更新日:

ZOZOのクレジットカード「ZOZOCARD」のメリットは5%高還元率!審査や作り方も徹底解説!

ZOZOのクレジットカード「ZOZOCARD」のメリットは5%高還元率!審査や作り方も徹底解説!

2019年9月12日にYahoo! JAPANが子会社化を目指すと発表したZOZOですが、ZOZOCARD(ゾゾカード)というクレジットカードを発行していることをご存じでしょうか。

ZOZOCARDは、ZOZOが運営するZOZOTOWNを利用する人にとっては、ポイント還元率などの面でメリットが多いクレジットカードになっています。

今回は、ZOZOCARDの基本スペックや特徴から審査、作り方までを徹底解説していきます。

また、アパレル・ファッション関係の買い物におすすめのクレジットカードについても紹介しているので、クレジットカードの申込みを検討している人は、参考にしてみてください。

ZOZOTOWNとは?

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)は、東証一部上場企業の株式会社ZOZOが運営をおこない、シンプルなサイトデザインにより商品が見やすいなどの理由で、若者を中心に人気となっているアパレル関係のオンラインモールです。

センサー内蔵で個人別のサイズを計測できるボディースーツ「ZOZOSUIT」を無料配布するなど、新たな試みが話題になりましたよね。

また、ZOZOの創業者といえば、女優さんとの交際や月旅行など、何かと話題の前澤前社長(2019年9月に退任)ですので、ファッションなどに興味がない人でも一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

2019年9月12日にYahoo! JAPANがZOZOの子会社化を目指すことが発表され、今後は、ZOZOTOWNの「PayPayモール」への出店も予定されています。

ちなみに、PayPayモールは、親会社であるYahoo! JAPANが運営をおこない、2019年10月17日にサービスが開始となった新たなオンラインモールです。

PayPay利用者向けのプレミアムモールという位置付けになっていて、Yahoo!ソフトバンクユーザーは、最大16%相当のポイントを獲得することも可能です。

現時点(2019年10月22日時点)では、ドラッグ家電アパレルなど、約600の厳選されたさまざまなストアが出店されています。

ZOZOのクレジットカード「ZOZOCARD」とは?

ZOZOTOWNを運営しているZOZOは、ポケットカードと提携してZOZOCARDというクレジットカードを発行しています。

ZOZOCARDは、年会費、発行手数料がともに無料で、ZOZOTOWNに限りですが、即日の利用も可能なクレジットカードです。

ZOZOTOWNでの買い物の際にカードを利用することで、お得にポイントを貯めることが可能ですし、国際ブランドはMastercardなので、日常の買い物でも利用できる店舗数が多数あります。

カードデザインに関しては、以前までは32種類のさまざまなバリエーションから選択が可能でしたが、2019年5月30日のリニューアル以降は1種類に統一されています。

この点に関しては若干残念な点になってしまいますが、カード自体は白を基調としたシンプルなデザインになっているので、シチュエーションを問わず利用できるのではないでしょうか。

ここでは、ZOZOCARDの基本スペックや特徴を詳しく紹介してしていきます。

ZOZOCARDのメリットはポイント高還元率!リニューアルで最大5%に!

ZOZOCARDは、カードの利用金額100円につき1ポイントのZOZOポイントが付与されます。ですので、基本となるポイント還元率が1%のクレジットカードです。

近年は、クレジットカードの種類が多数ありますが、1%のポイント還元率は業界でも高い水準となっているので、カードのポイントを重視する人にとってはうれしいメリットといえます。

