更新日:

ステータスで選ぶおすすめプラチナ・ゴールドカード17選

ステータスで選ぶおすすめプラチナ・ゴールドカード17選

30代になり社会的な地位も上がってくると、自然と身に付けるものも良い物になってきます。

クレジットカードでもステータス性や利用限度額に満足できなくなり、さらに上のゴールドカードプラチナカードが欲しくなってきたという方も多いのではないでしょうか?

ゴールドカードやプラチナカードは一昔前までお金持ちだけが持つことができるカードでしたが、今では安定した収入があれば会社勤めの30代でも充分に取得可能となっています。

今回はそんな30代以上の大人たちに向けて、ステータスとサービスを備えた、人に自慢出来るおすすめのゴールドカード・プラチナカードを紹介していきます。

おすすめゴールド・プラチナカード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
年会費 : 31,900円(税込)
ポイント還元率 : 0.333%~0.4%

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの詳細
年会費 : 24,200円(税込)
ポイント還元率 : 0.5 〜 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

JCBゴールド

JCBゴールドの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 0.5%~2.5%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード<Titanium Card>の詳細
年会費 : 55,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 0.75%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

ゴールド・プラチナカードの選び方は3種類

30代に見合うステータス重視で選ぶ

まずは今回のテーマ通り、「まさしく30代にふさわしい」と自信を持って言えるステータスカードをご紹介していきましょう。

ステータスカード代表、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,900円(税込) 31,900円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

クレジットカードのステータスに興味を持ち始めたら、誰しもが憧れる存在のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)です。

日本で初めて発行されたゴールドカードであるためか、代表的かつ非常にステータスのあるクレジットカードで、一部の富裕層しか持てない、という認識の方も多いようです。

実は、これよりも上のスペックのカードをアメックスが発行しているため、ゴールドカードの取得条件は以前よりも下がっていると言われますが、年会費が29,000円(税別)と高めなこともあり、やはり所有している人の数は未だに少ないようです。

30代になり、社会人としての風格が出てきた人にこそ似合うステータスカードだと言えるでしょう。

一部の方には「ステータスをひけらかすカード」のように思われているようですが、そのスペックは流石の一言です。

国内外約200店のレストランにて2名以上で所定のコースを予約すると、1名分の料金が無料となる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」や、美術館、ゴルフ、特別な観光スポットなどへのゴールドカード会員限定招待、国内外850ヶ所以上の空港ラウンジが利用可能になる「プライオリティ・パス」への年会費無料登録など、他のカードでは受けられない優待サービスが連ねられています。

大人のお金の使い方を知っている人にこそ相応しいゴールドカードだと言えますね。

なお、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードは今まではインビテーション制で、アメックスゴールドで利用実績を積む必要がありましたが、2019年4月から申込み制となりました。

そのため、より高ステータスのクレジットカードを求めている方はプラチナカードを検討してみても良いでしょう。

アメックスゴールドの豪華な特典やメリット、提携ホテルのおすすめカードまで徹底解説!

大人の余裕を醸し出す、ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

上記でご紹介したアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)と双璧を成すステータスカードとして知られているのが、こちらのダイナースクラブカード

アメックスほど一般の認知度は高くはありませんが、だからこそこちらのカードを所有したい、と感じる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

また、ダイナースクラブカードには年齢制限があり、27歳未満は申込むことができません。そのため、保有者が少ない点もステータスを感じる理由のひとつとなります。

アメックス・ゴールドが「いかにもゴールド」といった見た目なのに対して、ダイナースクラブカードは銀色の券面に地球とダイナースロゴをあしらっただけの、非常にシンプルなデザインとなっています。

しかし、その優待サービスはアメックス・ゴールドに負けるとも劣りません。

会員を含む2名以上でレストランの所定のコースを頼むと1名分のコース料金が無料になる「エグゼクティブ・ダイニング」では、会員を含む6名以上の場合には2名分のコース料金が無料となります。(一部店舗では8名以上で2名分が無料となります)

