更新日:

ライフカードのETCカードは年会費無料! 作り方からメリットデメリットまで徹底解説

ライフカードのETCカードは年会費無料! 作り方からメリットデメリットまで徹底解説

ETCカードは現金よりもお得に高速道路が使えるため、作成を検討している方も多いでしょう。

すでにライフカードを持っている方には、そのクレジットカードを利用したETCカードも作れます。

この記事では、ライフカードのETCカードを持つメリットはあるの?簡単に作ることはできるの?と疑問を持つ方向けに、作成方法やメリット、デメリットなどをまとめました。

ライフカードのETCカードを作成したい方はチェックしてみてください。

ライフカード
ライフカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度はもちろん、次年度以降も年会費は無料!
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • お誕生月のご利用は基本ポイント3倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

ライフカードのETCカードは年会費無料! まずは基本情報をチェック!

申込み条件 ライフカードを作成していること
年会費・発行費用 無料
作成可能枚数 1枚
発行日数 最短7営業日

ライフカードのETCカードは、ライフカードさえ持っていれば無料で作れるカードです。発行費用・年会費ともにかからないので手軽に作れるのが魅力でしょう。

ライフカード本体も無料で作成できるので、迷ったら作ってしまうのがオススメです。

ETCカードは1カードで1枚作成できます。ただし、家族カードでは発行できないので、必ず本カードを使わなければなりません。

発行までは最短7営業日。土日などを含むため、だいたい2週間を見込んでおくとよいでしょう。

ライフカードのETCカードの審査について

ライフカードのETCカードは簡単に作ることができます。理由は以下のとおりです。

  1. ライフカードを持っていれば追加の審査がいらないから
  2. ライフカードは審査に通りやすいカードで新規でも作りやすいから

それぞれ説明していきます。

ライフカードを持っていれば追加審査なしでETCカードを発行できる

すでにライフカードを持っている人は、追加審査がありません。Webで申請すれば必ずETCカードを発行できるので非常に簡単です。

ETCカードを作るときに追加情報を提供する必要もないので、手間もかからず発行できます。

ライフカードの審査はとおりやすい。これから作る人も安心

ライフカード審査がとおりやすいと言われています。そのため、これから作成する人も心配はありません。申込み条件は「日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生は除く)で、電話連絡が可能な方。」だけです。

また、実際の審査が通りやすいと言われています。主婦や自営業の方でもカードを発行できたという声が実際にあるので、これからカードを作る方も安心して申込みましょう。

ライフカードのETCカードの申込み方法と注意事項について

ここからは、ライフカードのETCカードを作りたい方のために、申込みの方法と注意するべき点を説明します。

ライフETCカードの申込み方法は、すでにライフカードを発行しているかどうかで変わります。それぞれ分けて説明するので、ぜひチェックしてみてください。

ライフカードをすでに持っている方は会員サイトから申込みできる

ライフカードをすでに持っている方は、ライフカードの会員様WEBサイトから簡単にETCカードを申込めます。

ライフカードの会員サイトLIFE-Web DeskでIDとパスワードを入力し、会員画面にログインします。マイページに入れたら「追加サービスを申し込む」をチェックするだけで発行できます。

とくにそのほかの情報は必要ないため、すぐにETCカードを発行できます。

新規でライフカードと同時に申し込む方法

新規でライフカードを申し込む方は、申込み画面でETCカードも追加可能です。ここではオンラインで申し込む方法を説明します。

まず、ライフカード申込みページにアクセスします。

最初に個人情報や年収など、審査に関する項目を入力しましょう。すると次に「追加サービスについて」というページに遷移します。そのページで「ETCカードを申し込む」にチェックを入れるだけで申込み完了です。

あとはカードが到着するまで待ちましょう。

ライフカードのETCカードの申込み確認や再発行する方法

ライフETCカードは、1枚しか発行することができません。そのため、すでに発行履歴がある方は、再発行手数料が取られてしまいます。

過去にライフETCカードを申し込んだかわからなくなってしまったという方は、電話で確認しましょう。ライフカードのテレフォンガイドから、ETC申込みの履歴を確認できますよ。

再発行したい場合もテレフォンガイドから申し込めるので、まずはオペレーターと電話してみましょう。

ライフカードとETCカードの発行には時間差があるので注意

「ライフカードとETCカード、両方を申し込んだのにライフカードしか届かなかった」という場合も、心配ありません。

ライフカードとETCカードは別々に発行されるため、同時には届かないのです。基本的にライフカードの方が発行は早いので、ETCカードはのちに送られてきます。ETCカードの発行までは約2週間かかるのでしばらく待ってみるのがおすすめです。

2週間以上たっても届かない場合は、ライフカードに確認してみましょう。

ライフカードのETCカードを作るメリット

ライフカードもETCカードも年会費、発行費用がともに無料です。

クレジットカード本体の年会費が無料でも、ETCカードに手数料を取る企業もあるので、ここは大きな魅力でしょう。

クレジットカードをあまり使わない人も、とくに維持費がかからないライフETCカードならば手元に置いておきやすいのが特長です。

ライフカードのETCカードのデメリット

ライフカードのETCカードは利用してもポイントがたまりません。

2017年6月まではETC利用でもポイントが付与されていましたが、サービスが終了していまいました。

ETCの利用が多く、しっかりポイント還元したいという人はほかのカードを使った方がよいでしょう。

あまりETCを使わないけれども一応持っておきたいという方には向いています。

ライフカードは入会キャンペーンがある!ポイントを貯めるチャンス!

