更新日:

JALカードのETCを使うとマイルはどれくらい貯まる?カードの発行手数料も丸わかり!

JALカードのETCを使うとマイルはどれくらい貯まる?カードの発行手数料も丸わかり!

JALカードは一般的なクレジットカードとは異なり、カード決済でポイントではなくマイルを貯められるようになっています。

マイルを貯めることでいろいろな商品や特典航空券と交換できるので、JALカードを利用している場合は、できるだけ効率よくマイルを貯めていきたいところです。

そんなJALカードではETCカードも発行できますが、そのETCカードを利用する場合でもマイルが貯まるのでしょうか。

今回は、JALカードでETCカードを発行する際のポイントや、ETCカードが発行できるオススメのJALカードについて、説明していきたいと思います。

JALカード

JALカードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 2,160円
ETC年会費 : 無料

JALカードSuica

JALカードSuica
初年度 : 無料 / 次年度 : 2,200円(税込)
ETC年会費 : 524円(税込)

JAL アメリカン・エキスプレス・カード

JAL アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
年会費 : 6,600円(税込)
ETC年会費 : 無料

JALカードのETCをつくるなら知っておきたい3つのポイント

最初に、JALカードETCカードを発行するなら知っておきたい3つのポイントについて、説明していきたいと思います。

JALカードのETCを使うメリットとは?

ETCカードは、クレジットカードに紐づけて発行させることが多いですが、JALカードに限らずとも大半のクレジットカードでは、ETCを発行することができます。

そんななかで、JALカードでETCを発行させることのメリットとしては、何といっても「ETCカードの支払いでマイルを貯められること」が挙げられるでしょう。

JALカードを利用されているかたの多くは、「クレジットカードの支払いでマイルを貯められること」に期待しているはずです。

ならば、クレジットカードだけでなくETCカードの支払いでもマイルが貯められるとすれば、利用しない手はないですよね。

ドライブが趣味だったり、プライベートで車に乗る機会が多かったりする人であれば、ETCカードの支払いでぐんぐんマイルを貯められるでしょう。

ETCの利用でマイル還元率はどれくらい?

JALカードでは、基本的に200円の決済で1マイルが貯まる仕組みになっていおり、これはETCカードでも同じです。

しかし、カード年会費に3,240円(税込)をプラスして「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すれば、100円の決済で1マイルが貯まるようになります。

マイル還元率が単純に2倍になるため、ETCカードでマイルを貯めたい場合には、ショッピングマイル・プレミアムの加入も検討してみましょう。

ETCカードは無料でつくれる?

ETCカードの発行に手数料が必要かどうかは、それぞれのカードによって異なります。

たとえば、JAL・MastercardやJALカード TOKYU POINT ClubQでは、ETCカードの新規発行手数料は1,080円(税込)ですが、JAL アメリカン・エキスプレス・カードでは、無料でETCカードを発行できます。

発行手数料は年会費とは異なり、1回支払ってしまえばそれで終わりなので、そこまで重い負担にはなりにくいですが、できれば発行手数料負担の少ないカードを選んで、ETCカードを発行したいですね。

マイルがぐんぐん貯まるJALカードの魅力

JALカードの一番のポイントは何といっても、クレジットカードの決済でマイルを貯められることです。

マイルがぐんぐん貯まっていくJALカードの魅力について、説明していきましょう。

還元率アップする方法はある?

効率よくマイルを貯めるためには、還元率をアップさせることが重要です。

JALカードで還元率をアップさせるためには、以下のふたつの点がポイントとなります。

JALカードで還元率をアップさせるためのポイント

  1. 特約店を利用する
  2. ショッピングマイル・プレミアムに入会する

JALカードの特約店は、全国に約54,000店舗あり、特約店でJALカードを利用することで、通常時は200円=1マイルの還元率が、100円=1マイルへとアップします。

また、ショッピングマイル・プレミアムに加入することでも、200円=1マイルの還元率が100円=1マイルへと2倍になります。

そしてこれらふたつは、重複して恩恵を受けられるので、「ショッピングマイル・プレミアムに加入した状態で、特約店でJALカードを利用する」ことで、100円=2マイルのレートでマイルを貯められるようになるのです。

