更新日:

クレジットカードの海外旅行保険だけで十分?保険の内容と実際の医療費をチェック

クレジットカードの海外旅行保険だけで十分?保険の内容と実際の医療費をチェック

海外旅行の際に気になるクレジットカードの海外旅行保険。「保険があるのは知っているけど、どんな内容なのか分からない」、「クレジットカードについている保険で十分なのか不安!」という方は多いでしょう。

この記事では、クレジットカードに付帯する海外旅行保険の内容、海外旅行保険でカードを選ぶ場合のチェックポイントを解説します。海外旅行・出張に行かれる予定のある方はぜひ参考にしてください。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の内容

国内で入手できる多くのクレジットカードには、海外旅行保険が付いています。

しかしクレジットカードによって、海外旅行保険の内容は異なります。自分に合った海外旅行保険を選ぶには、どんな補償が付いているのかしっかりチェックすることが大切です。

ここからは一般的なカードとハイステータスのカードの例で、海外旅行保険の違いを解説していきます。

「海外旅行保険にはどんなものがある?」、「クレジットカードによって保険の何が変わるの?」とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

一般的なクレジットカードに付帯する海外旅行保険の概要

まずは多くの方が気軽に作れる一般的なクレジットカードの例を見てみましょう。今回は、年会費無料で作れるエポスカードに付帯する海外旅行保険を確認していきます。

エポスカードは、年会費無料にもかかわらず海外旅行傷害保険が自動でついています(Visa付きのエポスカードのみ)。海外旅行保険を利用するための事前申し込みや準備は不要です。

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードに付帯する海外旅行保険の内容は、以下の通りです。

保険の種類 保険金額(最大)
傷害死亡・後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

以上の保険のうち、よく使うのが「傷害治療費用」、「疾病治療費用」、「携行品損害」です。

「傷害治療費用」は海外でけがをしたとき、「疾病治療費用」は海外で病気になったとき、治療費の一部を補償してもらえる保険です。

そして「携行品損害」は、海外で持ち物を無くしたり壊したりしたときに持ち物の代金の一部、または全部を補償してもらえる保険となっています。

エポスカードは年会費無料のクレジットカードなので、海外旅行保険の補償額は少なめです。しかし補償が無ければ旅行先の事故・病気に備えられないので少額であっても海外旅行保険付きのクレジットカードを選ぶのが得策です。

ハイステータスなクレジットカードに付く海外旅行保険の概要

次は、ハイステータスなクレジットカードに付帯する海外旅行保険をチェックしてみましょう。年会費が高いこともあり、ハイステータスなカードになればなるほど補償の内容は充実したものになります。

今回はゴールドカードとして不動の地位を得ているアメックスゴールドの海外旅行保険を紹介します。

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ゴールド・カードならではの多彩なサービス
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,900円(税込) 31,900円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

アメックスゴールドの年会費は29,000円(税抜)となっており、数あるクレジットカードのなかでも高めの設定です。

しかしその分、付帯サービス、保険は非常に充実したものです。アメックスゴールドの海外旅行保険は、旅行でアメックスゴールドのカードを利用したかどうかで、補償額が変わります。

アメックスゴールドの海外旅行保険の内容は、以下の通りです。

保険の種類 補償額(カード決済あり) 補償額(カード決済なし)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高5,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円
賠償責任 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害 最高50万円(1旅行中) 最高50万円(1旅行中)
救援者費用 最高400万円 最高300万円

先ほどのエポスカードの例より、補償額が全体的に大きいです。

海外旅行保険の充実度で選ぶならハイステータスなクレジットカードがおすすめです。しかしその分審査のハードルや年会費は高いので自分の収入状況と考慮して決めるべきでしょう。

