更新日:

ライフカードのポイント還元率アップのコツ&お得なおすすめ交換先を徹底紹介!

ライフカードのポイント還元率アップのコツ&お得なおすすめ交換先を徹底紹介!

ライフカードは「年会費無料」と「ポイント高還元率」で人気のクレジットカードです。

1976年にサービスがスタートした歴史あるカードで、「すでに所有している」とか「過去に所有していた」という方もいらっしゃるかもしれません。

2017年から2018年にかけて、ライフカードのポイント還元率などには変更がありました。それを踏まえ、今回はライフカードのお得なポイントの貯め方・使い方について紹介していきたいと思います。

ライフカード「LIFEサンクスポイント」の基本情報

ライフカードは、消費者金融大手アイフル株式会社の子会社である、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。

ライフカード
おすすめポイント
  • いつでもどこでも100円利用ごとにポイントが貯まる!
  • 貯めたポイントは、ANAマイルのほか、電子マネーやギフト券など多彩なアイテムに交換できる!
  • ポイントは最大5年間有効!失効の心配なし!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

ライフカードを使って貯まる「LIFEサンクスポイント」。通常はポイント還元率0.5%で、還元率の高いカードとは言えません。

しかし、ポイントアップ制度を理解して使うタイミングを見極めれば、還元率は3倍にも最大25倍にもなるのです。

本記事では、そんなライフカードでポイントを貯め、お得に使う方法についてご紹介していきます。

ライフカードは年会費無料!気になるポイント制度や海外旅行保険、解約方法まで徹底解説
ライフカードとはアイフルの子会社が発行しているクレジットカードです。 「ライフカードを作りたいけど、審査に通りやすいって本当なの?」、「ポイント還元率が高いって聞いたけど本当?」といった疑問を抱えている人は多いでしょう。 そこでこの記事では、ライフカードの審査に関する情報を、マネ会に寄せられた口コミも参考にしてわかりやすく解説。カードの特長、ポイント・特典もご紹介するので、ライフカードに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ライフカードやサンクスポイントの基本情報は、上記の記事でもご紹介しています。ぜひ、参考にご覧ください。

ライフカードのポイント・基本の貯まり方

ライフカードのLIFEサンクスポイントは、カード利用額1,000円ごとに1ポイントが貯まるシステムになっています。もし利用額が1,000円に満たない金額のときでも、100円ごとに0.1ポイントが加算されます。ポイント計算が切り捨てじゃないところが嬉しいですね。

このように、ライフカードの基本のポイント還元率0.5%です。しかし、4つのポイントを押さえるだけで、ライフカードを還元率の高いカードに進化させることができます。

4つのポイントアップ制度でライフカードのポイントを効率よく貯める

ライフカードには、4つのポイントアップ制度があります。

4つのポイントアップ制度

  1. お誕生日ポイントでポイント3倍
  2. ポイントステージ制プログラムで最大2倍
  3. ポイントアップモール「L-Mall」で最大25倍
  4. 入会初年度は1年間ポイント1.5倍

どのポイントアップ制度も、一定の条件をクリアする必要があります。ここからは、それぞれのポイントアップ制度の仕組みや利用方法を、より詳しくご紹介していきます。

ライフカードのポイントを交換したい! お得でおすすめな交換方法とは

まずは、ライフカードでポイントを貯めた場合、どんなものにポイントを交換するのがお得でおすすめなのでしょうか。

ライフカードのポイント交換先で特に人気があるのが「商品券(ギフト券)」です。

最もおすすめのポイント交換先は「商品券」!

