更新日:

審査の厳しいクレジットカードを持つメリットや審査のコツを徹底解説!

審査の厳しいクレジットカードを持つメリットや審査のコツを徹底解説!

持っているだけで人から羨ましがられたり、特別な優待を受けることができたりするハイステータスなクレジットカードは審査が厳しく、持つことは無理だと諦めていませんか?

ハイステータスなクレジットカードには、招待制のものもあれば、招待不要のものもあります。少し頑張れば憧れのクレジットカードを手にすることができるかもしれません。

審査の厳しいクレジットカードの特徴や、そのメリット、審査通過のコツについて解説していきます。

審査が厳しいクレジットカードの特徴

どのようなクレジットカードが審査が厳しくなる傾向にあるのでしょうか。

審査の厳しさは、主にカードの「ランク」と「発行元」によって異なります。
そのため、クレジットカードのランクと発行元から、おおよその審査難易度が予想できます。

まずは、ランクについて解説します。一般的に、クレジットカードのランクは、一般カードゴールドカードプラチナカードブラックカードがあり、審査難易度が異なります。

カードのランクごとの難易度を次の表にまとめましたので参考にしてください。

審査の厳しさ カードのランク
普通 一般カード
やや厳しい ゴールドカード
厳しい プラチナカード
とても厳しい ブラックカード

次に、発行元における審査難易度の違いを解説します。発行元は大きく分けると、消費者金融系流通系信販系独立系銀行系があります。発行元別の難易度を次の表にまとめました。

審査の厳しさ カードの発行元 具体例
普通 消費者金融系 ・ライフカード
流通系 ・イオンカード
・セブンカード
信販系 ・オリコカード
・セディナカード
やや厳しい 独立系 ・JALカード
・JREカード
とても厳しい 銀行系 ・三井住友VISAカード
・JPバンクカード

たとえば、三井住友VISAプラチナカードであれば、カードのランクは「プラチナ」で、発行元は「銀行系」となるので、審査難易度がとても高いことがわかります。

なお、JCB、アメックスやダイナースクラブカードのように国際ブランドが発行しているプロパーカードは、提携カードに比べると難易度が高い傾向があります。

ただし、限度額が個別に設定される外資系のプロパーカードでは、独自の審査基準があり、低めの限度額で審査に通過できることもあります。

そのため、一概にとても厳しいと決めつけられないところもありますが、審査が易しいということはまずありません。一般カードでも銀行系と同じか、カードのランクによってはそれ以上の厳しさになることもあります。

審査が厳しいクレジットカードを持つメリット

クレジットカード自体は数多くの種類が発行されており、審査が厳しくないクレジットカードも多く存在します。

そのなかで、あえて審査が厳しいクレジットカードを選んで持つのは、次のようなメリットがあるからです。

メリット
  • ステータス性がある
  • 付帯保険の充実
  • 充実した特典やサービス

この3つのメリットについて具体的に解説していきます。

ステータス性がある

審査が厳しいクレジットカードには、高いステータス性があります。

そのため、持っているだけで異性や職場の仲間から一目おかれたり憧れられるということもあるでしょう。

それをメリットと捉えるかどうかは、人によって価値観がわかれるところかもしれません。しかし、少なくとも、審査が厳しいクレジットカードを持てるということは、経済力や信用力において並よりも優れているという証明にもなります。

高いステータス性のあるクレジットカードを持っていることで、人から羨ましがられるかは別にしても、自分への自信や仕事への誇りなどポジティブな気持ちになれるのは間違いありません。

付帯保険が充実している

審査の厳しいクレジットカードでは、付帯している保険の種類や内容が一般カードに比べて充実しています。

たとえば、海外旅行保険の補償額が上がったり、ショッピング補償などの補償が追加されます。

クレジットカードの旅行保険は、クレジットカードを使って旅行代金の一部を支払ったときのみ保険を利用できる「利用付帯」と、クレジットカードを持っているだけで利用できる「自動付帯」があります。

