更新日:

クレジットカードの審査に通るための裏ワザを暴露!審査に通りやすいカードを厳選して紹介!

クレジットカードの審査に通るための裏ワザを暴露!審査に通りやすいカードを厳選して紹介!

クレジットカードは、キャッシュレスで買い物をすることができるので便利なツールですが、クレジットカードを作成するためには、審査に通過しなくてはいけません。

クレジットカードの作成を検討している人は、できれば審査に通ってカードを作成したいですよね。

ということで、今回は、クレジットカードの審査通過率を上げるための裏ワザについて紹介していきます。

確実に審査を通過できるというわけではありませんが、裏ワザを知っているのといないのでは、審査の通過率に大きな違いがあるので、この機会にぜひ覚えてみてください。

また、一般的に審査に通りやすいといわれる、おすすめのクレジットカードについても紹介するので、審査に不安がある人は参考にしてみてください。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 3.7 調査結果:9件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
【PR】Sponsored by アコム株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 3.8 調査結果:12件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~1.5%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:78件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~4.0%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 3.7 調査結果:6件
年会費: 無料
次年度以降: 1,080円
ポイント還元率: 0%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 1,080円
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る

クレジットカードの審査基準とは?審査の特徴を理解しよう

まずは、クレジットカードの審査の特徴を把握しておきましょう。クレジットカードの審査は、基本的にスコアリング方式が採用されています。

スコアリング方式とは、カード申込者の信用力を確認するために、申込者の属性などを点数化して、一定の基準をクリアした人のみ審査に通過できるというものです。

スコアリング方式の点数は、「3C」と呼ばれる下記の項目が重要になります。

スコアリング方式で重要な3C

  • Capacity:返済力・資力
  • Character:性格
  • Capital:資産や財産

基本的に重要となる上記の3Cは、クレジットカードの申込み情報が基になるので、申込みの際に記載する内容すべてがスコアリング方式の対象になります。

ちなみに、審査に通過できる基準はカード会社ごとに異なり、非公開になっています。ですので、最初に申込んだクレジットカードの審査に落ちてしまっても、次に申込んだクレジットカードの審査に通過できるということも十分あり得ます。

返済能力は信用情報機関で照会がおこなわれる

基本的にクレジットカードの審査では、カード会社が信用情報機関に照会をおこない、申込者の信用履歴、クレヒス(クレジットヒストリー)を確認します。

クレヒスとは、クレジットカードやローンなどの金融商品を契約したときの個人情報や取引履歴などを意味します。クレヒスの状態が悪い場合は、「この人は返済能力に不安がある」と判断されてしまうため、審査で不利になってしまいます。

また、信用情報機関には下記の3つがあり、それぞれの機関に登録してある情報を共有しています。ですので、過去にクレジットカードやローンなどの金融商品を契約して、何かしらのトラブルを起こしてしまっている人は、注意してください。

信用情報機関と主に加盟している会社・金融機関
信用情報機関 主に加盟している会社・金融機関
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融会社
シーアイシー(CIC) クレジットカード会社
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 銀行

ちなみに、個人の登録情報は、各信用情報機関に開示請求をおこなえば開示してもらうことができるので、自分の信用情報に不安のある人は事前に確認しておくとよいでしょう。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

クレヒスが積めるのはクレジットカードだけじゃない!クレヒスを積む裏ワザ

クレジットカードの審査を通るためには、良好なクレヒスを積むことが大切です。しかし、クレヒスを積みたいけど、クレジットカードなどを持っていないという人もいますよね。

そのよう人はクレヒスを積むことができないのかというと、そうではありません。実は、クレジットカードなどを利用しなくてもクレヒスを積む裏ワザがあります。

方法はとても簡単です。携帯電話を購入する際にローンを組み、端末料金の月々の支払いをしっかりとおこなうだけです。

意外と知らない人も多いので、携帯電話の機種変更などをする機会がある人は、実践してみてはいかがでしょうか。

基本的に在籍確認を避けることはできない

クレジットカードの審査では、基本的に在籍確認がおこなわれることも覚えておきましょう。

在籍確認は、「本人が本当に働いていて、安定した収入があるのか」ということを確認すると同時に、申込者の「本人確認」の意味合いも含まれているため、避けては通れません。

当然、虚偽の申込みをした場合は、在籍確認の時点で発覚してしまうので、審査で落ちてしまいます。ですので、勤務先の項目は、正確な情報を記載するようにしてください。

在籍確認をなくすことは可能?在籍確認を回避する裏ワザ

在籍確認は、基本的に避けては通れませんが、申込みをおこなうクレジットカードによっては在籍確認の代わりに所定の書類などの提出をおこなうことで、免除されることもあります。

