更新日:

クレジットカードを使い分けるべき5つの理由やメイン・サブ向きのカードを紹介

クレジットカードを使い分けるべき5つの理由やメイン・サブ向きのカードを紹介

クレジットカードの使い分けをすればポイントをお得に貯められるので、賢く買い物をしている人のほとんどがクレジットカードを使い分けています。

使い分けるためにはメインで使うメインカードとメインカードを補う特徴を持ったサブカードの2枚以上のクレジットカードを用意する必要があります。

しかし、現在利用しているカードをメインカードにするにしても、サブカードはどのカードを選べばいいのか分からない人も多いでしょう。

この記事では、クレジットカードを使い分ける理由と注意点、メインカードとサブカードの選び方を解説していきます。

クレジットカードを使い分けるべき5つの理由

クレジットカードを複数枚持ち、使い分けるべき理由とは何でしょうか?

まずはじめにクレジットカードを使い分ける具体的なメリットについて解説していきます。

使い分けるべき5つの理由
  • 足りない部分を補える
  • 利用の幅が広がる
  • ポイントをお得に貯められる
  • 目的に応じて使い分けられる
  • 利用できないときに使える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①メインカードの足りない部分を補える

クレジットカードには様々な種類があり、それぞれに優れた部分があります。

具体的には、ポイント還元率が高い、付帯している保険が優秀、ステータス性が高いなどがあげられます

しかし、上記のすべてを満たしているクレジットカードは年会費が非常に高いクレジットカードであることが多いです。

仮にほとんどの長所を持っているクレジットカードを保有していたとしても、還元率に関しては一部の店舗に限って別のカードの方が高い場合や、ショッピング保険の補償額は別のカードの方が高いということがあります。

そのため、優秀なクレジットカードを1枚だけ持つのであれば、2枚の長所の異なる年会費無料または年会費が安いクレジットカードを持つ方が利用しやすいです。

メインカードと異なる長所を持ったサブカードと使い分けるほうが足りない部分を補えるので年会費を考慮しても効率的に利用できます。

②サブカードを別の国際ブランドにすれば利用の幅が広がる

2枚目のクレジットカードはメインカードと別のブランドを選択すると利用の幅が広がります。

海外であれば1つのブランドしか使用できない店もあるので、複数のブランドを持っていれば利用できなくなるリスクを減らせます

メインカードでVISAを選んでいる場合は、MasterCard、JCBなど別のブランドを選択するようにしましょう。

③ポイントをお得に貯められる

クレジットカードを使い分けることでポイントを効率よく貯められます。

クレジットカードにはそれぞれ独自の特典やサービスがあり、特定のお店で利用する場合のみポイントが2倍になるカードもあります。

通常の還元率においてメインカードの方が優秀であっても特典やサービスを含めるとサブカードの方が還元率が高い場合は、使い分けをすることでポイントを効率よく貯められます。

ポイ活をしている人のほとんどがクレジットカードを2枚以上持っているのは、優れた特典やサービスを見逃さず効率的に使い分けているからです。

④利用目的に応じて使い分けられる

クレジットカードは利用目的で使い分けることもできます。

例えば、個人事業主の人がメインカードを仕事用、サブカードをプライベート用に分けると、仕事用の買い物履歴の確認が楽になり、確定申告がスムーズに進みます。

他にも、メインカードを個人的な支出用、サブカードを生活費で使い分ければ家計管理にも利用できます。

クレジットカードを使い分けることでお金の管理がしやすくなるのはメリットといえるでしょう。

⑤メインカードが利用できないときに使える

クレジットカードは限度額を超えると使用できなくなりますし、万が一、盗難、紛失をしてしまった場合も新しいカードが届くまで使えなくなります

1枚しかない場合にこのような状態に陥った場合、再び使えるようになるまでクレジットカードが利用できません。

メインカードが様々な理由で使えなくなった場合に、サブカードを持っておくとメインカードが使えるようになるまでの間もクレジットカードが利用できます。

サブカードは万が一のための保険にもなります。

使い分けるべき理由について解説しましたが、クレジットカードの使い分けには注意点もあります。

クレジットカードを使い分ける際の3つの注意点

一方、クレジットカードを使い分ける際は3つの注意点があります。

3つの注意点
  • いくら使ったか分かりにくい
  • ポイントが分散する
  • コストが大きくかかる

それぞれ詳しく解説していきます。

①いくら使ったか分かりにくくなる

1枚のクレジットカードを利用する場合はすべての支払いの履歴を確認できるので、今月は合計でいくら使ったのかが分かりやすいです。

しかし、2枚以上使い分けると今月は合計でいくら使ったのか分かりにくくなります

そのため、引き落とされる金額の合計を把握していないと、最悪の場合引き落としができない状況になることがあります。

管理は間違いなく1枚の時よりも面倒になる欠点があることを理解しておきましょう。

②貯まるポイントが分散する

クレジットカードを使い分けると貯まるポイントが分散します。

また、メインカードとサブカードに獲得したポイントに応じて来月の優待内容や還元率を変更するキャンペーンがおこなわれていた場合、結果的にポイントが分散したことによって特典が得られない場合があります。

