更新日:

JCB CARD EXTAGEはどんなカード?他カードとの比較や詳細を徹底解説!

JCB CARD EXTAGEはどんなカード?他カードとの比較や詳細を徹底解説!

日本が発行している唯一の国際ブランドのクレジットカードとして有名なJCBカードですが、数多くの種類のクレジットカードを取り揃えています。

なかでも若者をターゲットとして発行されているのが、今回紹介するJCB CARD EXTAGEです。

日本企業が発行しているということでなじみも深く、さらに若者向けということで、クレジットカードを初めて持つ方にとってはぴったりのクレジットカードとなっています。

本記事ではJCB CARD EXTAGEの特徴やメリットデメリットをはじめ、よく似た特徴を持つJCB CARD Wとの比較についても紹介します。

特にJCB CARD Wとの比較はJCBのクレジットカードを選ぶうえで重要になりますので、ぜひ目を通してください。

JCB CARD EXTAGE
おすすめポイント
  • 29歳以下限定の年会費無料カード!
  • 29歳以降でも最高5年間年会費無料!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD EXTAGEの概要を解説

JCB CARD EXTAGEとは、JCBの一般カードをもとに、若い人向けに作られたカードです。

若い人向けだけあって、年会費は無料と、所有する敷居の低いカードとなっています。

さらに、家族会員も年会費が無料になるので、家族で持ってもお得なカードです。

さらにデザインもさまざまなものがあり、シルバー、レッド、ブラックの3色のほか、ディズニーデザインも選ぶことが可能です。

それでは、JCB CARD EXTAGEの申込み条件や審査の難易度、付帯する旅行傷害保険などについて解説していきましょう。

申込み条件と審査について

若い人向けというJCB CARD EXTAGEですが、その申込み条件や審査の難易度はどうなっているのでしょうか。

JCB CARD EXTAGEの公式Webページの申込み条件は、以下のようになっています。

本会員の申込条件

  • 18歳以上29歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
  • 高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方(一部お申し込みになれない学校があります)

家族会員の申込条件

  • 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方(※)

このように若い人が対象であり、特に学生であれば収入などの面は問わないため、最初に持つクレジットカードとしてはおすすめであるといえます。

では、審査に関してはどのようになっているのでしょうか。

JCBカードは銀行系のカードであり、銀行系のカードは審査の難易度が高めである傾向があります。

しかし、審査基準に関しては公開されているわけではないので正確にはわかりませんが、申込み条件からいくらか想定することはできます。

JCB CARD EXTAGEに関しては、若い人向けであることや、学生もターゲット層に入っていることなどから、審査の難易度は低めであると予想されます。

実際、学生などを対象としているクレジットカードは審査も易しい傾向があるため、年収が低いから審査に落ちるかもといった心配はあまりしなくても良いといえるでしょう。

(※)本会員が学生の場合は、申し込み不可

JCB CARD EXTAGEの旅行保険について

JCB CARD EXTAGEに付帯する国内外の旅行傷害保険は以下のようになります。

また、参考としてJCB一般カードの情報も載せています。

カード名 国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険
JCB CARD EXTAGE なし 最高2,000万円
JCB一般カード 最高3,000万円 最高3,000万円

このように、JCB CARD EXTAGEの旅行傷害保険は一般カードと比べてやや劣ります。

若い人向けであることから、旅行保険の比重を大きくするよりも、年会費を抑えたほうが需要がある傾向にあるため、このようになっていると考えられます。

JCB一般カードと比較すると見劣りはしますが、後述するように年会費無料で旅行傷害保険が充実しているクレジットカードはあまりなく、年会費無料のクレジットカードの中では優秀な方といえるでしょう。

また、海外ショッピング保険に関しては、海外のJCB加盟店で購入した商品に対して年間最高100万円まで補償されます。

JCB一般カード
おすすめポイント
  • オンライン入会で初年度年会費無料!
  • 国内・海外旅行保険は最大3000万円!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に!
年会費 無料
次年度以降 1,250円(税抜)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