「100円=2マイル」は、「200円=1マイル」と比較すると4倍の還元率になるので、これらふたつのポイントを押さえてJALカードを利用することが、いかに重要かがおわかりいただけるでしょう。

ただ、先ほどお伝えしたように、ショッピングマイル・プレミアムに加入するためには、年会費に3,240円(税込)を上乗せする必要があります。

そのため、年間のカード利用金額によっては、ショッピングマイル・プレミアムに加入した分の元を取れない可能性も出てきます。

年間利用額がおよそ48万円(月換算で約4万円)以上であれば、ショッピングマイル・プレミアムに加入したほうがお得であるとされているので、自身のカード利用額と相談したうえで、加入するかを決めるといいでしょう。

電子マネーWAONとJALカードは相性抜群!

最近ではいろいろな電子マネーが利用できるようになってきていますが、そのなかでもWAONは、JALカードとの相性が抜群です。

JALカードでWAONをチャージすることで、100円につき1マイルが貯まりますし、WAONで支払いをする場合でも、200円につき1マイルが貯まります。

つまり、WAONにチャージしたうえでWAONで支払うことによって、マイルの二重取りが可能なんですね。

普段の生活のなかでマイルを貯めるためには、見逃せないテクニックといえるでしょう。

貯まったマイルは特典航空券に交換できる

JALカードで貯めたマイルにはいろいろな交換先がありますが、そのなかでも一番人気なのは、特典航空券です。

特典航空券への交換に必要なマイル数は、路線によって異なりますが、通常期だと往復12,000マイル~で特典航空券と交換できます。

東京~大阪の往復航空券が12,000マイル、東京~札幌の往復航空券が15,000マイルといった感じですね。

航空券は普通に購入すればそれなりの値段がしますが、それをマイルで交換できるとあれば、普段から頑張ってマイルを貯めたくなる気持ちもわかります。

また、JALグループのツアー購入や機内販売・ホテルでの支払いに利用できる、JALクーポンと交換できるのも、JALマイルならではでしょう。

もちろん、一般的なクレジットカードで貯められるポイントと同様に、さまざまな商品とも交換が可能でです。

JALマイルで交換できる商品の一例は、以下のようなものです。

交換対象商品 必要マイル
松坂牛 サーロインステーキ 20,000マイル
BRUNO コンパクトホットプレート 10,000マイル
エノテカ オーガニックワイン5本セット 10,000マイル
サムソナイト ソフトキャリー ブラック 30,000マイル
BUBKA スカルプケアシャンプー 2,000マイル
dポイント(10,000ポイント) 10,000マイル

特典航空券もJALクーポンも各種商品も、非常に魅力的なものばかりなので、どれに交換するか迷ってしまいますね。

ETCカードがつくれるおすすめのJALカード

JALカードではたくさんのカードを発行していますが、ETCカードがつくれるおすすめのJALカードを、いくつかご紹介しましょう。

マイルを貯めるならまずはこの一枚から!JAL一般カード

JAL一般カードは、JALカードのなかでももっともスタンダードなカードなので、JALカードをためしに使ってみたい方にはぴったりです。

カード入会時や、毎年最初に飛行機に搭乗する時などにボーナスマイルが付与されるので、どんどんマイルを貯められるようになっています。

高校生を除く18歳以上の方で、日本に生活基盤があり日本国内でのお支払いが可能であれば、誰でも申し込みが可能なので、幅広い人が利用を検討できるカードといえるでしょう。

ETCカードの発行手数料が1枚につき1,080円(税込)必要ですが、年会費は無料です。

JALカード
JALカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • フライトでためるーボーナスマイルー
  • JALグループ便へのご搭乗で会員限定のボーナスマイルが貯まる!
  • 貯めたマイルを使って通常より1,000マイル少ないマイルで特典航空券などに交換できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,160円 0.5%~1%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

