更新日:

クレジットカードの代わりに海外旅行で使えるカードを紹介!デメリットもあわせて解説

クレジットカードの代わりに海外旅行で使えるカードを紹介!デメリットもあわせて解説

本記事では、クレジットカードの代わりに海外旅行先で使うことができるカードをご紹介します。

また、クレジットカードの代わりのカードを海外旅行先で使うことのデメリットとメリットも、あらためて解説していきます。

本記事をご覧いただければ、海外旅行にクレジットカードの代わりのカードを持っていくかどうか、メリットデメリットとあわせて判断することができることでしょう。

また、海外旅行で得するクレジットカードもわかりやすく解説していきます。

クレジットカードの代わりに海外旅行で使えるカード

クレジットカードの代わりに海外旅行先で使えるカードは以下のカードです。

クレジットカードの代わりに海外旅行で使えるカード

  • プリペイドカード
  • デビットカード 

クレジットカードを海外旅行に持っていくのが不安な方でも、プリペイドカード、デビットカードなら安心です。

本章では、クレジットカードの代わりにプリペイドカード、デビットカードを海外旅行に持っていく際のメリットと、それぞれの特徴を解説していきます。

プリペイドカード

プリペイドカードは、あらかじめ現金をチャージしておいた分だけしか使えないカードです。

万一、海外旅行先でカードを盗難されたり紛失してしまったときでも、チャージした金額以上の金額を使われる心配がなく、その点は安心できるカードです。

上記の点が、クレジットカードの代わりにプリペイドカードを海外旅行に持っていく一番のメリットです。

クレジットカードの国際ブランドであるVISAMastercardなどのマークがカードに付いているプリペイドカードであれば、海外旅行先でも使うことができます。

店舗のレジでVISAやMastercardなどのマークがあれば、同じマークが付いているプリペイドカードを決済に使うことができます。

具体的には三井住友カードの「Visaプリペ」やセゾンカードの「NEO MONEY(ネオマネー)」などがあります。

デビットカード

デビットカードは、決済した際に利用金額が即座に銀行預金から引き落とされるカードです。したがって、銀行の預金残高分までしか金額を使うことができません。

上記の点が、クレジットカードの代わりにデビットカードを海外旅行に持っていく一番のメリットです。

プリペイドカード同様、VISAなどの国際ブランドが付いているデビットカードであれば海外の店舗でも利用することができます。

デビットカードには、「イオン銀行キャッシュ+デビット」や「楽天銀行デビットカード」などがあり、主に銀行が発行しています。もしも、すでにどこかの銀行口座が持っていれば、デビットカードを発行する際は、手続きが簡素化される場合もありますので、確認されることをおすすめします。

クレジットカードの代わりのカードを海外旅行で使うデメリット

クレジットカードの代わりのカードを海外旅行先で使うと、盗難や紛失時に不正にお金を利用されることがなく安心です。

しかし、クレジットカードの代わりにプリペイドカードやデビットカードのみを海外旅行に持っていくことによるデメリットもあります。

本章では、クレジットカードの代わりのカードのみを海外旅行に持っていく際のデメリットや注意点について、解説していきます。

クレジットカードの代わりのカードには海外旅行保険の付帯がない

クレジットカードの代わりにプリペイドカードやデビットカードを持っていく際、それらのカードには海外旅行保険が付帯していない場合もあります。

一方のクレジットカードには海外旅行保険が付帯されているカードが多いです。

わざわざ民間の保険会社と海外旅行保険の契約をしなくても、クレジットカードに保険が付いていればお得です。

一般的に、海外での治療費用は国内に比べて高額になりやすいです。また、一部の国や地域では救急車を呼ぶ費用もあわせて請求されます。

そうした事態に備えるためにも、クレジットカードの代わりにプリペイドカードやデビットカードのみを持っていく場合であっても、海外旅行保険に別途契約されてから出発されることをおすすめします。

ホテルやレンタカーの決済に使えない場合が多い

海外旅行先におけるホテルやレンタカーの決済には、クレジットカード以外のカードが使えない場合が多いです。

海外ではクレジットカードは支払い能力を有していることを示す「信用力」の証。

クレジットカードなしでホテルに宿泊するには数万円単位のデポジット(預かり金)を要求されることもあります。クレジットカードなしでは宿泊者の支払い能力がわからないためです。

デポジットはチェックアウト時に返却されますが、不便であることには違いありません。

クレジットカードなしでは、そもそもホテルに宿泊すらさせてもらえなかったり、レンタカーの利用ができないことも少なくないです。

現地でクレジットカードを提示できない場合、そもそも車を借りることができない場合が多いです。事故が起きた際に支払いができる信用力を担保できないためです。

緊急時に代わりのお金を引き出す海外キャッシングを使えない

海外旅行時に突然まとまったお金が必要になるようなトラブルが発生した際でも、プリペイドカードやデビットカードはあらかじめ用意しておいた分までしか使えません。

一方で、海外キャッシング機能がついているクレジットカードがあれば、海外でもいざという時にすぐ利用限度額まで現金を引き出すことができます。

事故や大怪我を起こした時でも、いったんクレジットカードで支払うことができ、金銭トラブルを防ぐことが可能になります。

海外旅行におけるクレジットカードのメリットを改めて確認

クレジットカードは、現金を持ち歩かずに支払いができ、海外のほとんどのお店やサービスで支払えることが一番のメリット。

また、海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードでは、現地で病気やケガをしてしまったときのための補償が付いているため、現地での想定外の支出の心配をする必要がなく安心できる点です。