クレジットカードの海外旅行保険で十分?実際に海外でかかる医療費

クレジットカードにはそれぞれ海外旅行保険が付帯しており、旅行中トラブルに巻き込まれた際は保険金が支払われます。

しかしクレジットカード付帯の海外旅行保険は十分安心できる内容なのか、気になっている方は多いでしょう。

海外での治療費は非常に高額という話を聞いたことのある方は多いはずですので、海外旅行となると国内以上に不安感が高まってしまいます。

そこでここからは実際に海外で起きた事故の内容、支払われた損害費用をご紹介していきます(※)。海外での治療に実際どれくらいの費用が支払われるかチェックし、クレジットカード付帯の海外旅行保険と見比べてみましょう。

海外でのトラブルと補償額

  • 中国で窓から転落し骨折、30日間の入院→1,076万円
  • ドイツで肺炎にかかり入院→106万円
  • ロシアで転倒し入院、日本まで搬送→355万円
  • フランスのホテルで部屋を水浸しに→1,243万円
  • インドネシアで他の旅行客のカメラを壊す→10万円
(※)出典元:保険金お支払い例 | 損保ジャパン日本興亜 海外旅行保険


トラブルを解決するには、想像よりも大きなお金が必要になることが分かります。先ほど紹介したエポスカード、アメックスゴールドなら賠償責任(損害賠償)については全額補償ができます。

また、軽いけがや病気については、クレジットカード一枚で十分な保険金が得られると言えるでしょう。

ただし保険の適用となるかは各会社の規程にもよるので、必ずしも上記の例で保険金が支払われるわけではありません。

また、先ほどの中国で30日間入院した例のように医療費が1,000万円を超えた場合、クレジットカード一枚の海外旅行保険で全てのお金をカバーするのは難しいです。

大きなケガや病気に備え、海外にはクレジットカードを複数枚持っていき、もしもの時には全てのクレジットカードの海外旅行保険を利用しましょう。

専門家からのコメント

加藤啓之
加藤 啓之

海外旅行に行く際に、旅行会社に勧められるままに海外旅行保険に加入したりしていませんか。

あるいは、出発の空港の自販機でついつい保険に加入してしまう方もいらっしゃることでしょう。

この時代、クレジットカードを持たずに海外旅行に出かける方は、まずいないと思われます。

保険料を新たに払って海外旅行保険に加入するよりも、お持ちのクレジットカードの海外旅行保険特約を確認し、無駄な保険料は節約しましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険で見るべき項目

海外旅行保険の内容や充実度は、持っているクレジットカードによって全く異なります。もしものとき、十分な保険金を支払ってもらうためにはどのような項目を見れば良いのでしょうか。

ここからは、海外旅行保険でクレジットカードを選ぶとき、最低限チェックしてほしいポイントを解説していきます。海外旅行保険では財布などを紛失した場合に備え、複数のクレジットカードを持つことが理想とされています。

安全に海外旅行を楽しむためにも、海外旅行保険が充実したクレジットカードを新たに作るのも良いでしょう。以下では、目的に合わせたおすすめのクレジットカードも紹介しています。

①自動付帯か否か

クレジットカードには、海外旅行保険が自動で付く「自動付帯」と、海外旅行の際クレジットカードを使わないと適用されない「利用付帯」のものがあります。

自動付帯のクレジットカードは、海外旅行先で一度も該当するクレジットカードを利用しなかった場合でも保険金が支払われます。しかし利用付帯のクレジットカードの場合、クレジットカードを利用しなければ保険金が支払われない、または減額となります。

「海外旅行先では必ず海外旅行保険付きクレジットカードを利用する」という方は自動付帯か利用付帯かを気にする必要はないでしょう。しかし「海外ではクレジットカードを使わない」「クレジットカードを利用しにくいエリアに旅行する」という方は、自動付帯のカードを選ぶのがおすすめです。

自動付帯でも補償内容が充実したクレジットカードは多数あるので、申し込み前に「条件なしで保険金が支払われるかどうか」をチェックしましょう。

海外旅行保険が自動付帯のおすすめクレジットカード

海外旅行保険が自動付帯のもののなかでおすすめなのが、JCBゴールドカードです。JCBゴールドカードは初年度年会費無料で、2年目以降は10,000円(税抜)がかかるJCBのカードです。

