更新日: / 公開日:

ポイント高還元率マスターカードはどれ?オススメ5選を徹底解説!

ポイント高還元率マスターカードはどれ?オススメ5選を徹底解説!

そもそもマスターカードとはどういったカードなのでしょう?
マスターカードとは、アメリカ発祥のクレジットカード国際ブランドの一つです。

マスターカードのクレジットカード自体は、マスターカードとライセンシング(ライセンス供与 )しているクレジットカード発行会社が発行します。付帯しているポイント機能や優待も、発行会社によってさまざまです。

以下より、ポイント還元率の高いおすすめのマスターカードをご紹介していきます。
ポイントがより貯められるプチテクニックなどもあわせてご紹介してますので、この機会にマスターカードのクレジットカードを選んでも良いのではないでしょうか。

ポイント還元率の高いお勧めマスターカード一覧

楽天カード

ポイント高還元率の代表とも呼べるのが楽天カードです。楽天ユーザーなら必ず持っておくべき1枚です。通常のポイント還元率は1%ですが、楽天市場や楽天ブックスなら最低でも4%のポイント還元を受ける事が出来ます。

Yahoo!JAPANカード

TSUTAYAやファミリーマートなどでおなじみのTポイントを貯めるなら、Yahoo!JAPANカードがおすすめです。一般のTポイントカードの還元率は0.5%ですが、Yahoo!JAPANカードは、どこでカードを使用してもTポイントの還元率は1%になります。

オリコカード THE POINT

年会費無料に加え、新規入会から6か月はポイント還元率が2%で、それ以降は通常還元率は1%ですが、オリコカードが運営する「オリコモール」を活用し、Amazonで買い物をするとポイント還元率が2%、さらに楽天やYahoo!ショッピングで買い物すると3%から15%のポイント還元率となっています。
色々なネットショップなどを利用して買い物をされる方には、オリコカード THE POINTをおすすめします。

リクルートカード

リクルートカードは、どこで買い物をしても1.2%のポイント高還元率のカードになります。
貯まるポイントはリクルートポイントですが、「Ponta Web」に登録することにより、1リクルートポイントを1Pontaポイントに交換ができます。

さらに、様々な電子マネーのチャージでもポイントが貯まります。マスターカードの場合は「nanaco」「楽天Edy」「モバイルSuica」「SMART ICOCA」 へのチャージでポイントを貯めることができます。Pontaポイントを利用している方やマスターカードでチャージできる電子マネーをよく利用する方は、ポイント高還元率のリクルートカードを利用することが一番いいのではないのでしょうか。

イオンカードセレクト

通常ポイント還元率(ときめきポイント)は0.5%ですが、WAONにチャージしポイントがゲットでき、イオングループの買い物にWAONを利用すると、ポイントの2重取りができるのが最大の魅力です。

毎月5の付く日「わくわくデー」に各種税金の支払いで、WAONポイントが2倍になります。5の付く日を狙いイオンカードセレクトでWAONにチャージし、WAONで税金の支払いを行うだけでもかなりのポイント獲得が期待できるのではないでしょうか。

まとめ

・マスターカードはアメリカ生まれの国際ブランド
・楽天カードは楽天市場などの楽天グループで利用するとお得
・Yahoo!JAPANカードは、Tポイントがお得に貯まる
・オリコカード THE POINTは、ネットショッピングでお得
・リクルートカードは、電子マネーと併せて使うとお得
・イオンカードセレクトは、ポイント2重取りでお得