更新日:

申込みブラックかもしれないと悩んでいるあなたへ! 確認方法と対処法を解説

申込みブラックかもしれないと悩んでいるあなたへ! 確認方法と対処法を解説

「クレジットカードの審査に何度申し込んでも落ちてしまう……」

そんなときに疑われる申込みブラックとはどんな状態なのでしょうか? また、自分が申込みブラックかどうかはどのように確認すべきなのでしょうか?

この記事ではそのような申込みブラックにまつわる疑問をすべて解説。また、申込みブラックでも審査にとおりやすいとされるクレジットカードも紹介します。

申込みブラックとはクレジットカードやカードローンの多重申込み者のこと

複数のクレジットカードを立て続けに申し込む「多重申込み」。これによって審査にとおりづらくなってしまった状態を申込みブラックといいます。

申込みブラックと判断される基準はカード会社によっても異なりますが、目安としては「連続して3枚以上に申し込む」と危険です。

なお多重申込みはクレジットカードだけでなく、カードローンも含まれます。たとえばクレジットカードを2枚、カードローンを1枚というようにそれぞれ申し込んでも、申込みブラックになる恐れがあるのです。

なぜ申込みブラックだとクレジットカード会社にバレるの?

クレジットカード会社は申込みがあった際に、必ず信用情報というものを照会します。

信用情報とはこれまでのクレジットカードやカードローンの利用履歴のこと。そこには申込み情報から、返済情報などまで残されているのです。

そのため、申込みブラックであることは隠しようがありません。

申込みブラックだと審査にとおりづらい理由とは?

そもそもなぜ申込みブラックだと審査にとおりづらいのかというと、「お金に困って切羽詰まった状態なのではないか」と危惧されてしまうためです。

クレジットカードを発行しても「踏み倒されるのではないか」「現金化を狙っているのではないか」と思われてしまうのです。

どちらにしてもクレジットカード会社にとっては利益にならないため、申込みブラックは危険視されます。

専門家からのコメント

稲村優貴子
稲村 優貴子

デパートやホームセンターなどお店独自のクレジットカードを申込むと商品券やノベルティがもらえるので、同じようなタイミングで作ることもあるかもしれません。

ですが、クレジットカード会社からみると「この人、同時にカード発行依頼をしているけれど大丈夫?」と判断され申込ブラック状態になる可能性があります。

同じ年収で同じ枚数発行申込しても、過去に返済の口座引き落としができていない、借入残高が多いなどの履歴によってブラック扱いになるかどうか異なることもあります。

「もしかしたら私も申込みブラック!?」と不安なときは確認しよう

信用情報の開示はクレジットカード会社だけでなく、個人でも可能です。「もしかしたら申込みブラックかも」という不安があるのなら、開示手続きをおこなってみましょう。

信用情報機関にはCIC、JICC、KSCの3つがありますが、担当している区分はすべて異なります。

クレジットカード(信販会社)の利用履歴ならCIC、消費者金融会社の利用履歴ならJICC、銀行や信用金庫の利用履歴ならKSCへと開示手続きをおこなってください。

専門家からのコメント

稲村優貴子
稲村 優貴子

信用情報開示の請求でデメリットとなるのは、手数料がかかることです。自分の情報を得るために開示請求方法によりますが、500円から1000円かかります。

3つすべてに請求すればその機関ごとに手数料が必要です。郵送での開示請求であれば時間がかかってしまうのもデメリットといえます。

いっぽうブラックなのか調べたこと自体がさらに悪いブラック情報になることはありませんので、不安な場合は確認してみてもよいでしょう。

CICでの開示手続き

CICでの信用情報開示手続きは、インターネット、窓口、郵送の3パターンがあります。

一番簡単なのはインターネットですが、手数料に1,000円取られてしまうのがネック。窓口であれば500円で済むため、お好みの方法で開示手続きをおこなってください。

インターネットでの手続き方法

曜日を問わず、8:00~21:45の間であれば、いつでも手続きをおこなえます。手数料は1,000円。クレジットカードでの一括払いのみとなっています。

手続きの流れ・手順

  1. 0570-021-717まで電話をかけ、受付番号を取得
  2. CICの公式サイトへアクセスする
  3. 「自分の信用情報を確認」⇒「パソコンで開示orスマートフォンで開示」⇒「ご利用前の最終確認」と進む
  4. 必要事項を入力して手続きを確定する(利用手数料発生)
  5. 開示報告書が画面に表示される