海外旅行と言えばVISAカード、とお考えの方も少なくありませんが、こちらのカードは賠償責任における補償額が最大1億円となっており充実した補償が受けられます。また傷害治療費用、疾病治療費用も自動付帯で最大300万円です。

「死亡後遺障害」など、一部利用付帯でなければ補償額が半分になるものもありますが、基本的には自動付帯で充実した保険内容なので「海外旅行に向けて徹底的に備えたい」という方におすすめです。

JCBゴールドカードに関する口コミは以下の通りです。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

海外に行くときには、旅行保険に加入する必要がないくらい安心な補償がついていて、海外旅行に持っていくときに役立った。

またJCBゴールドカードは意外と使える店が多く、海外でもポイントの貯まりやすいカードだと感じた。補償のことを含めて、年会費以上の価値があったと思う。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

東南アジアに旅行に行くなら、JCBゴールドカードを持っておいた方が良いと知人から進められ、申し込みをしました。

海外旅行保険に加え、海外航空機遅延保険にも加入できたので、補償の面で安心感を持つことができました。また、入会しただけで2,000円分のJCBギフトカードを貰えたので、お得なクレジットカードだと思います。

海外旅行保険の充実ぶりで評価の高いJCBゴールドカード。海外旅行によく行くけれど、いちいち旅行保険に入るのは面倒くさいという方は持っておくと良いでしょう。

JCBゴールド
JCBゴールドの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ゴールドカードならではの充実した海外旅行傷害保険 最高1億円!
  • 空港ラウンジサービス(国内・海外)やグルメ優待サービス等、サービスが充実!
  • ワンランク上のゴールドカード「JCBゴールド ザ・プレミア」へご招待のチャンス!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 11,000円(税込) 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

②年会費はいくらか

海外旅行保険の充実度は、クレジットカードの年会費やランクに応じて変わります。もちろん年会費の高い高級なカードであればあるほど、海外旅行保険は充実したものになります。

しかし年会費がそれほど高くない、もしくは無料のものであっても自動付帯の補償が付いているものもあります。クレジットカードを選ぶときは、海外旅行保険の内容だけでなく年会費とのバランスもチェックしましょう。

年会費がお得なおすすめクレジットカード

エポスカードは、入会金、年会費永年無料の海外旅行保険付帯カードです。補償の内容は「クレジットカードに付帯する海外旅行保険の内容」でも説明した通り、海外旅行に必要な保険が一通りそろっています。

年会費はなるべく安く抑えたいけれど、海外旅行保険付きのカードが欲しいという方におすすめです。また、クレジットカードを複数持ちして大きな病気やケガに備えたい方にもぴったりです。

エポスカードに関する口コミは、以下の通りです。

(20代 / 女性 / フリーター / 年収200万円未満)

海外旅行保険や海外キャッシングと言ったサービスが年会費無料で受けられることを知って選びました。

一度海外旅行先で病気になったときは、エポスカードに電話したら病院の手配などすべて無償でおこなってくれました。もちろん帰国後の治療代も全額付与してくれたので、とても有難かったです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

海外旅行に行く人は必ず持っていて損はないクレジットカードです。

海外旅行保険付きのカードはたくさんありますが、年会費無料のクレジットカードは少ないです。学生さんが卒業旅行や留学に行く際には、有難いカードだと思います。

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のエポスカード。特に学生の方は卒業旅行や留学の前に作っておくと良いでしょう。

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

③補償額はいくらか

やはり海外旅行保険でクレジットカードを選ぶうえで、大切なのが補償額です。

補償額が大きいほどもしものときに発生する費用をカバーできるので、頻繁に海外旅行に行くという方はなるべく補償額の大きいクレジットカードを選びましょう。

特に入院などで高額の医療費が発生する病気・ケガに備えられる保険は非常に重要です。「傷害保険治療」「疾病保険治療」の充実したカードを選ぶことで、予期せぬ出費を防げます。