ランクの高いクレジットカードでは自動付帯になっていることも多く、旅行に同行する家族まで補償の対象としてカバーしてくれるなど、補償額以外のところでも充実度が増します。

特典やサービスが豊富

ゴールドカード以上のランクのクレジットカードでは、一般カードにはない特典やサービスを受けることができます。特典やサービスの一例を次に挙げます。

豪華な特典やサービス

  • 空港関連サービス
  • 高級ホテルやレストランでの優待
  • エンターテイメント特典
  • コンシュルジュサービス

とくに空港に関するサービスは充実していることが多く、世界各地の空港ラウンジ手荷物宅配サービス無料で利用できるといった特典があります。クレジットカードのランクや種類によっては、同伴者も無料で空港ラウンジが利用できることもあります。

高級ホテルでの優待では、アーリーチェックインレイトチェックアウトが可能になったり、部屋のグレードがアップしたりすることもあります。また、レストランでは飲食代金の割引をうけることもできます。

エンターテイメントにおける特典には、一般発売に先駆けて優先的にチケットの販売がおこなわれたり、SS席など普通ではおさえることが難しい良席のチケットを手に入れたりできるチャンスがあります。

クレジットカードのランクが上がるにつれて、こうした特典やサービスの内容の充実度も上がっていきます。

特典やサービスのなかでも、とくに魅力的なのがコンシュルジュサービスです。コンシュルジュサービスの利用に料金はかかりません。自分の秘書のようにさまざまな手配をおこなってくれるので、ぜひ利用したい特典のひとつです。

たとえば、旅行の計画作成からホテルや航空券の手配、レストランの予約などをコンシュルジュに任せることができます。自分で調べたり予約したりする手間がかからず、コンシュルジュを通すことでちょっとしたサービスを受けられることもあります。

専門家からのコメント

金子 賢司
金子 賢司

ゴールド、ブラック、プラチナといったワンランク上のクレジットカードは月に利用できる限度額も通常のカードに比べて大きく、なかには限度額なしというカードも存在します。

最近では医療機関でもクレジットカードでの支払いが可能になっており、医療費が高額になったり、複数回病院に通った場合も増枠をしたり、限度額を気にすることなくカード支払いができ、ポイント還元も利用することができます。

審査の厳しいクレジットカードを持つコツ

審査が厳しいクレジットカードは、高いステータス性や豪華な特典から誰もが利用してみたいと一度は思うのではないでしょうか。厳しい審査を通過するためのコツは意外とシンプルです。

審査の厳しいクレジットカードを申込むときには次のようなことを覚えておくとよいでしょう。

厳しい審査を通過するコツ

  • 下位カードで実績を積む
  • 収入を上げる
  • 虚偽申告をしない
  • 多重申込みをしない
  • キャッシング枠を少なくする
  • 居住年数は長いほうがよい

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

下位カードで実績を積む

「クレジットカードを利用して利用した料金はきちんと期日に支払う人」、これがクレジットカード会社にとっての良い顧客像です。良い顧客であるということをクレジットカード会社に証明するためにも、良好なクレジットヒストリーが役に立つのです。

良好なクレジットヒストリーを積むには、支払料金の延滞をおこさないだけでなく、適度にクレジットカードを利用するということも必要です。クレジットカードを作ったまま、まったく利用しないというのも印象がよくありません。

クレジットカードを初めて持つ方は、いきなり審査の厳しいクレジットカードに申込んでも審査に落とされる可能性が非常に高いです。狙っているクレジットカードの下位カード(一般カードなど)で実績を積んでカードのランクアップを目指しましょう。

公共料金や会費など毎月必ず支払う料金をクレジットカードで支払うようにすると、無駄遣いせず自然と利用実績を積み上げることができます。

収入を上げる

クレジットカードのランクが高くなるほど、高い年収が必要になります。ゴールドカード以上のクレジットカードでは、一定以上の年収がなければ申込みができない(つまり、審査を受けることすらできない)ものもあります。

