入が少ない(またはない)主婦だけでなく、学生にも人気がある楽天カード。

学生でも持てていることから、収入がそこまで審査に影響を与えていないことが推測できます。

最短1日! 楽天カードは審査がスピーディ

楽天カードの審査期間は人によって異なりますが、早ければ申込みからわずか数分、平均して24時間以内に審査結果がわかることが多いようです。

これだけスピーディな審査ができるということは、楽天カードでは機械による自動審査が進んでいるということ。つまり、過去に金融事故を起こしているなどのよほどの引っかかりがない限り、審査が最終段階まで進みやすいといえるのです。

人によっては会社への在籍確認の電話などもあるかと思いますが、申込内容の確認だけで進むケースもあると考えれば、楽天カードは複雑な審査のないカードだといえます。

流通系カードのため、発行枚数増が会社の利益に

クレジットカードは発行する会社によって銀行系や信販系、流通系などに分類されます。

信販系や流通系のクレジットカードには、カード会員を増やすことで加盟店手数料などから会社の利益をあげる目的があります。

そのため、ステータスと同じくらい審査の難易度が高いとされる銀行系に比べると審査に通りやすいようです。

楽天カードは楽天市場などを運営する楽天株式会社が発行する流通系。つまり、審査基準はそれほど厳しくないと想像できるのです。

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードの審査は無職や無収入でも本当に通る!

主婦でも申し込めると公表している楽天カード。

これはつまり、職業や収入のない人でも申込めるということです。

けれども、決済手段のひとつであるクレジットカードなのに、本当に無収入の人にも発行するのでしょうか?

そこで、楽天カードの収入に関する審査基準を調べてみました。

無職・無収入での発行はケースバイケース!

申込み資格に収入が明記されていないため、楽天カードは無職であっても無収入であっても申し込むことができます。

楽天カードの申込みでは、申込者本人に加え、世帯全体での収入をチェックする項目が存在するため、主婦や学生であれば世帯全体の収入から判断されるようです。

また、今は無職でも一定の資産がある、定年退職したが退職金でゆとりがあるといった人も通りやすいとされています。職業の有無だけではなく、現在の金融状況を総合的に判断してもらえるのはありがたいですね。

反対に、無職なうえに預貯金などの資産もほとんどないという場合には、審査に通るのはむずかしくなるでしょう。

職業別! 楽天カードの審査難易度

楽天カードはパートやアルバイト、主婦であっても申し込むことができます。たとえば年収が50万円~100万円前後であっても審査に通った人もいるようです。

ただし、誰でも申込みやすく審査に通りやすいとはいえ、必ずしも楽天カードを持てるわけではありません。

以下にそれぞれの職業と審査の難易度をまとめてみました。

職業
審査難易度 備考
学生アルバイト
支払い能力ありと判断される(※1)
収入のない学生
親の収入で判断される(※2)
主婦(パート)
利用限度額は低いが、支払い能力があると判断される。配偶者の収入もみられる
フリーター  

支払い能力があると判断される。ただし職種による
派遣社員
派遣法の改正により雇用期間に対する縛りが事実上なくなったため
契約社員 
支払い能力があると判断される
専業主婦 
△  主に世帯収入を見られる(※3)
フリーランス 
△  勤続年数1年以上・低収入でも安定していれば可能性が上がる
自営業 
△  給与と報酬形態が異なるので、審査に時間がかかる場合がある
無職(収入のある家族なし) ×  支払い能力がないと判断されるため
(※1)未成年の場合、親の収入も見られる。高校生不可
(※2)保護者に金融事故があった場合難しい。高校生不可
(※3)配偶者に金融事故があった場合厳しい

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードの審査状況を確認する方法や長引く理由

早ければ数分で審査結果がわかってしまう楽天カードですが、人によっては1週間前後待たなければいけないこともあります。審査が長引くと、審査の状況が気になるところです。

そこで、楽天カードを申込み後、審査状況を確認する方法や審査が長引きやすい理由について調べました。

楽天カードの審査状況はオンラインで確認!

審査に通りやすい楽天カードといえど、職業や収入の有無によっては審査に時間がかかることもあります。

ただ、審査に時間がかかるからといって、審査に通らないとは限らないので焦る必要はありません。

「なかなか結果の連絡が来ない」と不安になったら、審査状況を確認してみましょう。楽天カードの審査状況はオンラインでいつでも確認できます。

楽天カードは申込み時に「カード申込受付ID」をメールで通知されます。このメールに審査状況を照会できるURLも添付されているので、サイトへも簡単にたどり着くことができます。

あとはサイトでメールに記載のカード申込受付IDとともに、生年月日と申込み電話番号の下4桁を公式サイトに入力すればOKです。

楽天カードの審査が長引くときに考えられる理由は?

