更新日:

インビテーションカードとは?招待制クレジットカードを持つための条件や特典を徹底解説!

インビテーションカードとは?招待制クレジットカードを持つための条件や特典を徹底解説!

皆さんはいまお持ちのクレジットカードをどのようにして発行されましたか?西友に買い物に行くと、頻繁にセゾンカードの勧誘を行っています。

マルイではエポスカードの勧誘をしていますね。あるいは、銀行口座を作ったついでにキャッシュカード一体型のクレジットカードを作成したかもしれません。

最近だと、インターネット上でクレジットカードの新規入会キャンペーンのバナーを見かけることも多いですよね。

楽天カードはよくテレビでご覧になる方も多いでしょう。

店頭やインターネット上で申し込むことができる一般のカード以外にも、カード会社が選んだ人物にしか発行されない特別なクレジットカードがあります。

それは「プラチナカード」や「ブラックカード」と呼ばれるものです。

カード会社が独自の基準で認めた人物に、個別に「招待状」を送って勧誘する仕組みになっています。

この「招待状」のことを一般に「インビテーション(invitation)」と呼んでいます。

インビテーションとは?

インビテーションとは、クレジットカード利用者に対して送られるカード種別の「アップグレード権」と捉えて良いでしょう。
 
基本的にはそのカード会社の一般カードやゴールドカードを利用し、「利用履歴を磨く」ことでカード会社からインビテーションを受け取ることができます。

利用履歴のことを「クレジット(カード)ヒストリー(通称・クレヒス)」と呼ぶことがあります。
 
利用金額・利用件数が多いほどクレヒスは磨かれていき、支払い遅延やリボ払い・キャッシングなどを利用するとクレヒスに傷が付くとされています。

インビテーションは実際に封筒に入って郵送されてくることもあれば、Eメールで知らされる場合もあります。
 
招待制のクレジットカードは誰でも申し込むことができるわけではないため、一般カードよりステータスが高いとされています。

招待の基準が明確でないものもあり、そうしたカードはさらに入手難易度が高いので、さらにステータスが高くなる傾向があります。
 
明確な基準が公式サイトなどで告知されているものでなければ、「ゴールドカードを数年使い続けているのに、プラチナカードのインビテーションが届かない」ということもよくあるようです。

また、招待制のクレジットカードの中には、エポスゴールドカードイオンゴールドカードのように、自サービスの優良顧客向けに作られたカードもあります。

これらのカードはステータス性は高くありませんが、特定の店舗で優待が受けれたり、特典があったりなど、身近な生活の中で役に立つサービスが用意されています。

招待制カードの特徴は?

インビテーションのあるカードの場合、年会費は数万円~数十万円と高額になっているのが一般的です。

中にはポイント還元率が高いものもありますが、大半は一般のカードとさほど変わらない1%程度であるようです。

よって、ポイント還元だけで年会費の元を取ろうとすると数百万円の決済が必要となります。

それだけの金額になれば、いくら高所得者でも非常に厳しいと言えるでしょう。

ステータスのゆえんとなっているのは、一般カードと変わらないポイント還元よりも、「コンシェルジュ(執事)サービス」や「会員限定ラウンジの利用権」、「高級レストランの割引」と言った「限定」サービスです。

忙しいビジネスパーソンにとっては、時間と手間を節約できるサービスが好まれるようです。

また、飛行機が離陸するまでのちょっと時間は、喧騒から離れてゆったりとした空間でリラックスしたいですよね。

そんな願いを叶えてくれる空港ラウンジの利用券なども招待制カードホルダーの自慢であるようです。

招待制カードのメリットは?

さて、もう少し具体的に一般のカードと招待制カードは何が異なるのか見ていきましょう。

招待制カードのサービス例

  • 利用限度額が高い
  • 各種保険の充実、補償上限が高額
  • 高ポイント還元、提携先でのポイント優遇
  • コンシェルジュサービス
  • 会員限定ラウンジ利用権
  • 会員限定割引
  • 会員限定の電話相談
  • 健康相談窓口
  • 無料プレゼント
  • ホテルのアップグレード

以上のようなサービスが知られています。

招待制カードを利用する層が欲しいと思うサービスは「格上」、あるいは「時間や手間の節約」になるものではないでしょうか?

