更新日:

楽天カードの締め日はいつ?変更は可能?引き落とし日に間に合わないときの緊急対策とは?

楽天カードの締め日はいつ?変更は可能?引き落とし日に間に合わないときの緊急対策とは?

楽天カードは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天関連のサービスで高い還元率で利用できるので、非常に人気の高いクレジットカードです。

クレジットカードでは、毎月決まった日に締め日と引き落とし日が設定されているので、それらをきちんと把握したうえで収支の管理をおこなわなければなりません。

そこで今回は、楽天カードの締め日や引き落とし日がいつか、変更が可能かといった点について、説明していきたいと思います。

引き落とし日までにお金が用意できなさそうな場合の緊急対策も、いくつか挙げていきますよ。

楽天カードの締め日は毎月月末!引き落とし日は翌月27日!

楽天カードの締め日は毎月月末で、引き落とし日は翌月27日です。

たとえば4月1日~4月30日に楽天カードで決済した分の金額は、5月27日に引き落とし口座から引き落とされることになります。

楽天市場でのカード利用の締め日は毎月25日

なお、楽天市場で楽天カードを利用した場合のみ、締め日が毎月25日になっている点には注意しておかなければなりません。

楽天市場決済分のみ、3月26日~4月25日に決済した分が、5月27日に引き落とされるということになります。

口座引き落としで家計を管理しているような場合、実際に利用した金額と引き落としされた金額がズレているようなことがあれば、楽天市場で買い物をした日付をチェックしてみれば、誤差の原因がわかるかもしれません。

締め日・引き落とし日は変更できない

クレジットカードのなかには、締め日や引き落とし日を変更できるものもありますが、楽天カードでは締め日・引き落とし日は変更できません。

引き落とし日が27日で固定ということで、月末が給料日のような人にとっては支払いに四苦八苦するようなこともあるかもしれませんが、上手にやりくりしていきましょう。

締め日・引き落とし日が土日の場合は?

締め日や引き落とし日が土日と重なった場合は、それぞれのスケジュールは変更になるのでしょうか。

締め日・引き落とし日が本来の日程からズレるのであれば、そのことも把握しておかなければなりません。

締め日が土日の場合

締め日は、「次回の引き落とし日に請求される金額が決定される日」というだけであり、締め日に金融機関がらみのお金のやり取りがおこなわれるわけではありません。

そのため、締め日と土日が重なっていたとしても何の問題もないので、「締め日は毎月月末」という点が変わることはありません。

引き落とし日が土日の場合

引き落とし日が土日と重なってしまうと、金融機関が休業日なので、口座引き落としの処理がおこなえません。

このような場合の引き落とし日は、金融機関の翌営業日に持ち越されることになります。

27日が土曜日の場合は29日の月曜日に、27日が日曜日の場合は28日の月曜日に引き落とされるということですね。

本来の引き落とし日よりも1,2日だけ遅く引き落とされることになるので、その分お金を用意する猶予が生まれます。

楽天カードの利用限度額はいつ復活する?

楽天カードの締め日・引き落とし日についてはおわかりいただけたと思いますので、楽天カードの利用限度額が復活するタイミングについても説明しておきましょう。

利用限度額が復活するタイミングは、引き落としに利用している金融機関が楽天銀行かどうかで、異なります。

楽天銀行で引き落とし

楽天銀行口座を引き落としに利用している場合は、引き落とし日当日もしくは翌日に利用限度額が復活します。

5月27日に引き落としがおこなわれたとすると、5月27日か5月28日にはその分の金額が利用限度額として返ってくるということですね。

引き落とし日当日か翌日に利用限度額が復活するといっても、カード利用者の立場からすると、引き落としがおこなわれたらその日のうちに復活させてほしいところでしょう。

引き落とし日当日に金額を利用限度額に反映させるためには、「27日の前営業日までに引き落とし金額を口座に準備しておき、 27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)に引き落としが確認できる」という条件を満たす必要があります。

引き落とし日当日に口座にお金を入金しているようでは、当日中に利用限度額が復活することはないので、必ず前営業日までに入金しておくことを心がけましょう。

楽天銀行以外の金融機関で引き落とし

楽天銀行以外の金融機関の口座を引き落としに利用している場合は、利用限度額が復活するまでに約2~4営業日を必要とします。

5月27日に引き落としがおこなわれたとすると、利用限度額が復活するのは5月29日~6月1日ということになります。

楽天銀行を引き落としに利用している場合と比べると、多少のタイムラグが発生してしまいますね。

利用限度額いっぱいまで利用していて、引き落とされた分が反映されないとカードを利用できないような人は、利用限度額が復活するまでの間やきもきすることになるかもしれません。