海外旅行保険の補償額が高いおすすめクレジットカード

年会費は少し高めですが、海外旅行保険の内容が充実していることで有名なのが、三井住友カード ゴールドです。

年会費は10,000円(税抜)ですが、2020年3月31日までにインターネットで申し込むと、初年度年会費は無料になります。また条件付きですが、翌年度以降も年会費を4,000円(税抜)にまで下げられるお得なゴールドカードです。

三井住友カード ゴールドは海外でよく使う「傷害治療費用」、「疾病治療費用」の補償額が大きく、アメックスゴールドよりも高額の最大300万円補償です。

初年度年会費無料、翌年以降も最安4,000円の年会費ということを考えるとかなり充実した補償内容といえるでしょう。

ただし三井住友カード ゴールドは原則30歳以上の方を申込対象としています。
10代、20代の方が審査に通ることもありますが、難易度は高いので別のクレジットカードを検討しましょう。

三井住友カード ゴールドの口コミは、以下の通りです。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

貴重品を盗難された、損害相手にけがをさせた、死亡やけがをしてしまったときなどに補償金を支払ってもらえる上、未成年の家族にも保険が適用されるのが魅力でした。

海外だけでなく国内の補償も充実しているので、旅行時には必ず持ち歩くようにしています。

さらに三井住友カード ゴールドにはドクターコール24というサービスがあり、健康・医療相談を24時間受け付けています。国内限定のサービスですが健康面で不安が合ったときにも安心ですね。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

三井住友カード ゴールドは持っているだけでステータスになるカードです。旅行に行く際にも、医療保険の内容が大幅に上昇するなど非常に大きなメリットが存在しますし、空港ラウンジも無料で使えます。

海外旅行や国内線をよく利用する自分としては、無くてはならない存在です。

充実した海外旅行保険に惹かれて入会を決めた方が多くいる三井住友カード ゴールド。国内限定ですが、いつでも医療相談ができる「ドクターコール24」というサービスもあるので、病気やけがに備えたい人は検討してみましょう。

三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールドの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 旅行保険やショッピング補償が充実
  • 空港ラウンジサービスあり
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

④家族が保険対象になるか

クレジットカード付帯の海外旅行保険の中には、家族の病気やケガ、トラブルを補償してくれるものもあります。

年会費が無料または安めのクレジットカードの場合、補償範囲は本人だけですが、カードのランクが上がれば家族にも充実した補償を受けさせることが可能です。

家族旅行で海外に行くことが多い方は、家族にも補償がついているクレジットカードを選びましょう。

家族へのサポートが充実したおすすめクレジットカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、家族への補償を充実させたい方におすすめのクレジットカードです。ゴールドカードということもあり、年会費は10,000円(税抜)と少し高めですが、本人が同行しない家族旅行でも家族に海外旅行保険が付きます。

また家族に対しても、傷害・疾病治療費用(最高300万円)や携行品損害(最高3,000万円)は同額の補償があります。さらに賠償責任についても、本人と同額の3,000万円が付いているため、海外に行く機会の多い家族がいる方は持っておくと安心です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミは、以下の通りです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに元から付帯している海外旅行保険が非常に便利です。

通常1週間くらいの海外旅行であれば夫婦二人で20,000円以上する海外旅行保険が最初から付いているので、海外旅行に行くだけで年会費のもとは取れます。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行の際に安心です。海外旅行中、子供が熱を出したときにもカード付帯の旅行傷害保険を適用してもらうことができました。

また、盗難や事故にも対応してもらえるとのことで、安心して旅行を楽しめます。

家族にも旅行保険が適用されるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードなら、家族旅行も安心して楽しめます。

家族全員分の旅行保険に入るよりお得なので、旅行の機会が多い方は申し込みを検討しましょう。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 永久不滅ポイント対応!
  • 国内・海外空港ラウンジ
  • 国内リゾートホテル「休暇村」ご優待
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 11,000円(税込) 0.75%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

