更新日:

JCBのETCカードとは? 利用明細の確認方法から年会費やポイントまで徹底解説!

JCBのETCカードとは? 利用明細の確認方法から年会費やポイントまで徹底解説!

JCBカードは、日本が誇る国際ブランドとして有名ですよね。

さまざまな企業と提携カードを発行しているので、JCBカードを持っている人も多いと思います。

JCBカードですが、ETCカードの発行ができることをご存じでしょうか?

ETCカードは、休日割引や深夜割引などのサービスを受けることが可能なので、頻繁に有料道路を利用する人は1枚持っていると非常に便利です。

「JCBカードは持ってるけど、ETCカードを作ろうか迷っている」、「JCBのETCカードはどの点で優れているのか知りたい」という人のために、今回はJCBのETCカードについて解説していきます。

また、ETCカードと一緒に発行したいJCBカードについても紹介しますので、これからクレジットカードを作ろうと考えている人は、参考にしてみてください。

年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 1,250円
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

そもそもETCカードとは?

JCBのETCカードについて紹介する前に、「そもそもETCカードって何?」という人もいると思いますので、ETCカードについて簡単に紹介しておきます。

ETCカードには以下の2つの特徴があります。

  • ETC(電子式料金自動収受システム)レーンを利用するために必要なカード
  • 現金での支払いをしないで有料道路を利用するために必要なカード

高速道路などの有料道路を利用するには、利用料金を支払う必要があります。

一般レーンを通過する場合、料金所に一度止まって所定の金額を支払いますが、ETCカードを持っている場合は、ETCレーンを利用できるので、料金所で止まる必要がなく、そのまま通過することが可能です。

また、ETCカードの利用料金は、クレジットカードのように後からまとめて請求がおこなわれるので、月々の利用料金が明確にわかるというメリットもあります。

便利に利用するためには車載器が必要

ETCカードは、単体で利用することも可能ですが、ETCレーンを利用するためには、ETCカードのほかに車載器が必要になります。

車載器がない場合は一般レーンの利用となるほか、ETCカードを利用したときに受けられる割引サービス対象外になります。

ですので、ETCカードを便利に利用したい人は車載器の準備を忘れないようにしましょう。

ETCカードについて詳しく知りたい人は、下記の記事もあわせてお読みください。

ETCカード年会費無料で高還元のおすすめ6種を紹介!作り方や審査についても解説
ETCカードは高速道路の料金所をスムーズに通ることができる便利なカード。種類によってはポイントをお得に貯めることができるので、便利なうえに節約にもつながります。 ではETCカードを選ぶときには何を基準に選ぶと良いのでしょうか?この記事では、あなたに一番ピッタリのETCカードが見つかるようにETCカードの選び方と、おすすめのETCカードをご紹介していきます。

JCBのETCスルーカードとは?

JCBは、「ETCスルーカード」というETC専用のICカードを発行しています。

ETCスルーカードの発行にはJCBカードの発行が必要となるので、JCBカードを持っていない人は発行できません。いっぽう、すでにJCBカードを持っている人は、基本的に誰でも発行が可能となります。

また、ETCスルーカードは、JCBカードと同時に発行することも可能です。これからJCBカードの申し込みを考えている人は、ETCスルーカードの申し込みを同時におこなってみても良いと思います。

JCB一般カード
おすすめポイント
  • オンライン入会で初年度年会費無料!
  • 国内・海外旅行保険は最大3000万円!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBカードについては、以下の記事で詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご一読ください。

JCBカード10種類を徹底解説!年会費やポイント還元率、カードの特長を口コミを交えて紹介
世界で唯一メイド・イン・ジャパンの国際カードブランドJCB。国際ブランドであると同時にカード発行会社でもあり自社のプロパーカード(JCB ORIGINAL SERIES)を発行しています。カードランクもポイント還元率も育成を重ねることによってランクアップしていくのが魅力。国産ブランドならではの「おもてなし」に満ちた特典や優待が豊富です。

JCBのETCスルーカードは2種類

ETCスルーカードは、個人向けのETC専用ICカードですが、JCBでは、法人向けの「ETCスルーカードN」も発行しています。

今回は、個人向けのETCスルーカード(以下、「ETCスルーカード」は「ETCカード」と表記)を紹介しますが、法人向けのETC専用ICカードもあるということも、参考までに覚えておいてください。

JCBのETCカードの基本情報! 発行日数や利用明細の確認方法など気になる項目を解説!