すぐに年収を増やすのは難しいかもしれませんが、高ランクのクレジットカードを手にするために、派遣社員や契約社員から正社員になる、給与の高い会社へ転職するといったことも考慮に入れてみましょう。

また、収入がただ高ければよいというわけではありません。高い収入が安定継続的に入るということを示す必要があります。そのため、勤続年数が長いほうが審査には有利です。

虚偽申告をしない

当然ですが、虚偽申告はしてはいけません。厳しい審査に通過したいあまり、実際よりも高い年収だと偽って申告したり、勤務先をごまかしたりするのは絶対にやめましょう。

勤務先や役職などからだいたいの年収は見当がつきますし、審査の際には個人信用情報機関に照会をかけるので、嘘をついたところでバレてしまいます。

仮に、故意でなくても実際とは異なる年収や勤務先を申告した場合は虚偽とみなされることもあります。申込みの際には、源泉徴収票や確定申告書を参考に正確な年収を記載するようにしましょう。また、派遣社員の方は派遣元の会社を勤務先として申告するのが通常です。

クレジットカードは何より信用が大切です。嘘が発覚したり、嘘をついているとみなされるのは致命的です。信用を損ねると、次回から申込みをしてもすぐに審査に落とされることもありえますので、十分注意してください。

多重申込みをしない

審査に通過するのが難しいのなら、複数のクレジットカードに申込めばどこかは審査に通過するだろう…と考えている方もいるかもしれません。しかし、短期間に複数のクレジットカードへ申込みをするのはご法度です。

申込みをしたという情報やその審査結果は、個人信用情報機関に半年ほど登録され、審査時に照会をかければ履歴がすぐにわかってしまいます。

多数のクレジットカードへ申込みをしていると「お金に困っているのではないか」「クレジットカードの現金化目的ではないか」と誤解されかねません。

とくに、ゴールドカード以上のランクのカードは利用可能枠も一般カードに比べて大きくなるので、現金化についてはどのクレジットカード会社も厳重に警戒しているはずです。

さらに、他社の審査で落ちているとなれば、より慎重に審査がおこなわれるため、厳しい審査がさらに一段と厳しいものになってしまいます。

多重申込は自分の首を締めることになってしまうので、1つのクレジットカードに申込んだら半年以上あけて別のクレジットカードに申込むほうが賢明です。

キャッシング枠を少なくする

クレジットカードで現金を借りることができるキャッシング機能は便利ですが、キャッシング枠を多く申込むと審査が厳しくなってしまいます。

キャッシング枠の限度額には、貸金業法で定められた総量規制というルールが適用されます。総量規制では、対象となる借入額の合計額が年収の3分の1以内でなくてはならないと決められています。

どんなに多くても年収の3分の1までの金額で、他にクレジットカードのキャッシング枠やローンなどから借入れがある場合には、年収からそれらの借入れ額を引いた額が上限額となります。

年収や現在の借入れを考えずに、多額のキャッシング枠を希望してしまうと、キャッシング枠の審査に落ちてしまうこともありますので気をつけましょう。

専門家からのコメント

金子 賢司
金子 賢司

クレジットカードの審査で以外と知られていないのが、キャッシング枠についてです。

クレジットカードを複数枚もっていると知らずにキャッシング枠が大きくなっていることがあります。キャッシング枠は実際に利用していなくても、多く借りることができる「可能性」があり、カード会社からは好まれません。

審査の厳しいカードに申し込みをする場合、キャッシング枠はゼロかそれに近い状態にしておくのが望ましいといえるでしょう。

居住年数は長いほうがよい

厳しい審査に通過するために、住まいの居住形態や居住年数も考えてみましょう。居住形態や居住年数から推察されるのは、夜逃げされるリスクが大きいか少ないかということです。

居住形態でいえば、賃貸よりも持ち家のほうが審査には有利と考えられます。しかし、ライフプランを理由に持ち家を選択しない方も多くいますし、クレジットカードの審査のために居住形態を変えるというのも現実的ではありません。