また、ダイナースと提携しているレストラン・飲食店の中で予約が取りづらいお店の席を会員だけに提供する「Wishダイニング」や、通常は一見さんお断りの高級料亭などをダイナースクラブが会員に代わって予約する「料亭プラン」など、食にこだわった優待が多いのが、ダイナースクラブカードの特徴です。

それでいてダイナースクラブカードの年会費は22,000円と、アメックスゴールドよりも低めの設定となっています。

食事に関する優待をより多く受けられることに魅力を感じる方は、是非申し込みをご検討されてはいかがでしょうか。

なお、最上ランクであるダイナースプレミアムカードはインビテーションでしか取得できません。

ダイナースクラブカードのサービスを更にランクアップした優待が受けられる、圧倒的ハイステータスカードですので、目指す方は是非上記よりお申込み下さい。

ダイナースにはメリットがない?高い年会費を払ってでも持つべき8つの理由

安心と信頼の日本ブランド、JCBゴールドカード

JCBゴールド
JCBゴールドの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ゴールドカードならではの充実した海外旅行傷害保険 最高1億円!
  • 空港ラウンジサービス(国内・海外)やグルメ優待サービス等、サービスが充実!
  • ワンランク上のゴールドカード「JCBゴールド ザ・プレミア」へご招待のチャンス!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 11,000円(税込) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

日本発の国際ブランドとして上記2ブランドに対抗するのが、皆さんご存知のJCBです。

あまりステータスカードとしてのイメージはないかもしれませんが、それは皆さんが目にするJCBの多くが提携カードであるためです。

実はJCBも、自社のみで提供する「プロパーカード」を発行しているのです。

認知度自体は上述した2枚のカードには劣りますが、何と言っても日本のブランドであるという安心感、そして充実した優待サービスが魅力です。

JCBのゴールドカード以上を保有する会員の方向けに用意されている優待サービスは、「GOLD Basic Service」という名前でまとめられています。

簡単に内容をご紹介すると、全国200軒以上の提携レストランでの飲食代金が20% OFFとなる「グルメ優待サービス」や、国内の主要空港及びハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジを無料で利用できる「空港ラウンジサービス」、JCBトラベルデスク経由で国内・海外のツアー旅行に申し込み、その料金をJCBゴールドカードで支払うと付与ポイントが3〜7倍となる「JCBトラベル OkiDokiとくとくサービス」など、多彩な優待サービスが用意されています。

券面は「JCB」の文字をモチーフとした、日本庭園の枯山水を彷彿とさせるデザインとなっています。

その中央には「お客様との縁」という意味を込めた円形のシンボルマークが家紋のように配置されています。

こうした細かなデザインへのこだわりも、JCBゴールドカードの魅力ですね。

JCBの場合、JCBゴールドよりも高いランクのカードは3種類あります。それが「JCBゴールド ザ・プレミア」、「JCBプラチナ」そして「JCBザ・クラス」です。

JCBゴールド ザ・プレミアはゴールドカードとプラチナカードの間を埋めるカードで、ステータス的には準プラチナレベルと言えます。

また、JCBザ・クラスはJCBのプロパーカードで最上級のカードとなり、どちらのカードもインビテーションを受けなければ入手することはできません。

ただし、JCBプラチナは申込み制となっているので、審査に通れば保有が可能です。

JCBザ・クラスのインビテーションをもらうためには、まずはJCBゴールドかJCBプラチナを申込むことになるので、より生活スタイルに合ったカードを選ぶと良いでしょう。

JCBゴールドカードは6つの優待と保険が魅力的!気になる審査基準も合わせて解説
JCBプラチナ
JCBプラチナの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 24時間・365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • 国内の厳選したレストランで1名様が無料に「グルメ・ベネフィット」
  • 世界の空港ラウンジが利用可能「プライオリティ・パス」
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 0.1 〜 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