⑤非常時の対応が丁寧か

海外でもしものことがあったとき、丁寧なサポートをしてくれるかは非常に大切です。トラブルの際には、どうすれば良いのか分からずその場で混乱してしまうこともしばしばあります。

そんなとき、電話一本でスムーズに対応してくれるデスクの存在は、非常にありがたいものだと言えるでしょう。クレジットカードを選ぶ際は、非常時の対応に関する口コミや、電話相談のサービスなどについてもチェックした方が良いでしょう。

トラブルへの対応が丁寧なおすすめクレジットカード

サービスが丁寧で、コンシェルジュサービスが24時間付いているカードが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。最大1億円の海外旅行保険に加え、渡航便遅延保険最高2万円がついた充実のカードです。

年会費は20,000円(税抜)となっており高めですが、世界700カ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティパスも付いています。

またコンシェルジュサービスではトラブル・急病時の支援を24時間おこなってくれます。レストラン予約やチケットの手配もしてくれるので、リッチに旅行を楽しみたい方にぴったりです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミは、以下の通りです。

(50代以上 / 女性 / 主婦 / 年収200万円未満)

海外空港ラウンジサービスが無料で利用できるのでカードを作りました。またコートを無料で預かってくれるサービスや、空港での宅配無料サービスなどもあり海外旅行で使えるカードです。

登場した航空便の遅延で発生したホテル代や食事代相当の補償も受けられるので、サービス面でも安心です。

このほか、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは非常にコスパが良く、海外によく行く方に好まれています。海外旅行保険に加え、充実のサービスを受けたいなら選んで損はないカードでしょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • プライオリティパス、24時間365日専任のスタッフ対応、MUFGカードのステータスカードの最高峰!
  • 初年度1.5倍、海外2倍のポイントプログラム!
  • プライオリティパスでより充実した空港ラウンジを体験
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

最低でも「傷害・疾病治療」、「携行品損害」の額はチェックしよう

海外旅行保険のなかで「傷害・疾病治療」、「携行品損害」の2つは特に使う頻度の高い保険となっています。

どのクレジットカードを選ぶ際にも、補償の有無はもちろん、金額もチェックしておきましょう。

しかし年齢、収入によっては「海外旅行保険が充実したハイステータスカードを持ちたい」と思っても審査が難しいという方もいるでしょう。

そんなときは海外旅行保険付帯で、年会費の安いクレジットカードを複数持ち、保険金を合算するのがおすすめです。


例えば海外でケガをした時、3枚のクレジットカードを持っていればそれぞれのクレジットカード会社から保険金が支払われます。

保険金の合算を禁止しているクレジットカードは少ないので、海外旅行の際はもしものときに備え2枚以上のカードを持っていきましょう。

専門家からのコメント

加藤啓之
加藤 啓之

クレジットカード付帯の海外旅行保険で見るべき項目を説明しましたが、重要なポイントは、「傷害・疾病治療」と「携行品損害」です。

しかも、一つのクレジットカードだけの補償を見るだけでなく、お持ちの複数のクレジットカードのそれぞれの補償を合算して確認することも大事です。

おそらく、ほとんどの方は保険料を払ってまで海外旅行保険に加入する必要がないことを実感できると思われます。

海外旅行保険以外で役立つクレジットカードのサービス

クレジットカードには、海外旅行保険以外にもさまざまなサービスが付いているものもあります。せっかく海外旅行に行くなら、旅行保険だけでなくいろんなサービスを受けて旅先でも快適に過ごしたいという方は多いはずです。

ここからは海外旅行の際に役立つサービスを3つご紹介していくので、ぜひクレジットカード選びの参考にしてください。

サービス①空港ラウンジサービス

クレジットカードによっては、空港にある特別なラウンジに入ることができ、食べ物や飲み物を提供してもらえるサービスを受けられます。

使えるラウンジや空港はカードによって異なりますが、最もランクの高いラウンジサービスが、「プライオリティパス」です。プライオリティパスなら世界700カ所のラウンジが使えるので、贅沢な海外旅行にぴったりです。

しかしラウンジが使えるクレジットカードの多くが、プラチナカード以上のものとなっています。年会費無料で空港ラウンジサービスが使えるカードはほとんどないので、予算とも相談してクレジットカードを決めましょう。

プライオリティ・パスが無料で使えるおすすめクレジットカードを年会費順に紹介!