人気があることからもわかるとおり、ライフカードのポイント交換先で特にお得でおすすめなのが「商品券(ギフト券)」です。

商品券の場合、ライフカードのポイントと交換すると、1ポイントあたりの価値が高くなるからです。

ライフカードのポイントと交換できる商品券には、「Amazonギフト券」「JCBギフトカード」などがあります。その中でも、お得なレートで交換できるのが「AOYAMAギフトカードセット」「三光マーケティングフーズお食事券」です。

ポイント交換先 最小単位
(ポイント)
移行先(円分) 基本還元率
AOYAMAギフトカードセット 1,000 10,000 1.00%
三光マーケティングフーズお食事券 1,000 7,000 0.70%

ポイントを「AOYAMAギフトカードセット」に交換した場合、1,000ポイントで交換できる額は10,000円分になります。1ポイントあたりの価値が10円となり、得する額は5,000円分です。

「AOYAMAギフトカード」の有効期限ですが、特に設けられておりません。交換後にそのままにしておき、失効してしまった…という心配がないことも、おすすめのポイントです。

スーツだけでなく、ワイシャツやブラウス、その他スーツを着るときに必要な小物などがお得に揃えられるのは嬉しいですね。

「三光マーケティングフーズお食事券」を交換先に選んだ場合は、1,000ポイントを7,000円分の商品券に換えることができます。通常は1,000ポイントで5,000円分の価値ですから、2,000円分がお得に利用できます。

三光マーケティングフーズお食事券が利用できる場所としては、下記のようなお店があります。

利用できるお店

  • 金の蔵Jr.
  • 東方見聞録
  • 月の雫
  • 黄金の蔵
  • バリバリ鶏
  • 吉今
  • 焼肉万里
  • アカマル屋
  • 楽釜製麺所

利用できる店舗には居酒屋が多いですが、最近は家族での外食や普段のランチに居酒屋を利用するという人も多いです。そのため、利用の幅は「AOYAMAギフトカードセット」よりも広がるかもしれません。

その他のポイント交換できる商品券一覧

「AOYAMAギフトカードセット」や「三光マーケティングフーズお食事券」と比べるとお得感は低くなりますが、ライフカードのポイントが交換できる商品券には下記のようなものもあります。

交換できる商品券

  • Amazonギフト券
  • JCBギフトカード
  • 図書カードNEXT
  • QUOカード
  • JTB旅行券(ナイストリップ)
  • 全国共通すし券

もし、お得感が少し低くなっても、使い勝手の良い商品券に交換したいという場合は、上記のどれかに交換しても良いでしょう。基本還元率はどれも0.50%で、1,000ポイントを5,000円分の商品券と交換することができます。

その他のポイント交換できるもの一例

ライフカードのポイント交換先は「商品券(ギフト券)」がお得でおすすめなのですが、交換できるものはそれだけではありません。他社ポイントや商品、キャッシュバックに利用することもできます。

ここでは、その中の一例をご紹介します。

その他のポイント交換先一例

  • ANAマイル
  • dポイント、WALLETポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Gポイント
  • ビットコイン
  • Vプリカ
  • キャッシュバック
  • インテリア家電、季節家電
  • お米やお酒などの飲食物

交換できる商品の詳細についてさらに知りたい場合は、こちらの「LIFEサンクスプレゼント」に関する記事も併せてご覧ください。

LIFEサンクスプレゼントって何?ライフカードのポイント交換方法やお得な貯め方を紹介
「LIFEサンクスプレゼント」は、ライフカード利用者向けのポイントプログラムです。ライフカードの利用金額に応じて「LIFEサンクスポイント」が付与されます。ライフカード自体はポイント還元率0.5%で、高還元率カードとは言えません。しかし、お誕生月にはポイント還元率が3倍になったり、ステージ制プログラムでポイントが貯まりやすくなったりします。年会費無料のライフカードは、このように使い方次第ではお得なクレジットカードです。持っていて損はありません。「LIFEサンクスプレゼント」を使いこなし、恩恵を受けるにはどうしたらいいか紹介したいと思います。

ライフカードの「お誕生月ポイント」で還元率は3倍に!

さて、お得なポイント交換先をご紹介したところで、続いてはどうすればポイントをどんどん貯めていくことができるかについてお話ししていきたいと思います。

注目すべきは「お誕生月ポイント」でのポイントアップ!