楽天カードの審査に時間がかかるときには、審査の方法が影響しているようです。

楽天カードの自動審査には、スコアリングシステムが採用されています。スコアリングとは、職業や勤続年数、収入などの項目から、信用力や返済能力をポイント化したもので、スコアが高いほど審査に通りやすくなります。

このスコアリングで審査を通るのに必要なスコアを達成できなかった場合、機械による自動審査から人による手動審査に切り替わるため、審査時間が長引きやすいのです。

楽天カードはオンライン申込みと自動審査で、土日祝や夜間であっても審査が進められます。

しかし、人を介する審査となると営業日にしかできず、申込みのタイミングが審査をさらに長引かせることもあります。

楽天カードの審査結果の連絡方法とその後の手続き

最短1日で届くとされる楽天カードの審査結果ですが、実際にどのように通知されるのでしょうか? 続いては、申込み後から楽天カードが手元に届くまでの流れも確認しておきましょう。

楽天カードの審査結果はメールで連絡される

楽天カードの審査結果はメールで通知されます郵送でのやりとりと違い、結果が判明したらすぐに通知されるので安心です。

審査終了から約1週間後には本人限定郵便として楽天カードが郵送されます。本人限定郵便の受け取りには本人確認書類が必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

残念ながら楽天カードの審査に落ちてしまったときにも、結果の連絡はメールで通知されます。自分で問い合わせたり電話に出たりする必要はありません。

楽天カードの審査結果がなかなか届かないときは?

審査結果の通知メールがなかなか届かないというときには、まずはオンラインで審査状況を照会してみましょう。

注意したいのが、登録したメールアドレスが誤っているというケースです。申込み時の自動返信メールが届いていない場合は間違ったメールアドレスを登録している可能性があります。

また、メールの受信拒否設定によって、メールが届かない可能性もあります。お使いのプロバイダ、携帯電話の受信拒否設定を解除するか、ドメイン受信設定に「@mail.rakuten-card.co.jp」のドメインを追加しましょう。

上記の方法で解決できないときには、楽天カード申込者向けの専用ナビダイヤル0570-66-6910(営業時間9:30~11:30)へ問い合わせる方法もあります。

楽天カードが届いたら引き落とし口座を登録する

クレジットカードを使うには、利用料金を支払うために引き落とし口座の登録が必要です。楽天カードが到着したら、同封の預金口座振替依頼書もしくはオンライン登録を利用して引き落とし口座を登録しましょう。

オンライン登録は会員用サイト「楽天e-NAVI」でできます。

登録はわずか2分程度で銀行の届印が不要なうえ、書面では約2カ月かかるところが最短で登録月から引き落とし開始になるなど、メリットが多いのでおすすめです。

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードの申込みで気をつけるべき4つのポイント

楽天カードの審査にはスコアリングシステムによる自動審査が採用されているため、申込者本人から出された申込書の内容が審査に大きく影響します。

信用情報機関に登録されている過去の金融情報なども確認されますが、申込みで何よりも気をつけるべきは申込書の内容です。

そこで、楽天カードの申込み時に気をつけるべきポイントをまとめてみました。

気をつけるポイント
  • 申込書に虚偽の内容を記入しない
  • オンライン申込みは入力ミスに要注意!
  • 職業欄は正しく選択する
  • 同時にほかのカードを申込まない

申込書に虚偽の内容を記入しない

クレジットカードの審査目的は、カードの利用料金をきちんと支払い続けられるのかどうか。これは言い換えれば、カード会社に信用できる人物であると判断されれば審査に通るということです。

その信用をはかる重要なツールである申込書に虚偽の内容がみつかれば、信用を得ることはできません!

「収入を多く見せたい」や「勤続年数を増やして安定しているように見せたい」などの安易な理由から、事実と異なる内容を書かないように注意しましょう。

オンライン申込みは入力ミスに要注意!