さらに、ZOZOCARDは、ZOZOTOWNの利用で最大5%のポイント還元を受けることも可能です。

ZOZOTOWNの利用で受けられるポイントの種類と還元率は下記のようになっているので覚えておきましょう。

ZOZOTOWNの利用で付与されるポイントと還元率
ポイントの種類 還元率
購入ポイント 1%
ZOZOCARDご利用ポイント 4%

ZOZOTOWNで買い物をする場合、ZOZO IDを利用すれば、基本的に購入ポイントとして1%のポイント還元を受けることができます。

また、ZOZOCARDで決済をおこなえば、ZOZOCARDご利用ポイントとして4%の還元を受けることができるので、購入ポイントと合わせて5%の還元率になります。

ちなみに、ZOZOTOWNでの買い物は、ZOZO IDのほかにmixi ID Yahoo!JAPAN IDを利用することも可能です。

ただ、「Yahoo!JAPAN IDでの買い物に関してはポイントが付与されない」ため、ZOZOTOWNを利用する際は、注意するようにしてください。

ZOZOポイントの有効期限

ZOZOCARDを利用して貯まったポイントの有効期限は、基本的に「最後にポイントを取得した月から1年後の当月末まで」です。

ただ、ZOZOTOWNを利用した場合に付与されるポイントに関しては、ポイントの種類によって下記のように異なるので注意が必要です。

ZOZOTOWNの利用で付与されるポイントの種類と有効期限
ポイントの種類 有効期限
購入ポイント 最後にポイントを取得した月から1年後の当月末日まで
ZOZOCARDご利用ポイント 付与日より90日

上記のように、ZOZOTOWNで買い物をする場合は、ZOZO IDの利用で付与される購入ポイントの有効期限が「最後にポイントを取得した月から1年後の当月末まで」になります。

しかし、ZOZOCARDの利用で付与されるZOZOCARDご利用ポイントに関しては、「付与日より90日」となることを覚えておきましょう。

せっかく高いポイント還元を受けてもポイントが失効してしまっては意味がありませんので、ポイントの有効期限は、しっかりと確認するようにしてください。

ZOZOポイントは何と交換できるの?

ZOZOCARDの利用で貯まったZOZOポイントは、「1ポイント=1円」としてZOZOTOWNの商品を購入することが可能です。

ただ、そのほかのギフト券やマイルなどへの交換ができないので、使い道としてはZOZOTOWNでの利用のみとなってしまうことを覚えておきましょう。

一般的なクレジットカードの場合は、貯まったポイントを景品ギフト券マイルほかのポイントプログラムへの交換などに利用できるケースが多いので、この点に関しては若干デメリットになってしまいます。

ZOZOCARDの限度額は?

ZOZOCARDは、一般的なクレジットカードと同様に、買い物などで利用ができるショッピング枠と現金の借入れができるキャッシング枠を設定することができます。

それぞれの最高限度額は、下記のようになっています。

ZOZOCARDの利用可能枠
利用する枠 最高限度額
ショッピング 200万円
キャッシング 150万円

ZOZOCARDのショッピング枠は最高200万円、キャッシング枠は最高150万円です。

ただ、限度額は、審査によって決定されるので、必ず上限の金額まで利用できるわけではないということを覚えておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に含まれることに注意

ZOZOCARDは、ショッピング枠のほかにキャッシング枠を設定することが可能ということを紹介しましたが、基本的にクレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠に含まれることを覚えておきましょう。

たとえば、審査の結果、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円の限度額になったします。

キャッシング枠をまったく利用していない場合は、買い物などで50万円までカードを利用することが可能です。

しかし、現金が必要になり、10万円分のキャッシング枠を利用した場合は、下記のようになります。

キャッシング枠を利用した場合のショッピング枠
ショッピング枠 50万円
キャッシング枠 10万円
キャッシング後のショッピング枠 50万円-10万円=40万円

上記のように、ショッピング枠が50万円残っていたとしても、キャッシングで10万円分の借入れしてしまうと、借入後のショッピング枠は40万円になります。

逆に、買い物などで40万円分のカード決済をした場合は、キャッシング枠が20万円残っていたとしても、大枠となるショッピング枠の残りが10万円なので、キャッシング枠も10万円が限度額になります。

このように、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は、独立しているわけではないので、カードを利用するときは利用可能金額をしっかりと把握するようにしましょう。

