更新日:

クレジットカードなしで海外旅行に行く6つのデメリット

クレジットカードなしで海外旅行に行く6つのデメリット

海外旅行にクレジットカードなしで行くことはできない?できる?答えはできます!しかし、海外旅行に行くときにクレジットカードなしで行くとデメリットだらけということを知っていますか?

今回はクレジットカードなしで海外旅行に行くデメリットや、それでもクレジットカードを作りたくない方へ、おすすめの方法まで紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードなしで海外旅行に行くのはデメリットだらけ

海外旅行にクレジットカードなしで行くことはできます。しかし、おすすめはできません。

クレジットカードなしで海外旅行に行くと、単純に現地で不便というだけでなく、他にもさまざまなリスクやデメリットがあります。

リスクがあると聞くと少し大げさなようにも感じますが、実際海外旅行にクレジットカードなしで行くのはリスクやデメリットが思ってる以上に多いです。

そこで、海外旅行にクレジットカードを持って行かないデメリットを大きく6つにまとめてみました。

①クレジットカードなしだと多額の現金を持ち歩かなくてはいけない

海外旅行に行くとなると、国内旅行よりも多めに現金を持って行くことになります。

そんなときにもし大切なお財布を落として紛失してしまったり、盗難の被害に遭ってしまったりしたら、楽しみにしていた海外旅行は台無しです。

日本で盗難はそこまで多い事件ではありませんが、海外では日本人を狙った盗難事件が多いことも事実です。

また、アジアで多いのですが、両替所でお金を抜くという事件も多発しています。

現地の通貨に慣れていない分、あまり気づかないことが多く、知らないうちに現金をなくしてしてしまうというデメリットがあることも頭に入れておくといいかもしれません。

そんなリスクを背負い、盗難などの被害に遭うのではないかとヒヤヒヤしながら海外旅行を楽しむことはできません。多額の現金を持ち歩く旅は危険ということです。

②紛失・窃盗に遭っても補償がない

国内同様、海外でも、どんな多額な現金を紛失してしまったり、盗難の被害に遭ってしまったりしても補償はありません。

しかし、クレジットカードであれば、紛失や盗難があっても、24時間365日クレジットカードを止めることができます。

方法はクレジットカードの公式ホームページで電話番号を確認し、紛失、盗難があった旨を伝えてください。それだけで完了です。

また、不正利用された場合はお金が返ってくることがあるので安心できます。

③クレジットカードなしだと支払いが面倒

海外旅行に慣れていれば問題なくスムーズに現金決済ができるかもしれませんが、慣れていないと手間になるのがお会計。

行く国によりけりで、紙幣も硬貨も変わります。前もって勉強をして、スムーズにお会計ができるかといったら、言葉の壁もあるので、なかなかスムーズにいかないものです。

そうなったときにやはり助かるのがクレジットカード。スムーズにお会計をすることができ、後ろに人が並んでいる場合でも迷惑をかけなくて済みます。

④クレジットカードなしでは損!お買い物ポイントが貯められない

海外旅行に行くとなると、やはり出費が多くなります。現金で支払いをしていたら、もちろんポイントはどこにも貯まりません。

しかし、クレジットカードで支払いをすれば、クレジットカードのポイントが貯まっていきます。出費が多くなるときこそ、クレジットカードで支払いをすればお得ということです。

海外旅行に行くのなら、誰しも少し贅沢がしたいと思って当たり前です。その贅沢がポイントとして少しでも返ってきてくれたら、帰国してからお得に商品が買えたり、もらえたりします。

⑤クレジットカードなしでは受けられないサービスがある

クレジットカードを持っていないと、やはり損した気分になってしまうのが、サービスの制度。年会費有料のクレジットカードを利用すると、空港ラウンジを無料で利用することができます。

そのほかにも自宅から空港へ、空港から自宅へ、かさばる手荷物を配送してくれる便利なサービスもあります。また、プラチナカードやブラックカードを持っていると、旅行中に困ったことを相談することができるコンシェルジュデスクを利用することも可能です。

これらはクレジットカードを見せるだけでサービスを受けることができるので、海外旅行によく行くのであれば年会費有料のカードに入会しておくことをおすすめします。

⑥クレジットカードがないと高額な医療費を請求される可能性がある

海外旅行に行ってやはり心配なのが病気やケガ。もし海外で病院に行ったとき、日本で加入している健康保険は適用しません。

別途で海外旅行保険に入れば問題はありませんが、料金が発生するのはもちろん、海外旅行に行くたびに保険に加入しなくてはいけない手間がかかります。

しかし、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを持っていれば、海外旅行に行くたび保険料がかかったり、保険に加入したりする手間も省けます。

また、年会費無料で海外旅行保険が付帯されているクレジットカードもあるので、まだ持っていない場合は、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを持っておくといいでしょう。