一方で、保険付きのクレジットカードや海外旅行保険なしで海外旅行に行った場合には、高額な医療費を全額実費で支払うことになってしまいます。

また、もし実際に海外旅行先でトラブルにあった場合でも、トラブル時のサポートを日本語でおこなってくれる付帯サービスがついているクレジットカードもあります。

海外旅行先の現地で一人でトラブル対応をするのはとても大変ですから、日本語でトラブル対応のサポートを行ってくれるサービスが無料で付いているのはとても助かります。

さらに、クレジットカードにはあらかじめ盗難保険・紛失保険が付帯されているため、不正利用された場合でもその金額が補償される場合もあります。

現金であった場合、盗難や紛失にあっても被害にあった金額を取り返すことができない場合がほとんどです。

クレジットカードのメリット
  • 海外の多くのレストラン・飲食店、サービスで支払いができる
  • 海外旅行先での医療費も適用の範囲内であれば補償してくれる
  • トラブル時の現地での日本語サポートが受けられる
  • 盗難・紛失時の補償も付いていて安心

クレジットカードおすすめ3選

クレジットカードを海外旅行に持っていくメリットがわかったところで、海外旅行に持っていくのに特におすすめのクレジットカード3選をご紹介します。

エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードなら入会時時点で海外旅行保険が自動的に付帯されています。現地で入院を伴う病気になった場合、最高270万円までカバー。死亡・後遺障害も最高500万円まで補償されます。

また、現地で現金がなくても医療費をクレジットカードで支払い可能。

もし紛失したときの現地でのコミュニケーションが不安でも、エポスカードの「海外トラベルサービス」なら24時間365日、日本語でサポートしてくれますから、不安な海外旅行先でのトラブル時にも安心。

カード紛失時や、病気・怪我の時のサポートもすべて日本語対応可能。

海外キャッシング機能もついているので、現地で緊急に現金が必要になった場合でも現地のATMから引き出せます。

エポスカードは年会費・入会金無料でとても作りやすいカード。18歳以上の方なら学生、主婦、新社会人の方でも作りやすいため、最初のクレジットカードとしてもおすすめです。

即日発行可能なのでクレジットカードを急いで発行されたい場合、デパートのマルイの店頭で受け取ることも可能。

海外旅行に向けて急いでクレジットカードを作るなら、まずはエポスカード を検討してみてください。

三井住友カード

三井住友カード
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 毎日のお買物でポイントが貯まる
  • カード紛失盗難の際も安心のサポートサービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カードは初年度の年会費が無料です。2年目以降は年会費がかかりますが、「マイ・ペイすリボ」や「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録してクレジットカードを利用すれば、年会費無料になることも。

三井住友カードは、国際ブランドであるVISAが付いた定番カードです。

三井住友カードには海外旅行保険を付帯することができますが、自動付帯ではなく、利用付帯になるので注意。日本出国前に交通機関の料金やツアー料金を三井住友カードで決済した場合のみ付帯される仕組みです。

利用付帯ではありますが、障害死亡・後遺障害の際には最高2,000万円までの保証が付いている点が魅力的です。

国内でも海外でも、紛失、盗難にあった際は、「三井住友カード紛失・盗難受付デスク」に電話すれば、オペレーターが24時間、年中無休で対応してくれるので安心。

三井住友カードでは希望すれば、カードの裏面に顔写真を掲載することができるので、不正利用が難しいというメリットも。

安心重視で選ぶなら、三井住友カードがおすすめです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 3,300円(税込) 0.7%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、26歳になるまで年会費無料。26歳以上の方は初年度年会費無料。それ以降は3,300円(税込)です。

海外旅行傷害保険が自動付帯。死亡・後遺障害保険額も最高3,000万円まで補償してくれます。

海外旅行の際、海外から帰ってきたときに空港から自宅まで、スーツケースを無料で1つ宅配してくれるサービスも付いてきます。

もしもの時でも「海外アシスタンスデスク」サービスを使えば、すべて日本語でサポートしてくれるので安心。海外で安く使えるWi-Fi・携帯電話レンタルサービスも利用可能。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、26歳までの方や、海外旅行に向けたサポートが充実しているクレジットカードがほしい方におすすめです。

審査が不安なら家族カードも検討

クレジットカードの家族カードは、審査が通っているご家族の方がいるなら、基本的に無審査で入会できるカードで18歳以上の方なら利用可能です。

クレジットカード申し込み時の審査が不安な方でも、要件を満たしている場合は家族カードであれば入会できますのでご検討してみてください。

クレジットカードの代わりに海外旅行で使えるカードまとめ

本記事では、クレジットカードの代わりに海外旅行で使えるカードはプリペイドカードとデビットカードであることを解説しました。

しかし、海外旅行先でのメリット・デメリットを考えると、クレジットカードを持っていくのがやはりおすすめです。

特に海外旅行に持っていくのに一番おすすめなのは、18歳以上であれば申し込むことができ、年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯されているエポスカードです。

楽しい海外旅行にするために、ニーズに合ったカードを海外旅行に持っていきましょう。

Webライター・SNSマーケター。本業でも副業でもWebライティングとSNSマーケティングを担当しています。クレジットカードはポイントがたまりやすい楽天カードと海外旅行保険付きのエポスカードを愛用中。大学では経済学を勉強し、外資系ITコンサルを経て、本業マーケター兼副業ライターに。ファイナンシャルプランナーの資格も勉強中です。本業と副業の掛け算で今時なキャリア構築実践中。読んで必ず得する記事の執筆を心がけています。

樋口 正の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事