ライフカードで最も注目すべきポイントアップ制度は「お誕生月ポイント」です。

これは、誕生日がある月は、1ヶ月間ポイント還元率が3倍の1.5%になる制度。ライフカードを使う一番のメリットは「お誕生月ポイント」だと考える人も少なくありません。

一般的なクレジットカードは、ポイント還元率0.5%ほど。1%なら高いほうだと言われています。そう考えると、ポイント還元率1.5%は高還元率と言えるでしょう。

普段は基本の還元率が1%ほどのカードを利用し、誕生月になったらライフカードをがっつり使うという、サブカード的な使い方をしている人もいます。

ライフカードのお得な使い方(1)お誕生日月にプリペイドカードに入金!

ライフカードの基本のポイント還元率は0.5%です。それが、契約者本人の誕生日がある月になるとポイント3倍の1.5%になります。

この「お誕生月ポイント」が適用される1ヶ月間のうちに、たとえばブランド品や家電、他の月に購入するのを我慢していた自分へのプレゼントなど、高価なものを購入すると良いでしょう。

また、おすすめなのが日常生活で使っているプリペイドカードや電子マネーに、ライフカードをとおしてチャージ(入金)しておくことです。生活費や定期券代などのまとまったお金を一気に入金するだけで、還元率1.5%になったポイントをまとめて手に入れることができます。

Vプリカ

ライフカードが発行するインターネット専用プリペイドカード「Vプリカ」は、ライフカードで購入すれば手数料などがとられません。ポイント付与の対象になりますので、お誕生月ポイントの利用で1.5%のポイント還元を受けることができます

VISAに加盟しているインターネットショップであれば、通常のクレジットカードと同様に使用することができるので、便利なプリペイドカードです。

auWALLET

auWALLET」は、携帯電話キャリアでおなじみのau(KDDI、沖縄セルラー)が発行しているプリペイドカード・クレジットカードです。

auWALLETに入金したお金は、MasterCard加盟店での支払いに使える他、auの携帯電話の本体購入やデータチャージ料金の支払いにも利用することができます。

お誕生月でポイントが3倍のうちにチャージをしておいて、携帯電話の本体やアクセサリーをお得に購入するという使い方もできます。

また、auWALLETでの支払いに対して0.5~1.5%のWALLETポイントが付与されます。チャージで付与されるLIFEサンクスポイントと二重取りできるのがおすすめの理由です。

モバイルSuica

通勤・通学でJR東日本の電車などを利用している人におすすめなのが「モバイルSuica」へのチャージです。

券売機まで行かなくても、モバイルSuicaであればいつでもスマートフォンや携帯電話からチャージをすることができ便利です。

普段何気なく利用しているSuicaでポイントが貯まることも嬉しいですし、お誕生月にまとめてチャージすればポイント3倍というのはお得感があります。

nanacoや楽天Edyはポイントが付与されない

どんなプリペイドカード、電子マネーでもライフカードからのチャージでポイントが貯まるというわけではありません。

過去にはポイント付与対象だった「nanaco」「楽天Edy」へのチャージは、現在ポイント付与の対象外となっていますので注意してください。

ポイント付与を目的にしてライフカードからのチャージをしようという方は「Vプリカ」「auWALLET」「モバイルSuica」といった、ポイント付与対象のサービスを利用するようにしましょう。

ライフカードのお得な使い方(2)誕生月に家族カードでポイントザクザク!

ライフカードは、18歳以上(高校生を除く)の家族が「家族カード」を作ることができます。

「お誕生月ポイント」が適用されるのは、本会員のお誕生日がある月だけです。裏を返せば、本カード会員の誕生月ならば、家族カード会員の全員のポイントが3倍の1.5%になるということです。

参考に、ライフカードで家族カードを申し込む場合の年会費の一例をご紹介します。

カード名 家族カード
年会費(税抜)
ライフカード
<年会費無料>
無料
ライフカード Stylish 無料
ライフカード
<旅行傷害保険付き>
400円
ライフカードゴールド 無料
トッピングカード 400円
SAVE THE GREAT APESカード 無料
メイク・ア・ウイッシュカード 無料

上記の種類以外のカードを取得・検討している場合は、公式サイトや会員規約、ライフカードインフォメーションセンターなどでご確認ください。

ライフカードのお得な使い方(3)誕生月に「L-Mall」でお買い物!