電子マネーも使えてマイルも貯まる!JALカードSuica

JALカードSuicaは、その名の通りSuicaの機能が内蔵されているJALカードで、普段の生活でも電子マネーで簡単に支払いが可能です。

貯まったマイルを利用してSuicaにチャージすることもできるので、状況に応じて臨機応変に使えるのが強みです。

年会費は2,160円(税込)ですが、入会後1年間は年会費が無料なので、まずは1年間、使い勝手を試してみるというのもありかもしれませんね。

ETCカードに関しては年会費が515円(税込)ですが、発行手数料自体は無料となっています。

JALカードSuica
JALカードSuica
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • マイルとJRE POINTを効率的に貯められる
  • 国内・海外旅行傷害保険付き
  • 普段の電車利用が便利!オートチャージ機能で、もう改札では止められません
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

空の旅が快適に!JALアメリカン・エキスプレス・カード

JALアメリカン・エキスプレス・カードは、旅行やビジネスに役立つさまざまな付帯サービスが特長のクレジットカードです。

空港ラウンジや、海外アシスタンスサービス「ハローデスク」など、MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードのサービスが利用できるため、海外に行く機会が多い方には特におすすめです。

1枚目のカードとしてはもちろん、すでにVISAやMastercardのカードをお持ちの方の2枚目以降のカードとしても、活躍してくれるでしょう。

ETCカードは、年会費も発行手数料も無料なので、ETCカードに関する維持費は一切心配しなくてもOKです。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード
JAL アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会搭乗ボーナス 1,000マイル
  • 2年目以降年会費6,480円(税込)でラウンジサービス利用可能!
  • JAL特約店ならマイルが2倍貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
6,600円(税込) 6,600円(税込) 0.5%~2.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ETCカードの申し込み方法

では実際に、JALカードでETCカードに申し込む際の手順について、説明していきましょう。

新規でJALカードを発行する場合

新規でJALカードを発行する場合は、JALカードの発行と同時にETCカードを発行するかどうかを選べるので、まずはJALカードの発行手続きを進めていきます。

JALカードのホームページ上から申し込みたいカードを選んで、「JALカードオンライン入会受付サービス」の手順にしたがって手続きを進めていけば、JALカードの申し込み自体は完了できます。

その際に、個人情報を入力したり家族会員カードを発行するかどうかを選んだりするのと同じ流れで、ETCカードを発行するかを確認されるので、発行するように選択肢を選べばOKです。

既にJALカードを持っている場合

すでにJALカードをお持ちの場合は、お持ちのカードの種類によって、それぞれの提携カード会社に連絡することで、ETCカードを発行してもらえます。

カードごとの連絡先は、以下のようになっています。

クレジットカード 連絡先 連絡先電話番号
JAL・Mastercard
JAL・Visaカード
JALカード TOKYU 
POINT ClubQ
DCカードご入会ダイヤル 0120-10-2622
(9:00~17:00/年末年始は休み)
JAL・JCBカード
ETCスルーカード
入会ご案内専用ダイヤル
0120-1104-55
(携帯電話からは0570-0010-55・有料)
(9:00~17:00/日祝日・年末年始は休み)
JALカード OPクレジット
小田急カード専用デスク 0422-72-0030
(9:00~21:00/年末年始は休み)
JALダイナースカード ダイナースクラブ
コールセンター
0120-074-024
(月~金 8:00~20:00、土 8:00~18:00
日祝日・年末年始は休み)
JALカードSuica
ビューカードセンター 03-6685-7000
(9:00~17:30)
JAL アメリカン・
エキスプレス・カード
MUFGカード・アメリカン・
エキスプレス・カードデスク
0570-001-103/03-5489-6182
(9:00~17:00/年末年始は休み)

連絡先および受付時間に注意して、ETCカードの発行を希望する旨の連絡をおこないましょう。

ETCカードをつくる前に知っておきたいこと

JALカードでETCカードを発行する前に、知っておきたいことについて、まとめて説明していきましょう。

1枚のクレジットカードにつき1枚のETCカードが基本

ETCカードとクレジットカードは、それぞれ対応しているものなので、「1枚のクレジットカードにつき1枚のETCカード」という考え方が基本です。

すでにETCカードを所有している状態で、新たにETCカードを発行しなければならないときは、今お持ちのETCカードを発行したクレジットカード以外のクレジットカードを、選ぶようにしましょう。

