更新日:

海外旅行保険が自動付帯のおすすめクレジットカードを紹介!メリットやデメリットも解説

海外旅行保険が自動付帯のおすすめクレジットカードを紹介!メリットやデメリットも解説

海外旅行中に起こるケガや盗難などのトラブルに備えるための海外旅行保険ですが、クレジットカードを選ぶ際の判断材料の一つとして注目されています。

あらゆるトラブルを自動付帯のクレジットカードでカバーできたらベストですよね。

この記事では、海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードについて説明するとともに、メリット・デメリット、おすすめのクレジットカードなどを紹介していきます。

海外旅行保険が自動付帯であるクレジットカードをお探しの方はぜひ参考にしてください。

海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードとは?

まずは、海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードについて、説明していきましょう。

自動付帯とは、名前の通り、クレジットカードを所有しているだけで海外旅行保険が自動的に付帯されることです。


付帯保険には、旅行の費用などをクレジットカードで支払うことが条件となり達成すると保険が適応される「利用付帯」もあります。

自動付帯 クレジットカードを所有しているだけで海外旅行保険が自動的に付帯される。
利用付帯 海外旅行の費用などをクレジットカードで支払うことが条件となっている。

自動付帯にはメリット・デメリットがそれぞれありますので、後ほど紹介します。

クレジットカードでまかなえる海外旅行保険の項目は?

クレジットカードでまかなえる海外旅行保険にはどのような項目があるのでしょうか。

保険の種類とどのような場合に保険金が支払われるかを下記にまとめました。

保険の種類 保険が適応されるシーン
傷害死亡・後遺傷害 事故による死亡やケガによって後遺障害が残った場合
傷害治療費用 ケガが原因で医者の診察を受診した時や入院してしまった時
疾病治療費用 病気が原因で医者の診察を受信した時や入院してしまった時
賠償責任 他人にケガをさせてしまったり、モノを壊してしまった時
救援者費用 捜索費や緊急時の家族が渡航した時
携行品損害 携行品の盗難や破損が起こった時

上記通り、主に「傷害死亡・後遺障害」「傷害治療費用」「疾病治療費用」「賠償責任」「救援者費用」「携行品損害」の6種類に分けることができす。

どれも重要な保険であることが理解できるかと思います。

実際に使う可能性が高い保険は?

実際に使う可能性が高い保険は「傷害治療費用」「疾病治療費用」「携行品損害」の3つです。

日本と比べて高額な医療費がかかってしまう海外では、「治療費用」は必須と言えるでしょう。

アメリカを例に見てみましょう。

アメリカで救急車を呼ぶと、場所や時間帯によって変動しますが、20万円程度かかると言われています。風邪などによる診察でさえ数万円かかってしまう可能性があるため、しっかりと「治療費用」の補償金額を確認する必要があります。