ライフカードのサービスのひとつに、ポイントがお得に貯まるポイントアップ通販サイト「L-Mall(エルモール)」があります。

ライフカード会員の方は、L-Mallをとおしてネットショッピングをすることでポイントが2~25倍も貯まります。さらに、お誕生月ポイント制度と掛け合わせて使うことも可能なんです。

たとえば、L-Mallをとおして利用するとポイント3倍になる「楽天トラベル(国内宿泊)」を利用した場合をご紹介します。

基本のサンクスポイント1+L-Mallポイント2+お誕生月ポイント=合計ポイント5倍!

L-Mallについてはのちほどさらに詳しくご案内しますが、ライフカード会員の方はこのポイントアップサイトを利用することで、お誕生月にはかなりお得にお買い物ができることがおわかりいただけたかと思います。

ライフカードのポイントは「ステージ制プログラム」でさらに還元率アップ!

続いてご紹介するのは、ライフカードの「ステージ制プログラム」です。

ステージ制プログラムは、プログラム期間1年間のライフカード利用金額に応じてポイント還元率がどんどんアップするお得な制度です。ポイントは最大2倍にまでアップします。

ライフカードの「ステージ制プログラム」とは?

先に少しご紹介したように、ライフカードは1年間のカード利用金額によって4つの「ステージ」が決まります。このステージに応じて、次年度の基本のポイント還元率がアップしていく仕組みです。

ステージアップに必要な年間利用額と、それに対応した次年度のポイント還元率は下記の表のとおりです。

年間カード
利用額
ステージ名 次年度の
ポイント還元率
~50万円未満 レギュラー
ステージ
0.5%(1.0倍)
50万円以上 スペシャル
ステージ
0.75%(1.5倍)
100万円以上 ロイヤル
ステージ
0.9%(1.8倍)
200万円以上 プレミアム
ステージ
1.0%(2.0倍)

ライフカードのステージ&還元率アップのヒント

ステージアップ制度は魅力的ですが、年間で100万円、200万円もライフカードで決済をするだろうか? と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ご安心ください。携帯電話料金、電気料金、ガス料金、ガソリン代金、インターネット代金、スーパーマーケット・コンビニでの日常の買い物、その他NHK料金や習い事の月謝など毎月決まっている出費をまとめてライフカードで支払うことで、ステージアップが十分狙えるのです。

まとめ払いの例

  • 携帯電話の月々の料金
    10,000円×12ヶ月=120,000円
  • 電気料金の月々の支払い
    5,000円×12ヶ月=60,000円
  • ガス代金の月々の支払い
    5,000円×12ヶ月=60,000円
  • ガソリン代金の月々の支払い
    5,000円×12ヶ月=60,000円
  • インターネット通信費の月々の支払い
    4,000円×12ヶ月=48,000円
  • スーパー・百貨店などの月々の買い物
    20,000円×12ヶ月=240,000円

上記の合計588,000円のお支払いをライフカードにまとめるだけで、次年度はスペシャルステージに昇格できます。

スペシャルステージのポイント還元率は1.5倍。次年度は「スペシャルステージ×まとめ払い」で、さらにお得にポイントを貯めていくことができますね。

また、2019年3月31日までは、公共料金などのまとめ払いでポイント最大5,500円相当がもらえるキャンペーンを実施中です。「2018年9月30日以前の入会」などの対象条件もありますので、公式サイトをチェックして、ポイントを逃さず獲得していきましょう。

ライフカードのポイントアップモール「L-Mall」活用でポイント還元率最大25倍!