金属製のラグジュアリーカード

Mastercard Titanium Card
ラグジュアリーカード<Titanium Card>の詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 1%のキャッシュバック高還元率
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
  • プライオリティ・パスの世界中1300か所以上の空港ラウンジサービス無料
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
55,000円(税込) 55,000円(税込) 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社

ラグジュアリーカードは通常のプラスチック製のカードではなく、24金仕上げやステンレスといった金属製のクレジットカードで、物に当てると金属音が鳴る特徴的なカードです。

重さは21グラムほどで、一般的なプラスチック製のクレジットカードの約4倍の重量感がある1枚で、国内で数少ない、Mastercard最上級ランクワールドエリートに当たるカードです。

ラグジュアリーカードには、チタニウムカード・ブラックカード・ゴールドカードの3種類があります。

通常のステータスカードのランクは下から、ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードの順番ですが、ラグジュアリーカードは、チタニウム・ブラック・ゴールドという順番になっており、ゴールドカードが最上位ランクにあたります。

ラグジュアリーカードには、利用回数の制限がないプライオリティパスがつきます。世界130カ国の約1,200カ所以上の空港VIPラウンジが使い放題になります。

また、Luxury Diningといって、全国約200店舗の有名レストランで、2名以上で所定のコースを予約した場合、1名分が無料になる特典があります。

また、ブラックカードと呼ばれるものは、通常申込では手に入らず、インビテーションといって招待を受けた人しか手に入らないことが多いですが、ラグジュアリーカードのブラックカードである、Mastercard Black Cardなら、インビテーションなしで申し込むことができます。

Mastercard Black CardやMastercard Gold Cardは対象レストランをコンシェルジュ経由で予約した際に、自宅等の指定した場所とレストランをリムジンで送迎してくる特典がついたり、航空会社の上級会員資格を獲得できたりします。

Mastercard Black Cardは年会費が100,000円(税込)と他のカードと比べて高く感じますが、それ以上に特典内容が充実しているステータスの高いクレジットカードとなっています。

Mastercard Gold Cardはインビテーションが必要なクレジットカードです。

Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード<Black Card>の詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 日本初マスターカード最上位「World Elite Mastercard」
  • 24時間対応のLuxury Card ConciergeTM
  • グローバルホテル優待
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
110,000円(税込) 110,000円(税込) 1.25%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社

より高いマイル還元率で選ぶ

年相応のカードを選ぶことも大事ですが、ポイントやマイルが貯まるのを楽しみにしてクレジットカードを利用されている方も多いのでは?

特に出張の多いビジネスマンの中には、その際に貯まるマイルでいつか海外旅行を…と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではそんな方々のために、マイルやポイントの還元率が高く、ステータスも十分なカードをご紹介していきます。

出張・旅行で良く飛行機に乗る方は必須!ANA、JAL発行のステータスカード

ビジネスマンの方なら、良く飛行機で出張に行くという方もいらっしゃるでしょう。

会社の用事とは言え、どうせなら一緒にマイルを貯めることが出来ると嬉しいですよね!

フライトマイルを効率よく貯めるに当たっては、やはりANA、JALが発行しているクレジットカードを利用されるのが良いでしょう。

もちろん、会社が既に支払ってしまった航空券の獲得マイルは、所持しているカードによっては変わりません。

しかし、ご自分やご家族の旅行の際に飛行機代をクレジットカードで支払う場合には、所持カードにより獲得マイル数が大きく異なります。

ここでは、マイル積算率(加算率)がより大きいカードとして、下記のカードをオススメします。

JALマイルを貯めるなら: CLUB-Aゴールドカード

JALカードCLUB-A ゴールドカード
JALカードCLUB-A ゴールドカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • フライトやショッピングでマイルが貯まる!
  • 年1回海外旅行に行かれる方におススメ!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
17,600円(税込) 17,600円(税込) 1 〜 2%
電子マネー
WAON(ワオン)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANAマイルを貯めるなら: ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ご入会でもれなく2,000マイル、毎年のカードご継続毎に2,000マイルをプレゼント
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント2倍
  • ポイントの有効期間は無期限。1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
34,100円(税込) 34,100円(税込) 1 〜 2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

毎日の電車通勤でもマイルが貯まる!?鉄道系のオススメクレジットカード

出張とは関係ありませんが、実は電車に乗るだけでもマイルが貯められること、ご存知でしたか?