ライフカードは入会キャンペーンをおこなっており、お得にポイントを貯められます。

現在は、最大2,400ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。

カードを発行するだけで400ポイントもらえ、ショッピングの利用額に応じて最大2,000ポイント追加されます。

1ポイントが5円相当にあたるので、最大限ポイントを貯めると12,000円相当。かなりお得ですよね。

もらえたポイントはお得な特典に交換したり、キャッシュバックしたりできるので、この機会をぜひ利用しましょう。

キャンペーンはこちらから 【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

ETCマイレージサービスに登録すればライフカードのETCカードがお得に使える!

ライフカードのETCカードを使いたいけれど、どうにかポイントを貯める方法はないの?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、ライフカードでもETCマイレージポイントという、高速道路利用に応じてもらえるポイントを貯めることができます。

こちらは別途登録をしなければポイントがもらえないので注意しましょう。登録費用や年会費は無料なので、カードが届いたらすぐに登録するのがオススメです。

ライフカード以外で年会費無料のおすすめETCカード3選

ライフカードでETCカードを作ろうと思っていたけれども、ポイントが貯まらないことがわかってがっかりした方もいるかもしれません。

ここでは高速道路をよく使う方に向けて、ETCカードの利用でポイントがたまりやすいカードを3つ紹介します。それぞれのポイント還元率や特典にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

オススメのカード ETCカードのポイント還元率
そのほかのメリット
VIASOカード 1.0% ・ポイントは自動でキャッシュバックされる
セディナカード 1.5% ・入会3ヶ月はポイント3倍
イオン首都高カード 0.5% ・日曜日は首都高通行料金20%オフ
・首都高パーキングの売店などでポイント5倍
・ETCゲート車両保険が付帯

すべて年会費は無料なので安心してくださいね。それぞれの詳細を説明していきます。

VIASOカードはETC利用でポイント還元率が2倍

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。通常のポイント還元率は0.5%と、ほかのカードに比べて特筆すべきところはありません。しかし、買い物の内容によって最大10%まで還元率を伸ばすことができるのが大きな魅力です。

VIASOカードはETC利用でもボーナスがあり、ポイント還元率が通常の2倍である1.0%。ETCの利用においては高還元率のカードになります。

さらにVIASOカードの便利な点はオートキャッシュバック。こちらが手続きをする必要がなく、貯まったポイントを年に一回、自動的に銀行口座に振り込んでもらえます。

ポイントが貯めているけれども、なかなか使いどきがわからずそのままにしてしまうという方にはイチオシのカードです。

三菱UFJニコス VIASOカード
キャンペーン中!入会特典で最大10,000円相当のポイントプレゼント!
三菱UFJニコス VIASOの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイントは自動で現金還元!手続き不要で、用途の制限や無駄がなし!
  • ETC、携帯電話、インターネット利用料金がポイント2倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

セディナカードは入会キャンペーンでお得にポイントを貯められる

セディナカードは三井住友フィナンシャルグループの子会社、セディナが発行するクレジットカードです。ポイント還元率は0.5%ですが、利用金額に応じて0.65%まで伸ばすことができます。

セディナカードはETCの利用でボーナスがあり、還元率が通常の1.5倍、0.75%になります。さらに入会して3ヶ月はポイント3倍のキャンペーンがあるので、ポイント還元率が最大2.25%になるのです。

そのため、直近で高速道路をたくさん使う予定のある人にはオススメのカードです。セディナカードの年会費はかかりませんが、ETCカードの発行手数料に1,080円(税込)かかるので、その点だけ注意しておきましょう。

セディナカード
セディナカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • ご加入後、3ヵ月間はポイント3倍!
  • ETC・海外でのご利用でわくわくポイント1.5倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5 〜 1.5%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

イオン首都高カードは首都高の割引や保険もついてお得!

イオンクレジットが発行するイオンカードは、名前のとおりイオンのお買い物がお得になるカードです。イオンカードにはたくさんの種類があり、そのなかでもイオン首都高カードは首都高利用者に嬉しいカードです。

毎週日曜限定で、首都高通行料金が20%オフになるのが一番大きなメリット。また、首都高パーキングエリアのお買い物ではポイントが2.5%還元されます。

また、万が一ETCゲートにぶつかってしまった時には「ETCゲート車両損傷お見舞い制度」も用意しているので、いざというときも安心のカードです。

高速道路が割引になるイオンカードの種類はほかにもあるので、お住いの地域に合わせたものを発行するのがよいでしょう。

イオンカードのそのほかの種類については、こちらの記事もご覧ください。

イオンカード53種類の中からおすすめカードを厳選紹介!一番お得なイオンカードはこれだ

ライフカードのETCカードまとめ

ライフカードのETCカードは、無料で発行できて簡単に手に入るのが特徴です。そのため、あまりETCカードを使う機会はないけれど、年に一度の旅行のために持っておきたいという方にはオススメです。

一方で、ETCカードを利用してもポイントが貯まらないのが欠点です。よく高速道路を利用する方はほかのカードをした方がよいでしょう。

ぜひ、利用条件にあったお得なETCカードを探して発行してくださいね。

早稲田大学創造理工学研究科の修士課程にて経営工学の知見を深めたあと、メーカーでの技術職を経験。その後、フリーライターに転身して独立。金融・ビジネス・転職系を中心に幅広い分野で執筆。編集・ディレクター業もしています。マネ会ではライターとして、クレジットカードの記事を担当。難しい特典や仕組みを、噛み砕いてわかりやすくお届けするのが得意です。海外フリーランスとして一年の半分以上を国外で過ごしているため、「エポスカード」の海外旅行保険がかかせません。

原 千明の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事