また、手荷物やカメラなどの破損・盗難を補償する「携行品損害」も重要です。

クレジットカードの付帯保険を検討する際にはこの3つの保険項目の金額をしっかり確認し、万が一に備えましょう。

海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードのメリット

海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではメリットを2つ紹介します。

自動付帯クレジットカード のメリット

  • 所有しているだけで保険が適応される
  • 家族にも保険が適応される場合がある

それぞれ詳しくみていきましょう。

①所有しているだけで保険が適応される

海外旅行保険付き自動付帯クレジットカードの最大のメリットは、カードを所有しているだけで保険に加入できることです。

旅行に行くたびに保険に加入する必要がなく、何度でも繰り返し利用できます。そのため保険会社などの海外旅行保険を申込む手間がかかりません。

②家族にも保険が適応される場合がある

クレジットカードの本会員だけではなく、家族にも保険を適応される方法は以下の2つがあります。

「家族特約」で家族も補償する方法

家族特約とは、クレジットカードの本会員のカードのみで家族も損害などから補償することができる特典のことです。

家族特約付きクレジットカードを所有することで、クレジットカードが発行できない18歳未満の子供を含む家族を対象に補償することができます。

「家族カード」で家族を補償する方法

家族カードとは、クレジットカードの本会員の家族が、本会員と同じカードを追加で発行できるカードのことです。

これにより、家族カードを発行した会員にも本会員同様の保険を付帯することができます。

家族カードはクレジットカードであるため18歳以上でないと申込むことはできないので注意しましょう。

上記のように、家族特約付きである場合や家族カードを発行すると家族にも保険が適応される場合があるため、しっかり確認しましょう。

海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットーカードのデメリット

次に、海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードのデメリットを紹介していきます。

主なデメリットは次の2つです。

自動付帯クレジットカードのデメリット

  • 補償期間が決められている
  • 補償額と補償範囲が少ない傾向にある

それぞれ詳しくみていきましょう。

①補償期間が決められている

多くの海外旅行保険が自動付帯であるクレジットカードでは、保険の補償期間が決められています。

一般的に補償期間は旅行開始日から90日間であることが多く、補償期間は延長することができないため事前に確認しておきましょう。

一般的な海外旅行であれば十分な補償期間ですが、補償期間を超えるような日程の海外旅行を考えている方は保険会社などの保険を検討する必要があります。

②補償額と補償範囲が少ない傾向にある

海外旅行保険付き自動付帯クレジットカードだけでは補償額と補償範囲が少ない傾向にあります。

検討しているクレジットカードの補償額と補償範囲で充分であるかを事前に把握する必要があります。

補償額が少ないと感じる方は、自動付帯のクレジットカードで海外旅行費用などを支払うと補償額が増加する利用付帯のクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

おすすめの海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードをご紹介!

これまで、海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードについて、保険の項目やメリット・デメリットを解説してきました。

ここからは、おすすめのクレジットカードを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを「一般クレジットカード」と「ステータスカード」に分けて紹介していきます。

年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード

ステータスカードは補償内容が充実していますが、高額な年会費を支払うことに抵抗がある方も多いでしょう。

そこで、年会費が無料であったり、ステータスカードほど会費がかからないが海外旅行保険が自動付帯である一般クレジットカードを3つ厳選しました。

それでは、一つずつみていきましょう。

①年会費無料で即日発行可能!「エポスカード」

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード
保険項目 最高金額
傷害死亡・後遺傷害 500万円
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
賠償責任 2,000万円
救援者 100万円
携行品損害
20万円

年会費無料で今すぐにクレジットカードが欲しい方におすすめなのが、エポスカードです。

年会費無料、即日発行可能でありながら傷害治療費用が最高200万円、疾病治療保険が最高270万円までとなっています。

年会費無料で自動付帯であるクレジットカードに付帯する海外旅行保険としておすすめのクレジットカードであると言えます。


エポスカードについての口コミ・体験談を、一部ご紹介します。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

一番のお得は、特典の多さです。特に海外旅行に行く人は必ず持っていて損なクレジットカードではありません。

よく、海外旅行保険付きのカードはたくさんありますが、年会費が無料のクレジットカードは少ないです。

そんななか、このエポスカードは年会費無料の上海外旅行保険がついているので安心して旅行にいける最適なカードです。

(20代 / 女性 / 主婦 / 年収200~400万円未満)

海外旅行に行く際にも「エポスカード」は必携で海外旅行保険が自動付帯されており、疾病治療費の保険金最高270万円、携行品損害の保険金最高20万円など、短期の旅行であれば、大手の海外旅行保険に加入した場合と比べても劣らない安心で充実の保証内容で、海外旅行保険加入金が別途かからない点も知っておくべきポイントです。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

年に2回程度、海外旅行に行くのですが、海外で万が一トラブルが発生した際の保険として、エポスカードに海外旅行傷害保険が付帯していることがとてもお得に感じています。

通常であれば旅行当日に空港で旅行傷害保険に加入するか、航空会社のクレジットカードに入会することで旅行傷害保険が付帯されますが、エポスカードは年会費無料で保険が付帯しているので大変お得です。