ただし、ポイントはマイルや現金に交換可能なものもあるので、サブカードのポイントの現金化する場合や、メインカードをマイルが貯まるクレジットカードにしているのであれば同じマイルに交換することで分散を防ぐことはできます

③年会費のかかるカードを複数持つとコストが大きくかかる

クレジットカードには年会費のかかるものと年会費無料のものがありますが、複数のクレジットカードで年会費を支払う場合はコストが大きくかかります。

メインカードは還元率が高く、ステータス性のあるカードが望ましいので、付帯保険や特典・サービスが充実しているのであればメインカードの年会費を大きく気にする必要はないでしょう。

しかし、サブカードを選ぶ場合は年会費のコストを考えて年会費無料、または年会費が安いクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

では、具体的にどのようにクレジットカードを選べばいいのでしょうか?

ここからはクレジットカードのメインカードにおすすめのカードを紹介していきます。

メインカードにおすすめの5つのカード

クレジットカードのメインカードにおすすめのカードは、高還元率または、ステータス性が高いカードです。

それでは実際にメインカードにおすすめな5つのカードを見ていきましょう。

①JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは年会費無料の高いポイント還元率を持つクレジットカードです。

通常1,000円につき1ポイント貯まるOki DokiポイントがJCB CARD Wの2倍になります。

さらに、キャンペーンで新規入会から3ヶ月はポイントが4倍になります。

他のJCBカードと比較して2倍以上のポイント還元率があるので還元率でメインカードを選ぶのであれば非常におすすめです。

また、獲得したOki Dokiポイントは様々なポイントに交換可能で、JALマイレージにも交換することができます。

②楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードも年会費無料で楽天スーパーポイントを多く貯められるクレジットカードです。

通常1%の還元率に加えて、楽天市場で利用する場合は常に2倍になり、随時ポイント還元率がさらにお得になるキャンペーンを開催しています。

またカードに搭載されている楽天Edyへのチャージで200円で楽天ポイントが1ポイント貯まります。

ポイントはJALマイレージにも交換可能ですが、楽天スーパーポイントは様々な用途に利用可能で、ポイントを投資信託に投資することもできます。

③オリコカード

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカードも年会費無料で高還元率のクレジットカードです。

還元率は通常1%で、入会後6ヶ月間はポイントが2%になり、オリコモールを利用すれば最大で16.5%のポイント還元率になります。

また獲得したオリコポイントをAmazonギフト券、LINEギフトコード、iTunesギフトコードに交換可能で、ANAマイレージ、JALマイレージへの交換もできます。

電子マネーiDとQUICPayの2種類が搭載されているのも便利で使いやすいです。

④アメックス・グリーン

アメリカン・エキスプレス®・カード
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
13,200円(税込) 13,200円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメックスグリーンは年会費が13,200円(税込)かかりますが、それに見合ったサービスや優待を提供してくれるステータス性の高いクレジットカードです。

レストランやエンターテイメントの優待得点に加えて、空港ラウンジを利用できます。

また5,000万円まで保証してくれる海外旅行保険も付帯しているため、海外旅行に持っていくカードとしても安心です。

メインカードをステータス性で選ぶのであればアメックスグリーンがおすすめです。

⑤三井住友カード

三井住友カード
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税抜) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ 今なら最大12,000円プレゼント! /

公式サイトはこちら

\ 今なら最大12,000円プレゼント! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カードは初年度年会費無料かつ保険の付帯が充実したクレジットカードです。

ポイント還元率は0.5%ですが、利用が多ければ多いほど還元率が上がるので最大1.0%になります。

獲得できるワールドプレゼントポイントの交換先は非常に多く、様々なポイントに交換可能です。

また国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険の両方がついています。

年会費は2年目以降もマイ・ペイすリボに入れば無料になります。

総合的に充実しているクレジットカードを選ぶなら三井住友カードです。

サブカードにおすすめの3つのカード

サブカードは、メインカードにないものを持っているカードや、違う国際ブランドのものをおすすめします。

ここからはサブカードにおすすめな3つのカードを紹介します。

①エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードです。

メインカードの保障内容ではこころもとない場合はサブカードの保障も合算することができるので、海外旅行の保険を充実させたい人におすすめです。

また、通常の還元率は0.5%ですが、マルイやモディをよく利用する人は10%OFFを利用できるので、お得に買い物ができます。

メインカードの足りない部分を補い、使い分けでお得に買い物ができるのでエポスカードはサブカードとしておすすめです。

②VIASO(ビアソ)カード

三菱UFJニコス VIASOカード
三菱UFJニコス VIASOの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイントは自動で現金還元!手続き不要で、用途の制限や無駄がなし!
  • ETC、携帯電話、インターネット利用料金がポイント2倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

