更新日:

プラチナカードって私の年収でも作れるの?

プラチナカードって私の年収でも作れるの?

プラチナカードとはゴールドカードよりさらに上のグレードのクレジットカードのことです。
自ら申し込みをすることで取得できるカードと、インビテーション制(紹介制)のカードに分けることができます。
特にプロパーカードの場合はインビテーションでしか取得することができるため、持っているだけでその人の信用度を表すと言ってよいでしょう。

プラチナカードのメリットデメリット

メリット

1番のメリットはサービス内容が充実していることです。
ゴールドカードが一般カードと比べ豊富なサービスを用意しているように、プラチナカードもゴールドカード以上に充実したサービスを用意しています。
そのサービスにはプライオリティパスの無料入会ホテルのスイートルーム利用代金の割有名レストランで利用分が無料になるなどがあります。
そして、特に代表的なサービスはコンシェルジュサービスでしょう。

▼コンシェルジュサービス
コンシェルジュとは利用者のリクエストに応えるプロのようなもので、ホテル・飛行機・レストランの予約など会員の要望に24時間対応してくれるサービスのことです。
コンシェルジュを利用すると、通常では予約が取れないようなお店でも予約可能になることもあり、そのサービスの満足度はとても高いものになっています。

また、もう1つのメリットが高額な利用限度額です。
ゴールドカードの利用限度額が50万円から300万円程度であるのに対し、プラチナカードの利用限度額は300万円から500万円となっています。
いつ何時も会員の声を聞いてくれるコンシェルジュサービスや高額な利用限度額は、まさにプラチナカードのステータス性を象徴したものになっています。

デメリット

残念ながらデメリットもあります。
それはサービスの内容に比例して年会費が高額になっていることです。 プラチナカードの強みはサービスが充実していることですが、年会費が高額のためサービスに価値を見出すことができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。 年会費は格安と呼ばれるものでも2万円を超え、アメックスのプラチナカードに至っては13万円を超えています。 そのため高額な年会費を嫌って、発行会社からインビテーションが来てもゴールドカードを使い続けるという人も存在します。

入手方法、発行に必要な年収とは?

クレジットカード会社が公表していないため正確な発行条件はわかりません
しかしプラチナカードと言えど、昔のように年収が何千万も必要という時代ではなくなっています。
近年では自ら申し込むことで取得できるプラチナカードも増えてきて、年会費が安いプラチナカードは年収が300万円から400万円程度あれば発行可能とも言われています。
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスに至っては、20歳以上で本人に安定した収入があれば発行可能となっています。
そうすると重要になってくるのはクレジットヒストリーの方で、年収が1,000万円を超えているような場合でもクレジットヒストリーが悪ければ審査に落ちてしまうことはあります。
さらに今までのカードの使い方も重要視され1度に高額な買物をするよりも、コンスタントにある程度の金額を利用し続けるほうがインビテーションされやすいと言われています。
インビテーションで発行されるプラチナカードが欲しければ、同じ系列のカードを使い地道にクレジットヒストリーを積み、そうでないプラチナカードでよければ直接申し込んでみるとよいでしょう。

日本で発行されている代表的なプラチナカード

年会費 家族カード 旅行保険 申し込み 年齢目安
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円+税 無料 海外最高1億円国内最高1億円 直接申込可 20歳以上
JALカード プラチナ 31,000円+税 15,500円+税 海外最高1億円国内最高5,000万円 直接申込可 20歳以上
SuMi TRUST CLUB プラチナカード 35,000円+税 無料 海外最高1億円国内最高1億円 直接申込可 25歳以上
三井住友VISAプラチナカード 50,000円+税 無料 海外最高1億円国内最高1億円 直接申込可 30歳以上
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 80,000円+税 4,000円+税 海外最高1億円国内最高5,000万円 直接申込可 30歳以上
JCBザ・クラス 50,000円+税 無料 海外最高1億円国内最高1億円 インビテーション 不明
ダイナース プレミアムカード 130,000円+税 無料 海外最高1億円国内最高1億円 インビテーション 不明
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 130,000円+税 4人まで無料 海外最高1億円国内最高1億円 インビテーション 不明

まとめ

プラチナカードというと、庶民には手が届かないというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、現在では年会費が安いプラチナカードであれば、全国平均程度の年収があれば取得可能になっています。
年会費の高さとサービスの内容は比例する傾向にあり、年会費が高いカードはインビテーションが必要な場合が多いです。
サービスの内容に関係なくステータス性が目的でプラチナカードが欲しい場合は、直接申し込みをしてみるとよいでしょう。

関連記事