ただし、ご自分が良く利用される鉄道会社に応じて選ぶ必要がありますので、以下では鉄道会社別にオススメカードをご紹介します。

JRを良く利用される方にはJALカードSuica(CLUB-Aカード)がおすすめ!

JALカードが発行する、Suica機能が付いたカードです。厳密にはステータスカードではありませんが、CLUB-Aカードは通常のJALカードの1ランク上のカードです。

通常のJALカードSuica同様、Suicaへのオートチャージ機能や定期券機能が付いている上、入会搭乗ボーナスが5,000マイル(普通カードは1,000マイル)、毎年初回搭乗ボーナスが2,000マイル(普通カードは1,000マイル)、更にマイル積算率が25%(普通カードは10%)と優遇されているのが特徴です。

オートチャージの場合は通常の3倍のビューサンクスポイントが貯まりますが、JALカードSuicaをお持ちの場合には、ビューサンクスポイントを、600ポイント=500マイルのレートでJALマイルに移行することが可能です。

東京メトロをよく利用される方にはTo Me CARD PASMO (ゴールド)がおすすめ!

局所的になりますが、東京メトロをご利用の方にオススメのゴールドカードがこちらです。

東京都では、メトロで毎朝通勤をされている方も多いのではないでしょうか?

その際にこちらのカードで乗車料金を支払えば、平日の場合は1乗車あたり20ポイント、土日・休日の場合はなんと40ポイントが貯まります。

こちらのカードで貯まるのは「メトロポイント」ですが、To Me CARD PASMOをご利用の方の場合は、メトロポイント1,000ポイント=600マイルのレートでANAマイルに移行可能です。

仮に平日・休日関わらず1ヶ月(31日、休日は土日合わせて8日と仮定)毎日メトロで家と目的地を往復した場合、1,560ポイントものメトロポイントが貯まります。

マイルにして、月に約900マイルも貯まることになります。1年換算すると10,000マイルですので、国内旅行くらいなら余裕を持って支払えてしまうほどになりますね!

なお、ステータスカードではありませんが、ANAカードとTo Me CARD PASMOの機能が合わさった「ソラチカカード」も人気です。

乗車ポイントは平日5ポイント、休日15ポイントと、To Me CARD PASMO (ゴールド)には劣りますが、申し込みの際に「マイル自動移行コース」を選択すれば、ショッピングなどで1,000円を利用する毎に、5マイルもしくは10マイルが自動的に貯まっていきます。(10マイルコースを選択した場合、マイル移行手数料がJCBから請求されます)

ソラチカカードはポイント3重取りで効率よく貯まる!5つのメリットも徹底解説します

東急線をよく利用される方にはTOKYU CARD ClubQ JMBゴールドがおすすめ!

こちらも局所的ですが、東急線沿いにご自宅や会社がある方にはこちらのゴールドカードがオススメです。

他の鉄道系カード同様、PASMOにオートチャージが可能で、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」というサービスに登録していれば、オートチャージ金額の1%がポイントとして加算されていきます。

貯まったポイントは、TOKYU POINT2,000ポイント = 1,000マイルのレートでJALマイルに移行可能です。

買いものでJALマイルが貯まる!セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

飛行機にも電車にもあまり乗らないからといって、マイルが貯まらないわけではありません!