そこで、居住年数を考えてみてください。居住年数は長いほうが夜逃げのリスクが少ないと判断され、審査に有利になります。審査の厳しいクレジットカードを狙っている方は、引っ越ししたての時期を避けて申込んだほうがよいでしょう。

審査が厳しいクレジットカード5つ

審査の厳しいクレジットカードを5つ挙げました。クレジットカードごとの特徴や特典、年会費について解説していきます。

この5つのクレジットカードはどれもハイステータスですが、どれも招待制ではなく、入会申込みをすることができるクレジットカードです。もともとは招待を受けた場合にしか申込みができなかったクレジットカードもあります。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友カード プラチナ
三井住友カード プラチナの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外空港のラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス」
  • 航空券+ホテル予約でホテル代最大全額OFFの「Expedia(エクスペディア)™」。当社会員限定の優待割引サービスが受けられます。
  • 百貨店、グルメ、ファッション、家電など、いつものネットショップでポイントが2~20倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
55,000円(税込) 55,000円(税込) 0.5%~10%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
WAON(ワオン)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAカードのなかで最もランクが高いのが三井住友VISAプラチナカードです。申込みができるのは、原則として満30歳以上となっています。

年会費が50,000円(税抜)とハイステータスなクレジットカードの中ではリーズナブルでありながらも、最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯しており、家族にも補償が適用されます。

国際ブランドはVISAとMasterCardから選ぶことができ、年会費に5,000円をプラスすればそれぞれのブランドを1枚ずつ持つことも可能です。

さらに家族カード無料となっており、コンシュルジュサービスや空港関連サービスも利用できるので年会費以上の価値があるでしょう。

JCBプラチナ

JCBプラチナ
JCBプラチナの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 24時間・365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • 国内の厳選したレストランで1名様が無料に「グルメ・ベネフィット」
  • 世界の空港ラウンジが利用可能「プライオリティ・パス」
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 0.1 〜 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBプラチナの年会費は25,000円(税抜)です。家族カードの年会費は1名まで無料、 2人目からは1名につき3,000円(税抜)が必要です。

比較的リーズナブルな年会費でありながらも、特典の内容や質ともに充実しているのが嬉しいカードです

特に、コンシュルジュサービスのクオリティが高く、口コミでもコンシュルジュサービスへの満足度の高さが窺えます。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満)

仕事が忙しくなかなか家族サービスができないのですが、コンシェルジュデスクに依頼すれば、観光地や地域の様々な情報を提供してくれるし、お店もホテルも予約してくれるし自分でいろいろと手間を掛けなくてもよいので大変助かっています。

また、仕事で急に必要となった用事でも電話すれば早急に対応してくれます。もともとJCBのコンシェルジュデスクは丁寧で迅速な対応で評判が高いのですが、実際に利用していて最も印象に感じたのは、JCBという国内ブランドならではのブランド力、そこから得られる情報網の広さです。

他にも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジが快適だったという口コミもあり、プラチナカードならではの特典のよさを感じさせます。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満)

ユニバーサルスタジオジャパンのJCBラウンジの利用が挙げられます。

家族旅行で利用させていただいたのですが、プラチナカード以上の保有者でなければ利用することができないため、ラウンジにはほぼ人がおらず、とてもリラックスすることができました。

特に子供がまだ小さかったので人目を気にせず、かつ広い空間でもあったので大変助かりました。

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

Mastercard Black Card
ラグジュアリーカード<Black Card>の詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 1.25%のキャッシュバック高還元率
  • 最大還元率2.75%の賞品交換
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
110,000円(税込) 110,000円(税込) 1.25%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社

Mastercardで最もランクの高いラグジュアリーカードには、チタニウムカード、ブラックカード、ゴールドカードの3種類があります。ゴールドカードが一番ランクが高く、ブラックカードはラグジュアリーカードのなかで中間に位置するカードとなっています。