\ 入会特典で最大10,000円相当のポイントプレゼント! /

公式サイトはこちら

\ 入会特典で最大10,000円相当のポイントプレゼント! /

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

VIASOカードは年会費無料でポイント還元率は0.5%のクレジットカードです。

サブカードとして優れている点は、ポイントを自動的にキャッシュバックしてくれるので簡単に現金化ができる点です

クレジットカードを仕事用とプライベート用に使い分ける場合に、両方のカードのポイントの交換や管理をするのが面倒だという人もいるかと思います。

蓄積ポイントが1,000ポイントになると自動的に銀行口座にキャッシュバックされるので、ポイントを交換する手間がかかりません。

サブカードの管理の手間を少しでも減らしたい人におすすめの1枚です。

ここまでメインカードとサブカードの紹介をしてきましたが、クレジットカードをどうしても使いにくい状況もあるかと思います。

その場合に利用する電子マネーや現金の使い分けについて最後に解説していきたいと思います。

③イオンJMBカード

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
イオンJMBカード(JMB WAON一体型)の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • カードショッピング・WAON200円利用毎に、1マイルが貯められる!
  • 貯まったマイルをWAONに交換することも可能!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はイオンでのお買い物代金が5%OFF!
  • 5のつく日は「お客さまわくわくデー」でイオンでのお買い物でマイルが2倍貯まる!
  • JALタッチ&ゴーサービスも、利用できて飛行機の搭乗がスムーズに!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

イオンJMBカードは年会費無料でマイルが貯まるクレジットカードです。

通常0.5%の還元率ですが、イオングループを利用した場合は1.0%になり、お客さま感謝デーで買い物をする場合は5%OFFになります。

またこのイオンカードはJALマイレージバンクと一体化しており、カード利用200円につき1マイルが貯まり、WAONで200円利用しても1マイルが貯まり、毎月5のつく日はマイルの付与が2倍になります。

イオングループで買い物をする人や、マイルをお得貯めたい人におすすめのサブカードです。

電子マネーや現金との使い分け

クレジットカードを使うのが面倒な状況や使えない状況のとき、電子マネーや現金との使い分けについて解説します。

電子マネーは少額決済におすすめ

少額決済にクレジットカードは時間もかかるので面倒だと感じる人もいるかもしれません。

その場合は、電子マネーの利用がおすすめです。

クレジットカードによっては楽天カードであれば楽天Edyなど、クレジットカードに電子マネーが付帯しているものもあります。

そのため、少額の決済であれば電子マネー、それ以外の決済をクレジットカードと使い分けることで円滑に買い物が可能です

また、スマホアプリを入れるだけで利用できるスマホ決済もおすすめですが、利用できない店舗も多いので注意が必要です。

現金は割り勘、キャッシュレス決済が使えない場面で利用する

現金は割り勘や、店によってはクレジットカード、電子マネー、スマホ決済が利用できない可能性もあるので、そのような場合に使用します。

店によっては現金払いでしか店舗ごとのポイントが貯まらない場合もありますが、基本的には現金払いはポイントが貯まらないのでおすすめしません

自販機でも電子マネーを利用することができる場合が多いので、できる限り現金に頼らず決済をすることは可能です。

現金は極力使用せず、クレジットカードを使い分けながら決済をして、少額決済の場合は電子マネーまたはスマホ決済を使うのが理想です。

クレジットカードの使い分けのまとめ

クレジットカードの使い分けについて理解していただけたでしょうか?

メインカードとサブカードを使い分ければ、お得に買い物が可能になり、利用の幅が広がります。

メインカードで紹介したクレジットカードはすでにクレジットカードを1枚持っている人が保有している可能性が高いカードを選びましたので、紹介をもとに足りない部分を補えるサブカードを選んでみましょう。

クレジットカードを使い分けて、より暮らしを便利にしていきましょう。

2016年から活動を開始したフリーライター。マネ会では「クレジットカード」「キャッシュレス」を担当。株式投資、投資信託、不動産投資、住宅ローン、カードローンなどの金融全般の記事を幅広く執筆している。ガジェット、ゲームの紹介記事の執筆経験もあり。常日頃からクレジットカードとキャッシュレスの利用を勧めている。趣味はテレビゲームとアクアリウムと投資、最近は楽天スーパーポイントを使った元手0の投資信託への投資を実践中。

7%の甘味料の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事