ZOZOCARD はApple Payに対応

ZOZOCARDは、Apple Payに対応しているので、iPhoneApple Watchにカードを設定することができます。

ZOZOCARDをApple Payに設定して利用する場合は、「iD」として使うことになるので、全国の「iD」加盟店で支払いが可能です。

iD加盟店は、「iDマーク」が目印になっているので、利用できるのか迷ったときは、店頭に表示されているマークを確認するとよいでしょう。

また、Apple Payで支払いをおこなう際は、「iDで支払う」ことを店員に伝えるとスムーズに会計ができるので、覚えておきましょう。

ZOZOCARDの追加カード

大抵の一般的なクレジットカードは、追加カードとして家族カードETCカードを発行することが可能です。

しかし、ZOZOCARDには家族カードがないので、追加カードとして発行できるのはETCカードのみとなることを覚えておきましょう。

ETCカードの年会費と発行手数料
年会費 無料
発行手数料(税別) 1,000円

上記のように、ZOZOCARDの追加カードとして発行ができるETCカードは、年会費無料となっていますが、発行手数料として1,000円(税別)必要になります。

一般的なクレジットカードのなかには、家族カードやETCカードの年会費、発行手数料ともに無料のものもあるので、ZOZOCARDは、追加カードがやや弱いというデメリットがあります。

ZOZOCARDの付帯保険

ZOZOCARDは、「紛失・盗難保証」が付帯しているので、カードの不正利用が発覚した場合は、紛失、盗難届けの申請をおこなえば、「申請した日を挟んで60日間、計121日」の損害額を補償してくれます。

ただ、ZOZOCARDには、旅行中のケガや病気などの際に利用できる旅行傷害保険や購入した商品が盗難や破損などをした場合に受けられるショッピング補償などが付帯していないので、覚えておきましょう。

一般的なクレジットカードのなかには、年会費無料で旅行傷害保険やショッピング補償が付帯しているものもあるので、ZOZOCARDは、付帯保険がやや弱くなってしまいます。

ちなみに、セキュリティ面に関してですが、オンラインショッピングを利用の際は、本人にしかわからない会員専用ネットサービスのパスワードを入力する(本人承認サービス)ため、安全性は保たれています。

ですので、付帯保険はやや弱くなってしまうものの、基本的に安心して利用できるクレジットカードです。

ZOZOCARDの利用で知っておきたい情報

ZOZOCARDの基本スペックや特徴を説明してきましたが、そのほか、ZOZOCARDを利用する際に知っておきたい情報や注意点がいくつかあります。

ということで、ここでは、ZOZOCARDの基本情報以外に知っておきたい情報や注意点を紹介していきます。

ZOZOCARDでのツケ払いは基本的に不可能

ZOZOTOWNで商品を購入した際、支払い方法のひとつとして「ツケ払い」があります。

ツケ払いの特徴は、下記のようになっています。

ツケ払いの特徴

  • 支払いは、2ヶ月以内であればいつでもOK
  • 5万円(税別)まで利用可能
  • 商品到着後にコンビニでの現金払いまたは、銀行振込で支払い

上記のように、ツケ払いは、商品の到着後、2ヶ月以内に支払いをおこなえばよいという支払い方法です。

手数料として330円(税込)かかってしまいますが、すぐに商品購入代金を支払う必要がないので、お金に余裕がないときでもZOZOTOWNで買い物ができるというメリットがあります。

ただ、便利なツケ払いですが、基本的に支払いは、現金または銀行振込となるため、ZOZOCARDを含めたクレジットカードの利用ができないということを覚えておきましょう。

ですので、ZOZOCARDのメリットである5%の高いポイント還元率を最大限に活かすのであれば、ツケ払いの利用はできるだけ避けることをおすすめします。

ZOZOCARDとツケ払いは支払いまでの期間に差がない?

ツケ払いは、最長で2ヶ月後まで支払いを延ばすことができるというメリットがあるものの、ZOZOCARDの利用で受けられるポイント還元を最大限活かせないというデメリットがあることを紹介しました。

ですので、すぐに商品購入代金を支払えない場合は、ポイント還元率を諦めてツケ払いを利用するか迷ってしまう人もいると思います。

しかし、実は、ZOZOCARDを利用して商品を購入した場合も最長で約2ヶ月後(約60日)まで支払いを延ばすことが可能です。

というのも、ZOZOCARDの締め日と支払日の関係は、下記のようになっているからです。

ZOZOCARDの締め日と支払日
支払い方法 1回払い リボ払い、分割払い
締め日 毎月1日 毎月末日
支払い日 締め日の翌月1日 締め日の翌々月1日

たとえば、1回払いの場合は、締め日の翌日になる2日にカードを利用すれば、「締め日まで約30日」、「締め日から支払い日まで約30日」となるので、カードの利用から約60日後に商品代金の支払いをおこなうことになります。