このように口コミを見ると、年会費が無料でありながら保険が付帯していることに惹かれて選んだ方が多いことがわかります。

②年会費無料で高還元率!「REX CARD」

REX CARD
REX CARDの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Jリボサービスのご利用で0.5%から最大12%に相当する分Jデポプレゼント
  • 年会費無料!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.25 〜 2.25%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
保険項目 最高金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
賠償責任 2,000万円
救援者 200万円
携行品損害
20万円

REX CARDは、年会費が無料でありながら通常還元率が1.25%である高還元率のクレジットカードです。

先ほど紹介したエポスカードと比較すると、疾病治療保険が劣りますが、救援者費用は最高200万円、傷害死亡・後遺障害は最高2,000万円と上回っています。

保険内容が有料クレジットカード並の内容となっており、おすすめのカードと言えます。

③26歳になるまで年会費無料!「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 3,000円 0.7%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン
保険項目 最高金額
傷害死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
賠償責任
2,000万円
救援者 200万円
携行品損害
30万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳になるまで年会費が無料であるため学生におすすめのカードです。

海外での利用で永久不滅ポイントは2倍になるため、海外で頻繁にクレジットカードを利用する方にはおすすめです。

また、一般クレジットカードでありながら家族カードも4枚まで発行できることも魅力と言えます。

それでは、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ・体験談をみていきましょう。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満)

海外旅行によく行く人であれば、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」に付帯している海外旅行傷害保険、保障枠最大3,000万円を最大限生かすのが王道だと思います。やっぱり安心感が格段に違います。

さらに、手荷物無料宅配サービスという、帰りに空港から自宅までスーツケースをひとつ無料で配送してくれるサービスがあるので、疲労でくたくた、かつおみやげを購入して荷物が重い帰り道はとても助かります。

加えて、永久不滅ポイントが海外では2倍貯まるのも大変うれしい仕組みです。

このように、口コミを見ると、傷害死亡・後遺障害が最高3,000万円という保険金額の高さとサービスの充実さに惹かれていることがわかります。

空港での手荷物無料宅配サービスコートお預かりサービス優待といったサービスが豊富であることも魅力です。

充実した海外旅行保険が自動付帯のステータスカード

次はステータスカードについてみていきましょう。

ステータスカードの中でも特にバランスが良く、海外旅行におすすめなカードを3種類選出しました。

①プライオリティパスが無料で付いてくる「楽天プレミアムカード」

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 1%~5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
保険項目 最高金額
傷害死亡・後遺傷害 4,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
賠償責任 3,000万円
救援者 200万円
携行品損害
30万円

楽天プレミアムカードは、楽天市場で買い物をすると楽天カード・楽天ゴールドなどと比べてポイントが高く付与されます。

そのため楽天ユーザーにはおすすめのカードです。

傷害治療・疾病治療ともに最高額300万円となっており、年会費無料の一般クレジットカードと比べると高く設定されており安心できます。

それでは、楽天プレミアムカードの口コミ・体験談をみていきましょう。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満)

プライオリティパスが無料で付帯される特典があったので楽天プレミアムカードを選びました。

海外に行く予定が今年は何度もあり、その時にラウンジを使えれば年会費の元を取れると考えました。またシャワーなどを利用したいと考えるとプライオリティパスがあると便利です。

また元から楽天市場で買い物をすることもあったので、ポイントが多く貰える点も魅力的に映りました。

楽天プレミアムカードは、海外に行く予定が何度もあり、ラウンジを利用したい方には大変おすすめのカードであることが口コミから分かると思います。

楽天プレミアムカードの最大の魅力は、プライオリティパスが無料で付いてくることです。

楽天プレミアムカードのプライオリティパスの会員ランクは、「プレステージ会員」となっており、海外の空港ラウンジが何度でも無料で使用することができます。

年会費は11,000円(税込)となりますが、プライオリティパスのプレステージ会員の通常の年会費は429ドル(約47,000円)のため、空港ラウンジを頻繁に使用したい方には大変お得で便利なカードと言えます。