年会費10,000円以上のカードに付帯する保険は強力ですが、カードの保険以外の保険に加入していない人はおそらくいないでしょう。

それよりも、ラウンジの利用権の方に興味が湧きますよね。

ちなみにこの「ラウンジ」についても、プライオリティ・パスなどで入れる空港ラウンジとはまた違う、カード会社独自のものを設けていることももあるようです。

有名なのは、JCBゴールドザ・プレミア以上のステータスの会員しか入ることができない「JCBラウンジ京都」です。

こちらは実際に利用されている方のレビューですので、ご覧になってみてください。

こういったラウンジは無料で休憩できるだけでなく、アルコールを含めたドリンク類の提供や専任スタッフによる観光案内、手荷物預かりなどのサービスも行っているのですね。

提携レストランの割引サービスも見逃せません。

ダイナースクラブの会員サービス「エグゼクティブダイニング」は対象レストランの所定コースを2名以上で利用すると、1名分が無料になります。

JCBも同様のサービスで「グルメ・ベネフィット」を行っています。

また2016年からは「ダイニング30」という割引サービスを始めています。こちらは所定レストランでの利用料金が30%オフになるサービスのようです。

1人10,000円のコースを4人で利用した場合、合計40,000円から12,000円が割引かれる計算になるのでとても強力です。

計算上はこれだけで年会費を上回っていますので、高級レストランを利用するのであれば見逃せない特典です。

提携レストランの割引などは年会費が安いカードでも用意されていることがほとんどです。

ダイナースのエグゼクティブダイニングも一般クラスから利用可能です。

招待制のカードでは、対象レストランが多くなることで一般カードとの差別化を図っています。

電話相談窓口に関しても、充実させているところが多いです。

無料カードのコールセンターの場合、時間帯によって混雑して電話口で待たされることもしばしばありますよね。

そこで招待制のカードは「ゴールド会員専用窓口」といったように、専用の電話番号を用意して会員を待たせない工夫をしています。

電話で相談できる内容も、招待制カードの場合は対応できるものが多いです。

健康相談ダイヤルでは専任の医師を雇っていることもあります。

コンシェルジュデスクに依頼すれば、レストランや旅行先のホテルの予約なども代行してもらえます。

忙しい人にとっては、ホテル一括検索などで値段を見比べる時間ももったいなく感じられるものです。

「電話一本で日時と行き先を伝えたら完了!」は魅力的ですよね。

一般的にこれらの機能はプラチナカード以上のランクのカードに備わっていることが多いです。

ダイナースクラブなどは一般カードでもゴールドカードクラスの扱いです。年会費22,000円ですので、ゴールドの格が下がった現代では「プラチナ」相当ではないかとの議論もあるようです。

ダイナースの一般カードは招待制ではありませんが、通常カードを利用してヒストリーを磨くことで「ダイナース・プレミアム」のインビテーションが届くことがあります。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
22,000円(税抜) 22,000円(税抜) 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

招待制クレジットカードを紹介

それでは、ここで日本国内で発行されている招待制カードの一部をご紹介します。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード
三井住友VISAプラチナカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 新規申込で作れるプラチナカード
  • 国際ブランドはVISAとMasterCardから選択可能
  • 年会費5,000円プラスで両ブランドの2枚持ちもOK
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 0.5%~10%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
ID(アイディ)
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAプラチナカードは以前は完全招待制のクレジットカードでしたが、今はインビテーションが不要で申込みが可能となりました。

三井住友VISAプラチナカードの年会費は5万円(税抜)です。

申込み条件は「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっていますので、30歳未満の方が申込みしても基本的には通らないと考えていいでしょう。

また、「安定継続収入のある方」とあるので、勤続年数と年収が審査に大きく影響すると考えられます。

年齢が若い方や勤続年数が短い方、年収があまり高くない方は、三井住友VISAプラチナカードをいきなり申込むのではなく、まずは三井住友VISAゴールドカードから発行してクレジットカードの利用実績を積むのがおすすめです。

三井住友VISAカード(ゴールド)
キャンペーン中!最大8,000円分プレゼント!
三井住友VISAカード(ゴールド)の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内主要空港でラウンジサービス優待!
  • インターネット入会で初年度年会費無料!
  • 国内/海外旅行傷害保険、ショッピング保険など充実の一枚!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミアはJCBオリジナルシリーズの招待制カードで、入会にはインビテーションが必要となります。

JCBゴールド ザ・プレミアはJCB ゴールドの上位カードなので準プラチナカード相当です。

インビテーションの条件は、公式サイトによると、JCBゴールドに申し込み、年間100万円を2年以上利用することで登録のメールアドレスにJCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションが届きます。