家族カード・ETCカード

続いては家族カードとETCカードについて紹介します。

家族カードに関しては上述した通り、年会費は無料のまま誰でもJCB CARD EXTAGEと同じサービスを利用することができるので、とてもお得です。

ただし、本会員が学生の場合は家族カードを作成できないので注意しましょう。

学生以外でJCB CARD EXTAGEを使用している、例えば新社会人のような方は、ぜひとも家族カードの利用を検討してみてください。

ETCカードに関しては、年会費無料で作成することができ、こちらも大変お得になっています。

初めて作るクレジットカードにJCB CARD EXTAGEを選んだ場合、同時にETCカードを作成することができるというのは、とても便利かと思います。

家族カードとETCカードはどちらも非常に便利なカードであるので、JCB CARD EXTAGEを所有している方はぜひ利用を検討してみるとよいでしょう。

ApplePay、GooglePayに対応

JCB CARD EXTAGEの優秀な点として、ApplePayGooglePayに対応しているという点が挙げられます。

ご自身のスマートフォンにJCB CARD EXTAGEを登録しておけば、買い物の際もスマートフォンひとつで支払いをすることが可能なため、とてもスムーズです。

また、対応しているアプリケーション内での支払いにも利用でき、タクシーの料金や、映画のチケットの購入などに役立ちます。

他にも対応している加盟店は全国280以上にもなり、全国展開のチェーン店も多いです。

例えば、以下のような加盟店があります。

加盟店の例

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ENEOS
  • 昭和シェル石油
  • イオングループ
  • マックスバリュ
  • イトーヨーカドー
  • マクドナルド
  • ユニバーサルスタジオジャパン
  • 中部国際空港セントレア

このように、非常に多くの加盟店で使用が可能です。

今後キャッシュレス化が進むといわれている時代に、ぜひとも導入しておきたい機能といえるでしょう。

JCB CARD EXTAGEのポイントシステムについて

クレジットカードを選ぶ際に重要となるのが、ポイントの還元率です。

なかにはポイントを貯めるだけにクレジットカードを作成したという方もいるほどです。

それでは、JCB CARD EXTAGEのポイントシステムはどのような仕組みになっているでしょうか。

まず第一に、JCB CARD EXTAGEはOkiDokiポイントを貯められるカードです。

そして、JCB CARD EXTAGEのポイント還元率はトップクラスとはいいませんが高いほうで、新規入会特典期間に限ってはポイントが3倍になるという豪華な特典が付いています。

入会後3ヶ月はポイント3倍で還元率1.5%!

上述したように、JCB CARD EXTAGEは新規入会特典として、入会から3ヶ月までに貯めたポイントが通常のJCB一般カードに比べ3倍になるというものがあります。

通常のJCB一般カードが還元率0.5%、すなわち1,000円の買い物で5円分のポイントが還元されるシステムであるため、特典期間中のJCB CARD EXTAGEは1.5%という高還元率になります。

入会から3ヶ月が経過した後は獲得できるポイントは半分になってしまいますが、それでもJCB一般カードの1.5倍のポイントが獲得でき、還元率は0.75%となります。

このように、還元率に関してはJCB一般カードと比較しても優秀であるといえます。

ただし、後述するJCB CARD Wと比べると劣ってしまいますので、ポイントを重要視するという方はよく検討したほうが良いかと思います。

JCB CARD EXTAGEのメリット

続いては、JCB CARD EXTAGEのメリットについて紹介していきます。

JCB CARD EXTAGEは若い人向けというコンセプトのカードであるため、他のカードと比べ年会費の面や、将来に向けたインビテーションの面で強い傾向にあります。

では、各メリットの詳細について説明しましょう。

学生でも持ちやすい

第一のメリットはやはり、学生の身でも作成しやすいことでしょう。

10代20代でも簡単に作成できるため、初めて持つクレジットカードとしておすすめです。

特に、後述するように上位カードに繋げることができるので、今後もJCBのカードを使っていきたい、もしくは、ゆくゆくは上位カードを目指したいという方にとっては、早いうちからJCB CARD EXTAGEを持つことは非常に良い選択だといえるでしょう。

年会費が無料なのに旅行傷害保険が充実している

上でも少し触れたように、年会費が無料であるクレジットカードは旅行傷害保険があまり充実していないことが多いのですが、JCB CARD EXTAGEは非常に充実した内容となっています。

具体的には、以下のようになっています。

海外旅行傷害保険 補償内容
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円

年会費無料のクレジットカードは国内外の旅行傷害保険がないものが多く、これだけ充実した内容の保険は珍しいです。

ただ、やはり国内の旅行傷害保険がないというのは少し残念かもしれません。

国内の旅行傷害保険がどうしても欲しいという方には、JCB一般カードを所有するという選択肢もおすすめです。

JCB CARD EXTAGEは、海外旅行によく行くけれど、クレジットカードは年会費無料のものを持ちたいという方にとって非常に魅力的なクレジットカードです。

JCB一般カードよりもポイント還元率が高い

ポイント還元率が高いこともJCB CARD EXTAGEの大きな魅力であり、上述したように新規入会後3ヶ月はJCB一般カードの3倍、その後も1.5倍となっています。