②補償が手厚い「JCBゴールド」

JCBゴールド
キャンペーン中!今なら最大16,000円分プレゼント!
JCBゴールドの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなど、充実したサービス付き!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 10,000円(税抜) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
保険項目 最高金額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
賠償責任 1億円
救援者 400万円
携行品損害
50万円

JCBゴールドは、海外旅行保険が手厚いことに加えて空港ラウンジサービス、グルメ優待サービスなどといった特典も豊富なカードです。

賠償責任の最高額が1億円、傷害死亡・後遺障害の最高額が5,000万円となっており、最高クラスの補償額と言えます。

それでは、JCBゴールドの口コミ・体験談をみていきましょう。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

現地で怪我や病気をしてしまった際の保険に加入することも合わせて検討していたが、一般カードよりも補償が手厚いJCBゴールドカードが良いと思い、ポイント還元の高さも含めて加入となった。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

空港ラウンジを利用できることやゴルフ場の予約、海外旅行の手厚い保険サービスも魅力を感じました。

年会費は高いですが、また飛行機の遅延による、補償も充実しているので飛行機を何度も利用するので好感が持てました。

やはり、補償の手厚さとサービスの充実さに惹かれていることが口コミから分かります。

また、対象店舗での飲食代金の割引特典が付いている「JCBゴールドグルメ優待サービス」、ゴルフを趣味とされている方におすすめのゴルフ場を手配できる「ゴルフサービス」なども魅力と言えるでしょう。

③家族特約付き!「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 有効期限のない永久不滅ポイント対応!
  • 貯まったポイントを多彩なアイテムと交換可能!
  • 国内での利用で1.5倍、海外利用なら2倍のポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 10,000円 0.75%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン
保険項目 最高金額
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
賠償責任 3,000万円
救援者 200万円
携行品損害
30万円

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、家族特約付きのステータスカードです。

そのため、本会員のクレジットカードだけで家族も保険が適応されます。

また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの機能に加えて国内の主要空港のラウンジホノルル国際空港のラウンジ無料で使用することができます。

それでは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ・体験談をみていきましょう。

(30代 / 女性 / 主婦 / 年収:収入なし)

海外旅行中に子供が熱を出した時にも、カード保有者の子供に対してもカード付帯の旅行傷害保険を適用してもらえるので、現地の病院でスムーズに診療してもらえました。まだ遭ったことはありませんが、盗難やもしもの際の事故などにも対応してもらえるとのことで、安心して旅行を楽しめます。

口コミをみてみると、家族特約によって傷害保険を使用できたことが分かります。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの上位カードであるため、空港での手荷物無料宅配サービスなども付いています。それに加えて様々な優待サービスが付帯しており魅力的なカードです。

海外旅行保険が自動付帯のおすすめクレジットカードまとめ

本記事では、海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードについてやメリット・デメリット、おすすめのクレジットカードを紹介しました。

本記事の重要ポイントをまとめましたのでご覧ください。

まとめ
  • 「自動付帯」とは、クレジットカードを所有しているだけで海外旅行保険が自動的に付帯されること
  • クレジットカードでまかなえる海外旅行保険の項目は6種類ある
  • メリットは「所有しているだけで保険が適応されること」と「家族にも保険が適応される場合があること」
  • デメリットは「保証期間が決められていること」と「補償額と補償範囲が少ない傾向にあること」

さらに、マネ会に集まった口コミ・体験談からおすすめできる海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを紹介しました。

クレジットカードによって保険項目や補償額・補償範囲が異なるため、自分のニーズは何なのかを考え検討する必要があります。本記事がその支えになれば幸いです。

2019年に株式会社サイバーエージェントに入社。 クレジットカード、キャッシュレス、カードローンの記事作成を担当。 愛用クレジットカードは楽天ゴールドカードでネットショッピングでは楽天市場を利用するようにしている。楽天ペイ、楽天Edyも使っており、楽天のダイヤモンド会員を維持している。最近はスマホを楽天モバイルに変えるか悩んでいる。 ヤフーカードやPayPay、Kyashなども利用しており、お得にポイントを貯めることが趣味。

丸山 将哉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

JCBゴールド:※年会費は税別表記となっています。また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。)