ここでは、JCBが発行するETCカードの基本情報を紹介していきます。

これからETCカードの発行を考えている人は、参考にしてください。

JCBのETCカードの発行日数

すぐにETCの利用を考えている人は、JCBのETCカードが発行されるまでにどのくらいの期間を必要とするのか気になりますよね。

JCBのETCカードの申し込みは、「インターネット」、「入会申込書」、「電話」から選択できますが、申込方法によって発行日数が異なるので覚えておいてください。

申込方法とETCカードの発行日数は、下記のようになっています。

申込方法 発行日数
インターネット 1週間(※)
入会申込書 2週間(※)
電話 2週間(※)
(※)申込内容の不備や休日などの関係によっては、日数が変動する可能性があります


インターネットでの申し込みは、会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」への登録が必要です。約1週間でETCカードの発行が可能なので、もっとも早い発行方法です。

入会申込書電話での申し込みは、どちらも約2週間で発行となります。入会申込書に関しては、申込書が到着してからの発行となり、カードが手元に届くまでに時間がかかるため、あまりオススメできません。

JCBのETCカードの発行可能枚数

JCBのETCカードは、JCBカード1枚につき1枚の発行となります。

JCBカードを持っているからといって、複数枚のETCカードを発行することはできませんので覚えておいてください。

ちなみに、法人向けの「ETCスルーカードN」に関しては、JCB法人カード1枚につき複数枚の発行が可能となっています。

JCBのETCカードの支払方法

JCBのETCカードを利用した場合、ETCカードの利用料金は、JCBカードの利用料金と合わせて請求されます。

ですので、基本的にJCBカードの支払口座として登録してある口座から、カード支払日である毎月10日(土日・祝日の場合は翌営業日)に自動引落となります。

JCBのETCカードの利用明細を確認する方法

JCBのETCカードは、会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」から利用明細を確認することが可能です。

MyJCBの登録は無料となっています。JCBカードの利用履歴各種変更手続きなどをおこなうことができるので、登録しておくことをオススメします。

ちなみに、法人向けのETCカード「ETCスルーカードN」の利用履歴は、「JCB E-Co明細サービス」に登録することで閲覧が可能になります。

JCBのETCカードのメリット

JCBのETCカードの利用を考えている人は、ETCカードのメリットが気になりますよね。

JCBのETCカードのメリットは以下の通りです。

JCBのETCカードのメリット

  • 年会費が無料
  • 家族会員分の発行が可能
  • 各種時間帯割引が適用される

ここでは、上記で紹介したメリットについて、もう少し詳しく説明していきたいと思います。

JCBのETCカードは年会費無料!

JCBのETCカードは、個人向け、法人向けにかかわらず、年会費無料で利用することが可能です。

年会費無料で利用できるのは珍しくないと感じる人もいるかもしれませんが、JCBのETCカードは、無条件で年会費が無料となることがポイントです。

というのも、例えば、同じ年会費無料の三井住友ETCカードなどは、「年間1回以上の利用で年会費無料」という条件があります。

同様に、何かしらの条件をクリアすれば年会費無料となるケースは多いですが、何もせずに年会費が無料となる点は、JCBのETCカードのメリットといえます。

また、JCBカード自体も年会費無料で利用できるものがあるので、JCBカードとETCカードの両方を年会費無料で利用することも可能です。

オススメのJCBカードについては、後半の項目で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

JCBのETCカードは家族会員でも発行できる!

JCBのETCカードは、本会員のみならず、家族会員用のETCカードを発行できます。

家族会員は発行不可」というカード会社も珍しくないので、家族会員でもETCカードを発行できることは、十分なメリットといえます。

ただ、JCBで家族会員がETCカードを発行する場合は、入会申込書での発行手続きが必要となるので、その点は注意が必要となります。

家族会員のETCカード発行は、MyJCBからの申込に対応していないのでご注意ください。

JCBのETCカードには各種時間帯割引が適用される!