年齢的にJCB CARD EXTAGEに申し込み可能であれば、JCB一般カードよりもJCB CARD EXTAGEを使用したほうがお得です。

さらに、JCB CARD EXTAGEは海外の加盟店で使用することでポイントが2倍になります。

豊富な海外旅行傷害保険の付帯しているJCB CARD EXTAGEとは非常に相性が良い特典ですので、ぜひ利用したいところです。

JCBの上位カードに繋げられる

後述するJCB CARD Wにはない大きな特徴として、上位カードへのステップアップが可能だというメリットがあります。

JCBカードの最上級ステータスカードにJCB ザ・クラスというブラックカードがありますが、JCB ザ・クラスはインビテーション制のカードとなっています。

インビテーションとは、クレジットカード発行会社から上位カードへの招待状が届くことを指します。いわゆるプラチナカードブラックカードはインビテーションでしか入手できない場合が多いです。

JCB CARD EXTAGEの使用履歴はインビテーションのためのカードの利用実績として参考にされるので、将来的にJCBカードの最上位であるJCB ザ・クラスなどのカードへのクラスアップを目指している方は、JCB CARD EXTAGEから始めることをおすすめします。

これは後述するJCB CARD Wにはないメリットであり、大きな差別化となる点です。

付帯サービスが多い

JCB CARD EXTAGEは多くの付帯サービスがあり、JCB CARD EXTAGEを所有しているだけでこれらのサービスを使用することができます。

JCB CARD EXTAGEに付帯するサービス

  • チケットJCB
  • JCBプラザ
  • JCBプラザラウンジ
  • エクスプレス予約

では、それぞれ簡単に説明していきましょう。

チケットJCBは、人気のコンサートや舞台公演などのチケットを会員価格でお得に購入できるサービスになっています。

JCB CARD EXTAGEの利用者は若い人のみなので、かなり需要があるサービスなのではないでしょうか。

続いて、JCBプラザは海外に設置されたJCBのサービス窓口であり、JCB加盟店の予約や観光などに関連するお手伝いをしてくれるというものです。

もちろんスタッフとのやり取りは日本語でできるので、安心して利用することができます。

次は、JCBプラザラウンジです。

JCBプラザラウンジは一部の主要都市に設置されている、JCB会員専用のラウンジです。

JCBプラザラウンジではドリンクサービスやマッサージ機、荷物の預かりサービスを利用することができ、他にも日本語の新聞、雑誌を見たり、現地のガイドブックや情報誌、インターネットで情報を集めることも可能です。

JCBプラザラウンジは以下の都市などに設置されています。

JCBプラザラウンジの設置されている都市の例

  • ロサンゼルス
  • ホノルル
  • グアム
  • ソウル
  • 台北
  • 香港
  • シンガポール
  • バンコク
  • パリ

最後はエクスプレス予約です。

エクスプレス予約とは、東海道新幹線・山陽新幹線の予約を会員専用サイトからいつでもできるようになり、さらに割引を受けられるというサービスです。

例として、東京‐新大阪間の指定席を予約した場合は片道1,080円の割引を受けることができます。

頻繁に新幹線を使用する人にとっては非常にありがたいサービスなのではないでしょうか。

JCB CARD EXTAGE
おすすめポイント
  • 29歳以下限定の年会費無料カード!
  • 29歳以降でも最高5年間年会費無料!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD EXTAGEのデメリット

ここまででJCB CARD EXTAGEのメリットを紹介しましたが、残念ながらデメリットもいくつか存在します。

特に解約手数料や、JCB一般カードへの切り替わり後の年会費については事前によく知っておかないと、思わぬ出費となってしまいかねません。

そんなJCB CARD EXTAGEのデメリットについて説明しましょう。

解約時に解約手数料がかかる

大きなデメリットとして、JCB CARD EXTAGEはクレジットカードの解約時に解約手数料がかかります。

解約手数料がかかるクレジットカードは他を探してもほとんどなく、JCB CARD EXTAGEとJCB GOLD EXTAGEくらいです。

具体的には、JCB一般カードへの更新以前に解約を申込むと、本会員および家族会員1人当たりに2,000円(税別)がかかってしまいます。

これを把握していないと、2,000円(税別)とはいえ、予期せぬ出費になってしまうので、憶えておいたほうがいいでしょう。

JCB一般カードに切り替わると年会費が発生する

JCB CARD EXTAGEは18歳以上が対象のクレジットカードで、5年後の初回更新時に自動的にJCB一般カードに切り替わります。

その後は当然ながら、JCB一般カードの年会費がかかってしまいますので注意が必要です。

ちなみにJCB一般カードの年会費は1,250円(税別)となっています。

ただし、MyJチェックの登録をおこない、年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用をすることで年会費を無料にすることができます。

