更新日:

銀行系クレジットカードの作り方を解説!窓口に行く必要はある?

銀行系クレジットカードの作り方を解説!窓口に行く必要はある?

「銀行系クレジットカードの作り方を知りたい…」
「銀行窓口からクレジットカードが作れるか知りたい…」

こちらの記事では、そんな方のために銀行系クレジットカードの作り方を解説していきます。

三井住友銀行三菱UFJ銀行など、銀行が発行しているクレジットカードは信頼性が高いです。クレジットカードにステータスや信頼性を求めるのであれば、銀行系クレジットカードの作り方を知っておいて損はありませんよ。

銀行系クレジットカードは銀行窓口でも申込める

クレジットカードの申込みはインターネットが主流ですが、実は銀行窓口からでも申込みができます。銀行窓口で申込むときは担当の銀行員が記入サポートをしてくれるので、作り方が不安な人には安心です。

また作成するクレジットカードの銀行口座を所有していなくても、クレジットカードの作成は可能なことが多いです。別の銀行口座を引き落とし口座に設定しても手続きできますよ。

下に主な銀行系クレジットカードをまとめたので、よろしければご覧ください。

主な銀行系クレジットカード
発行元の銀行グループ クレジットカード名
三井住友銀行 三井住友VISAクラシックカード
三菱UFJ銀行 MUFGカード
イオン銀行 イオンカードセレクト
みずほ銀行 みずほマイレージクラブカード


それぞれの銀行系クレジットカードについてより詳しく知りたくなった方は、下記記事をチェックしてみましょう。

銀行系クレジットカードはステータス性だけじゃない!メリット、デメリットを解説しおすすめのカードも紹介

窓口申込みでのクレジットカードの作り方

銀行窓口でクレジットカードを作る場合、以下のような手順でクレジットカードを申込みます。

銀行窓口でのクレジットカードの作り方

  1. 整理券を発券して待機
  2. 担当の銀行員と相談しながらクレジットカードの申込書を作成
  3. 後日審査結果が通知される(審査には一般的に2週間~1ヶ月かかることが多い)
  4. クレジットカードが本人限定郵便で届く


窓口で申込みをする場合、担当の銀行員がサポートしてくれるのがメリットですね。審査結果は後日電話やメールで通知されるので、申込み後は審査結果を待ちましょう。

審査にかかる時間については下記記事をチェックしましょう。

クレジットカードの審査状況を知りたい! 審査にかかる時間や確認方法なども解説

銀行系クレジットカードの作り方はインターネットがおすすめ

銀行系クレジットカードは窓口からも申し込めますが、インターネットからも申し込めます。そして結論としては、インターネットから申込みをしたほうが便利です。

多くのクレジットカードではインターネット申込みに対応していますし、インターネット申込みをした人向けの特典も用意されています。どうしても窓口でサポートを受けたいのであれば別ですが、そうでなければインターネットからの申込みがおすすめです。

インターネットから銀行系クレジットカードを申込むメリット

それではインターネットから銀行系クレジットカードを申込むメリットは、どのような点があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

インターネット入会限定の特典がある

銀行系クレジットカードは、インターネット申込者限定の特典を用意しています。

例えば三井住友VISAクラシックカードの場合、初年度年会費が無料になります。他にもインターネットからの申込みであれば、ポイントが獲得できる特典を設けているクレジットカードもあります。

24時間申込みが可能

銀行窓口の営業時間は平日9時~15時のみです。営業時間外はクレジットカードの申込みができません。

しかしインターネットからの申込みであれば、24時間申込みが可能です。いつでも好きな時間に申込みができるのは、大きなメリットですね。

カード発行までのスピードが早い

インターネットからのクレジットカードの申込みをすると、メールで審査結果が通知されます。その後クレジットカードが郵送されるので、カード発行までのスピードが早いです。

つまり銀行窓口よりも、インターネットから申込みをしたほうが早くカードが手に入ることになります。窓口でもインターネットでも審査の内容は変わりませんので、インターネットから申込みすることをおすすめします。