使用する電話は、クレジット会社などに届け出ている電話番号のものにしてください。

信用情報も上記の電話番号にて登録されているため、異なる電話番号だと正しい情報を開示できません。

窓口での手続き方法

窓口は平日のみ10:00~12:0013:00~16:00の営業となっています。手数料500円は現金にて窓口でお支払いください。

なおCIC開示窓口は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡にしかありません。最寄りにない場合には、窓口以外での手続きをおすすめします。

手続きの流れ・手順

  1. 必要書類と手数料を持ち、CIC窓口へ出向く
  2. タッチパネルにて必要事項を入力し、受付カウンターで書類を提示
  3. 開示報告書をその場で受け取る

手続きをおこなうのが本人の場合、必要書類は本人確認書類のみとなります。

一方、代理人による手続きの場合はそのほかにも必要書類がありますので、公式サイトにてご確認ください。

郵送での手続き方法

郵送での手続きだと、実際に開示報告書が届くまでに約10日かかります。

手数料はゆうちょ銀行にて「定額小為替証書(1,000円分)」を発行してもらい、同封してください。

手続きの流れ・手順

  1. CICの公式サイトへアクセスする
  2. 「自分の信用情報を確認」⇒「郵送で開示」へと進む
  3. 信用情報開示申込書をプリントアウトする
  4. 記入した申込書のほか必要書類と定額小為替証書をCIC宛に送付する
  5. 郵送にて開示報告書が届く

郵送での手続きによる必要書類に関しても、本人がおこなう場合は本人確認書類のみ。代理人の場合には、ほかにも必要となります。

JICCでの開示手続き

JICCでの信用情報開示手続きは、スマートフォン、郵送、窓口の3パターンがあります。

こちらも手数料は窓口のみ500円、そのほかは1,000円かかります。ご都合に合わせて方法をお選びください。

スマートフォンでの手続き方法

曜日問わず、時間も問わず、いつでも手続きをおこなえます。

手数料は1,000円。支払い方法はクレジットカード、コンビニ、金融機関ATM、オンラインバンキングの4種類から選んでください。

手続きの流れ・手順

  1. JICCのアプリ「スマートフォン開示受付サービス」をインストールする
  2. アプリからメールアドレスを送信し、メールにてパスワードを取得
  3. アプリのパスワード入力画面に入力し、必要事項の入力も完了させる
  4. アプリで本人確認書類を撮影し、送信する
  5. 開示手数料の支払い方法を選択し、手続きが完了
  6. 郵送にて、信用情報記録開示書が届く

窓口での手続き方法

窓口は平日のみ10:00~16:00の営業となっています。手数料500円は現金にて窓口でお支払いください。

なおJICC窓口は東京と大阪の2つのみです。

手続きの流れ・手順

  1. 必要書類と手数料を持ち、JICC窓口へ出向く
  2. 窓口にて信用情報開示申込書を記入し提出
  3. 信用情報記録開示書をその場で受け取る

郵送での手続き方法

郵送での手続きだと実際に信用情報記録開示書が届くまでに約7~10日かかります。

手数料1,000円はクレジットカード、定額小為替証書のどちらかでお支払いください。

手続きの流れ・手順

  1. JICCの公式サイトへアクセスする
  2. 「情報開示手続き等のご案内」⇒「郵送による開示手続き」へと進む
  3. 「開示申込書作成フォーム」にて必要事項を入力し、プリントアウトする
  4. 申込書のほか必要書類などをJICC宛に送付する

KSCでの開示手続き

KSCでの信用情報開示手続きは、郵送のみとなっています。手数料は1,000円。ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書にてお支払いください。

開示報告書は約7~10日間で郵送されてきます。

郵送での手続き方法

手続きの流れ・手順

  • KSC(全銀協)の公式サイトへアクセスする
  • 「開示申込みはこちら」へ進む
  • 登録情報開示申込書をダウンロードし、必要事項を直接入力か手書きする
  • 記入した申込書のほか必要書類と定額小為替証書をKSC宛に送付する
  • 郵送にて開示報告書が届く

