更新日:

クレジットカードの情報が流出したときの対処法!不正利用されたときの損害補償は?

クレジットカードの情報が流出したときの対処法!不正利用されたときの損害補償は?

クレジットカードには、カード番号や契約者の氏名など、個人情報がいっぱい。大切な個人情報を守るべく、クレジットカードの扱いには十分に気を付けるというのは誰もが知ることかもしれません。

しかし、実際にはクレジットカードからの個人情報流出はとどまるどころか、どんどん増加中。流出をシャットアウトする意識も大切ですが、流出したときの対応についても知っておくべきです。

この記事では、クレジットカードから情報が流出してしまったときの正しい対処法を解説!流出した情報からカードを不正利用されてしまったケースについても詳しくお伝えします。

企業からクレジットカード情報が流出したときの対処法

近年、企業からのクレジットカード情報の流出は増加の一途をたどっています。民間企業の調査によると、2019年度にネット通販サイトから流出したクレジットカード情報は34万件!2018年度の2倍以上に急増したことがわかっています(※)。

今やクレジットカード情報の流出は誰にとっても他人事ではありません。まずは企業から情報流出が起こったときの対処法を解説します。

クレジットカード情報が流出したときの対処法

  • クレジットカードの利用明細を確認
  • 身に覚えのない請求があったらカード会社に連絡
  • 不安があればクレジットカード番号の変更を
(※)日本経済新聞「クレジット情報流出が倍増 通販サイト、19年は34万件」(2020年1月6日付)

クレジットカードの利用明細を確認

一般に、企業からクレジットカードの情報流出が起こると、カード会社からの連絡やニュースによって知ることになります。これはつまり、情報流出の事実をカード会社が把握しているということ。

この時点でカード会社や警察ですでに不正利用への対策が講じられているため、カード会員は慌てて行動する必要はありません!

情報流出でもっとも怖いのはクレジットカードの不正利用。まずは落ち着いてカードの利用明細を確認してください。利用明細をチェックすれば、不正利用の有無がハッキリします。

身に覚えのない請求があったらカード会社に連絡

クレジットカードの利用明細を確認したときに、万が一身に覚えのない請求に気づいたときにはすぐにカード会社に連絡を。

連絡を受けたカード会社は利用状況について精密な調査をおこないます。不正利用だと確認されたあとも、被害が広がらないよう万全の対応を取ってくれるので安心です。

利用明細から不正利用の形跡がみつからなかったときには、特にカード会社に連絡する必要はありません。

不安があればクレジットカード番号の変更を

カード会社などが対策を取ったあとは、情報が流出したあとも今までと同じようにカードを利用しても問題はありません。

しかし、第3者の手に個人情報が渡ったのは事実。たとえ不正利用がなくても、同じカードを使い続けるのに不安や気持ち悪さを感じるかもしれません。そんなときには、カード会社に連絡してクレジットカードの番号を変更するのがおすすめです。

紛失や盗難と同じように再発行手数料がかかるケースがほとんどですが、企業からの情報流出が理由のときには手数料を不要とするカード会社もあります。

自分の行動から情報を流出させてしまったときの対処法

かつてはクレジットカードの情報を読み取るスキミング被害も少なくありませんでしたが、磁気カードからICカードへの移行が進んだ今、カードから直接的に情報を盗まれる被害は減ってきているようです。

その代わり、増えているのがネットからの情報流出。たとえば、次のような理由からクレジットカード情報の流出が考えられます。

個人からカード情報が流出する主な原因

  • フィッシング詐欺にひっかかったとき
  • SSL非対応のサイトでカード決済を行ったとき
  • 同じパスワードを使いまわしているとき
  • セキュリティソフトの期限が切れているとき
  • パソコンのOSやソフトが古いとき

企業からの流出と違い、個人のパソコンやスマートフォン経由で流出すると気づくのに時間がかかり、被害が大きくなるリスクがあります。

いざというときのためにも、自分の行動からクレジットカードの情報が流出したときの対処法について紹介していきましょう。

カード会社に連絡してクレジットカード番号を変更する

カード会社はクレジットカードを安心に使えるよう、不正利用や不正アクセスを監視しています。しかし、個人からの情報流出のすべてを把握するのは困難。そのため、流出の可能性が分かった時点で、すぐにカード会社に連絡するようにしましょう。

カード会社に届け出ておくと、現状を調査してもらえるうえ、万が一悪用されていたときにもきちんと損害を補償してもらえるので安心です。

そして、企業からの大型流出とは違い、流出先や使用目的がはっきりしないことも多いので、クレジットカードの再発行手続きを取っておきます。これで、被害の拡大を食い止めることができます。

再発行をするとカード番号が変わってしまうので、料金支払いなどの情報を変更しておくのもお忘れなく。

警察にも届け出ておく

情報の流出は、いうなれば、目に見えない窃盗事件。できることなら警察に盗難届を提出しておくことをおすすめします。

盗難届を出すか出さないかは個人の自由で、出さなくても問題はありません。しかし、カード会社のなかには警察への届け出を求めるところが多いので、カード会社に相談するのもいいでしょう。

また、忘れた頃にクレジットカードの不正利用が発覚するなど、個人からの情報流出は悪用のタイミングが読みにくいケースもあります。警察に届け出ておくと損害賠償のやりとりもスムーズに進めやすいようです。

クレジットカードを悪用されたときは基本的に全額補償

クレジットカードの情報流出によって身に覚えのない請求につながることがあります。悪用されたとはいえ、自分名義のクレジットカードによる利用。お金を支払わなければいけないのか、心配になりますよね。

しかし、不正利用されたクレジットカードの料金を支払う必要はほとんどありません! というのも、日本で発行されるほぼすべてのクレジットカードには盗難保険がついています。そのため、盗難時の利用は全額補償されるのです。

特に、ギフトカードやチケットなど換金性の高い商品、不自然な海外利用、普段の実態とはかけはなれた高額利用など、わかりやすい不正では損害賠償する可能性はほぼゼロでしょう。

カード会社に不正利用を認められないケースも

クレジットカードを悪用されても損害賠償はほぼ発生しないのは、先ほどお伝えしたとおり。ただし、場合によっては、損害が補償されない可能性も!

それは、不正利用の内容が本人の利用と区別しにくいとき。普段の使い方とあまり変わらない範囲内での利用であれば、悪用とは認定されないこともあるのです。

または、不正が明らかになったときの返金は約束されるものの、一旦支払いを求めるカード会社もあります。

こうした事態を避けるためにも、流出の可能性がわかった時点で早めにカード会社に報告しておくことが重要です。

クレジットカード情報の流出まとめ

クレジットカードの情報が流出したとわかったら、どんな風に悪用されるのかとの不安から、パニックに陥る人も多いでしょう。

しかし、何より大切なのは慌てずに落ち着いて行動すること。利用明細をチェックして悪用された形跡がなければ、まずはひと安心です。

カードを不正利用されても損害賠償が発生することはほぼありません。ただし、確実に補償を受けられるように、カード会社や警察に届け出ておくことが大切です。

お得情報が大好き! 5の付く日にはyjカードでヤフーショッピング。もちろんヤフープレミアム会員!電子決済はキャンペーンに釣られPayPay・LINE Payに登録。 動画配信サービス系のライター・編集を経て現在はマネ会にてクレジットカードの記事を担当。 休日は日の当たる公園のベンチで読書か、美味しい中華屋のある街を散歩。焼酎は「麦」ウイスキーは「スコッチ」野球漫画は「キャプテン」と「タッチ」が好き。

掛川の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事