先述のとおり、ライフカードは会員だけが利用できるショッピングポイントアップモール「L-Mall」を提供しています。

登録している通販サイトは、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの総合通販サイトはもちろん、ケーズデンキなどの家電通販、インターネットスーパー、ドラッグストアなど多岐にわたります。また、Uber Eatsの利用やフリマアプリ・メルカリの新規購入でポイントが付与されるクーポンなども充実しています。

L-Mallを経由して上記のような通販サイト、サービスを利用することで、ポイントが2~25倍も獲得できる仕組みになっています。

ライフカードのポイントアップモール「L-Mall」の利用方法

ここでは、L-Mallの利用の手順について簡単にご案内します。

L-Mallの利用方法

  1. 「L-Mall」のサイトへアクセスする
  2. 利用したい提携ショップを選び、「LIFE-Web Desk」のIDとパスワードでログイン
  3. 提携ショップでショッピングし、利用代金をライフカードで支払う
  4. 2~3ヶ月後にボーナスポイントが付与される
    ※付与されたかどうかの確認は「LIFE-Web Desk」でおこなえる

ライフカードで「L-Mall」を活用するとこんなにポイントが貯まる!

総合通販サイトから家電、ギフト、雑貨、食品、保険など、L-Mallが扱うインターネットショッピングサイトのジャンルはとても充実しています。

ここでは、L-Mallを利用した際のポイント倍率について、一例をご紹介します。

提携ショップ例 ポイント倍率
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
ビックカメラ.com 3倍
ケーズデンキ 2倍
洋服の青山オンラインストア
9倍
一休.comレストラン 2倍
ニッセンオンライン 3倍
TOWER RECORDS ONLINE 4倍
ふるさと納税サイト「さとふる」 3倍
紀伊國屋書店ウェブストア 4倍
エクスペディア
6倍
世田谷自然食品
公式オンラインショップ
11倍
シマンテックストア 18倍
ビスタプリント 25倍

これはほんの一例です。また、期間限定でポイントアップするショップもあります。通常はポイント倍率2倍のショップでも、時期によってはさらに倍率が上がっていることもあります。

何かネット通販で購入したいものがある場合は、L-Mallを必ずチェックしてポイントの取りこぼしがないようにしていきましょう。

ライフカード発行初年度は誰でも還元率1.5倍に!もっとお得な使い方

ライフカードのポイントが貯まったことを喜ぶ男女の画像

ライフカードのポイント還元率は通常0.5%ですが、入会初年度は誰でも1年間ポイント還元率1.5倍の0.75%になります

初年度は、どうしてもポイントアッププログラムのステージが「レギュラーステージ(還元率0.5%)」になってしまいますが、そこを1.5倍のポイント還元率で補うことができます。

また、その他にもポイントアップを狙う方法があります。

1年間(プログラム期間)の利用金額が50万円以上でポイントプレゼント!

ライフカードでは、1年間のうちに50万円以上の利用で、300ポイントのスペシャルボーナスポイントを獲得することができます

通常は1,000円の利用で1ポイントの付与ですから、300ポイントはライフカードを30万円分利用した際に付与されるポイント数です。

また、年間で50万円以上の利用があれば、次年度のポイントステージは「スペシャルステージ」になります。次年度の1年間のポイントが還元率1.5倍になりますから、その年よりもさらにお得にライフカードを利用できるようになるのです。

ライフカードは、使いこめば使い込むほどにお得なカードに変化していくカードだと言えるでしょう。

ライフカードのポイント有効期限は延ばせる!手続きで最長5年に

ここまで日々ライフカードのポイントを貯めてきても、ポイント有効期限を過ぎてしまって失効…という悲しい事態に陥っては意味がありません。

ライフカードのポイントの通常有効期限は2年間です。多くのカード会社のポイント有効期限と同じくらいに設定されています。

しかし、ライフカードは繰り越し手続きによって最長5年まで有効期限を延ばすことができます。

ライフカードのポイント有効期限は5年まで延ばせる!

ライフカードのポイントは、1回の繰り越し手続きにつき1年間の有効期限延長をすることができます。最大で3年の延長が可能なので、合計で5年間まで有効期限を延ばすことが可能なのです。

長期的にポイントを貯めて、大きな買い物のためにギフト券と交換したり、有効期限に急かされずにポイントを貯める計画をしたりできます。

ライフカードのポイント繰り越し手続きの方法は?

