更新日:

大手航空会社ANAやJALのマイルは、LCCでも獲得できるのか?

大手航空会社ANAやJALのマイルは、LCCでも獲得できるのか?

格安で飛行機を利用できることで、LCCは旅行者から大きな人気を集めています。

ただしLCCは、価格が安い分マイルが貯まらないと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、特定の方法を使えばLCCでもマイルを貯めることができます。

そこで今回は、LCCでマイルを貯める方法や、マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードなどについて説明していきます。

LCCとは?

まず初めにLCCについて簡単にご説明します。

LCCとは、ロー・コスト・キャリアの略称で、大手航空会社(ANAやJAL)と比較すると格安でフライトできる航空会社のことをいいます。

日本のLCCは主に以下の航空会社があげられます。

主要なLCCの航空会社

  • ジェットスター
  • バニラ・エア
  • ピーチ
  • 春秋航空日本(シュンジュウ航空日本)
  • エアアジア・ジャパン

これらの航空会社は、機内サービスを最低限にとどめることで格安のフライトを可能にしています。

大手航空会社のマイルが貯まる唯一のLCC

それでは実際に、大手航空会社のマイルが貯まるLCCをご紹介します。

ジェットスター

最低価格保証をうたっているジェットスターは、JALの提携航空会社となっているため、フライトごとにJALマイルを獲得することができます。

また、ジェットスターでJALマイルを獲得するには、以下の2つのオプションを利用することが条件となります。

JALマイルを獲得できるオプション

  • ちゃっかりPlus
  • しっかりMax

それぞれStarter運賃(基本運賃)にオプション料金を追加することで、空港ラウンジの利用などのさまざまな特典を受けることができます。

詳しい内容は以下の表の通りです。

オプション名 ちゃっかりPlus しっかりMax
必要なオプション料金(国内線) Starter運賃 + 1,650円~ Starter運賃 + 4,000円~
必要なオプション料金(国際線) Starter運賃 + 4,000円~ Starter運賃 + 5,700円~
預かり可能手荷物(通常7kg) 国内線10kg / 国際線20kg 30kg
払い戻し 不可 可能(手数料が発生)
空港ラウンジ利用 不可 可能

獲得できるマイル数の確認方法

ジェットスターでは、JALの定めた搭乗区間の区間マイルと利用運賃のマイル積算率によって、獲得するマイル数が決定されます。

東京発着路線の代表的な区間マイル一覧

JALの定める区間マイルは以下のようになっています。

ここでは代表的な区間について挙げています。

目的地 区間マイル(片道)
大阪 280マイル
福岡 567マイル
沖縄 984マイル

マイル積算率はちゃっかりPlus、しっかりMaxいずれも25%となっており、例えば以下のように計算できます。

東京~沖縄間をちゃっかりPlus、もしくはしっかりMaxプランでフライトした場合
 
→ 984マイル(片道区間マイル) x 25%(マイル積算率) x 2(往復の場合) = 492マイル獲得!

JALの航空機で同じ区間をフライトした場合は、エコノミークラスで1,968マイル獲得できますが、航空券の価格差(片道おおよそ22,000円)を考えると十分な量のマイルを獲得できているといえるでしょう。

他のLCCはどうなの?

それではジェットスター以外のLCCではどうでしょうか。

実は、まったくマイルを獲得できないというわけではありません。

用途は限られてしまいますが、航空会社によっては、独自でマイレージプログラムを実施しているLCCもあります。

航空会社名 独自マイレージプログラム
春秋航空日本 スプリングパスポイント(スプリングパスクラブ会員になる必要あり)
エアアジア・ジャパン BIGポイント
ピーチ ピーチポイント

また、バニラ・エアはマイレージ制度は取り入れていませんが、ANAのANAマイレージクラブを利用して特典航空券を入手することは可能です。

クレジットカードでマイルを貯める

どうしてもLCCの利用でマイルを貯めたい方には、クレジットカードで貯める方法がおすすめです。

LCC側でマイレージプログラムを実施していない場合でも、航空券の支払いに航空会社提携のクレジットカードを利用することで、金額に応じたマイルを獲得することができます。

それでは、マイルを貯めるのにおすすめなクレジットカードをいくつか紹介します。

ANA一般カード

ANA カード 一般
ANA カード 一般の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高1,000万円の海外旅行傷害補償つき!
  • カード入会・継続でボーナスマイルがもらえる!
  • 電子マネーiDや楽天Edyもついているから、小さなお買い物でも便利!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANA一般カードは、ANAの提供する最もメジャーなクレジットカードです。

年会費2,200円(税込)で利用可能なうえ、日々の買い物でもマイルが貯められるのが大きなメリットです。

還元率は1,000円(税込)の買い物につき5マイルとなっています。

また、ANA航空券を購入した場合は100円あたり1.5マイルの還元が受けられるため、非常にお得です。

さらに、入会時や搭乗時にも一定量のマイルが付与されるなど、ANAマイルを貯めたい方にとっては便利なカードです。

JALカード

JALカード
JALカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • フライトでためるーボーナスマイルー
  • JALグループ便へのご搭乗で会員限定のボーナスマイルが貯まる!
  • 貯めたマイルを使って通常より1,000マイル少ないマイルで特典航空券などに交換できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,160円 0.5%~1%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