MyJチェックはWEB明細サービスとなり、簡単に申し込めるため、年会費を無料にするためには、年間50万円(税込)以上利用するかどうかが重要になります。

そのため、50万円(税込)以上利用する見込みのある方は、年会費の心配をする必要はありません。

JCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wとの比較

ここまで紹介してきたように、多くのメリットを持つJCB CARD EXTAGEですが、実はJCB CARD EXTAGEには強力なライバルがいます。

それは同じくJCBが発行している、JCB CARD Wです。

JCB CARD EXTAGEはインビテーションの面で有利ではありますが、その他の多くの点ではJCB CARD Wのほうが優秀です。

それでは、各項目についてJCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wを比較してみましょう。

JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wの各項目の比較

JCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wを比較すると、年会費に関してはともに無料となっています。

しかし、ポイント還元率や解約手数料、申込条件ではJCB CARD Wのほうが優れています。

そのほか、国内外の旅行傷害保険の補償内容については最高2,000万円と、両者に差はありません。

カード名 JCB CARD EXTAGE JCB CARD W
年会費(税別) 無料 無料
ポイント還元率 ・新規入会後3ヶ月は1.5%
・4ヶ月以降は0.75%
・新規入会後3ヶ月は2%
・4ヶ月以降は1%
解約手数料(税別) 2,000円 無料
申込条件 18歳から29歳まで 18歳から39歳まで

それでは、各項目について更に詳しくみていきましょう。

ポイント還元率で比較

ポイント還元率に関しては、JCB CARD EXTAGEも優秀でしたがJCB CARD Wはさらに高還元率となっています。

JCB一般カードと比較すると、JCB CARD Wは新規入会特典期間の3か月間は4倍、その後も2倍のポイントが貯まります。

これをポイント還元率で表すと、新規入会特典期間のの3ヶ月は2%、特典期間を過ぎた後も1%という高水準の還元率となります。

これは、他社の高還元率クレジットカードと比較しても遜色のない数値となっており、JCB CARD Wの非常に大きな魅力といえるでしょう。

ポイント還元率の観点からは、JCB CARD Wがリードする格好となります。

解約手数料で比較

また、上述したようにJCB CARD EXTAGEは更新前に解約すると解約手数料がかかってしまいます。

それに対し、JCB CARD Wは解約も無料でおこなうことができます。

解約手数料の点でも、JCB CARD Wが優れているといえます。

申込み条件で比較

JCB CARD EXTAGEの申込み条件は、18歳から29歳の年齢であることでした。

一方、JCB CARD Wはより広い年齢層を対象としており、18歳から39歳までとなっています。

詳細な申込み条件は、以下のようになっています。

本会員の申込条件

  • 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方(一部、お申し込みになれない学校があります)

家族会員の申込条件

  • 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方(※)

10年の違いはかなり大きく、年齢以外の申込み条件も同じであることから、申込み条件についてもJCB CARD Wが勝ることになります。

(※)本会員が学生の場合は、申し込み不可


JCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wの比較まとめ

以上のように、JCB CARD WはJCB CARD EXTAGEと比べ優れている点が多くあります。

このため、JCB CARD Wのほうが良いと感じる人も少なくありません。

一方、JCB CARD EXTAGEしかないメリットとして、上位カードへのインビテーションがあります。

JCB CARD Wを使用しても上位カードのインビテーションのための実績にはならないため、将来的にJCB ザ・クラスなどの上位カードを所有したいという人にはJCB CARD EXTAGEに軍配が上がります。

ちなみに、デザインに関してはJCB CARD EXTAGEは枯山水を彷彿とさせる和風のイメージのデザインです。

JCB CARD EXTAGEの券面画像

それに対し、JCB CARD Wはグレーを基調とした、シンプルでスタイリッシュなデザインです。

JCB CARD Wの券面画像

JCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wで迷った場合、デザインの好みで選んでしまうのも良いかもしれません。

このように多くの違いがあるJCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wですが、どの項目を重視してクレジットカードを使用するのかをよく考えて、自身にとってベストなカードを選ぶとよいでしょう。

JCB CARD EXTAGEのまとめ

今回は、JCB CARD EXTAGEの特徴について紹介しました。

ポイント還元率などは高水準ですが、JCB CARD Wという優秀なカードが存在するため、JCB CARD EXTAGEを選ぶ際のポイントはやはり上位カードへのインビテーションを重視するかどうかという点に集約されるかと思います。

JCB ザ・クラスなど上位のカードは特典も非常に豪華であり、さまざまなサービスを受けることができます。

そのようなステータス性の高いクレジットカードを目指す方にとっては、一度JCB CARD EXTAGEは作る価値のあるカードといえるでしょう。

JCB CARD EXTAGE
おすすめポイント
  • 29歳以下限定の年会費無料カード!
  • 29歳以降でも最高5年間年会費無料!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

関連記事