つまり、ZOZOCARDを上手に利用すれば、ツケ払いと同じように商品購入代金の支払いを延ばすことができ、最大5%のポイント還元を受けることも可能ということです。

また、リボ払い分割払いにすれば、約60日後まで商品購入代金の支払いを延ばすことが可能ですし、一度に支払う金額を軽減することもできます。

ただ、リボ払いや分割払いは、年率15.0%手数料が発生してしまうので、その点は、注意が必要になります。

ZOZOCARDで決済した場合の返品について

ZOZOCARDを利用してZOZOTOWNで商品を購入した場合の返品について気になる人もいると思いますので紹介しておきます。

ZOZOTOWNでは、ZOZOCARDに限らず、クレジットカードで商品を購入した場合は返送商品の確認後、7営業日以内に返金日のメールが送られてきます。

返金に関しては、カードの決済状況によって下記のようになっています。

カードの決済状況と返金方法
決済状況 返金方法
決済が確定する前 決済の取り消し
決済が確定した後 クレジットカード会社から銀行振込によるキャッシュバック

クレジットカードは、利用してすぐに決済が確定するわけではないので、決済が確定する前であれば、商品購入代金の請求はおこなわれません。

また、決済が確定している場合は、銀行振込によるキャッシュバックがおこなわれるので、後日、カードの支払い口座に商品購入代金と同じ金額が振込まれることになります。

ZOZOCARDが使えないときの対処法

ZOZOCARDを利用する際に、「カードが使えない」ということもありますよね。

意外とよくあるケースなのですが、基本的にZOZOCARDを含めて、クレジットカードが利用できない場合は主に下記の原因が考えられるので覚えておきましょう。

クレジットカードが使えない主の原因

  • カードの利用限度額を超えている
  • カードの有効期限が過ぎていた
  • カードの暗証番号を複数回間違えた
  • 支払日にカードの利用代金の引き落としができてなかった

先に紹介しましたが、クレジットカードは、審査によってショッピング枠やキャッシング枠の限度額が決定されます。ですので、限度額を超えてしまっている場合は、カードの利用ができなくなります。

また、クレジットカードには、有効期限があるので、有効期限が過ぎてしまっている場合も利用できません。

ただ、基本的には、カードの有効期限が近づくとカード会社から郵送で新しいカードが送られてくるので、有効期限が切れている場合は、新しいカードが送られてきていないかを確認してみてください。

そのほか、キャッシングの利用などでクレジットカードの暗証番号を入力した際に、複数回間違えてしまった場合もカードの利用が停止となります。

カードの利用が停止になると再発行をしなくてはいけませんので、注意が必要になります。

上記で紹介した原因を確認しても問題がなく、利用できない原因が分からない場合は、クレジットカードの発行会社に問い合わせをするようにしましょう。

ちなみに、ZOZOCARDに関しては電話のみの問い合わせとなっているので、下記の連絡先に問い合わせをしてみてください。

ZOZOCARDの問い合わせ先
電話番号 営業時間
0570-064-373(携帯電話から)
0120-12-9255(携帯電話以外から)
営業時間9:00~18:00

ZOZOCARDの作り方

ZOZOCARDは、WEB申込み限定のクレジットカードなので、カードの申込みはWEBからおこなうことになります。

また、ZOZOCARDの申込みにはZOZOIDが必要になるので、申込みを検討している人は、事前にIDを発行しておくとよいでしょう。

ZOZOCARDの発行手順は、下記のようになっているので参考にしてください。

ZOZOCARDの申込み手順

  1. ZOZO IDを利用してZOZOCARDの申込みページにアクセス
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認と審査
  4. 審査結果の連絡
  5. 郵送によりカードが手元に届く
  6. 同封されている口座振替依頼書を記入後に返送
  7. 手続きが完了

ZOZOCARDは、申込みが完了した時点でZOZOTOWNのアカウントにカードが登録されるので、審査結果を待たずにZOZOTOWNで利用することが可能です。

ただ、審査が完了する前にカードを利用して購入した商品に関しては、審査に通過できなかった際に自動で注文が取り消しになるので、覚えておきましょう。

ZOZOCARDは審査がある?審査は厳しいの?