利用限度額は楽天e-NAVIで確認できる

楽天カードでは、「楽天e-NAVI」という楽天カード会員専用のオンラインサービスをおこなっています。

楽天e-NAVIにログインすると、楽天カードに関する情報が確認できたりさまざまな手続きをおこなえたりしますが、楽天カードの利用可能額についても確認できます。

そのため、「もう利用限度額が復活しただろう」とイチかバチかでカード決済をおこなおうとするのではなく、あらかじめ楽天e-NAVIで利用可能額を確認してから利用するといいでしょう。

引き落とし日に残高不足になりそうな場合の対処方法

毎月の引き落とし日までに、きちんとお金を準備することを意識していても、唐突な出費があってどうしても残高不足になってしまいそうなこともあると思います。

そのような場合の対処方法を、いくつか挙げていきましょう。

あとから分割払い・あとからリボ払いを利用

一括での支払いは難しそうでも、分割払いでの支払いなら乗り切れそうという場合は、「あとから分割払い」「あとからリボ払い」を利用するという手があります。

あとから分割払いもあとからリボ払いも楽天e-NAVIで変更できるので、楽天e-NAVIにログインして手続きしましょう。

あとから分割払いの場合、支払い回数は3、5、6、10、12、15、18、20、24、30、36回のいずれかから選ぶことになります。

なお、あとから分割払いもあとからリボ払いも申請締め切り日が毎月20日となっています。

4月1日~4月30日に決済して5月27日に引き落とされる分を分割したい場合は、5月20日までに申請しておく必要があるので、注意しておきましょう。

なお、カード年会費や家賃の支払いなど、一部の加盟店の利用代金については分割払いに変更できない場合があります。

貯まっている楽天ポイントをカードの支払いにあてる

楽天カードを利用すると楽天ポイントを貯められますが、貯まっている楽天ポイントは1ポイント=1円でクレジットカードの支払いに充当可能です。

そのため、たとえば楽天ポイントが10,000ポイント貯まっているのであれば、それをカードの支払いに充当することで、引き落とし金額を10,000円減らすことが可能です。

豪華商品と交換したり提携ポイントと交換したりするために楽天ポイントを使いたいという人もいると思いますが、目の前に迫った支払いを乗り切ることは、何よりも重要ですからね。

申請できるタイミングに注意

ポイントで支払いサービスの申請も楽天e-NAVIでおこなえますが、申請手続きができるのは、「毎月12日~20日22時」もしくは「毎月12日~15日22時」の間だけです。

申込み期間がどちらに設定されているかは、引き落としに利用している金融機関によって異なります。

「毎月12日~15日22時」が申込み可能期間の金融機関を利用している場合は、申請手続きがおこなえるのが4日間しかないので、その間に手続きすることを忘れないようにしましょう。

楽天ポイントが付与されるタイミングは毎月15日ごろ

楽天ポイントをカード支払い金額に充当しようと考えている人のなかには、「先月けっこうカード決済してたくさんポイント貯まってるはずだからそれを利用しよう」と考えている人もいるかもしれませんね。

ただ楽天ポイントは、毎月末日までのカード決済金額に応じたポイントが、「翌月15日前後」に付与されます。

そのため、特に「毎月12日~15日22時」が申請可能期間となっている金融機関を利用している場合は、申請期間が終わるまでに当てにしているポイントが付与されない可能性もあります。

ポイント付与が間に合えばいいですが、間に合わなかった場合はそのとき貯まっているポイント分しか充当できないということは、念頭に置いておきたいですね。

支払いが間に合わないときはカードローンも緊急対策のひとつ

あとから分割払い・リボ払いの申請期間も過ぎてしまったし、カード支払いに充当できるほどポイントも貯まっていないという場合は、どうにかして引き落とし日までにお金を用意しなければなりません。

そんな場合は、カードローンを利用してお金を調達するのもひとつの選択肢となります。

引き落とし日が目前に迫っている場合、できるだけ早く融資を受けられるほうがいいですから、銀行カードローンよりも消費者金融を利用するほうが望ましいです。

カードローンのおすすめについて知りたい方は下記記事をご覧ください。

おすすめカードローン比較2020!専門家から学ぶ失敗しないための選び方を紹介!

楽天カードの締め日まとめ

楽天カードの締め日・引き落とし日は、それぞれ毎月月末と翌月27日です。

楽天カードでは締め日・引き落とし日の変更はできないので、毎月27日にきちんと引き落としがおこなわれるように、お金を管理しておかなければなりません。

万が一引き落とし日までにお金が準備できなさそうな場合は、あとから分割を利用したり、貯まっているポイントを支払い金額に充当したりという方法で対応可能です。

カードローンを利用してお金を調達するのが有効な場合もあるので、そういった選択肢も参考にしてもらって、引き落とし日までにお金が用意できないことのないようにしたいですね。

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事