確実に在籍確認をなくすことができるということではありませんが、在籍確認を避けたい人は、申込みをおこなう際に「できれば会社への電話を避けたい」ということを伝えてみてください。

また、即日発行が可能なクレジットカードなど、スピード審査をおこなっているカード会社は、信用力が高いと判断できる人の場合に限り在籍確認をおこなわないこともあるので覚えておきましょう。

たとえば、ACマスターカードは、申込者の状況などによって、土日の申込みだと会社への電話連絡がなくなるケースもあります。

審査に通過しやすいクレジットカードとは?クレジットカードの種類を把握しよう

ひとくくりにクレジットカードといっても、発行会社カードのランク(ステータス性)に違いがありますよね。

クレジットカードの審査に自信のない人は、「できれば審査に通りやすいカードに申込みたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

ということで、ここではクレジットカードの審査難易度について簡単に紹介しておきます。

まず、カード発行会社による審査難易度ですが、一般的に「消費者金融系<流通系<信販系<交通系<銀行系」の順番で審査が厳しくなっていくといわれています。

上記のなかでは、消費者金融系流通系が比較的審査に通過しやすいといわれているので、覚えておきましょう。

また、クレジットカードのランクに関しては、「年会費無料のカード<一般カード<ゴールドカード<プラチナカード<ブラックカード」の順で審査が厳しくなると考えるのが一般的です。

つまり、一般的に審査に通りやすいといわれるクレジットカードは、「消費者金融系や流通系かつ、年会費が無料で発行できるカード」ということになります。

そのほか、申込み対象者が限られてしまいますが、学生向けのカードや年齢制限のある若年層向けのカードは、比較的審査に通る可能性が高いので、条件をクリアできる人にとってはおすすめのカードです。

クレジットカードの審査に通過しやすくなる裏ワザや知っておきたい情報

クレジットカードを持つためには、審査を避けることができません。しかし、審査通過率を上げる方法はいくつかあります。

ということで、ここではクレジットカードの審査通過率を上げるための裏ワザや知っておきたい情報について紹介していきます。

審査で落ちてしまう可能性が高い人の特徴

まずは、クレジットカードの審査に落ちやすい人の特徴を覚えておきましょう。下記の特徴に当てはまる人は、審査で落ちてしまう可能性が高くなるため、申込みをする前にできるだけ状況を改善するようにしてください。

審査落ちしやすい人の特徴

  • 収入が安定していない(日雇い労働、自営業など)
  • 専業主婦や学生
  • 年金受給者
  • 信用情報に傷があるまたは、金融事故情報が残っている人

基本的に、クレジットカードの審査は、安定、継続した収入がある人のほうが審査通過率は高くなります。ですので、収入面という意味では、専業主婦や学生も審査で不利になる可能性があります。

ただ、専業主婦や学生の場合、配偶者や親の収入状況によっては問題がないケースも多いので、配偶者や親の収入を記載できる項目がある場合は、しっかりと記載するようにしましょう。

また、上記で紹介した特徴のなかでも、「信用情報に傷があるまたは、金融事故情報が残っている人」は注意が必要です。

とくに、クレジットカードやローンなどの金融商品を過去に利用していて、返済の遅延が長期間続いてしまった経験のある人や債務整理の経験がある人は、ブラックリストに名前が載っている可能性があります。

ブラックリストに名前が載ってしまうと、一定の期間は新たにクレジットカード作ることがほぼ不可能なので、覚えておいてください。

ブラックリストから名前が消える期間は?ブラック状態を確認する方法

ブラックリストに載ってしまうと、一定の期間は新たにクレジットカードを作ることが難しくなることを紹介しましたが、具体的な期間が気になりますよね。

ブラックリストに載る期間は、金融事故の種類によって下記のように異なります。

主な金融事故の種類と名前が消えるまでの最長期間
金融事故 JICC CIC JBA
3ヶ月以上の連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 5年 5年 10年

基本的に、自己破産以外の金融事故は、5年でブラックリストから名前が消えます。名前が消えたあとであれば、新たにクレジットカードをつくることができる可能性があるので覚えておきましょう。

また、先に紹介しましたが、信用情報機関では、開示請求をおこなえば個人の登録情報を確認することができるので、心当たりのある人は事前に確認しておくとよいでしょう。

クレジットカードの審査通過率を上げるポイントや裏ワザ

クレジットカードの審査を通過するためには、知っておいたほうがよいポイントや裏ワザ的なテクニックがいくつかあります。

必ず審査に通過できるということではありませんが、知っているのといないのとでは審査通過率が変わってくるので、覚えておきましょう。

キャッシング枠はできる限り0に近い金額を設定

クレジットカードは、買い物などで利用できるショッピング枠と現金の借入れができるキャッシング枠があります。

基本的にキャッシング枠は任意で設定できますが、キャッシング枠を設定してしまうと返済されなかったときのカード会社のリスクが上がるため、審査が厳しくなってしまいます。