サービス②手荷物空港宅配

海外旅行、国内旅行で使えるサービスとして、手荷物空港宅配があります。旅行に行く際や自宅に戻る際、旅行カバンが重くて大変、という思いをした方は少なくないでしょう。

しかし手荷物空港宅配のサービスがあれば荷物を無料で運んでもらえるので、重い荷物を抱えて電車やバスを乗り継いだりする必要はありません。

また、クレジットカードによっては季節の違う国に旅行する際、無料でコートを預かってくれるサービスもあります。手荷物やコートの配送・預かりサービスを上手く活用すれば、より快適に海外旅行を楽しめます。

サービス③トラベルデスク

海外旅行中のトラブルや悩みに答えてくれる、トラベルデスクを用意しているクレジットカードもあります。トラベルデスクでは、現地の病院の予約、案内などに加えお得なパッケージプランの申込も可能です。

さらにクラスの高いカードになれば、旅行プランの作成やレストラン予約、チケット取得までおこなってくれることもあります。

また海外旅行中には「目的地まで電車で行くにはどうすればよいか」、「交通費はいくらになるのか」と観光のお悩みにも答えてくれます。

「海外旅行が初めてで不安」という方は、トラベルデスクのサポートが充実したクレジット決済を選ぶのも良いでしょう。

海外旅行保険付きのクレジットカードで楽しい旅を実現しよう

海外旅行に行く際は、海外旅行付きのクレジットカードでもしものときに備えましょう。クレジットカードの保険金は複数枚で合算もできるので、2枚以上のカードを持ち旅行に行くのがおすすめです。

また、家族と旅行に行く方は家族の分の補償についても意識しておくべきでしょう。本人・家族ともに十分な補償がついたクレジットカードを選んだ方が安心です。

海外旅行保険の充実したクレジットカードを持ち、楽しい旅行を実現しましょう。

専門家からのコメント

加藤啓之
加藤 啓之

クレジットカード付帯の海外旅行保険の内容だけでなく、空港ラウンジ等のサービスが受けられることは、海外旅行の楽しさを増してくれるものです。

もちろん、年会費もそれなりの金額になってしまいますが、1年に1回の頻度で海外旅行に行かれる方は、ぜひとも1枚はハイステータスのクレジットカードを持ち、補償を充実させたうえで各種サービスを享受し、旅行を一層楽しいものにして欲しいものです。

大手アセットマネジメント会社入社後、株式投資信託のファンドマネージャーとして5千億円超の資産を15年にわたり運用。グローススタイルファンド、小型株ファンドの運用で抜群のパフォーマンスを得る。その後、国内最大級の企業年金基金において、年金資産運用を統括。資産運用ビジネスの最前線で30年経験をし、2016年夏にお金の専門家として独立開業。現在は資産運用コンサルティングの他、一般向け書籍やコラムなどの執筆、セミナー講師、企業年金コンサルティングなどを行っています。

加藤 啓之の監修記事・プロフィール一覧へ

金融・ビジネス分野を中心にライティング活動を行う専業ライター。大学は経済学部を卒業しており、交通経済学専攻だった。ビジネスとは直接関係していないが旅行好き。大学時代は一人で日本一周をしたことがある。しかし日本一周の経験は現在の仕事でさほど生かされていない。ポイントを集めるのが好きで、ポイントカードを100枚以上持っている。お店でポイントカードを作るか聞かれると必ず作ってしまう。

oumeの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事