ライフカードのポイントの繰り越し手続きですが、1年目終了時は自動繰り越しで2年目に入ります。2年後からは、毎年繰り越し手続きをする必要があります。

繰り越し手続きをおこないたい場合は、まず「LIFE-Web Desk」にログインします。ライフカードの「特典を選ぶ」画面から「ポイント繰越コース」を選択します。そこから、繰り越しの手続きができます。

また、電話での手続きも可能です。音声ガイダンスに従って、カード番号や暗証番号の入力が求められます。手元に自分のカードを準備したうえで、手続きを始めるようにしましょう。

ライフカード新規入会でポイントがもらえるキャンペーン実施中!

ライフカードは、最大16,500円分のポイントがもらえる破格の入会キャンペーンを実施中です(※)。今回のキャンペーン対象は、年会費無料の「ライフカード」への入会のみとなっています。

キャンペーンへのエントリーは不要で、期間中にカードを発行して各条件を満たすだけという簡単なキャンペーンになっています。条件も、そんなに難しいものではありませんので、ここで一気に紹介したいと思います。

抽選などではなく、カードを発行して条件を満たした全員にプレゼントされるポイントなので、この機会にぜひ獲得したいですね。

(※)キャンペーン期間は2019年3月31日まで


ライフカード新規入会で最大17の特典(ポイント)をゲット

キャンペーンでのポイント獲得に必要な条件を、一覧にして紹介します。

特典1 カード発行で2,000円相当のポイント付与
特典2 カードショッピング利用で3,000円相当のポイント付与
特典3 LIFE-Web Deskアプリ登録で500円相当のポイント付与
特典4 携帯電話の支払いで500円相当のポイント付与
特典5 WiMAXの支払いで500円相当のポイント付与
特典6 ウォーターサーバの支払いで500円相当のポイント付与
特典7 電気料金の支払いで500円相当のポイント付与
特典8 ガス料金の支払いで500円相当のポイント付与
特典9 新聞料金の支払いで500円相当のポイント付与
特典10 生命保険の料金の支払いで500円相当のポイント付与
特典11 損害保険の料金の支払いで500円相当のポイント付与
特典12 Amazonショッピング利用で500円相当のポイント付与
特典13 Apple Pay利用で500円相当のポイント付与
特典14 iD利用で500円相当のポイント付与
特典15 L-Mall利用で500円相当のポイント付与
特典16 リボルビング払い利用で2,000円相当のポイント付与
特典17 AUTOリボ申し込みで3,000円相当のポイント付与

上記のポイントが付与される時期は、条件によって異なります。

入会特典は、カードの発行から約1ヶ月半程度です。その他、各種条件によるポイントは、条件をクリアした翌月~3ヶ月後までには付与されるものが多いようです。

ライフカードを発行したら…

ここまで紹介してきたように、ライフカードはお誕生月に最もポイントが貯まりやすいカードです。

しかし、もし初めて発行するクレジットカードや、唯一持っているクレジットカードがライフカードだという場合は、お誕生月に限らず毎月少額でも良いのでライフカードを使って決済しておくことがおすすめです。

それは、クレジットヒストリーを形成して、カード会社からの信用を得るためです。

インターネット料金や公共料金など、毎月確実に引き落としがあるものの支払いに登録しておくと、安心ですしポイントも貯まります。ぜひ試してみてください。

ライフカードのポイントについてまとめ

ライフカードは、お誕生月ポイントやキャンペーンなどでポイントがガッツリ貯まる機会があり、メインカードとしても、サブカードとしても、どちらでも使い道があります。

お得にたくさんのポイントが貯まる「お誕生月」のポイントアップを軸にして、ステージ制やL-Mall、家族カード、キャンペーンなどを駆使して、ポイントの取りこぼしがないように、お得に使いこなしていきましょう。

執筆者のプロフィール
erika
ERIKA

広告代理店のコピーライター兼ディレクター、ECサイトのメルマガライターなどを経て、ライター・編集者として独立。現在はエポスカードとソニーバンクウォレットを活用。より良いキャッシュレス生活を模索中です。

ERIKAの記事一覧へ

関連記事