更新日:

クレジットカードの名義変更は必須! 知っておくべき知識と必要な手続きを解説

クレジットカードの名義変更は必須! 知っておくべき知識と必要な手続きを解説

結婚して名字が変わるとさまざまな手続きが必要になります。

クレジットカードの名義変更もそのひとつですが、忙しさからつい後回しにしてしまう人も多いようです。

しかし、クレジットカードの名義変更をしなければ、思わぬトラブルを招く可能性があります。

そこで、この記事では旧姓のまま使い続けることのデメリットや手続き方法など、クレジットカードの名義変更についてわかりやすく解説します!

クレジットカードの名義変更を行うべき理由

クレジットカードは名義人本人しか使えません。

とはいえ、最近はカードの提示や署名をせずとも使えるシーンが増えていて、婚姻届を提出して名前が変わったとたん、旧姓のクレジットカードが使えなくなるということはないようです。

それでもクレジットカードは名義変更を行うべき理由があるのです。

まずはその理由についてチェックしておきましょう。

旧姓はNG! 名前が変わったらクレジットカードの名義変更を

そもそもクレジットカードの会員規約には、カード会社に届け出た事項に変更が生じた場合にはすみやかに手続きするよう記載されています。

つまり、カード会社との契約上、クレジットカードを使い続けるには名義変更をすることが必須なのです。

また、クレジットカードの利用状況などの情報=クレヒスは名前とともに信用情報機関に保存されます。

クレヒスは新しいクレジットカードを申込むときやローンを組むときなどの審査に関わる大切な情報


いつでも正確な内容が登録されるよう、名義変更をきちんと行うことが求められます。

結婚後はすみやかに名義変更するのがおすすめ

人生のなかで名前が変わる機会はそうそうありません。おそらく、ほとんどの人が結婚(もしくは離婚)によって名字が変わることになるでしょう。

ですので、結婚で名字が変わったときには、各種手続きとともにクレジットカードの名義変更が必要であることを把握しておくのが肝心です。

クレジットカードは表面のローマ字表記、裏面の本人自署によるサインで名義人を証明します。

「旧姓のままでも問題なく使えた」と油断していると、カードの名義人相違によってトラブルが発生するリスクもあります。

クレジットカードの名義変更をしないと起こりうるデメリット

クレジットカードの名義変更をせず旧姓のままで使い続けると、さまざまなデメリットに直面する可能性があります。

名義変更をしないままクレジットカードを使った場合に考えられるデメリットについて、以下にまとめてみました。

1.更新時に新しいクレジットカードが届かない

結婚すると名前と同時に住所が変わることがほとんど。

そのため、クレジットカードの手続きでは名義変更だけではなく住所変更も必要になるケースが多いのですが、これらの手続きを後回しにすると更新時に新しいカードが届かなくなる可能性大です。

一般的に、クレジットカードには5年前後の有効期限が設けられていて、有効期限が迫ると新しいクレジットカードが送付されます。

このとき発送されるのはカード会社に登録された名義人住所のみ。

クレジットカードは登録住所での本人受取が原則ですので、たとえ郵便局で新住所への転送手続きを行っていても転送されることはありません。

また、住所に変更がなかったとしても、配送先の表札とクレジットカードの名義が異なると配達されない可能性もあります。

2.ショッピングで利用できない

スマホの電子マネーに紐づけている、少額なのでサイン不要と言われる…といった理由から、クレジットカードの利用で署名が必要なシーンはずいぶんと減りました。

だからこそ怖いのが、旧姓のままのクレジットカードでのショッピングです。

サインをする機会が減ったため自分の署名を忘れてしまい、新しい名前を書くなどの誤った署名をしてしまうのです。


カード券面と異なる署名をすると不正利用を疑われてしまい、ショッピングを続けられなくなることもあります。

3.金融機関からの引き落としでトラブルが起こる

同じ〝お金”にまつわる名義変更でも、給与の振込みなど生活に直結するお金に関わる銀行口座については、すみやかに名義変更する人が多いでしょう。

しかし、銀行口座の名義変更がトラブルの元になることもあります。

名義変更をした銀行口座がクレジットカードの引き落とし先に指定されている場合、クレジットカードと引き落とし先の名義が異なるために、引き落としがストップしてしまう可能性があります。

引き落としが1日でも滞ると、クレジットカードの支払いを延滞したことになります。遅延損害金が発生するうえ、カードが利用停止になり、さらにはクレヒスの傷にもなってしまうので注意が必要です。

4.海外で身分証明書としての役割を果たさない

新婚旅行で海外を訪れたとき、旧姓のままのクレジットカードが役立たなくて困る可能性もあります。

海外ではクレジットカードへの信用力が日本よりも高く、単なる決済手段としてだけではなく、身分証明書として提示を求められることが少なくありません。

そのため、ホテルでのチェックイン時、レンタカーの利用時など、さまざまなシーンでクレジットカードが必要になります。

もし書面に記載した名前とクレジットカードの名義が違えば、ホテルの宿泊を断られたり多額のデポジットを要求されたりすることもあるようです。

海外ではショッピング時にパスポートの提示を求められることもありますが、パスポートとクレジットカードの名義が違うとカードの利用を断られる可能性も少なくありません。

ほかにも、海外旅行傷害保険を付帯するクレジットカードなのに、名義人が違うために補償を受けられないなどのデメリットがあります。

クレジットカードを名義変更するための手続き

旧姓のままのクレジットカードを使って思わぬトラブルを生まないためにも、名義変更はすみやかに行うのがベスト

クレジットカードの手続きと聞くとめんどうに感じられるかもしれませんが、実は手続き自体は想像以上にシンプルです。

そこで、クレジットカードの名義変更をするために必要となる手続きについて、わかりやすく解説します。

クレジットカードの名義変更手続きは簡単!