ショッピングをするだけでマイルが貯まるカードが、クレディセゾンが発行するこちらのセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(セゾンアメックスゴールド)です。

こちらのカードを利用してマイルを貯める方法は2通りあります。

まず、普通にショッピングをするだけで貯まる「永久不滅ポイント」をマイルに交換する方法です。

通常は1,000円ごとに1ポイントのレートですが、セゾンアメックスゴールドなら通常の1.5倍で永久不滅ポイントが貯まります。(海外利用なら通常の2倍)

このポイントは、2017年2月現在で200ポイント=600ANAマイル、もしくは200ポイント = 500JALマイルのレートで交換可能です。

次に、「SAISON MILE CLUB」を利用する方法です。

こちらではJALマイルしか貯めることができませんが、年会費4,000円を払うことでショッピング1,000円あたり10マイルが貯まります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 永久不滅ポイント対応!
  • 国内・海外空港ラウンジ
  • 国内リゾートホテル「休暇村」ご優待
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 11,000円(税込) 0.75%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

なお、さらに上級のセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードであれば、SAISON MILE CLUBに無料で入会することができるようになります。

ただし、こちらのプラチナカードにも直接入会はできません。

ビジネスカードであるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードであれば、実は個人事業主でなくても申し込みは可能なので、どうしてもプラチナカードが欲しい方はこちらをご利用されてはいかがでしょうか。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外ラウンジが無料で利用できる、プライオリティ・パスが利用可能!
  • 海外・国内旅行保険も最高1億円まで付帯されていて安心!
  • 会員専用のコンシェルジュサービスが利用できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

できるだけ安い年会費で選ぶ

ゴールドカードがほしいとは思うものの、できるだけ年会費は抑えたい!という方にオススメのカードをご紹介します。

アメリカン・エキスプレス®・カード
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
13,200円(税込) 13,200円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ポイントをお得に貯めたいなら楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 1%~5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

最低限の年会費でゴールドカードのメリットを受けるならMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!
  • 海外ポイント2倍国内初年度ポイント1.5倍
  • 最短3営業日発行!!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,905円(税抜) 0.1 〜 0.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

30代で初めてステータスカードを取得する際には審査に注意!

多くの人の憧れであるステータスカードですが、その分、審査の基準も一般カードより厳しいものになるはずです。

ここでは、30代で初めてステータスカードに申し込む方向けに、注意すべき点やその解決策となりうる手法をご紹介していきます。

審査の際にはこれまでの信用取引履歴が調査される

そもそも審査では何が行われるのかですが、基本的には申し込みの際に入力した氏名、生年月日、住所、職業、年収などと同時に、「信用情報機関」という組織に蓄積されているご自身の情報が参照されます。

耳慣れない機関の名前が出て不安になるかもしれませんが、信用情報機関には、これまでクレジットカードやローン、スマホの割賦販売などを利用されたことがある方全員の情報が登録されています。

クレジットカードなどの取引は、個人の支払い能力に対する信用を担保に行われているため、信用情報機関がその取引状況などを記録することで、その人の信用度を測る尺度を作っているイメージです。

つまり、新規で個人と信用取引をする会社などは、ここに登録されている情報をもとに、この人は信用できるかどうか?を判断するのです。

ローンの焦げ付きやスマホ代金の未払いなどは全てこちらに記録されているので、心当たりのある方は、場合によってはステータスカードの審査には通らない可能性もあります。

クレジットカードを利用したことがない場合にも注意

「自分はこれまでローンもクレカもスマホの割賦販売も利用したことがないから、信用情報には問題ない!」という方は、実は逆に要注意。

会社側の気持ちになって考えてみましょう。信用取引をしたことがない人というのは、「お金を返済した実績のない人」と同義です。

もちろん、きちんと返済をしているとはいえ、余りに多額の借金をしている(したことのある)方と比べればマシかもしれませんが、ある程度のクレジットカードの利用履歴のある方と比べると、「なぜクレジットカードも割賦販売も利用したことがないのだろうか」と疑問を持たれる可能性があります。