また、クレジットカードのキャッシングには、「借入れ総額が年収の3分の1まで」という総量規制があるので、年収の条件も加わってしまうことを覚えておきましょう。

ですので、審査通過率を重視するのであれば、キャッシング枠は設定しないほうがよいです。どうしてもキャッシング枠を設定したい人は、極力0円に近い金額を設定するようにしてください。

審査通過率が上がる時期やタイミングで申込む

クレジットカードは、申込む時期によって審査通過率が変わるといわれています。審査通過率が上がる時期としては、「カード会社の決算前にあたる2月から3月」と「中間決算がある9月ごろ」です。

決算の時期は、カード会社側も顧客の獲得をしたいという思惑があるので、審査に通りやすい傾向があります。

また、クレジットカードによっては、新規入会キャンペーンをおこなっていることがあります。新規入会キャンペーンも同様に、顧客の獲得を目的としておこなわれている可能性があるので、審査難易度が下がる傾向にあります。

申込情報は丁寧かつ正確に記載する

基本的なことですが、申込情報は丁寧かつ正確に記載するようにしましょう。記入ミスがあった場合は、故意でなくても虚偽の申込みをしたと捉えられてしまう可能性があり、審査で落ちてしまうことがあります。

とくに、郵送による申込みの場合は記入ミスや記入漏れが多くなるので、細心の注意が必要です。

ちなみに、申込情報を丁寧に記入することで、几帳面でまじめな性格という印象を与えることができる可能性があるので、審査で有利になることもあります。

クレヒスを積みたい人におすすめのクレジットカード

クレジットカードの審査では、クレヒスが重要になります。先に紹介したように、クレヒスはクレジットカードを利用しなくても積むことが可能です。

しかし、できればクレジットカードを利用しながらクレヒスを積みたいという人もいますよね。

ということで、ここでは比較的審査に通過しやすく、クレヒスを積むためにおすすめのクレジットカードを紹介しておきます。

クレヒスを積むのに最適!アコムが発行する「ACマスターカード」

ACマスターカードの基本情報
カード名 ACマスターカード
国際ブランド Mastercard
申込条件 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
年会費 無料
ポイント還元率
家族カード
ETCカード
付帯保険

ACマスターカードは、アコムが発行する消費者金融系のクレジットカードです。カード決済によるポイントの付与はありませんが、代わりに利用金額の0.25%キャッシュバックされるサービスをおこなっています。

会費は無料で利用することができますし、即日発行が可能なクレジットカードなので、すぐにクレジットカードを持ちたい人にもおすすめのカードになっています。

ちなみに、ACマスターカードのキャッシングは、新規であれば「30日間の無利息期間」を利用できるので、もしもキャッシングを利用するときは、活用してみてください。

ACマスターカードは他のクレカに審査落ちした人でも大丈夫?専門家が注意点や疑問を解決します
アコムが発行しているACマスターカードについて徹底解説。専門家に監修してもらい、「本当に審査落ちしてても作れるのか?」「クレヒスに傷がつかないか?」など、ACマスターカードに関する疑問に回答してもらいました。これからACマスターカードを作る方必見です!
ACマスターカード
おすすめポイント
  • 最短即日カード発行が可能!
  • 年会費が永年無料で安心!
  • コンビニからの支払いも可能!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 最短即日
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アコム株式会社

1ポイント最大10円相当!1ポイントの価値が魅力的な「ライフカード」

ライフカードの基本情報
カード名 ライフカード
国際ブランド VISAMastercardJCB
申込条件 18歳以上(高校生は除く)で、電話連絡が可能な方
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%~
家族カード 無料で発行可能
ETCカード 無料で発行可能
付帯保険

ライフカードは、基本のポイント還元率はそれほど高くありませんが、誕生日月はポイントが3倍やネットショッピングの際に「L-Mall」の経由で最大25倍など、業界最高水準のポイント還元サービスを受けることが可能です。

また、ポイントの交換が可能なもののなかには、1ポイントが最大10円相当になるものもあるので、お得にポイントを使いたい人におすすめのカードです。

ライフカードは収入なしでOK?審査の特長やポイント、評判を口コミを交えて解説!
ライフカードとはアイフルの子会社が発行しているクレジットカードです。 「ライフカードを作りたいけど、審査に通りやすいって本当なの?」、「ポイント還元率が高いって聞いたけど本当?」といった疑問を抱えている人は多いでしょう。 そこでこの記事では、ライフカードの審査に関する情報を、マネ会に寄せられた口コミも参考にしてわかりやすく解説。カードの特長、ポイント・特典もご紹介するので、ライフカードに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。
ライフカード
おすすめポイント
  • いつでもどこでも100円利用ごとにポイントが貯まる!
  • 貯めたポイントは、ANAマイルのほか、電子マネーやギフト券など多彩なアイテムに交換できる!
  • ポイントは最大5年間有効!失効の心配なし!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ライフカード株式会社