ZOZOCARDの申込みを検討している人は、審査についても気になるところですよね。先に少し触れていますが、ZOZOCARDを作るためには審査に通過する必要があります。

申込み条件は、18歳以上の方(高校生は除く)で、電話連絡がとれる方となっているので、年収の条件はありませんが、未成年の場合は、親権者の同意が必要になることを覚えておきましょう。

また、審査基準に関しては公表されているわけではないので明確に答えることは難しいですが、年会費が無料であることや申込み条件を考慮すると、クレヒスに問題がなければ比較的通過できる可能性が高いと考えられます。

クレジットカードの審査で重要なクレヒスとは

クレジットカードは信用貸しとなるので、「この人なら必ず支払いをしてくれる」ということを確認するためにカード会社が審査をおこないます。

その際に重要となるものが、クレジットヒストリー(クレヒス)になります。

クレヒスは、クレジットカードやローンの取引履歴を指し、過去に返済の遅延などをしてしまっている人は、クレヒスの状態が悪くなるため審査に通過することが難しくなってしまいます。

個人のクレヒスについては信用情報機関に登録がおこなわれ、審査の際にカード会社が照会をおこなうので、ごまかすことはできません。

ですので、クレジットカードの審査に通過するためには、クレジットカードやローンの支払いをしっかりとおこない、良好なクレヒスを積むことが重要です。

ちなみに、長期間の返済の遅延債務整理の経験などがある人は、信用情報機関に一定の期間名前が登録され、いわゆるブラックと呼ばれる状態になります。

ブラックの人は、新たにクレジットカードの作成ができなくなるので、審査でほぼ確実に落ちてしまうことを覚えておきましょう。

ZOZOCARDはどのような人に向いているクレジットカード?

ZOZOCARDについて紹介してきましたが、クレジットカードの申込みを検討している人のなかには、ZOZOCARDが自分に向いているカードなのかを迷ってしまう人もいますよね。

結論を先にいうと、基本的にZOZOCARDは、ZOZOTOWNをよく利用する人に向いているカードなので、日常の買い物などでカードの利用を検討している人にはあまり向いていません。

というのも、ZOZOCARDの特徴を整理すると下記のようになるからです。

ZOZOCARDのメリットとデメリット
メリット デメリット
年会費無料で発行が可能 付帯保険などの補償が弱い
ZOZOTOWNの利用で最大5%の還元(それ以外は1%) 家族カードが発行できない
1ポイント=1円としてZOZOTOWNで利用できる ポイントの使い道が限られている

ZOZOCARDの最大のメリットは、5%のポイント還元ですが、ZOZOTOWNを利用しなければ5%の還元を受けることができませんし、4%分のポイントは、有効期限が90日間です。

つまり、最低でも3ヶ月に1回はZOZOTOWNで買い物をしなければポイントが失効してしまうので、ヘビーユーザーでなければZOZOCARDの恩恵を受けることができないということになります。

また、ポイントの使い道はZOZOTOWNのみに限られますし、付帯保険などの補償が弱く、家族カードの発行も不可能です。

近年は、年会費無料でも海外旅行傷害保険やショッピング補償が付帯しているカードがあるので、ZOZOCARDは、メインカードとしての利用があまり向いていないクレジットカードといえます。

ただ、ZOZOCARDは年会費が無料なので、ヘビーユーザーではないものの、ZOZOTOWNを利用する人やサブカードを検討している人であれば、おすすめのクレジットカードになっています。

まだまだある!ファッション好きな人へのおすすめクレジットカード

ZOZOCARDは、ZOZOTOWNのヘビーユーザーにとってはお得なクレジットカードですが、ZOZOTOWNをあまり利用しない人にとってはそれほどメリットがあるわけではありません。