JALマイルを貯めるのであれば、JALカードが1番おすすめです。
 
JALカードはマイル移行の手間がなく、利用金額(200円につき1マイル)に応じて直接JALマイルが貯まるので、とてもマイル管理がしやすいです。

また、JALカードでマイルを貯めるなら、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」への加入がおすすめです。

3,300円(税込)の年会費が発生しますが、どこで利用しても通常の2倍(200円につき2マイル)のマイルが獲得できます。

さらに、JAL特約店で利用すると最大で4倍(200円につき4マイル)のマイル獲得も狙えるのでこちらもぜひ活用しましょう。

ソラチカカード

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • メトロ乗車で、平日5ポイント・土日休15ポイント貯まる!
  • 定期券購入で、メトロポイント、OkiDokiポイントがダブルで貯まる!
  • もちろん、ANAマイルも搭乗や日常の利用で貯められる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,000円(税抜) 0.1%
電子マネー
PASMO(パスモ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

ANA To Me CARD PASMO JCBは、フライトでの利用と、電車での利用の両方で特典が得られます。

空と地下の両方で便利に利用できることから、通称ソラチカカードと呼ばれています。

ソラチカカードが活躍する場面は多く、通常の買い物ではOki Dokiポイント、東京メトロの利用ではメトロポイント、ANAの利用ではANAマイルが貯まります。

さらに、メトロポイントを90%という高レートでANAマイルと交換できるのも非常に評価が高いポイントです。

通常のTo Me Cardは60%の交換率なので、とてもお得なカードであるといえるでしょう。

メトロポイントは東京メトロをPASMO機能で利用すると貯められるので、PASMO利用者はぜひソラチカカードの発行を検討してみてください。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • VISA対応だから世界200以上の国と地域で利用可能!
  • 初年度年会費無料!
  • 三井住友カードiDがついて電子マネーにも対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANA VISA Suicaカードは、上述したソラチカカードと同じように、空でも陸でも便利に使用できるクレジットカードです。

ANAの利用はもちろん、Suicaのオートチャージを使用することで自動的にポイントが貯まります。

Suicaをメインで使用しているという方は、ANA VISA Suicaカードを利用することでマイルをお得に貯めることができるでしょう。

また、旅行傷害保険も充実しており、最大1,000万円が補償されます。

他にも、機内販売が10%オフになるなど、航空関係においてさまざまな割引を受けることができるので、飛行機をよく利用する方にとって非常に利用価値の高いカードとなっています。

LCCを利用するならこのキャンペーンがおすすめ!

LCCを利用するうえで、とてもおすすめのマイレージキャンペーンがあります。
 
それは、デルタ航空の実施している「ニッポン500マイルキャンペーン」です。

ニッポン500マイルキャンペーン

このニッポン500マイルキャンペーンは、日本国内線の1フライト利用ごとに500スカイマイルがプレゼントされるキャンペーンとなっています。

特筆すべきは、ANAやJALその他の航空会社などを問わず、日本国内線であればすべてが対象となるという点です。

つまり、LCCもすべて対象であるので、確実に500スカイマイルを獲得することが可能です。

スカイマイルを獲得するにはスカイマイル会員であることと、利用した搭乗券(半券)のコピーをデルタ航空に郵送する必要があります。

少し手間はかかりますが、1フライトで500スカイマイルを獲得できるチャンスなのでぜひ活用しましょう。

キャンペーンは期間限定ですが、過去もよく延長されており、現時点で2020年3月31日までとなっています。

スカイマイルの使い道

スカイマイルの主な使い道としては、特典航空券へ交換する、もしくは座席のグレードアップになります。

日本国内であれば、デルタ航空の提携先であるスカイマークの特典航空券と交換することができます。

ちなみに、スカイマークの特典航空券に必要なマイル数は、およそ15,000スカイマイル以上となっているので、かなりの本数を乗らないといけない計算になります。

しかし、スカイマイルは有効期限が設けられていないので、根気強く利用すると特典航空券を手に入れる事ができます。

LCCでマイルを獲得する方法まとめ

LCCではマイルは貯められないと思っている方も多いですが、ジェットスターの特定のオプションを利用することでマイルが貯められます。

格安のLCCを利用しながらマイルを貯めることで、飛行機の利用がよりお得になるため、ぜひ利用しましょう。

また、クレジットカードをうまく活用することでも、マイルを貯めることが可能です。

毎日の買い物や通勤・通学でもマイルを貯めることが可能です。

休暇の旅行などのために毎日マイルを貯めると、通勤・通学が楽しいものになるかもしれません。

今回紹介したように、LCCの利用をはじめ、毎日の生活にもマイルを貯める方法は豊富に存在します。

ぜひ、マイルを貯めて飛行機の利用をお得にしてみてください。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事