かつては電話や書面の郵送がメインだったクレジットカードの手続きですが、今ではオンラインで完結することがほとんど。

名義変更の手続きについては書類でのやりとりがメジャーですが、最近はオンラインで受け付けるカード会社も増えてきたようです。

書類にせよオンラインにせよ、名義変更の手続きはむずかしいことはありません。

名前や住所など変更のあった事項を記入して、あとはクレジットカードで運転免許証など本人確認書類(コピー)を用意するだけです。

提出予定の本人確認書類の名義変更を先に済ませておくことだけは気をつけておきましょう。

手続き後は1週間から10日前後で新しいクレジットカードが発行されます。

名義変更のほかにも手続きが必要ないか確認する

クレジットカードの名義変更をするときに忘れてはいけない手続きとしては、引き落とし口座の名義変更があります。

ほかにも、住所や電話番号、勤務先など、変更があった項目については名義変更と同時にきちんと手続きを終えておきましょう。

また、同時にしておくべき手続きはないか、確認しておくのも大切です。

たとえば、スマホ料金をクレジットカードで支払っている場合。新しい名義のクレジットカードはカード番号などすべてが刷新されるケースがほとんどのため、スマホ会社で新しいカードへの変更手続きが必要になります。

二度手間なし! 結婚後にスムーズに名義変更を進める手順

結婚して名前が変わると、クレジットカード以外にもさまざまな書類やサービスで名義変更をする必要があります。

ただし、思いつきで手続きを進めてしまうと、何度も役所に足を運ぶことになるなどかなりの手間がかかり、日常生活や仕事に影響してしまうことも…。

そこで、婚姻届提出後に各種手続きを進めるのにおすすめの手順を以下にまとめました。

住所変更があるかないか、会社勤めか無職かなどそれぞれの状況に合わせて、必要な手順を選ぶようにしてくださいね。

結婚後に各種手続きをスムーズに進めるための手順

  1. 役所で国民年金・国民健康保険・マイナンバーカードなどの名義変更をする
  2. 同時に役所で住民票を発行しておく
  3. 警察署に2の住民票を持参して免許証の名義変更をする
  4. 銀行員を持参して銀行で口座の名義変更をする
    (本人確認書類として3の免許証を提示) 
  5. クレジットカードの名義変更をする
    (本人確認書類として3の免許証を利用)
  6. 銀行口座やクレジットカードで引き落とされる料金について各会社で手続きする
    (スマホ料金ならスマホ会社へ連絡)

上記手順のほか、会社勤めの人は人事部などへ社会保険の変更手続きを依頼しましょう。

また、パスポートに関しては2014年に「記載事項の訂正」制度が廃止されたため、名前や本籍地が変わった場合には今あるパスポートを返納したうえで、新たにパスポートか、返納するパスポートと同じ有効期限の「記載事項変更」パスポートを申請する必要があります。

結婚したら家族カードに切り替えるのもおすすめ

クレジットカードは、名義変更を済ませれば結婚後も変わらず使い続けられます。

ただ、人によっては結婚をきっかけにそれまでのクレジットカードから家族カードへ切り替えるほうがいいケースもあります。

一般的なクレジットカードと家族カードの違いを含め、結婚するにあたって家族カードを検討すべき理由をチェックしておきましょう。

家族カードとは?

家族カードとは、クレジットカード本会員の家族であれば、一部カードを除いて審査なしで発行できるカード。

カード会社によって異なりますが、本会員と生計を同一にする配偶者、満18歳以上の子ども、親などが対象となります。

家族カードの名義人は使用する家族の名前になっていますが、契約者は審査をパスした本会員で、本会員を保証人として発行されるクレジットカードとも言えます。

家族カードとはいえ、本会員と同じようにポイントが貯められたり、旅行保険などの補償が受けられたりと、利用上の制約はほとんどありません。

名義変更より便利! 結婚を機に家族カードを利用するメリット

本会員と同じ感覚で使えて便利とはいえ、すでにクレジットカードを保有しているなら切り替えてまで家族カードを使う理由はわかりにくいかもしれません。

そこで、結婚した人だからこそ感じられる家族カードのメリットをピックアップしてみました。

結婚や出産で収入が途絶えるときに備えられる

日本では結婚を機に改姓するのはほとんどが女性

人によって状況は大きく異なるとはいえ、女性は夫が転勤族なら仕事を辞めざるを得ない、妊娠や出産で収入が減ったり途絶えたりすることがあるなど、独身時代のように安定した収入を保つのが困難です。