楽天市場の利用が多い人におすすめ!「楽天カード」

楽天カードの基本情報
カード名 楽天カード
国際ブランド VISAMastercardJCBアメリカン・エキスプレス
申込条件 満18歳以上(高校生は除く)の方
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%~
家族カード 年会費無料で発行可能
ETCカード 年会費500円(税別)で発行可能
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

楽天カードは、年会費が無料で利用でき、基本となるポイント還元率が1%と高還元率で知られる人気のクレジットカードです。

さらに、楽天市場で買い物をする場合は、ポイントが通常の4倍以上になることもあるので、ポイント還元率を重視する人はもちろん、とくに楽天市場の利用が多い人におすすめのクレジットカードです。

また、付帯保険として海外旅行傷害保険最高2,000万円まで付与されるので、年会費が無料で利用できるクレジットカードのなかでもサービスが充実している1枚となっています。

楽天カードのメリットはポイント還元率だけじゃない!5つの特長とお得な使い方を解説
楽天カードのメリットを中心に、マネ会で集めた口コミ評判もご紹介!利用やの生の声から実際の評判がわかります。そのほか、「賢く楽天ポイントを貯める方法」や「得する楽天ポイントの使い道」についても、詳しくご紹介します!
楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 540円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

ブラックリストに載っている人はデビットカードがおすすめ

ブラックリストに載ってしまっている人は、基本的にクレジットカードを新たに作成することが難しくなりますが、何かしらのカードが必要という人もいますよね。

そのような人には、デビットカードがおすすめです。クレヒスを積むことはできませんが、デビットカードは、銀行口座を持っていればブラックリストに載ってしまっている人でも作成することができます。

ただ、デビットカードは、登録してある口座の残高以上の使用ができないので、現状でお金に困っている人にとっては、若干利用が難しいかもしれません。

とはいえ、クレジットカードを作ることが難しいという状態の人にとっては便利なカードですので、利用を検討してみてもよいでしょう。

国内、海外問わず利用できる店舗が多い「三菱UFJ-VISAデビット」

三菱UFJ-VISAデビットの基本情報
カード名 三菱UFJ-VISAデビット
国際ブランド VISA
申込条件 普通預金口座を保有する15歳以上(中学生は除く)の方
年会費(税別) 初年度:無料
2年目以降:1,000円(※)
ポイント還元率
付帯保険 ショッピング補償:最大100万円/年
(※)年会費の請求月から翌年の年会費の請求月前月までに累計10万円以上の利用または、年会費の請求月の月末時点で年齢が23歳以下の場合は無料


三菱UFJ-VISAデビットは、国際ブランドが世界シェアNo.1のVISAなので、国内、海外問わず多くの店舗で利用することが可能です。

また、ショッピング補償が付帯しているので、万が一、購入した商品が破損や盗難に遭った場合は、年間で最大100万円まで補償を受けることが可能です。

ショッピング補償は、国内と海外の両方が対象になるので、安心して買い物をすることができますよね。

カードの利用によるポイントの還元はありませんが、毎月のカードの利用金額に対して0.2%以上キャッシュバックが自動でおこなわれるので、現金で買い物をするよりお得な点もうれしいサービスになっています。

三菱UFJ-VISAでATM手数料が無料に。銀行発行カードならではのメリットをご紹介!
三菱UFJ-VISAはクレジットカード機能に加え、キャッシュカード、Suica、PASMO、PiTaPaのICカードが付帯したものなど全10種類。各カードの違いや銀行発行クレカならではのメリット、使い方、ポイントのお得なため方まで解説します。
三菱UFJ-VISAデビット
おすすめポイント
  • 国内・海外・ネットショッピングもこれ1枚 !
  • 口座から即時払いなので、使いすぎの心配なし
  • ショッピングのご利用金額に応じて、自動キャッシュバック
年会費 無料
次年度以降 1,080円
ポイント還元率 0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 -
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

クレジットカードの審査に通るための裏ワザのまとめ

クレジットカードの審査に通るための裏ワザを中心に紹介してきました。クレジットカードの審査は、カードの発行会社やカードのランクによって異なるので、審査に不安のある人は、審査に通りやすいといわれるカードの特徴を把握しておくとよいでしょう。

また、審査に通るための裏ワザをいくつか紹介してきましたが、実践したからといって、必ず審査に通過できるということではないので、その点は勘違いしないようにしてください。

ただ、紹介した裏ワザを実践することによって、審査通過率を上げることはできるので、できそうなものがあれば積極的に実践してみて欲しいと思います。

監修者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

関連記事