申込みブラックだったときの対処法2つ

信用情報を開示し、申込みブラックだと確定した場合どうしたらよいのでしょうか。クレジットカードの作成は諦めるしかないのでしょうか。

2つの対処法をチェックしていきましょう。

①6ヶ月の期間、申込みブラックが解消されるのを待つ

信用情報機関に登録されている情報には、すべて登録機関が定められています。

登録期間は情報によっても異なりますが、申込みブラックに関しては申込みから6ヶ月で抹消。それ以後は申込みブラックでは完全になくなります。

そのため、抹消を待ってからあらためてクレジットカードを作成するのもひとつの方法でしょう。

②申込みブラックでも審査にとおりやすいクレジットカードを選ぶ

「6ヶ月なんて待っていられない!」という場合には、審査の甘い「セディナカードJiyu!da!」への申込みをおすすめします。

ただし、申込みブラックの審査通過は、たとえ審査の甘いクレジットカードであってもなかなか厳しいところです。そちらを踏まえたうえで申し込むようにしてください。

「セディナカードJiyu!da!」が申込みブラックにはおすすめ!

セディナカード jiyu!da!
セディナカード jiyu!da!の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 毎月の支払額、お支払い方法も自由に決められる
  • 海外でのショッピングご利用でわくわくポイント3倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by SMBCファイナンスサービス株式会社

セディナカードJiyu!da!は、「審査が甘い」ことで知られるクレジットカードです。国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBから選べるため、使い勝手もよいでしょう。

また、ポイントが3倍~5倍になる実店舗や、最大21倍になるネットショップも多数あり、ポイントの貯めやすさも特長です。

ただし、リボ払い専用のクレジットカードとなっているため、利用の際には手数料が必要以上に膨らまないように心がける必要があります。

セディナカードJiyu!da!についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

セディナカードJiyu!da!はダイエーやイオンで還元率3倍!特徴や審査基準を徹底解説!

申込みブラックになってしまっても落ち着いて対処しよう!

クレジットカードの審査に連続で落ちてしまうと焦るものです。しかし、その原因が申込みブラックかもしれないというときには、落ち着いていくつかの方法を試してみましょう。

申込みブラックなのか明らかにしたいのなら、各信用情報機関にて開示手続きを。申込みブラックでもどうしてもクレジットカードが必要なら、審査の甘いクレジットカードへ申込みを。

これらの対処法を知っておけば、無駄に申込み数を増やさずに済むでしょう。冷静な対処を心がけてください。

専門家からのコメント

稲村優貴子
稲村 優貴子

信用情報は人生に関わる大切なものです。

いざ車や住宅を購入したいと思っても、信用情報によっては審査が通らない可能性もあります。

クレジットカードやローンを利用すること自体悪いことではありません。

普段の生活でローンの支払いで口座の残高不足にならないよう、手取りや預貯金から考えてオーバーローン(借り過ぎ)になっていないかクレジットカードやローンを計画的に利用していきましょう。

大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2001年FP資格を取得し独立。2006年から6年間日本FP協会鳥取支部長。現在FP For You代表として年間500件の相談・講演・執筆・HTBテレビ・HBCラジオ等のメディア出演業務を行っている。余市町出身。二児の母。得意分野はライフプラン、iDeCo、保険、年金、家計節約、不動産。趣味は旅行(ディズニー)、食べ歩き、スカッシュ、ホットヨガ。世界遺産検定勉強中。

稲村 優貴子の監修記事・プロフィール一覧へ

ライター歴8年、編集歴3年。クレジットカードやローンなど金融関係を筆頭に、エンタメや美容などさまざまなジャンルで活動中。クレジットカードは、メインカードとして楽天カードを保有。そのほかに普段の買い出し用にイオンゴールドカードや、家電量販店用に100満ボルトカードなどサブカードも複数保有。普段の買いものはほぼすべてクレジットカードにし、貯まったポイントを本やゲームなど趣味に使うのがルーティンとなっている。

たけなわアヤコの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事