JCBのETCカードは、有料道路を利用する時間帯によって、割引サービスを受けることができます。

各時間帯と割引サービスの内容は、下記のようになっています。

割引サービス 曜日・時間帯 割引内容
休日割引(※1) 土日・祝日 最大30%OFF
深夜割引 全日深夜0時~4時まで 最大30%OFF
平日朝夕割引(※2) 朝:6時~9時
夕方:17時~20時
最大30%~50%OFF
(※1)普通車・軽自動車等限定
(※2)ETCマイレージサービスの事前登録が必要(後日還元型)


JCBのETCカードは、上記のような割引サービスを受けることができます。ただし、中には車種の限定や「ETCマイレージサービス」の事前登録など、若干条件がつくものもあるので注意が必要です。

ちなみに、後の項目で詳しく説明しますが、ETCマイレージサービスの事前登録があればポイントの還元を受けることもできます。

登録は無料となっているので、上手にETCカードを活用するためにも、登録しておくことをオススメします。

JCBのETCカードのデメリット

JCBのETCカードのメリットを紹介しましたが、デメリットがないわけではありません。

ここでは、JCBのETCカードのデメリットについて紹介していきます。

JCBのETCカードは発行までに時間がかかる

JCBのETCカードは、発行までに最短でも1週間程度の時間がかかってしまう点がデメリットとなります。

例えば、セゾンカードのETCカードは即日発行が可能ですし、イオンカードのETCカードは最短で翌日の発行が可能です。

スピーディーな発行が可能なカード会社が多くある中、JCBのETCカードは発行までに少し時間がかかってしまいますので、この点は不便に感じる人もいると思います。

ですので、すぐにETCを利用したいと考えている人は、JCBのETCカードは向いていないということになります。

JCBカードとETCカードの一体型カードは発行を終了している

JCBは、クレジットカードとETCカードの一体型カードを発行していません。

以前は、一体型カード「ETC/JCBカード」の発行をおこなっていましたが、現在は発行を終了しています。

クレジットカードとETCカードの一体型カードを利用したい人は、JCBカード以外を選択する必要があるので、覚えておいてくださいね。

ただ、一体型カードは1枚で2つ以上の機能を持っているので便利ですが、車内にカードを置き忘れてしまうなど、盗難の危険性を高めてしまうデメリットがあることに注意が必要です。

JCBカード以外を選択して、一体型カードの利用を考えている人は、一体型カードのデメリットを把握しておくようにしてください。

JCBのETCカードでポイントが貯まる! ETCマイレージサービス

JCBのETCカードは、ETCマイレージサービスに登録することでポイント還元のサービスを受けることができます。

ここでは、ETCマイレージサービスの登録で受けることができるサービスやポイントの活用方法について紹介していきます。

JCBのETCカードで貯めたポイントは、通行料金の支払に使える!

JCBのETCカードは、ETCマイレージサービスに登録することで、ポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、有料道路の利用料金に充てることができるので、ETCを利用する人は、登録しておくことをオススメします。

付与されるポイントに関しては、各道路事業者によって下記のように異なりますので、覚えておいてください。

道路事業者 付与ポイント
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社 10円=1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社 10円=1ポイント
阪神高速道路株式会社(※1) 100円=3ポイント+α(※2)
名古屋高速道路公社 100円=1ポイント+α(※2)
愛知県道路公社 100円=1ポイント+α(※2)
神戸市道路公社 50円=3ポイント+α(※2)
広島高速道路公社 100円=1ポイント+α(※2)
福岡北九州高速道路公社 100円=1ポイント+α(※2)
(※1)8号京都線のみ対応(2019年3月31日走行分まで)
(※2)月間利用金額に応じて追加ポイントあり

「自動還元サービス」で、ポイントの交換忘れが防げる!