楽天カードの申込みは楽天カードの公式サイトで行えます。書面での申込みと違い、オンライン申込みで気をつけたいのが文字の打ち間違いです。

特に楽天カードではまず機械による自動審査が行われるので、記入ミスの有無は審査時間にも影響します。

「0」がひとつ多い、住所の「丁目」が重複している、生年月日が異なっている、ローマ字表記の綴りが違う…など、思わぬミスは誰にでも起こるもの。送信ボタンを押す前に申込み内容はしっかり見直すようにしましょう。

もし申込み後に誤りに気づいたら、早めに先ほどのナビダイヤルに連絡するのがおすすめです。

職業欄は正しく選択する

無職であっても申込みを受け付ける楽天カード。無職であれば職業欄は無職を選択すればOKです。

ただし、同じ無職でも学生や主婦であれば、きちんと「学生」や「主婦」を選択して下さい。楽天カードは同一世帯の経済状況も審査に反映されます。無職・無収入でも立場が違えば審査結果は変わるので、申込者の状況を正確に伝えることが重要です。

同時にほかのカードを申し込まない

楽天カードを申し込むときに、ほかのクレジットカードを同時に申し込むのは控えましょう。

複数のクレジットカードを同時に申し込むことをカード業界では多重申し込みと呼び、複数枚のカードが必要なほどお金に困っているとみなされる可能性があります。

金銭的に不安を抱えているとして審査に通りにくくなるため、たとえ複数枚のクレジットカードを必要としていても、申込みは1枚ごとにしておくのが賢明です。

「自動リボ」は安易に申し込まない

楽天カードの申込みには自動リボの項目があります。

自動リボは毎月の支払いが自動的にリボ払いになる支払い方法。設定する金額によっては一括払いと同じように使えますが、設定金額を超えると自動的にリボ払いになるため、自覚のないまま手数料を支払うことになる可能性があります。

リボ払いの手数料はカード会社の利益につながるため、リボ払いを申込んだほうが審査に有利に働くイメージはありますが、実際にはそんな事実はありません。

申込む・申し込まないに関わらず、自動リボはカード到着後にあとから変更も可能ですが、手数料が気になるなら申込みの段階で「申し込まない」を選択しておきましょう。

楽天カードに審査落ち…再申込みで気をつけるべきことは?

審査に通りやすいとされる楽天カードであっても、残念ながら審査落ちしてしまう人もいます。もちろん、たとえ審査落ちしたとしても、楽天カードに2度と申込めないということはありません。

とはいえ、審査落ちしたことのあるクレジットカードに再度申し込むのはなかなか勇気がいるものです。

そこで、楽天カードに審査落ちしたことのある人が再チャレンジする際、特に気をつけるべき点を以下にまとめました。

再申込みで気をつけるべきこと

  1. 最低でも6カ月以上の期間を空ける
  2. 他社クレジットカードやローンの残債を減らす
  3. キャッシング枠の希望額をゼロにする
  4. 携帯料金の延滞など金融事故を起こさない

1. 最低でも6カ月以上の期間を空ける

楽天カードに審査落ちしたあと、お得な入会キャンペーンにひかれて翌月にまた申込みしてしまうという人もいるかもしれません。

しかし、クレジットカードに審査落ちしたら、最低でも6カ月はクレジットカードの申込みそのものを控えるのがおすすめです。

なぜなら、クレジットカードはただ申込みするだけで、信用情報機関に申込み情報として記録が残るため。

申込み情報は6カ月で消去されますが、記録が残っているうちに再度申込みをすると、「すぐにでもクレジットカードが必要な状況=経済的に苦しい状況」だと判断されることもあるのです。

他社のクレジットカードを申し込む場合には、直近の申込み情報が重要視されない可能性もありますが、楽天カードに再度申し込みたいならタイミングにも注意が必要です。

2. 他社クレジットカードやローンの残債を減らす

楽天カードには審査落ちしたものの、すでに他社クレジットカードを利用中なら、クレジットカードに残債がないかを確認して下さい。

毎月の利用料金は期日どおりにきちんと支払うのはもちろん、分割払いやリボ払いを利用しているなら楽天カードへの再チャレンジ前にできる限り残債を減らしておくといいでしょう。

たとえ毎月きちんと支払っていたとしても、残債が多いと返済能力を不安視されて、審査に響く可能性があります。

3. キャッシング枠の希望額をゼロにする

ほとんどのクレジットカードは、買い物のほか、キャッシングにも対応しています。楽天カードでも利用限度額の項目にキャッシングが含まれています。

楽天カードの審査に再チャレンジするときには、このキャッシング枠をゼロにして、ショッピング枠だけで申し込むのがおすすめです。

キャッシングはカード会社がお金を貸し付けるサービス。貸金業法が適用され、一般的なショッピング枠よりも審査が厳格になります。キャッシング枠をゼロにすれば、この厳しい審査を避けることができるのです。

4. 携帯料金の延滞など金融事故を起こさない

先に書いたとおり、審査落ちからの再申込みには6カ月以上の期間を空けることが望ましいのですが、6カ月のうちにも個人の信用情報は記録され続けています。

楽天カードから信頼できる申込者と判断されるためにも、この6カ月で新たな金融事故を起こさないように注意しましょう!