スーパーホワイトだとクレジットカードを申込すると断られる場合がある

まずは一般カードに申し込む手もあり

上記を確認して、ステータスカードの審査に通る自信がなくなってしまった方は、まずは一般カードに申し込み、支払実績を作るところから始めるのも良いでしょう。

ステータスカードとくらべて審査難易度の低い一般カードなら、審査に通る可能性も高くなります。

また、一般カードの中には実績を積めば、同じ券種のグレードアップ版に招待されることがあるクレジットカードもあります。

下記ではそのようなカードに絞ってご紹介していきます。

ステータスカードではないが便利な一般カードを紹介

JCB一般カード
JCB一般カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネットからのご入会で初年度年会費無料!条件により翌年の年会費も無料!
  • いつものお買い物や海外でのご利用でOki Dokiポイントがどんどん貯まる!
  • 充実の旅行傷害保険(海外/国内) 最高3,000万円!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBが発行するプロパーカードです。一般カードながら、使い方によってはポイントがどんどん貯まるのが特徴のこのカード。

年会費は1,250円(税別)かかりますが、オンライン申し込みなら初年度年会費が無料になります。年会費お振替月の前々月19日までに「MyJチェック」のご登録があり、12月16日~翌年12月15日のショッピングご利用合計金額が50万円以上の場合は、翌年の年会費が無料となります。

利用状況さえ良ければ、JCBからゴールドカードへのインビテーションが届くこともあります。

ゴールドカードとしての優待サービスはもちろんのこと、所持していてもいやらしくないデザインのJCBゴールドカード。

保有を目指すなら、まずは一般カードに申し込んでみてはいかがでしょうか?

三井住友カード

国内でVISAカードと言えばこのカード、と言うほど認知度の高いクレジットカードですよね。実はこのカードにも、上位版のゴールドカード、そしてプラチナカードがあります。
 
一般カードの還元率自体はそこまで高くありませんが、三井住友カード専用のポイント優待サイトを利用したり、「プレミアムポイント加盟店」の支払いに利用したりすることで、より高い還元率を実現できます。

このカードも、利用状況が良いと三井住友カード ゴールドへのインビテーションが送られてきます。

ゴールドカードならではの空港ラウンジ利用サービスや、旅館予約サイト「Relux」と提携した一流旅館やホテルに優待価格で宿泊できるサービスなどを受けられますので、気になる方は直接三井住友カード ゴールドに申し込むか、下記の一般カードに申し込んではいかがでしょうか。

三井住友カード
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

クレディセゾンがアメリカン・エキスプレスのライセンスを得て発行するクレジットカードの一般モデルがこちらです。

基本還元率が0.7%と、他社のカードよりいくらか高めに設定されている上、このカードの利用で得られたポイントは「永久不滅ポイント」という名前の通り、有効期限がありません。

さらに、専用ポイントサイト「永久不滅.com」で買い物をすると最大30ポイントが貯まりますし、海外で利用した場合はポイント付与率が2倍となります。

このカードを延滞などなく利用していると、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードへのインビテーションが届きます。

このページでも既にご説明していますが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード以上のランクのカードになると、お買い物をするだけでJALマイルが貯まる「SAISON MILE CLUB」に入会することが出来るようになります。

JALマイルを普段からコツコツ貯められるようになりたい方は、直接セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードか、下記の一般カードにぜひ申し込んでみて下さい。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • ネットでお買い物ポイント最大30倍
  • 安心してショッピングが楽しめるオンライン・プロテクション
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

まとめ

ここまで、30代の方にオススメのゴールドカードをご紹介してきました。

クレジットカードの用途は人それぞれですので、多くの会社が用途に合ったクレジットカードを発行しています。

ステータスももちろん大切ですが、実際に利用する際に自分が最もメリットを感じられるステータスカードを選んで持っていることで、「この人はちゃんと考えている。見栄っ張りなわけではない」という印象を持たせることができます。

そのようなクレジットカードの選び方をすることで、本当に「自慢できる」ステータスカードを持ちたいものですね。

関連記事