ETCの利用で加算されたポイントは、交換単位に応じて「還元額」へ交換することができます。

還元額は、交換後に通行した際の通行料金の支払いに利用することができます。

還元額への交換方法は、主に下記の4つとなりますので、自分に合った方法で交換してみてください。

  • ETCマイレージサービスのマイページから手続きする
  • 自動音声ダイヤルを利用する
  • ETCマイレージサービス事務局に電話して手続きする
  • 自動還元サービスを利用する

上記の中でも、「自動還元サービス」は非常に便利なサービスです。

「自動還元サービス」は、所定のポイントが貯まった時点で自動的にポイントを還元額に交換してくれるサービスで、ポイントの交換忘れを防ぐことができます。

自動還元の単位は、各道路事業者によって異なりますが、ポイントを無駄にしてしまう可能性を軽減できるサービスは嬉しいですよね。

ちなみに、各道路事業者による自動還元の対象になるポイント数は下記のようになっているので、参考にしてみてください。

道路事業者 自動交換の単位
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社 5,000ポイント→5,000円分
本州四国連絡高速道路株式会社 5,000ポイント→5,000円分
阪神高速道路株式会社 1,000ポイント→1,000円分
名古屋高速道路公社 1,000ポイント→1,000円分
愛知県道路公社 1,000ポイント→1,000円分
神戸市道路公社 1,000ポイント→500円分
広島高速道路公社 1,000ポイント→1,000円分
福岡北九州高速道路公社 1,000ポイント→1,000円分

ETCマイレージサービスに登録すれば、「平日朝夕割引」の対象になる!

JCBのETCカードは、ETCマイレージサービスに登録することで「平日朝夕割引」の特典を受けることが可能です。

「平日朝夕割引」は、後日還元型の割引サービスなので、その場で割引サービスを受けられるわけではありませんが、ETCカード利用月の翌月20日に、無料通行分として直接還元額が付与されます。

また、還元率に関してはひと月「5回から9回以下の使用で約30%」、ひと月「10回以上の使用で約50%」となっています。

ただ、ひと月5回未満の使用の場合は割引サービスの対象外となるので、覚えておいてください。

登録してみよう! ETCマイレージサービスの登録手順

ETCマイレージサービスは、登録することでさまざまな特典を受けることができますが、登録方法がわからないという人もいると思います。

ということで、ここでは、ETCマイレージサービスの登録方法について紹介していきたいと思います。

手順1.ETCカードと車載器を準備する

ETCマイレージサービスへの登録は、ETCカードと車載器の両方が必要となります。

JCBを含むクレジットカード会社などへETCカードの申し込みをおこない、車載器セットアップを事前におこなっておいてください。

手順2.インターネットまたは、郵送で申し込み

ETCカードと車載器の準備が完了している人は、インターネットまたは、郵送ETCマイレージサービスへの申し込みをおこないます。

登録するためには複数の情報が必要となるので、事前に確認しておくことをオススメします。

登録に必要な情報は、下記のようになっています。

  • 氏名/生年月日/住所/電話番号
  • ETCカード番号および有効期限
  • 車両番号(ナンバープレートの4桁)
  • 車載器管理番号(ETC車載器の19桁)

手順3.登録完了のお知らせが郵送される

無事に登録が完了したあとは、「マイレージID」と「パスワード」が記載された「ご登録完了のお知らせ」が郵送されてきます。

インターネット申し込みの場合は1週間程度、郵送申し込みの場合は2週間から3週間程度で郵送となるので、覚えておいてください。

JCBのETCカードの申込方法

JCBのETCカードについて、機能やメリット・デメリットを紹介してきました。

JCBのETCカードは、年会費無料で発行できるので、利用を考えている人もいると思います。

ということで、ここでは、利用者の多いインターネット申し込み電話の申し込みを中心に紹介していきたいと思います。

インターネットからJCBのETCカードを申し込む方法

インターネットでの申し込みは、まず、会員専用WEBサービス「MyJCB」への登録が必要です。

「MyJCB」の登録が完了したあとは、下記の手順でETCカードの申し込みをおこなってください。

  1. MyJCBにログイン後、「各種お申し込み・購入」を選択
  2. 「カードに関するお申し込み」欄にある「ETCスルーカード」を選択
  3. 利用規定に目を通し「上記規定に同意する」にチェックを入れ、「申込確認画面へ」を選択
  4. 申込内容を確認し、問題がなければ画面下の「申し込む」をクリック
  5. MyJCBに登録したEメールアドレスに受付完了のメールが届き、手続き完了