インターネットから申込めるおすすめの銀行系クレジットカード

最後にインターネットから申込めるおすすめの銀行系クレジットカードを紹介していきます。

銀行系クレジットカードを作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

銀行系クレジットカードの中でも知名度が高い!安心と信頼のクレジットカード

三井住友VISAクラシックカード
キャンペーン中!今なら最大8,000円分プレゼント!
三井住友VISAクラシックカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界シェアNo.1!VISAブランドの定番カード!
  • 毎年つかえば年会費は実質無料!
  • 国内保険だけでなく手厚い海外保険も!必要なモノは全て揃うのでメインカードにピッタリ!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,250円(税抜) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カードが発行する三井住友VISAクラシックカードは、三井住友カードのプロパーカードとして人気のクレジットカードです。インターネットから申込むと初年度年会費無料で、翌年以降は年会費1,250円(税別)がかかります。

24時間365日稼働している不正検知利用システムなど、セキュリティ面では業界最高水準。安心と信頼の三井住友VISAクラシックカードは、メインのクレジットカードとしてもおすすめですよ。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満)

三井住友のクレジットカードなので信頼できると思ったことが選んだ理由です。様々なクレジットカードを検索しましたが、ショッピングなどのポイントや海外旅行の保険などの補償も充実しているので好感が持てました。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満)

選んだ理由のひとつはデザイン性が良かったことです。見た目がメタリックで色使いもシンプルですし、財布から出しても恥ずかしくないだろうなと思い選びました。そして、三井住友という名前に信頼感があったことも、選んだ理由のひとつです。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

海外旅行へいく際に、有名ブランドのVISAカードが作りたかったからです。初めて持つクレジットカードだったので、有名ブランドだと安心だという点で三井住友カードを選択しました。


マネ会に寄せられた口コミでも、三井住友銀行の信頼性やブランドに惹かれて選んだ、という方が多くいらっしゃいました。

三井住友VISAクラシックカードをもっと詳しく知りたい、という方は以下の記事も合わせてご覧ください。

三井住友VISAクラシックカードの年会費は無料にできる!評判や審査についても解説!

ゴールドカードなのに年会費が安い!ステータスと安心を求める方におすすめ

MUFGカード ゴールド
MUFGカード ゴールドの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • カード入会初年度は年会費無料!
  • 最大2,000万円の海外旅行傷害保険つき!
  • 主要空港の国際線利用時に空港ラウンジサービスが利用できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,905円(税抜) 0.4%~0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

三菱UFJ銀行が発行するMUFGカード ゴールドも、おすすめの銀行系クレジットカードのひとつです。

ゴールドカードのステータス。銀行系カードの安心感。それでいて年会費は初年度無料の上に2年目以降も1,905円(税抜)と、ゴールドカードの中では圧倒的に安くなっています。

付帯しているサービスもゴールドクラス。最大2,000万円の海外旅行傷害保険に、主要空港の国際線利用時には空港ラウンジサービスも利用できます。

(40代 / 男性 / 会社役員 / 年収600~800万円)

中国によく出張するので、銀聯カードと紐づけされているカードを探していて、MUFGゴールドを選びました。貯まったポイントが楽天ポイントに替えられる点もいいと思いました。

このカード1枚で銀聯カードとVISAの加盟店すべてで使えるので、中国と東南アジアに出張する時にはほとんどこのカードで賄っています。


複数の国際ブランドを使い回せることに魅力を感じる口コミがありました。

MUFGカードはVISA・Mastercard・アメックスに加えて中国でのシェアが高い銀聯も選択することができるんです。中国に行く機会があれば活躍する1枚になるでしょう。

より詳しくMUFGカード ゴールドを知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧になってくださいね。

MUFGカードはゴールドなのに年会費2,000円以下!メリットやポイント制度も解説

銀行系クレジットカードの作り方まとめ

ここまで銀行系クレジットカードの作り方について解説しました。

銀行窓口からも申込みはできますが、インターネットから申込みをしたほうが圧倒的におすすめです。銀行系クレジットカードを作るのであれば、インターネットから申込みましょう。

投資に失敗して借金500万円以上を抱え、その後自己破産を経験しました。自分がお金で大失敗した経験から、お金の正しい知識を勉強。フリーライターとして、クレジットカード・カードローン・債務整理ジャンルの豊富な執筆経験を持っています。経験に基づいた確かな記事を執筆することが、1番の武器です。趣味は食べ歩き・人狼ゲーム・麻雀。名古屋の美味しいグルメを紹介する「リュウジの名古屋グルメブログ」も運営しています。

リュウジの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事