金融事故と聞くと大げさに感じるかもしれませんが、携帯電話の端末料金を延滞してしまうなど、事故は意外と身近なトラブルです。

信販会社を介して分割払いをしている商品やサービスがあれば、期日どおり支払うように心がけて下さい。

保有する楽天カードで再審査が発生する思わぬケース

審査に通って楽天カードの会員になったとしても、たとえばショッピング枠の増額申請や再発行の手続きなど、ことあるごとに審査は行われます。中にはカード会員が想定していないような再審査ケースもあります。

そこで、すでにカード会員であっても再審査される思わぬケースについてまとめました。

楽天カードの国際ブランドを変更するとき

実際に楽天カードを使ってみて、JCBからVISAに変えたいなど、国際ブランドを変更したくなる人も少なからずいるはず。

しかし、楽天カードは国際ブランドの変更に対応していないため、再発行すればOKというわけにはいきません。

今持っている楽天カードを一旦解約し、2~3営業日空けてから新たに申込む必要があります。


公式サイトによると、新たな申込みということもあり、つい数日前まで楽天カードを使っていた会員であっても再度審査に通る保証はないようです。また、新たな申込みであっても、新規入会キャンペーンは対象外になります。

2枚目の楽天カードを申込んだとき

楽天カードではカード会員が同じ種類のカードを複数枚発行することはできませんが、2017年12月からは条件付きで2枚目のカード追加が可能になりました。

ただ、2枚目を追加するには以下のような条件をクリアする必要があります。

楽天カードを追加発行するための条件

  • 1枚目の楽天カードが一般カードのVISAであるとき
  • 2枚目の国際ブランドをMastercardかJCBにするとき

条件をクリアしてもさらに、2枚目の楽天カードに選べるのは楽天PINKカード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードのみ、対応する券面デザインも3種類となっていて、カード追加にはそれなりに制約はあります。

しかし、あくまでも本カードへの「追加」であるため、新規申込みよりも審査はかなり緩やか。一旦解約する手間もなく、スムーズに楽天カードを2枚持ちできます。

楽天カードは2枚目を作れるの?作る条件やおすすめの組み合わせを紹介!

一般カードを楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードへ切り替えるとき

楽天カードには年会費無料の一般カードのほかに、年会費はかかるものの、よりプレミアムなサービスを付帯した楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードが存在します。

ゴールドカードやプレミアムカードといえど、一般的な他社カードに比べると年会費はリーズナブル。サービス内容を考えるとコスパ抜群のため、一般カードから切り替えたいと考える人も多いようです。

ただし、ショッピング枠などの利用限度額もアップするため、上位クラスのカードへの切り替えは一般カードに申込むときよりも審査はやや厳しくなる傾向にあります。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの詳細
年会費 : 2,200円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの詳細
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードの審査まとめ

楽天カードの審査は自動化されているため、結果がわかるまでの期間が短くなっているうえ、審査基準はそれほど厳しくないといわれています。

また、申込み資格に収入の有無が入っていないため、専業主婦やフリーターでも申込むことができます。

入力ミスに気をつける、複数枚のカードを同時に申込まないなど、本記事の内容を参考にすれば、スムーズに審査が進むはずです。

高ポイント還元率や年会費無料で人気を集める楽天カードを手に入れて、快適なクレジットカードライフを実現させてください!

お得情報が大好き! 5の付く日にはyjカードでヤフーショッピング。もちろんヤフープレミアム会員!電子決済はキャンペーンに釣られPayPay・LINE Payに登録。 動画配信サービス系のライター・編集を経て現在はマネ会にてクレジットカードの記事を担当。 休日は日の当たる公園のベンチで読書か、美味しい中華屋のある街を散歩。焼酎は「麦」ウイスキーは「スコッチ」野球漫画は「キャプテン」と「タッチ」が好き。

掛川の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事