クレジットカード自体が金属でできており、名前なども全て1枚ずつレーザーによる削り出しでつくられているため、見た目にも高級感のあるクレジットカードです。

年会費は100,000円(税抜)で、家族カードの追加は1人につき25,000円(税抜)の年会費が必要です。

待たされることなくすぐに繋がるコンシュルジュサービスに定評のあるラグジュアリーカードですが、ブラックカード以上のラグジュアリーカードではメールでコンシュルジュに依頼することも可能です。

また、自宅などからレストランへリムジンで送ってもらえるサービスや、シャンパンやワインなどのアルコールやフィンガーフードが提供される会員限定のテイスティングイベントにも参加できます。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブカードは日本で最初のクレジットカードです。年会費は22,000円(税抜)で、家族カードは1枚につき5,000円(税抜)です。入会の目安は27歳以上となっています。

利用可能枠に一律の上限額がなく、会員ひとりひとりの利用状況や支払い実績によって個別に設定されているのが特徴です。


また、口コミにもあるように、ゴルフ関連の特典が充実しているのもダイナースクラブカードの特徴といえるでしょう。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満)

ゴルフに関するプライベートレッスンが割引サービスで利用できるのはとてもお得感を感じています。

シミュレーションゴルフのレッスンができるため、わざわざ遠くのゴルフ場に行かなくても、都内にあるゴルフレッスン場で利用できるのは嬉しいです。

平日だけ50%割引となっていますが、休日でも25%の割引になっているので気軽に利用することができます。割引サービスは同伴者も適用されるので友人と一緒に行っても良いです。

ゴルフ以外にも、旅行保険は最高1億円補償、空港関連サービスやエンターテイメント優待などクレジットカードのランクにふさわしい特典が充実しています。口コミにもあるように、有名レストランや料亭でのグルメをお得に楽しむこともできます。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満)

そのなかで一番のお気に入りはエグゼクティブダイニングと呼ばれるサービスで、二人分の料理を一人分の料金で味わえるサービスです。結構有名な料亭やレストランが対象になっているため、一食分が実質無料になるのはかなりお得なサービスだと思っていて、いつも使用しています。

アメックスプラチナ

アメックスプラチナカードは招待制のクレジットカードで、自分で申込みをして入会することができませんでした。しかし、2019年4月から申込みによる入会が解禁となり、招待なしでもアメックスプラチナカードを手にすることが可能になりました。

年会費は143,000円(税込)ですが、家族カードは4枚まで無料で作成することができます。旅行傷害保険は最高1億円が自動付帯となっており、家族も補償の対象となっています。

空室状況によっては高級ホテルで無料アップグレードが受けられたり、クレジットカードの更新時にはホテルの無料宿泊券がもらえるといった優待もあります。

招待制でしか持てないクレジットカード3つ

審査が非常に厳しいクレジットカードは、自分で入会申込みをおこなって審査をうけることもできません。いわゆる「インビテーション制」という制度です。

クレジットカード会社からの「招待(インビテーション)」を受けてはじめて申込みが可能になります。インビテーションをもらうには、年収の高さだけでなく、利用実績などクレジットカード会社の独自基準を満たしている必要があります。

審査が厳しいクレジットカードのなかでも、さらに選ばれた一握りの方しか持つことができない最もランクの高いクレジットカードといえます。

ラグジュアリーカードMastercard GOLD Card

Mastercard Gold Card
Mastercard Gold Card
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 1.5%のキャッシュバック高還元率
  • 最大還元率3.3%の賞品交換
  • グローバルホテル優待
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
220,000円(税込) 220,000円(税込) 0.1 〜 1.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ラグジュアリーカードのなかで最もランクの高いゴールドカード。カード自体に24金コーティングが施されているほか、46もの特許技術を駆使して創り上げられています。家族カードも同様の金属カードが発行されます。