ですので、ZOZOTOWN以外でアパレル・ファッション関係の買い物をする人は、ほかのクレジットカードを検討する人もいるのではないでしょうか。

ということで、最後に、アパレル・ファッション関係の買い物におすすめのクレジットカードを紹介しておきたいと思います。

マルイでの買い物で還元率1%!年会費永年無料の「エポスカード」

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード
(30代/女性/主婦/年収なし)

お得だと感じるのは、やはりマルイ加盟店で貯まりやすいポイントですね。とくにマルイでの買い物には欠かせません。他にも会員限定のたまるマーケットを利用すれば、いろんなネットショッピングでもポイントがお得になるのも嬉しいです。

エポスカードは、年会費永年無料で利用することができます。国際ブランドは世界シェアNo.1のVISAなので、クレジットカードを利用できるほとんどの店舗で支払いが可能です。

基本となるポイント還元率は0.5%とそれほど高いわけではありませんが、マルイや加盟店での買い物は1%以上となるので、マルイをよく利用する人におすすめのクレジットカードになっています。

また、口コミにもあるように、ネットショッピングの際は、Amazon.co.jp楽天市場などの人気のサイトも利用できる「たまるマーケット」の経由でポイント還元率を上げることも可能です。

そのほか、下記のような特典やサービスも利用できるので、合わせて覚えておきましょう。

エポスカードの特典やサービス

  • 最短即日発行が可能
  • マルコとマルオの7日間は10%OFF
  • ネット通販限定でポイントでの買い物も可能

ルミネでの買い物がいつでも5%OFFになる「ルミネカード」

ルミネカード
おすすめポイント
  • ルミネでのお買い物がいつでも5%OFF!さらに、年に数回10%OFF!
  • ルミネでのお買い物総額に応じて、商品券ももらえちゃう!
  • 紛失補償や海外旅行傷害保険もついてるから安心!
年会費 無料
次年度以降 953円(税抜)
ポイント還元率 0.5 〜 1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 477円
発行期間 約7日間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
(30代/女性/会社員/年収200~400万円未満)

いつでもルミネ内の商品やサービスの支払いをルミネカードで行えば、5%オフになります。
さらに年に数回は10%オフになるキャンペーン期間があるので、高額な買い物を予定している場合はこの時期に合わせてお取り置きをして購入すると良いでしょう。

店舗で直接購入しなくても、ルミネのオンラインショップで購入したものに関しても適応されるので、生活圏内にルミネがなくてもルミネ内のファッションショップをよく利用する方にはおすすめです。

ルミネカードは、初年度の年会費無料で利用可能です。

2年目以降は年会費が1,048(税込)かかってしまうものの、最高1,000万円国内旅行傷害保険最高500万円海外旅行傷害保険が付帯しているので、サービス面が充実しているという特徴があります。

また、ルミネでの買い物やルミネのファッション系ネット通販「アイルミネ」での買い物は、いつでも5%OFFになるので、近隣にルミネがない人でもお得に買い物をすることが可能です。

マネ会に寄せられた口コミでも、5%OFFで買い物ができるサービスは好評になっているので、ぜひ活用してください。

ちなみに、ルミネカードは、ビューカードなのでSuicaの機能が付帯しています。ですので、Suicaを利用する人にもおすすめのクレジットカードになっています。

ZOZOのクレジットカードのまとめ

ZOZOのクレジットカード「ZOZOCARD」について紹介してきました。

ZOZOCARDは、ZOZOTOWNの利用で最大5%のポイント還元を受けることができ、貯まったポイントは、「1ポイント=1円」としてZOZOTOWNで利用することが可能です。

ZOZOTOWNのヘビーユーザーであれば、ぜひとも持っておきたいクレジットカードになっているので、条件が合う人は、申込みを検討してみてください。

ただ、ZOZOTOWNをそれほど利用しない人にとっては、メリット薄れてしまうので、そのような人は、記事内で紹介したおすすめのクレジットカードを検討するのもよいと思います。

また、ZOZOは、Yahoo!Japanの子会社となることで、今後のさらなるサービスの向上も期待されています。

ですので、メインカードとしてではなく、サブカードとしてZOZOCARDを持っておくのもおすすめです。

監修者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

関連記事