JCBゴールド ザ・プレミアを狙っている方は、まずはJCBゴールドカードを作成して、利用金額の条件をクリアしていきましょう。

年間100万円は一見難しいように感じますが、月に換算すると約8万円。月の食費や光熱費、通信費などをJCB ゴールドに集約すれば、それほど難しいことはありません。

また、お住まいが賃貸でクレジットカード払いが可能であれば、簡単にクリアできます。

JCBゴールド
キャンペーン中!今なら最大16,000円分プレゼント!
JCBゴールドの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなど、充実したサービス付き!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 10,000円(税抜) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスの券面画像

JCB ザ・クラスもJCBオリジナルシリーズの招待制カードで、入会にはインビテーションが必要です。

日本国内で流通しているクレジットカードの中で、JCB ザ・クラスのステータスは最高峰で、ステータスランクはプラチナカードの上位であるブラックカード相当です。

JCB ザ・クラスのインビテーションの条件については公式サイトでも明記されておらず詳細は不明ですが、少なくともゴールド ザ・プレミアと同様、100万円以上の決済を続けることが求められるでしょう。

また、職業や年収、支払いの遅延がないことが条件となるのは他の招待制カード同様です。

JCB ザ・クラスの入手方法には3種類あり、JCBゴールドカードや、先に紹介したゴールド ザ・プレミアで利用実績を磨いてインビテーションを待つほかに、ゴールド ザ・プレミアの上位カードにあたるJCBプラチナを作成して、利用実績を積む方法があります。

JCBプラチナは申込み制なので、審査に通れば誰でも持つことが可能です。

ゴールド ザ・プレミアを持つためには、前述したとおり、JCBゴールドカードでインビテーションを待つ必要があるので、JCBゴールドカードかJCBプラチナで利用実績を積み、JCB ザ・クラスのインビテーションを待つという流れが一般的です。

JCBプラチナ
JCBプラチナの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 24時間・365日対応のコンシェルジュサービスが充実!
  • 最高1億円の旅行保険が付帯(自動付帯)!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
25,000円(税抜) 25,000円(税抜) 0.1 〜 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメリカン・エキスプレスは、その名の通りアメリカ生まれの国際ブランドです。

「アメックス」の通称で親しまれているので、この名前の方で記憶している人の方が多いかもしれません。

アメックスのプラチナカードは今までは完全招待制だったため、アメックスゴールドで利用実績を積み、インビテーションが届くのを待つ必要がありました。

しかし、2019年4月に初めて申込みが解禁され、今では審査に通れば誰もが持てるカードになりました。

そのため、入手難易度は下がり、一般的な年収でも審査が通ると言われています。

ただし、年齢や職業、年収によってはもちろん落ちることがあるので、誰でも通るわけではありません。

また、年会費はとても高額で13万円(税抜)です。毎年この年会費を払い続けられる余裕のある経済力が最低限必要になります。

プラチナカードとしてのメリットを得るために高級ホテルや高級レストランに行けばそこでも出費はありますから、あくまでもお金に余裕がある層向けのカードです。

また、最高のブラックカードとして名高い「アメリカン・エキスプレス センチュリオン」への道を開くにもこのカードが必要になります。

最高の1枚を目指したい方は避けて通れない道ですね。

ダイナース・プレミアム

ダイナースクラブはアメリカ発のクレジットカード会社です。日本における活動はクレジットカード業専門の企業としては最も古く、歴史があるカードと言えます。

しかし、VISAやマスターがまさに「国際通貨」となっている現在では、ダイナースクラブでは利用可能店舗が若干少ないと感じることがあります。

大きな店舗や有名ショッピングサイトでは基本的に利用可能なところがほとんどなので、サブとして年会費無料のVISAなどを1枚持っておけば特に問題はないでしょう。

ダイナースプレミアムもアメックス・プラチナ同様に、年会費は13万円(税抜)となります。

単純に月額換算しても維持費に10,000円以上かかります。

まずはそれに見合うだけの年収が自分にあるか、年会費に見合うだけのクレジットカード利用をこれからもしていけるのかきちんと考えておきましょう。

しかしそれによって得られるメリットは素晴らしく、すべての特典を覚え切るのは難しいほど多くの魅力的なサービスがあります。

ちなみにこのダイナースプレミアムですが、「アメックスセンチュリオンカード」に次ぐステータスや特典を持つプラチナカードと呼ばれています。

ダイナースクラブカードを保有していると、インビテーションが届く可能性があるので、まずはダイナースクラブカードを作成しましょう。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
22,000円(税抜) 22,000円(税抜) 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
エポスゴールドカード
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年間ご利用金額50万以上で翌年以降永年無料!
  • ずっと使えて貯められる永久ポイントが貯まる!
  • ラウンジや各種保険等、旅行がもっと安心で便利に!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
5,000円 5,000円 0.5 〜 2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