Mastercard Gold Cardの年会費は、本会員200,000円(税抜)、家族会員が50,000円(税抜)です。

リムジンでの送迎が往路か復路か選べたり、個人賠償責任保険が追加されたりとラグジュアリーカードのブラックカードよりもさらに特典が充実しています。

さらに、還元率が1.5%と、ブラックカードの1.25%よりも高くなっています。

ダイナース・プレミアム

ダイナース・プレミアムの年会費は130,000円(税抜)で、家族カードは無料になっています。インビテーション制のクレジットカードのなかでは年会費が比較的リーズナブルといえますが、特典は非常に豪華なものになっています。

ダイナース・プレミアムでは、旅行デスクにプレミアム会員専用デスクが設置されているほか、プレミアム会員限定のツアーや海外旅行中のサポートがあります。

また、銀座の中心部に「ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジ」があり、プライベートカフェ感覚で利用することができます。

アメックス・センチュリオン

インビテーション制のクレジットカードのなかでも最高峰のステータスを誇るアメックス・センチュリオン。年会費350,000円(税抜)のほかに、入会金500,000円(税抜)が必要だといわれており、初年度に850,000円(税抜)を支払うことになります。

専属のパーソナルコンシュルジュがつくようになり、パーソナルコンシュルジュがを通して旅行などを予約することでさまざまな特典を受けられます。

たとえば、国内航空券を普通運賃で購入する場合も、パーソナルコンシュルジュを通すことで、ファーストクラスに無料で変更されます。

パーソナルコンシュルジュを通すことで、自宅から空港間、海外での空港からホテル間の送迎サービスも無料で受けられます。

審査が厳しいクレジットカードのまとめ

審査が厳しいクレジットカードは、ステータス性も高く、一般カードにはない豪華な特典やサービスが多く付帯しています。年会費はかかりますが、それ以上の価値や魅力にあふれています。

厳しい審査に通過するには、個人信用情報に傷がないことは当たり前で、さらに安定継続的な高い年収や、良好なクレジットヒストリーが必要です。とくに、招待制のクレジットカードは、利用実績を認めてもらえなければ招待を受けることができません。

「急がば回れ」というように、手に入れたいクレジットカードがあれば、いきなり申込みをするよりも下位カードで利用実績をコツコツと積み上げてから申込みをするほうが審査に通過しやすいでしょう。また、招待をもらう最善の方法ともいえます。

金子 賢司

専門家からの一言

金子 賢司

審査の厳しいクレジットカードを持つには職業や年収などの属性のほかにも、カードを利用して、毎月期日に支払うこの繰り返しの積み重ねで信用を積み重ねていくことが重要です。

日々生活していくうえでも、クレジットカードのランクが上がっていくと、自身の社会的信用も上がっているというモチベーションにもつながります。

自身の信用を積み重ねて、ハイクラスのクレジットカードのサービスを享受してみてください。

立教大学法学部卒業。株式会社菱食(現:三菱食品株式会社)勤務後、保険業界に転身。保険営業で約10年間勤務ののち、ファイナンシャルプランナーとして活動を始める。サラリーマン時代、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。以降ファイナンシャルプランナーの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーターやメガバンク主催のセミナー年間約100件の講師を務める。日本FP協会道央支部幹事。

金子 賢司の監修記事・プロフィール一覧へ

愛知県の田舎でのんびり子育て中。見切り品から献立を考えることが得意な主婦。学生時代にWEBライティングを始め、美容を中心にビジネスや教育など多ジャンルの執筆を経験。現在はクレジットカードやローンなど金融関連の記事をメインに執筆。塾講師や就労支援員の職歴を活かし、受験生や就職転職者の自己PR文添削なども時々おこなっている。 自身は楽天カードを利用中。楽天ペイと紐付け、夫婦で楽天ポイントを貯めている。趣味は、料理と着物とハンドメイド。教室を開いたり作品を販売することも。微々たるおこづかいをロボアドや積立保険などで運用中。

斎藤 あやかの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事