無職になれば限度額の大幅減もありえますし、不安定な収入に合わせてクレジットカードを使うのは大変です。

使いたくても使えず、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

そんなときには夫が本会員の家族カードに切り替えるのがおすすめです。

利用料金の支払いは本会員の引き落とし先口座なので、夫に安定した収入があれば問題ありませんよね。

家計を把握しやすくなる

夫が本会員でも妻が本会員でも、上手に家計を管理するために家族カードを利用する考え方もあります。

家族カードの限度額は、本会員のクレジットカードに定められた限度額の範囲内。

つまり、本会員の限度額が50万円なら、本カードと家族カードは合計50万円まで利用できるということになります。

家族カードに切り替えれば、クレジットカードによる支出を一元管理できるので、使いすぎ防止に役立ちます。


また、利用明細も1枚にまとめられるので、いつ・どこで・何に使ったかを一目瞭然で把握できます。

貯まったポイントをまとめてチェックできるのもうれしいところ。

年会費などカードの維持費を抑えらえる

手持ちのクレジットカードに年会費がかかっている人も、家族カードをぜひ検討してみてください。

本会員のクレジットカードに年会費がかかる場合でも、家族カードは無料で発行できるケースがほとんど!

家族カードに切り替えれば、本会員と同等のサービスを受けながらカードの維持費を抑えることが可能です。

家族カードを詳しく解説!メリット・注意点からおすすめのカードまで

家族カードを発行できるクレジットカードのおすすめ3選

すべてのクレジットカードで家族カードを発行できるわけではありません。

また、家族カードを発行できたとしても、年会費やサービス、特徴などはカードによって異なります。

そこで、数あるクレジットカードから、家族カードを考えたときにおすすめのカードをマネ会が厳選しました。

家族カードにメリットを感じたら、ぜひ参考にしてください。

おすすめのクレジットカード1:JCB CARD W

JCB CARD W
キャンペーン中!今なら最大14,000円分プレゼント!
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは日本発の国際ブランド・JCBが直接発行するプロパーカードのひとつ。

プロパーカードならではの信頼性やステータスはそのままに、39歳以下であれば年会費無料で使えるコスパの良さが魅力です。

家族カードも年会費無料で発行可能。

本カードと違って年齢条件がなく、40歳以上でも発行できます。

ネット申込み限定のクレジットカードのため、家族カードも会員専用サイト「MyJCB」から申し込めます。

1%のポイント還元率を誇るOki Dokiポイント、最高2,000万円を補償する海外旅行傷害保険など、本カードと同じサービスが受けられます。

年間一定額以上の利用でポイントのボーナスアップ特典を受けられる「JCB STAR MEMBERS」では、本カードと家族カードの利用額が合算して計算されるので、家族で使うとより早く達成できるはず。

おすすめのクレジットカード2:オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

信販大手・オリコが手がけるオリコカード THE POINT

家族カードの発行は3枚まで可能で、本カードと同じく永年年会費無料です。


その名のとおり、ポイント制度が魅力的なクレジットカードで、本カード・家族カードとも1%のポイント還元率でショッピングを楽しめます。

ポイントの有効期限が1年と短めですが、家族カードを発行すれば有効期限を家族でチェックできるので、ポイントの無駄を省くこともできますね。

旅行傷害保険は付帯しませんが、空港ラウンジの無料利用や海外デスクサービス、レンタカーや手荷物送迎など、旅行に関する手厚いサービスを提供しているので旅行好きにもうれしい1枚。

家族カードの新規入会特典として500ポイントがもらえるキャンペーンなども要注目です。

おすすめのクレジットカード3:楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

CMでもおなじみの楽天カードは、家族カードの発行が最大5枚まで可能!

本カードと同じく年会費無料で使えるので、カードの維持費をかけずに家族全員分のカードを準備できますね。

本会員との違いは、新規入会特典でもらえる楽天ポイントで、本会員1,000ポイントに対し、家族会員は200ポイントとやや少なめです。

ただし、通常で1%という高ポイント還元率は本会員とまったく同じ!

ポイントは本カードにまとめられるので、家族で使えばポイントをどんどん貯められます。

また、ネット上でのカードの不正利用を補償するネット不正あんしん制度、最高2,000万円を補償する海外旅行傷害保険も本会員と同条件で付帯するので、本カード・家族カードの違いなく安心して使えます。

クレジットカードの名義変更についてのまとめ

結婚に伴う手続きでは、すぐには困ることのないクレジットカードの名義変更が後回しにされがちです。

しかし、クレジットカードはトラブルになったときの対応が大変!

困ったことになる前に、名義変更の手続きはすみやかに済ませておくのが大切です。


クレジットカードの名義変更をするときには、無用な手間を増やさないためにも、各種手続きを順序だてて行うのもポイントです。

また、結婚するにあたって、家計管理のしやすい家族カードに切り替えるのもおすすめです。

これから家庭を築いていくにあたって、家族カードのことも含めて2人でしっかり話し合いましょう。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事