エポスゴールドカードは通常の申込み入会の場合だと年会費が5,000円かかるクレジットカードですが、インビテーションからの入会で年会費が永年無料となります。

また、申込みの場合でも年間利用金額が50万円以上で、翌年度の年会費が無料となります。

エポスゴールドカードのインビテーションの条件は明記されていませんが、申込み入会の場合で、年間の利用金額が50万円を超えると年会費が無料になることから、同程度の金額をエポスカードで利用すればインビテーションが届く可能性があります。

エポスゴールドカードの特典としては、エポスポイントの有効期限が2年から無期限になるほか、海外旅行傷害保険の増額や、空港ラウンジの無料利用があげられます。

エポスカードは年会費無料のクレジットカードながら、国内1万店舗以上で優待サービスが受けられたり、年4回あるマルイのセール10%以上の割引があったりと豊富な特典が付帯されているので、もっていて損のないクレジットカードです。

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード
イオンゴールドカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費無料のゴールドカード!
  • 海外・国内保険、ショッピング保険が無料で付帯!
  • 全国のイオンラウンジがご利用可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5 〜 10.5%
電子マネー
WAON(ワオン)
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

イオンゴールドカードはエポスゴールドカードと異なり、完全招待制のクレジットカードです。

インビテーションが届く対象となるカードは、イオンカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ディズニー・デザイン)、イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)の5種類です。

また、公式サイトにもインビテーションの条件が明言されており、年間100万円以上の利用でインビテーションが届きます。

国内・海外旅行傷害保険が付帯され、空港ラウンジが無料で利用できるようになるほか、イオンゴールドカードの最大の特徴としては、全国のイオンにある、会員限定のイオンラウンジが利用できる点にあります。

イオンラウンジではドリンクが無料でサービスされたり、新聞や雑誌の容易があるので、買い物の合間に休憩してくつろぐことができます。

まさに、イオンをよく利用する優良顧客のためのサービスです。

なお、イオンカードとイオンセレクトカードの違いは、イオン銀行を利用しているかどうかにあります。

イオンカードセレクトの場合は、イオン銀行に総合口座を開設することが必要ですが、イオンカードの特典はイオンカードセレクトにもすべて適用されるので、イオン銀行の口座をお持ちの方は、イオンカードセレクトを選ぶのがおすすめです。

イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費無料でお得!
  • WAONでの支払いでWAONポイントが貯まる!
  • ときめきポインTOWNを利用すれば更にポイントがたまる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%
電子マネー
WAON(ワオン)
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行
イオンカードセレクト
イオンカードセレクトの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~2.0%
電子マネー
WAON(ワオン)
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

インビテーション(招待制)が必要なクレジットカードまとめ

さて、インビテーションのあるクレジットカードについて解説してきましたが、重要なポイントをいくつか振り返ってみましょう。

・現代では敷居が下がり平均年収程度でもインビテーションは送られてくる
・プラチナ以上のカードは年会費が高額
・数々のメリット・サービスがある
・ステータスがあり、自慢できる
・1つ格下のカードで利用実績を積むことが大切

まれにインビテーションなしでネット上で申し込めるプラチナカードもあります。

また、プラチナカードやブラックカード所有者からの推薦をしてもらうことで入会できる方法もあるようですが、そもそも知り合いに所有者がいないと紹介してもらえないので、この方法はなかなか難しいと言えるでしょう。

「利用実績を積みながら、サービスデスクに電話をしてプラチナカードへ切り替えられないか聞いてみたところ、その場で審査が通った!」という口コミも広まっていますが、真偽は全くもって不明です。

あくまでもその人の実績と年収・職業が「優良顧客」として認められるかどうかですから。

ステータスのために背伸びをするよりも、もっとお得なカードはたくさんありますので、自分にあった1枚を探すことが最も大切になります。

クレジットカードを利用して毎日の生活が少しでも豊かに送れるよう、これからもクレジットヒストリーを磨いていきましょう。

関連記事

JCBゴールド:※年会費は税別表記となっています。また平日11:00AMまでにお申し込みが完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申し込み時に入力されたメールアドレスへお送りした場合のみ、最短当日発行、翌日お届け。オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。)