もしクレジットカードを持参していなかったり、海外旅行保険に加入もしていないまま現地で何かあったら、全額実費になってしまいます。

例えば、アメリカ(ロサンゼルス)で救急車で運ばれてしまった場合、123,000円、初診料で15,400円~16,400円、個室に入院すると1日204,900円かかってしまいます。

イギリスの場合だと、救急車は無料ですが、初診料で11,500円~17,200円、個室に入院すると1日135,000円~202,500円かかってしまいます(※)。

各国によって料金はもちろん異なりますが、日本に比べて高額であることは事実です。

専門家からのコメント

志塚洋介
志塚 洋介

日本は金融インフラが整備されているため、銀行ATMの数も多く現金をすぐに入手しやすい環境にあります。

そのため、クレジットカードを持つ必要性はそこまで感じないかもしれませんが、海外ではそうはいきません。

慣れてなければATMを探すのも難しいですし、そもそもATMの数が少ない国も多いです。そういった理由から、海外ではクレジットカードを使うことが多いのです。

(※)出典元:ジェイアイ傷害火災保険株式会社

海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを選ぶときの注意点

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているカードがあります。すべてのカードに付帯されているわけではありません。

持っているだけで海外旅行保険が適用される自動付帯と、実際に使用(海外旅行に行く際のチケット代の支払いなど)していないと適用されない利用付帯の2種類があります。

利用付帯保険が適用されるケース

  • 当該の利用付帯付きクレジットカードで航空券を購入する。
  • パッケージツアー代などを当該のクレジットカードで支払う。
  • 旅行前の段階で当該のクレジットカードを使用する。

利用付帯保険のカードはこのように条件も様々で、各カード会社によって適用されるケース、されないケースがあるので、旅行前にカード会社に確認をする必要があります。

こういった手間を考慮すると、海外旅行に行くのであれば自動付帯保険付きのクレジットカードが手間もかからず、とても便利です。

専門家からのコメント

志塚洋介
志塚 洋介

海外旅行に行くからクレジットカードを作るという方にとっては、海外旅行保険は重要ポイントの一つです。

内容や適用条件などをしっかりチェックすることはとても大事です。自動付帯保険付きのクレジットカードであれば、適用条件などを考える必要がないので安心して利用できますね。

海外旅行保険自動付帯のおすすめクレジットカード5選!

海外旅行に持って行くなら、海外旅行保険が付帯される際に条件付きになってしまう利用付帯のクレジットカードよりも、持って行くだけで海外旅行保険が適用される自動付帯のクレジットカードです。

そこで、自動付帯のクレジットカードを5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯!エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードは即日発行が可能なため、お急ぎの方にもおすすめのカードです。年会費も無料なのに海外旅行保険は自動付帯。

また、クレジットカードの紛失や盗難があった場合の不正使用も全額補償という手厚さです。

(10代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満)

元々、楽天カードを所有していたのですが、JCBカードだったため、北欧への海外旅行の際、心もとなく思ってVISAカードの発行を検討していたところ、海外旅行の保険や、年会費無料だったところでエポスカードに決めました。カード自体のデザインもシンプルで持ちやすそうだったので。登録から発効までも時間を掛けていられなかったので、簡単に申請できるところも大きなポイントでした。

やはり海外に行くならVISAカードは持っておきたいですよね。エポスカードであれば、年会費も無料なので10代の方でも入会しやすいカードです。即日発行で、すぐに使用できるのもエポスカードの特徴です。

オンライン申込みも可能!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 3,300円(税込) 0.7%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、手厚いサービス内容が揃っているだけじゃなく、オンライン申込みで即日発行も可能です。

また、26歳までであれば年会費は無料で、そのほかの方も初年度は年会費が無料というお得なクレジットカード。

(50代 / 女性 / 年収200〜400万円未満)

手荷物無料宅配サービス、海外旅行の帰国時に、カード会員一人につきスーツケース1個を無料で宅配できる点。2個目以上の手荷物も優待料金(1個につき200円割引)で配送してくれる。国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険も自動付帯されているおり、海外に出かける際、傷害保険の掛け金を減額もしくは節約できる点。 また1万円未満の購入品は補償対象外となるものの、最高100万円のショッピング保険がついている点。 これだけの特典が付いて、年会費は初年度無料、2年目以降は3,240円と安い点。

海外旅行に行くとなると、やはり手荷物も大きくなってしまい、旅行帰りが大変ですよね。しかし手荷物無料宅配サービスがあれば自宅まで配送してくれるので、大変助かります。

たくさんの特典が付いて年会費も安いので、海外旅行によく行くのであれば持っておきたい1枚です。

1,300カ所以上のVIPラウンジも利用できる!楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 1%~5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカードは、1,300カ所以上の海外空港のVIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスに無料で申込みができます。利用する航空会社や搭乗クラスに関わらず、いつでもVIPラウンジの利用が可能です。

海外旅行傷害保険は最高で5,000万円まで補償してくれるので安心です。また、楽天でのお買い物ポイントもアップするので、よく海外旅行に行く楽天ユーザーさんには大変おすすめのカードです。