電話でJCBのETCカードを申し込む方法

電話での申し込みは、本会員限定の申込方法です。

家族会員」や「法人カード」などの人は利用できないので、覚えておいてください。

電話でETCカードの申し込みをおこなう場合は、JCBカードを準備して、下記の「ETCスルーカード入会ご案内専用ダイヤル」に連絡をおこないます。

電話番号 営業時間
0570-0010-55
(有料)
9:00~17:00
(日曜日・祝日・年末年始は休み)

専用ダイヤルに電話をかけたあとは、オペレーターの指示に従って、ETCカードの登録をおこなってください。

JCBのETCカードと一緒に発行したい! JCBカード3選!

JCBのETCカードは、JCBカード1枚につき1枚の発行となるので、当然、JCBカードを持っていなければETCカードの発行はできません。

しかし、まだJCBカードを持っていないという人や、これからJCBカードを作ろうと考えている人もいると思います。

ここでは、JCBのETCカードと一緒に発行したいオススメのJCBカードについて紹介していきます。

年会費無料で高還元! JCB CARD W

「JCB CARD W」の基本情報は下記のようになっています。

カード名 JCB CARD W
券面
年会費 本会員:無料
家族会員:無料
申込条件 ・18歳以上39歳以下の方(高校生を除く)
・本人または配偶者に安定継続収入のある方
ポイント還元率 1.0%~
保険 ・旅行傷害保険(海外)
・ショッピングガード保険(海外)
特典 Oki Dokiポイント
その他 ・ポイントは常に2倍以上
・WEB入会限定カード

「JCB CARD W」は、申込年齢が「18歳以上39歳以下」とやや狭くなっていますが、年会費が無料でポイント還元率が常に2倍ということが魅力的です。

JCBオリジナルシリーズパートナーを利用することで、大量のポイントを獲得することも可能なので、買い物を頻繁にする人にオススメのクレジットカードとなります。

また、最大2,000万円まで補償を受けられる海外旅行傷害保険を付帯することができるので、海外に行くときも安心できます。

JCB CARD W
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1 〜 2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

ポイントとマイルが両方貯まる! ANA JCB 一般カード

「ANA JCB 一般カード」の基本情報は下記のようになっています。

カード名 ANA JCB 一般カード
券面
年会費(税別) 本会員:2,000円(※1)
家族会員:1,000円(※2)
申込条件 ・18歳以上(学生不可)
・本人または配偶者に安定継続収入のある方
マイレージ還元率 10マイルコース:1.0%(※3)
5マイルコース:0.5%
保険 ・旅行傷害保険(海外)
・ショッピングガード保険(海外)
特典 Oki Dokiポイント/ANAマイル
その他 ・ANA・提携航空会社便の搭乗でマイルが貯まる
・日常ショッピングでもマイルが貯まる
(※1)初年度は無料
(※2)本会員が無料の場合は家族会員も無料
(※3)マイル移行手数料として年間5,000円かかります


ANA JCB 一般カード」は、JCBとANA(全日空)が提携して発行しているクレジットカードです。

JCBのポイントプログラムである「Oki Dokiポイント」をマイルに変換することができるので、日常の買い物でマイルを貯めることが可能です。

当然、ANAのフライトを利用したときもマイルが加算されますので、旅行と買い物が趣味という人にはオススメのカードになります。

ANA JCB 一般カード
おすすめポイント
  • ANA JCB 一般カードに申し込みすると最大10,000マイルをプレゼント!
  • JCBキャンペーン参加登録後、条件を満たせば最大18,000マイル相当をプレゼント!
  • 電子マネー楽天Edyもついているから、小さなお買い物でも便利!
年会費 無料
次年度以降 2,000円
ポイント還元率 0.4%~0.7%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