ETCカードは発行までに約4週間必要

JALカードは、比較的スピーディーに発行してもらえるものも多いですが、ETCカードの発行には4週間程度を必要とします。

申し込んですぐにETCカードが手に入るというわけではないので、ETCカードが欲しい場合は、早めに申し込むことを心がけましょう。

なお、JALカード以外のクレジットカードのなかには、ETCカードを即日発行できるものもあるので、緊急でETCカードが必要な場合には、そういったクレジットカードを利用するといいでしょう。

ETCカードの支払いは本カードと合算

ETCカードは、クレジットカードに紐づけてつくられるものなので、ETCカードでの支払い情報も本カードに紐づけられて、本カードの支払いと合算で支払うことになります。

ETCカードでの引き落とし分を考慮に入れていないと、引き落とし口座のお金が足りずに、クレジットカードの支払いができないというような事態になってしまいかねません。

ETCをたくさん利用したという自覚があるときは、その分も含めて引き落としができるかどうか、口座に入っているお金をきちんと確認しておいたほうがいいかもしれませんね。

家族会員のカードでもETCカードが発行できる

JALカードでは家族会員のカードを発行できますが、家族会員のカードでもETCカードが発行できます。

家族会員のカードでETCカードを発行すれば、1枚のJALカードを元にして、複数のETCカードの発行が可能です。

ただし、家族会員のカードで発行されたETCカードは、結局のところ本カードに紐づいているカードとなります。

そのため、家族会員のカードで発行されたETCカードに関しても、支払いは本カードと合算になるので、本カードの引き落としの際にかなりまとまった金額の引き落としになる可能性があることには、注意しておきましょう。

マイルの有効期限は?

JALカードおよび、JALカードで発行されたETCカードを利用することで、JALマイルが貯められますが、JALマイルはずっと貯め続けられるわけではありません。

獲得したマイルは、「マイル付与日の36ヵ月後の月末」までが有効期限となっているので、有効期限内に何らかの形で利用しなければ、消滅してしまいます。

たとえば、2019年5月1日に付与されたマイルに関しては、2022年の5月末までが有効期限となります。

それまでにマイルを利用しなければなりませんが、マイルの交換先の目玉である特典航空券には、少なくとも5,000マイルなければ交換できません。

「2,000マイルはあるけど、マイルの期限切れまでにとてもじゃないけど5,000マイルは貯められない…」という人は、Famiポートクーポン特典で、マイルをファミリーマートで利用できるクーポンに変えてしまうのもありでしょう。

Famiポートクーポンは、2,000マイルあればファミリーマートで使える2,000円分のクーポンと交換できるので、5,000マイルに満たないときに検討してみてください。

ETCカードは紛失しても再発行が可能

ETCカードは、紛失してしまっても再発行が可能です。

発行元のカード会社に、ETCカードを紛失してしまった旨を報告して再発行手続きをおこなえば、新たにETCカードを発行してもらえます。

ETCカードは、通常のクレジットカードとは違い、ETCシステムの決済にしか利用できないため、紛失してしまったとしても悪用される可能性は低いといえるでしょう。

とはいえ不安であれば、必要に応じて警察署に遺失物届を提出しておけば、より安心ですね。

ETCカードを解約したいときは?

ETCカードを解約したい場合も、発行元のカード会社に連絡をして、ETCカードを解約したい旨を伝えれば、解約手続きをおこなってもらえます。

解約が済んだETCカードは利用できなくなりますが、念のため磁気テープ部分やICチップ部分などにハサミを入れて、きちんと利用できないようにしたうえで処分するといいでしょう。

なお、ETCカードはクレジットカードに紐づいているものなので、クレジットカードを解約すると、ETCカードも同時に解約となります。

JALカードETCまとめ

JALカードを利用すればカード決済でマイルを貯められますし、JALカードで発行できるETCカードの利用でも、マイルが貯められます。

JALカードを利用している人は、「お得にマイルを貯めたい」という気持ちが強いと思いますので、ETCカードを活用しない手はありません。

JALカードとETCカード、どちらも積極的に利用して、マイルをぐんぐん貯めていってくださいね。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事