最高1億円を補償する自動付帯保険!JCBゴールド

JCBゴールド
JCBゴールドの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ゴールドカードならではの充実した海外旅行傷害保険 最高1億円!
  • 空港ラウンジサービス(国内・海外)やグルメ優待サービス等、サービスが充実!
  • ワンランク上のゴールドカード「JCBゴールド ザ・プレミア」へご招待のチャンス!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 11,000円(税込) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBゴールドは、最高1億円を補償してくれるので、持っていればまず安心のカードです。

海外ではダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」が無料で利用できるほか、2020年1月から、ラウンジ・キーのサービスがはじまり、世界1,100ヵ所以上のVIPラウンジが1回ごとにUS32ドルで利用が可能になりました。

ドリンクや軽食はもちろん、無料Wi-Fiも完備しているので、ビジネスシーンでもリラックスして過ごすことができます。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満)

新婚旅行に行く事を検討していた際、行き先が海外ときまり、使いやすいクレジットカードを探していた時にJCBゴールドカードを知った。現地で怪我や病気をしてしまった際の保険に加入することも合わせて検討していたが、一般カードよりも補償が手厚いJCBゴールドカードが良いと思い、ポイント還元の高さも含めて加入となった。

海外旅行保険のことを考えたら断然JCBゴールドカードです。口コミの通り、補償が手厚いので、万が一のことをしっかり考えるのであればおすすめの1枚です。

サービス内容が充実!セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 永久不滅ポイント対応!
  • 国内・海外空港ラウンジ
  • 国内リゾートホテル「休暇村」ご優待
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 11,000円(税込) 0.75%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、海外旅行によく行くのであれば、持っていて損はありません。

空港ラウンジの利用はもちろん、手荷物無料宅配サービス、海外旅行保険では最高5,000万円までの手厚いサポートがあります。そのほかにも持っているだけで様々なサービスや優待が受けられます。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし)

私は家族で国内や海外に旅行に行くことが多く、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、旅行傷害保険サービスが充実しているため加入しておくととても安心です。また、カードに詳しい知人からも、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはマイルが貯まって良いと勧められたため加入いたしました。

海外旅行保険の内容が充実しているのははもちろん、よく海外旅行に行く方であれば、マイルが貯まるという点でもセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードはおすすめです。

クレジットカードがない場合はデビットカードを検討しよう

それでもクレジットカードを持つことに抵抗があるという場合、デビットカードという、口座から直結のカードを持って行くことをおすすめします。

使った分、口座からお金が引き落とされる形なので、キャッシュカードと大差はありません。お金を引き出す手間も省けて、クレジットカードとちがい、使い過ぎにも注意することができます。

しかし、海外旅行保険はほとんどのデビットカードが利用付帯、または付いていないことが多いので、デビットカードだけでは補いきれない点が懸念されます。

クレジットカードなしで海外旅行は危険が多い!

結論、クレジットカードなしで海外旅行に行くことはできますが、多額の現金を持ち歩いて旅をしなくてはいけなかったり、補償がなかったり、別途で海外旅行保険に入らないと、病気やケガで高額な医療費がかかってしまったりと、不安なことだらけです。

クレジットカードを持って海外旅行に行けば、その不安も解消されるので、安心して旅を楽しむことができます。海外旅行に行こうと思っているなら、クレジットカードを作ってから行くようにしましょう!

志塚洋介

専門家からの一言

志塚 洋介

海外旅行に行く際、クレジットカードは必須といってもいいくらい重要なアイテムです。

保障や保険が付いているという点は現金にはない大きなメリットですし、利便性についても圧倒的にクレジットカードの方が有利です。

そして、海外旅行を目的としてクレジットカードを作る場合は、保険の内容や保障額、ラウンジの利用の有無など様々な角度から自分にとって有利なカードを選択するようにしましょう。

大学在学中に行政書士、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。証券会社で資産運用コンサルティングに従事したのち、不動産会社で保有不動産の収支計算や資産管理、収支改善業務などに従事し、独立開業。行政書士とファイナンシャルプランナーというお金と法律の2つの側面から会社設立、相続、遺言、運用、不動産などに関する幅広い業務を展開中。雑誌やwebでの執筆や株式や投資のセミナーなどの講師も行い、YouTubeでの投資に関する動画も好評。

志塚 洋介の監修記事・プロフィール一覧へ

高校卒業後、ペットショップに就職。ペットをこよなく愛する駆け出しライター。ペット関連の記事を中心に執筆してきて、現在に至る。クレジットカードの「年会費無料」「お得」という言葉に弱く、多くのクレジットカードを所持してしまった挙句、財布がパンパンになっている。イオンカードのときめきポイントにときめき、つい愛犬愛猫の用品や、おやつを買ってしまう癖がある。最近ではスマホアプリのポイ活にハマっているポイント大好き人間。

石川の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事