最高1億円の旅行傷害保険が付帯! JCBゴールド

JCBゴールドの基本情報は下記のようになっています。

カード名 JCBゴールド
券面
年会費(税別) 本会員:10,000円(※1)
家族会員:1,000円(※2)
申込条件 ・20歳以上(学生は不可)
・本人に安定継続収入のある方
ポイント還元率 0.5%~
旅行傷害保険 ・海外:最高1億円
・国内:最高5,000万円
ショッピングガード保険 ・海外:最高500万円
・国内:最高500万円
特典 Oki Dokiポイント
その他 空港ラウンジサービス
・グルメ優待サービス
・「JCBゴールド ザ・プレミア」へのご招待チャンス
(※1)オンライン入会の場合のみ初年度年会費無料
(※2)1名様は無料(2名様以降は本会員の年会費が無料の場合のみ年会費無料)


JCBゴールドは、年会費が10,000円(税別)なので、ややハードルが高い印象を受ける人もいると思いますが、旅行傷害保険に優れているクレジットカードです。

海外旅行傷害保険は、最高1億円の補償を受けることができるので、いざというときも安心できる補償内容になっています。

また、2年連続で100万円以上の利用がある人は、ワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」の入会案内が届きます。

「JCBゴールド ザ・プレミア」は、ポイント還元率や割引サービスなどがアップするので、チャンスがある人は、ぜひ入会してみてください。

JCBゴールドについては、こちらの記事で詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

JCBゴールドカードは保険と6つの優待が魅力的!ポイント制度や気になる審査も解説
ステータス性と実益を兼ね備えたゴールドカードが欲しいなら、JCBゴールドカードは要注目!保険・空港ラウンジなど旅行はもちろん、グルメやスポーツでも使える優れた機能があるクレジットカードです。JCBゴールドカードに秘められた数多くの魅力に迫ります。

また、JCBブランドのおすすめのクレジットカードについては、以下の記事でまとめて紹介しています。こちらもよろしければご一読ください。

JCBブランドのおすすめクレジットカードを8項目に分けて紹介!
日本唯一の国際ブランドであるJCBは、海外でのシェアは少ないながら日本ならではの細かいサービスに定評があり、日本国内ではトップシェアを争うほどの人気がある国際ブランドです。また、東京ディズニーランドを毎年貸し切りにして、JCB会員を招待するなど独自のサービスを行うことでも人気を集めています。今回は、そんな国際ブランドのJCBに限定しておすすめのクレジットカードを紹介します。

JCBのETCカードの紛失・盗難時の対処法

JCBのETCカードについて紹介してきましたが、最後に、ETCカードが紛失・盗難に遭ってしまったときの対処法について紹介しておきます。

紛失・盗難に遭った場合は、まず、「JCB紛失盗難受付デスク」に連絡をおこないます。

「JCB紛失盗難受付デスク」の連絡先は、下記のようになっていますので、いざというときのために、電話番号を控えておくことをオススメします。

電話番号 営業時間
0120-079-082 24時間・年中無休

「JCB紛失盗難受付デスク」に電話をかけたあとは、状況によって対処法が変わります。

ETCマイレージサービスに登録している場合は、サービスの利用停止手続きをおこなうようにしてください。

また、盗難の可能性がある場合は、警察にETCカードの盗難、紛失届をおこないます。

一連の対処が終わったあとは、再発行手続きをおこないますが、ETCマイレージサービスを利用している人は、ETCマイレージサービスの変更手続きも必要となるので、忘れないようにしてくださいね。

JCBのETCカードのまとめ

JCBのETCカードについて紹介してきました。

JCBのETCカードは、年会費が無料で利用できるので、発行しやすいETCカードとなっています。

最後に、JCBのETCカードのメリット・デメリットを一覧表にまとめてみました。

使いやすい点 使いにくい点
年会費が無料 JCBカード1枚につきETCカード1枚の発行
家族会員も発行可能 発行まで最短でも1週間必要
割引サービスを受けられる クレジットカードとの一体型がない
ポイントが付与される

JCBのETCカードは、道路を利用する時間帯によって割引サービスを受けることができたり、ETCマイレージサービスに登録することでポイント還元のサービスを受けることができます。

日ごろから有料道路を利用する機会が多い方は、持っておいてまず損はありません。ぜひ入会を検討してみてください。

関連記事