更新日:

JCBとnanacoは相性抜群!電子マネーnanacoを賢く使ってポイント2重取りも可能!

JCBとnanacoは相性抜群!電子マネーnanacoを賢く使ってポイント2重取りも可能!

数多くの電子マネーが発行されていますが、その中でもJCBブランドとnanacoの相性は抜群です。

クレジットカードによるチャージはもちろんのこと、賢く利用してポイント2重取りを狙うことも可能です。

そこで今回は、nanacoの人気の秘密と、クレジットチャージでポイント2重取りが可能なJCBブランドのクレジットカードをご紹介します。

ちょっとした工夫で得られるポイントに差が出てしまうので、ぜひチェックしましょう。

ポイント2重取りが可能なJCBブランドのおすすめクレカ

リクルートカード

リクルートカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.2%~4.2%
【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス

セディナカード jiyu!da!

セディナカード jiyu!da!の詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%~10.0%
【PR】Sponsored by 株式会社セディナ

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~3.0%

JCBと相性抜群!nanacoの賢い利用法

nanacoとは?

まず初めに、nanacoについて簡単にご説明します。

nanacoは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの提供しているプリペイド式(前払い式)の電子マネーです。

非接触型決済方式の電子マネーとなっているので、レジの読み取り端末の上にnanacoカード、またはnanaco付帯のクレジットカード、モバイル端末をかざすことで即座に決済できます。

ちなみに、全国のセブン-イレブン系列のレジや、セブン銀行ATMイトーヨーカドーの一部の店舗に設置されているnanacoチャージャーを利用してチャージすることが可能です。

電子マネーとおすすめクレカの組み合わせを比較!お得な最強電子マネーはコレ!

nanacoはポイント還元率1.0%のお得な電子マネー

nanacoは、セブン&アイグループをはじめとする全国のnanaco加盟店で利用することで、100円につき1ポイントnanacoポイントが付与されます。

獲得したnanacoポイントは、1ポイント=1円として、再びnanacoへチャージして利用することが可能です。

この時のポイント還元率は1.0%となっており、楽天EdyやWAONなどの主要電子マネーのポイント還元率0.5%と比較しても、かなり高いポイント還元率となっています。

JCBブランドのカードでポイント2重取りも可能!

nanacoは、現金でチャージするよりも、クレジットチャージがおすすめです。

特定のJCBブランドのクレジットカードは、nanacoへのチャージでもクレジットポイントが獲得できるので、ポイントの2重取りが狙えます。

リクルートカードを使ってポイント2重取りを行った際の参考例

ポイント高還元率カードとして有名なリクルートカードを使ってポイント2重取りを行った場合の参考例です。

ポイント獲得元の名称 ポイント還元率 5,000円チャージと利用で得られるポイント
リクルートカード 1.2% 52ポイント
nanaco 1.0% 50ポイント
合計 2.2% 102ポイント

nanacoでポイント2重取りが狙えるJCBブランドのおすすめクレジットカード

リクルートカード

リクルートカード
リクルートカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • どこで使ってもポイント高還元!驚異の1.2%!
  • リクルートのネットサービスをご利用でさらにポイント還元!
  • 携帯・光熱費・定期もカードで支払うとポイントが貯まって月々お得
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.2%~4.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス

リクルートカードは、年会費無料のポイント高還元率クレジットカードとして人気のクレジットカードです。

月間の利用金額に対して、1.2%のリクルートポイントが還元されます。

また、nanacoへのチャージでもポイントが付与されるので、効率よくポイントが貯められます。

さらに、リクルートポイントは、人気のPontaポイントへ移行できるので、使い道に困ることもほとんどありません。

年会費無料のクレジットカードとしては珍しく、最高2,000万円補償の海外旅行保険や、最高1,000万円補償の国内旅行傷害保険、年間200万円限度のショッピング保険など、付帯保険も充実しているので、クレジットカード初心者にもおすすめの1枚です。

リクルートカードの年会費やポイント還元率、メリットやお得な使い方を徹底解説!

セディナカードJiyu!da!

セディナカード jiyu!da!
セディナカード jiyu!da!の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料!
  • ダイエー、イオン、セブンイレブンでのご利用で毎日ポイントが3倍!
  • 支払い方法・支払回数を自由に選べる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社セディナ

セディナカードの発行する「セディナカードJiyu!da!」は年会費無料リボ払い専用のクレジットカードです。

nanacoへのチャージでは200円につき1ポイント貯まるので、還元率は0.5%となります。

また、セディナカードJiyu!da!は、セブンイレブンやダイエー、イオンでの買い物の際、ポイントを通常の3倍貯めることができ、これらの店舗をよく利用する方には大変おすすめのカードといえるでしょう。

海外旅行の傷害保険はついていませんが、海外での買い物の際もポイントが3倍になるというメリットがあり、海外旅行によく行く方にとってはかなり需要の高いカードといえます。

審査も甘く作りやすいクレジットカードとして評判なので、審査に不安のある方にもおすすめできるカードです。

ヤフーカード

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • いつでも還元率1%のTポイントが貯められる!
  • 年会費は永年無料!Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイントUP!
  • PayPayにチャージできる唯一のクレジットカード
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~3.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ヤフーカードは、Tポイントを貯めるのに適した年会費無料クレジットカードで、通常のポイント還元率は1.0%の高還元率クレジットカードです。

各種のキャンペーンでお得にTポイントが稼げるだけでなく、電子マネーnanacoにチャージすることもでき、そのチャージ分のTポイントを獲得することも可能です。

還元率は0.5%のため、リクルートカードには劣りますが、ポイントが貯まらないほかのカードでチャージするよりは、長期的にみると確実にお得となります。

nanacoクレジットチャージの注意点

クレジットチャージには、事前登録が必要

nanacoへのクレジットチャージには、nanaco会員への入会と登録が必要です。
登録までには10日間かかるので、実際にクレジットチャージが利用できるのはそれ以降なるのでご注意ください。
※nanaco会員への登録は、パソコン、またはスマートフォンから登録することができます。

クレジットチャージは5,000円から!

通常、nanacoへ現金を使ってチャージする場合、1,000円単位から回数に制限なくチャージすることができます。

ただし、クレジットチャージは、最少で5,000円からしかチャージできません。

また、チャージ可能金額やチャージ回数にも上限が設けられているのでご注意ください。

チャージ方法 1回のチャージ可能額 1ヵ月間のチャージ可能上限額 チャージ可能回数
現金でのチャージ 1,000円~49,000円(1,000円単位) - -
クレジットチャージ 5,000円~29,000円(1,000円単位) 200,000円まで 1ヵ月間15回 /1日3回まで

JCBとnanacoでポイントを2重取りする方法まとめ

・nanacoは、セブン-イレブンやイトーヨーカードーなどのセブン&アイグループ各店で利用できる
・特定のJCBブランドカードを使ってnanacoへチャージすることでポイントの2重取りが狙える
・クレジットチャージは、チャージ可能最少額や上限金額、チャージ回数などに制限がある

電子マネーnanacoは、JCBブランドのクレジットカードと相性が良く、クレジットチャージによるポイント2重取りが可能です。

また、nanaco自体のポイント還元率も高いため、とてもお得な電子マネーとしておすすめです。

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事